MENU
全カテゴリー
ゲームギーク
デバイスレビュアー
ゲーミングデバイスレビューをする「GameGeek」の管理人。トータルで180個くらいはレビューしてきました。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまで

【2022】ゲーミングPCで30万円以下のおすすめを比較紹介

30万円以下のBTOゲーミングPCのおすすめ

まだまだ高騰が続くBTOゲーミングPC。ハイエンドともいえるBTOゲーミングPCを購入するには少し前に比べてまとまった予算が必要となります。

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、30万円のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します。

タップできるもくじ

30万円で買えるゲーミングPCのスペック

トップクラスのグラボにはRTX 3080、RTX 3080 Ti、RTX 3090などが名を連ねます。

今回の予算だと3080 Tiは厳しく、遠く届かない3090はそもそもコスパ的には微妙。そして、3070〜3070Tiなら25万円以下に抑えて買うことができるため、3080に的を絞って探していくことになります。

フルHDで240Hzや360Hzモニターを駆使したい方や、4K60fpsレイトレーシングで美麗なグラフィックを堪能したいという方はぜひ3080以上を狙っていきましょう。

30万円のゲーミングPCで動かせるゲーム

あのゲームはプレイできるの?

RTX 3080 搭載の「GALLERIA XA7C-R38」でベンチマークを行いました。

  • グラフィック設定:最高
  • 解像度:1080p
  • いずれのfpsも推定平均値
ベンチRTX 3080
VALORANT205 fps
Apex Legends208 fps
LoL217 fps
Fortnite165 fps
R6S267 fps
Overwatch250 fps
アサクリオデッセイ91 fps
Borderlands 3117 fps
FF XIV 漆黒のヴィランズ19125
FF XV12771

Apexでは最高設定でも200fpsオーバーをキープ。ValorantやLoLのように軽いゲームは220fpsオーバー、R6SやOverwatchに至っては250fpsオーバーです。

設定さえ調整すれば、240Hzどころか360Hzモニターでも活かせますね。

ヘビー級なゲームであるアサシンクリードやボダラン3でも安定した高fpsを維持しています。これらは4Kでプレイするという選択肢もあります。

ゲーミングPCで30万以下のおすすめ

30万円以下のおすすめのゲーミングPCを紹介します。

STORM

STORM
Core i7-12700, RTX 3080, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-12700
グラボRTX 3080
メモリ16GB DDR5-4800
SSD1TB Gen4
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源1200W Platinum
値段(税込)307,800円

第12世代Core i7-12700+RTX 3080搭載モデル。今回紹介している中で最もコスパが良いと思います。

メモリがDDR5かつ16GB搭載で、SSDもGen4の高速タイプと全体的に最新規格のパーツが揃っています。

少し値段は30万をオーバーしていますが、マウスとキーボードをなしにすれば-4,000円なので予算をセーブできます。

側面がガラスパネルになったMetallicGear NE520A_BK01というケースを採用。ブラックだけでなくホワイトを選ぶことも可能です。

G-Tune

G-Tune
Core i7-11700K, RTX3080, 16GBメモリ, 512GB SSD, 2TB HDD
CPUCore i7-11700K
グラボRTX 3080
メモリ16GB
SSD512GB
HDD2TB
クーラー水冷120mmラジエーター
光学ドライブなし
ケースミドルタワー
電源800W TITANIUM
値段(税込)307,780円

Core i7-11700K+RTX 3080 搭載モデル。値段は30万を少し超えますが、3080を搭載したGtuneモデルとしては最安。

HDDが2TB、クーラーが水冷、さらにWiFiとBluetoothが最初から付属してくるなど、周辺機器は良いです。

ケースはシンプルでバルキーな感じ。強化ガラス(+8,580円)へとカスタマイズで変更できるので、中を光らせたい人はアップグレードしておきましょう。

セールしていると30万切ります。

ドスパラ

ドスパラ
Core i7-12700, RTX3080Ti, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-12700
グラボRTX 3080 Ti
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源850W ゴールド
値段(税込)319,980円

Core i7-12700+RTX 3080 Ti 搭載モデル。

紹介している中ではグラボが最強ですが、値段的にはけっこうオーバーしちゃってます。

ドスパラだと3080搭載モデルでも同じくらいの値段になっちゃうので、どうせならTi買ったほうがいいよねってことで紹介。

グラボに振り切った構成と考えるのが良いでしょう。

ガレリアのSKケースはフロントパネルがLEDで光るのでゲーミングらしさがあります。冷却性能にも優れ、サイドに小窓アクリルパネルも装備。

ドスパラは出荷が業界最速なので、すぐに欲しいなら迷わずここから選びましょう。

TSUKUMO

TSUKUMO
Core i7-12700KF, RTX 3070 Ti, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-12700KF
グラボRTX 3070 Ti
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブDVD
ケースミドルタワー
電源750W ゴールド
値段(税込)279,300円
はアップグレード

第12世代Core i7-12700KF+RTX3070Ti搭載モデル。

3080にアップグレードすると30万ぴったりくらいになりますので、カスタマイズするのが良いです。

メモリとSSDは標準的。電源は若干心許ない容量かなって印象。

ある程度予算に余裕がある構成からアップグレードするスタイルだと自分に必要な機能を取捨選択できるので、BTOゲーミングPCのポテンシャルが引き出せますね。

FRONTIER

FRONTIER
Core i7-12700F, RTX3080, 32GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-12700F
グラボRTX 3080
メモリ32GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブなし
ケースミドル
電源1000W ゴールド
値段(税込)294,800円
はアップグレード

Core i7-12700F+RTX3080搭載モデル。台数限定セールなので売り切れ御免ですが、非常に優秀なコスパです。

メモリは32GB、SSDは1TBと容量十分。電源も1000Wで余裕があります。

基本的なパーツは抑えつつ値段も30万円を切るのでおすすめ。

もしこのモデルが売り切れてしまったとしても、すぐに次のセールが始まって似たような構成が売り出されることが多いです。セールを定期的に要チェック。

30万以下のゲーミングPCを比較

スクロールできます
ブランドSTORMG-TuneGALLERIATSUKUMOFRONTIER
モデル
PG-PD12
G-Tune ミドルタワーケース
XN-Z
ドスパラSKMケース
XA7C-R38T
TSUKUMO ミドルタワーケース
GA7J-H214/ZB
FRONTIER FRGBZケース
FRGH670/WS1A
CPUCore i7-12700Core i7-11700KCore i7-12700Core i7-12700KFCore i7-12700F
グラボ308030803080 Ti3070 Ti3080
メモリ16GB DDR516GB16GB16GB32GB
SSD1TB Gen4512GB1TB1TB1TB
HDDなし2TBなしなしなし
光学ドライブなしなしなしDVDなし
クーラー空冷水冷空冷空冷空冷
ケースミドルミドルミドルミドルミドル
電源1200W Platinum800W TITANIUM850W ゴールド750W ゴールド1000W ゴールド
値段307,800円307,780円319,980円279,300円294,800円
購入する購入する購入する購入する購入する

まとめ

STORM
Core i7-12700, RTX 3080, 16GBメモリ, 1TB SSD

今回の調べでは30万円以下のゲーミングPCという予算ではハイエンドクラスである3080搭載型がおすすめという結論になりました。

ゲームをする上でどれだけ高性能なグラフィックボードにできるかはかなり重要です。

もしグラボに振り切るならドスパラの3080Ti搭載モデルが良いです。予算はオーバーしてしまいますが…。

3080で十分ならDDR5やGen4といった最新パーツを備えたSTORMのモデルが一番おすすめ。

FRONTIERのセール品もコスパが優秀なので要チェックです。

爆速ゲーミングPCを手に入れて最高画質・4K・レイトレーシングにも対応したゲーム生活を送りましょう!

  • URLをコピーしました!
トップへ
タップできるもくじ
閉じる