MENU
全カテゴリー
ゲームギーク
デバイスレビュアー
ゲーミングデバイスレビューをする「GameGeek」の管理人。トータルで180個くらいはレビューしてきました。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまで

【2022】ゲーミングPCで10万円以下のおすすめを比較紹介

【2021】ゲーミングPCで10万円以下のおすすめを比較紹介

ゲーミングPCは予算があればあるほど良いものが買えるのはもちろんなんですが、やっぱり先立つ物がないとその予算で決めるしかありませんね。

10万円しかないけれど、その中でも一番良いやつが欲しい!

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、10万円以下のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

タップできるもくじ

ゲーミングPCで10万以下ってどうなの?

 ロケットモニター

現在では、10万円以下でもそこそこ戦えるゲーミングPC が手に入ります。

この予算で狙い目のグラフィックボードは基本的に GTX 1650〜1660 Ti あたりが搭載されたモデル です。動作の重い最新ゲームでも、1920×1080の解像度なら高いグラフィック設定で60fpsに近い数字を出すことができます。

頑張って15万の予算を作ればRTX3060に手が届くため、さらに高いfpsが期待できます。

これら10万のPCでもそこそこな性能を持っているのでエントリーモデルとしては問題ありません。ただし、基本ミニタワーになるのでパーツの増設は大変だったり無理だったりします。

その辺を踏まえた上で選びましょう。

どんなゲームが動かせるのか

あのゲームはプレイできるの?

League of LegendsやCSGOなど、グラフィックは軽めだけど根強い超人気ゲームがやりたいのであれば当然問題なし。144Hzや240Hzモニター と組み合わせても使えます。

FF15のようなグラフィックが重めのゲームでも、グラフィック設定をそれなりに高く保ったまま60fps近くを狙うことができます。

1920 x 1080 / グラフィック設定最高で計測。GTX 1660搭載の「GALLERIA RM5R-G60」でベンチマークを計測しました。

値はベンチマーク機によって変動しますので、あくまで参考程度に。

今回メインで紹介している1650はこれよりも少し低くなると考えてください。

ゲームGTX 1660
Apex Legends94 fps
CS:GO200 fps
VALORANT172 fps
Fortnite66 fps
PUBG96 fps
LoL198 fps
Overwatch140 fps
FF XIV12692 (89 fps)
FF XV5520

現在はグラボの品薄により1660〜1650が主流となっています。

ゲーミングPCで10万以下のおすすめ

10万円付近(最安値)のおすすめのゲーミングPCを紹介します。他の値段帯に比べて選択肢は比較的狭いです。

ドスパラ

Core i5-12400, GTX 1650, 16GBメモリ, 500GB SSD
CPUCore i5-12400
グラボGTX 1650
メモリ16GB
SSD500GB
HDDなし
光学ドライブDVD
クーラー空冷
ケースミニタワー
電源450W ブロンズ
値段(税込)109,980円

Core i5-12400 + GTX 1650 モデル。1650搭載で最安値の構成です。

以前は「Lightning AH5」という名前でしたが「Magnate MH」という名前に変更になったようです。

以前は10万円を切る値段だったのですが、高くなってしまったかわりにメモリが8GBから16GBに、そしてDVDドライブが追加されています。

高速な500GBのNVMe SSDが魅力的。容量に不安があったらHDDを増設したいところ。

これはドスパラですがガレリアのゲーミングPCシリーズではないため、筐体は異なります。

ドスパラは出荷のスピードがめちゃくちゃ速いので、速く欲しい人はその点も加味しましょう。

FRONTIER

FRONTIER
Core i5-10400F, GTX1650, 16GBメモリ, 500GB SSD
CPUCore i5-10400F
グラボRTX1650
メモリ16GB
SSD500GB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミニタワー
電源600W ブロンズ
値段(税込)99,800円

Core i5-10400F+RTX1650モデル。セール品なので台数限定。

FROTNIERの中では最安モデルで、税込みぴったり10万円で考えているなら数ある中でもこの構成が一番オススメ。

もし売り切れていても次回のセールで同じような構成が出てくる可能性が高いので要チェック。

TSUKUMO

TSUKUMO
Ryzen 3 4100, RX 6400, 16GBメモリ, 500GB SSD
CPURyzen 3 4100
グラボRX 6400
メモリ16GB
SSD500GB
HDDなし
光学ドライブDVD
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源550W ブロンズ
値段(税込)104,800円

Ryzen 3 4100とRX 6400を搭載したモデル。

RX6400はほぼGTX1650と同等クラスのグラボと考えて良いです。

むしろいくつかのゲームではfps的に勝っていることもあります。

メモリやSSDは十分な容量を確保していますが、増やしたければカスタマイズすると良いでしょう。

エントリークラスとしては十分選択肢に入る構成です。

G-Tune

G-Tune
Core i5-11400, RTX 1650, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i3-12100
グラボGTX 1650
メモリ16GB
SSD256GB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミニタワー
電源500W ブロンズ
値段(税込)119,900円

Core i3-12100+GTX 1650 搭載モデル。

CPUは他の構成に比べてややランクダウン。SSDも少なめでコスパ的にはイマイチな印象。

メモリは十分なので、HDDなどのストレージを追加するのを予定した方が良さそう。

強みはBluetooth 5とWi-Fi6を標準搭載していることですね。

コンパクトなケースで取っ手がついている可愛いデザインなのが特徴です。

10万以下のゲーミングPCを比較

スクロールできます
ブランドドスパラFRONTIERTSUKUMOG-Tune
モデルDospara Lightningシリーズ
Magnate MH
FRONTIER FRGAB
FRGXB560/WS13
TSUKUMO ミドルタワーケース
GA3A-A221/B
G-Tune PL-Bケース
PL-B
CPUCore i5-112400Core i5-10400FRyzen 3 4100Core i3-12100
グラボGTX1650RTX1650RX 6400GTX1650
メモリ16GB16GB16GB16GB
SSD500GB500GB500GB256GB
HDDなしなしなしなし
光学ドライブDVDなしDVDなし
クーラー空冷空冷空冷空冷
ケースミニミニミドルミニ
電源450W ブロンズ600W ブロンズ550W ブロンズ500W ブロンズ
値段109,980円99,800円104,800円119,900円
購入する購入する購入する購入する

このようになりました。

まとめ:10万以下なら・・

Core i5-12400, GTX 1650, 16GBメモリ, 500GB SSD

一時期はグラボ値段高騰のせいで、エントリークラスのBTOPCでも10万円をゆうに超える値段へ暴騰していました。

しかし最近では少しずつ落ち着いてきたようで、10万円付近でも買えるようになってきました。

GameGeek

買えるうちがチャンスです!

この中だとドスパラの「Magnate MH」かTSUKUMOの「G-GEAR GA3A-A221/B」が良さそう。

FRONTIERは大体最安の最強コスパではありますが台数限定セールしか安くないんですよね。

とりあえずまだ売っているかセール会場をチェックするのはアリです。

  • URLをコピーしました!
トップへ
タップできるもくじ
閉じる