MENU
全カテゴリー
ゲームギーク
デバイスレビュアー
ゲーミングデバイスレビューをする「GameGeek」の管理人。トータルで180個くらいはレビューしてきました。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまで

Wooting 60HE レビュー。アナログスイッチで異次元のスピード感を生むキーボード

Wooting 60HE

Wootingから発売されているゲーミングキーボード「60HE」をレビューしていきます。

タップできるもくじ

動画で見てみる

チャンネル登録 よろしくお願いします。

概要とスペック

Wooting 60HE」はアナログスイッチを採用した60%サイズのキーボード。

アナログスイッチは従来のオフ・オンでしか接点を送らないスイッチとは異なり、0.1mmから4.0mmまで自由に設定できるアクチュエーションポイントと、キーを離した瞬間にリリースになるラピッドトリガー機能などのおかげで超高速反応を可能にしています。

滑らかなLekkerスイッチの打鍵感や、全体的なビルドクオリティの良さ、アナログスイッチが持つ可能性などなど、ゲーム向きのかなり強力なコンパクトキーボードです。

マジでVALORANT最強キーボードです。

カラーブラック
接続有線(USB-C)
フォームファクター60%
寸法302 x 116 x 38 mm
重さ627g
配列US ANSI 他
トッププレートスチール
ケースプラスチック
キースイッチLekker
キーキャップPBT ダブルショット
ロールオーバーNキー
ケーブル編組 2m
ライティングあり
ソフトウェアあり
マクロなし
プロファイル4つの内蔵プロファイル
同梱物

外箱。ファウンダーズエディションを注文した人の名前が刻印されています。

  1. キーボード
  2. ナイロンストラップ
  3. キープラー
  4. 予備のLekkerスイッチ x 2
  5. 予備のネジ x 2
  6. USB-Cケーブル
  7. ポストカード

同梱物は以上です。

すでに組み立てちゃいましたが、ナイロンストラップは黄色いナイロンの帯部分、右端のゴム部分、ネジが4つとバラバラの状態で梱包されてきます。

キープラーはよくキーボードに付属する短いプラスチックタイプではなく、ちゃんとワイヤーで外す使いやすいタイプですね。

若干短いのでやはりFILCOのものには敵わないものの、優秀なキープラーです。

デザイン

キーボードの見た目はとても普通というかその辺にあるタイプで、むしろちょっと安っぽいかなと思います。

でもストラップつくだけで若干許された感ありますね。

特に何の役にも立たないけど、なんともいいです。

後はお好みのキーキャップに付け替えたら見た目はグッと良くなると思います。

私は今のところDuckyのプリンキーキャップにしてます。

噂によると60%のTOFUアルミケースとかに換装可能らしいんですが、気が向いたらやってみます。

キーの数はトータルで61個で、メディアコントロール系のボタンはありません。

寸法は実測で302 x 116 x 38 mmです。ギュッとコンパクトで、ゲーム向けに便利な60%キーボード

矢印キーやDELキーもなく、F1~F12のキーもありません。

これらは右下にあるFnレイヤーを押し込むことで使えるFnレイヤーに割り当てられています。

例えばFnを押しながらすぐ左にあるキーを押すと矢印キーとして機能します。

もったいないのはキーキャップの手前側にデフォルトのFnレイヤーキーが印字されていないこと。

キー配置を覚えるまで扱いが難しいです。

配列はUS ANSIの他、ドイツやUKなど用意されていますが日本語はありません。

基本的にUS配列を選んでおけば間違いないでしょう。

© Wooting

中身に関しては公式サイトのこの分解図みれば一発なんですよね。

プレートはスチール、中間フォームや防滴PCBA、吸音フォームが組み込まれています。

ケースはベゼルありのABSプラスチックタイプ。

フロントのWootingロゴ。

ケース表面にはとても細かい凹凸がありますが、触った感じではほんの少しザラ感がある程度です。

フロントの飛び出ている部分はたぶんリストレストと合体させるためですかね。

リストレストは別売りです。

背面の左奥にはUSB-C端子。コイルケーブルを使いやすい位置です。

底面、四隅に滑り止めのゴムがついています。

チルトスタンドがないのがややマイナスポイント。

防滑性はけっこう良くて、動かそうとすると強めな抵抗を感じます。

色もあまり見かけない黄色。黒と黄色って合いますよね。

分解に必要なネジは5本と比較的少なめです。

底の吸音フォームはしっとりと柔らかくてぶ厚め。

キーキャップ

キーキャップは高品質なPBTダブルショット。

少しだけザラ感のあるテクスチャで、汚れがほぼ目立ちません。

CherryMX互換のプラス形状です。PBTなのでしっかり厚みもあります。

キースイッチ

Gateron製のLekker Switch。

Wootingの最も大きな特徴であるアナログスイッチで、一般的なメカニカルキースイッチとは設計が異なります。

メタルリーフやピンなどが存在せず、マグネットのみで接点処理を行います。

そのため部品の摩耗がなく、耐久値はRazerのオプティカル同等の1億回と半端ない回数になっています。

リニア
クリック感なし
アクチュエーションポイント0.1 – 4.0 mm
押下圧60cN
耐久値1億回
用語解説

公式サイトによる押下圧はスタートが40cNで、エンドが60cNとなっています。

一般的なリニアスイッチと比較するとちょっと重いには重いです。

公式サイトでは50cNのLekkerスイッチ用スプリングが別売りしてます。交換すると押し心地が軽くなってかなり使いやすくなるのでおすすめです。

予備スイッチを分解した様子。スプリングがやたらぶっとい。

右端のハウジングには通常メタルリーフと呼ばれる金属部品がついていますが、Lekkerスイッチにはありません。

ステムの部分が薄くルブされてる気がするんですが、微妙なところ。

スタビライザー

スタビライザーはしっかりルブされてきます。

そのおかげで打鍵感と音は十分良いです。

ライティング

Wootingのライティングは明るい部屋でもよく分かるくらい明るめです。

ソフトウェアで11種類ほどあるエフェクトから好きなものを選べます。

特にアナログスイッチの利点を活かした、押した距離によってライトの光が変わるエフェクトは必見です。

ソフトウェア

Wootingでソフトウェアを使うには二通りの方法があります。

  1. ソフトウェアをPCにインストール
  2. ウェブブラウザで設定を行う

2つめのウェブブラウザがすごくて、普通にソフトインストールしてる使ってるのと同じ感覚。

それでいて余計なソフトウェアを自分のPCに入れなくて良いので、ありがたいです。

Wooting 60HEを接続して「Wootility Web」にアクセスするだけ。

ファームウェアアップデートも自動で始まります。

  • ライティングエフェクトの変更
  • アクチュエーションポイントの設定
  • ラピッドトリガーの設定
  • タキオンモードのオフ・オン
  • キー割当の変更
  • Mod TapやDKSといったキー設定
  • アナログスティックの割当
  • アナログスティックのカーブ設定

など設定できる項目は多岐にわたります。

特に注目なのはアクチュエーションポイントの設定や、ラピッドトリガーの設定です。

これらに関しては次の章でもうちょっと説明していきますね。

本キーボードには4つのプロファイルが内蔵されていて、1つめはデジタルで残りの3つがアナログです。

アナログスティックなどを活かしたければアナログプロファイルに切り替える必要があります。

Wooting 60HEの特徴

ここでは本キーボードの特徴について紹介していきます。

接点を0.1~4.0mmで設定可能

コンタクトレスマグネットスイッチ

接点、またはアクチュエーションポイントと言いますが、これを0.1mmから4.0mmまででキーごとに自由に設定できるのがWooting 60HEが最強たる由縁です。

0.1mmというのがすごいところで、他にもアナログスイッチを搭載したキーボードは「Razer Huntsman V2 Analog」や「Apex Pro Mini Wireless」などがありますが、いずれも0.1mmには到達していません。

Huntsmanは1.5mm~3.6mm、Apexは0.2mm~3.8mmです。

0.1mmに設定するとキーにちょっと力をかけただけで反応します。

これは普通に文章を打ったりするときには厄介ですが、ゲームにおいては最速の反応速度となるため強みになります。

キー左上の数字が個々のアクチュエーションポイント

アクチュエーションポイントはキーごとに設定できるため、移動キーは浅めの接点、スキルキーは深めの接点などカスタマイズすることも可能です。

GameGeek

私は基本1.2mmで、移動キーが0.1mmです!

内蔵されているプロファイルのうち、アナログプロファイル3を普段使用の1.2mmなどにして、ゲームのときはアナログプロファイル1の0.1mmに切り替えるといった工夫もできます。

Fn+P or @ or [で3つのアナログプロファイルを瞬時に切り替えられるのでストレスフリーです。

Rapid Trigger:離した瞬間にキーリリース

© Wooting

公式サイトのgif動画を見てもらうのが一番分かりやすいんですが、通常キーを離した後リセットされたと判断されるまでキーは一定距離戻らないといけないんですね。

Wootingでラピッドトリガーをオンにすると、キーを離して逆行し始めた瞬間にリセットがかかります。

これは何が良いかっていうと、VALORANTでのストッピングですよね。

VALORANTとかCSGOは銃を撃ち始める時に体が止まっていないと弾が真っ直ぐ飛びません。

なので、接敵ポイントでは移動した直後に移動キーを離して動きを止めるストッピングという行為が必須とされます。逆キー入力とかは無視してざっくり説明です。

ラピッドトリガーがオンだと、キーを離した瞬間に移動が止まるため、リセットポイントまで戻らなければならないメカニカルキーなどに比べて数ミリ秒速くなります

数ミリ秒が本当に意味あるのかっていうのは人によって体感できるか違うと思いますが、私は弾がより当たるようになった気がしています。後はエイム力がごにょごにょ…。

ラピッドトリガーはソフトウェアでオフ・オンできます。

キーごとにラピッドトリガーをオンにするかどうかの設定は可能ですが、キーごとに感度を変えるといった細かい芸当はできません。

DKS設定:押し込みで4段階のキー機能

Dynamic Keystroke、DKS設定をすることで、1つのキーに最大4つの機能を割り当てられます。

  1. アクチュエーションポイント通過時
  2. ボトムアウトした時
  3. キーをリリースした時
  4. アクチュエーションポイント通過時

この4段階でキーを設定可能です。上記画像の状態でキーを底打ちさせてリリースさせると「GEEK」とタイプされます。

これらは単発で押す、押し続ける、など挙動をドラッグして選択できます。

この場合、アクチュエーションポイントの0.1mmを通過するとQが押されます。

さらにボトムアウトするとSHIFTが押され続け、キーがリリースされると同時にQが押されるので、挙動的にはSHIFT+Qになります。

これはLeague of Legendsでの使用想定で紹介されていたもので、Qを軽く押すことでまずスキルの範囲を確認でき、その後グッと押し込むことで実際にスキルを発動させるというものです。

実際に試してみた感触としては、クイックキャスト設定だとスキルキャンセルするためには移動ボタンなどを押す必要があるため、慣れたら事故がより減るのかなって感じでしょうか。

正直クイックキャストに慣れてるんで誤爆しないけど、保険という意味ではありかもしれません。

もう1つ例をだすと、WをボトムアウトさせるとSHIFTキーが押されるという設定。

これをApex Legendsで使うと、軽くWを押すと歩き、押し込むとダッシュになります。

いやいやオートスプリントでいいでしょという声も聞こえてきそうですが、とにかくこのように若干アナログスティックっぽい動きを模倣することも可能です。

Mod Tap:タップと長押しでキーを分ける

Mod Tapでは軽くタップした時と長押しした時の2つで別々のキーを割り当てることが可能です。

この機能の強みは、わざわざFnキーを押さないでも矢印キーやDelキー、prt scキーなどをタップで使えるようになることです。

この設定の場合、右シフトをホールドするとシフト機能で、タップすると上矢印として機能します。

いくらFnキー押せば矢印があるとはいえ、そのひと手間が60%は面倒だったのですがこれで克服しましたね。

私はこんな感じ。矢印キーを表に出しているのと、あまり使わない右ALTにDelキーをタップで割り当ててます。

これらはSHIFTやCtrlなどホールドする系のキーと組み合わせると使いやすいと思います。

アナログスティックの操作感を再現

アナログプロファイルでは、ジョイスティックのボタンをキーボードに割り当てることが可能です。

押下距離によってスティックの倒し具合を調整できるため、軽く倒すと歩く、強く倒すと走る…ということができます。

しかし、原神、モンハンライズ、Risk of Rain 2 などで試してみたのですが、どうにも上手くいかずジョイスティックとして認識してくれませんでした。

ゲーム側で設定をコントローラーモードにすると機能するのですが、その替わり他のキーやマウスによる視点移動ができなくなってしまいます。

コントローラーをXboxからクラシックに変更してRisk of Rain 2で試したところ、クラシックではアナログに反応してくれるのですが前を押しているのに体が向いている方に進むみたいなバイオハザード操作みたいになってストレスがたまりました。

原神なんかはキーボードモードとコントローラーモードが明確に分かれてるのでやっぱりダメっぽいですね。

私はあんまり有効活用できてない機能です。

入力遅延を減らすタキオンモード

通常の入力遅延は~2msですが、タキオンモード(Tachyon mode)をオンにすると~1msと最適化されます。

ここで注意点ですが、コイルケーブルや汎用ケーブルを使っている場合、電圧が足りなくて何も触ってないのにキーが押されまくるビーストモードに勝手に入る可能性が高いです。

その場合の対策は2つ。

  1. 素直に純正ケーブルを使う
  2. RGBの輝度を50~70%などに落とす

純正ケーブルはタキオンモード+RGB100%でも耐えられる電圧を流せるので、問題ありません。

編組タイプなので硬いけど虎柄っぽい感じで見た目は悪くないです。

コイルケーブルなどを使い続けたい場合は、RGBの輝度を落とせばOKです。

私の場合、輝度80%だとダメでしたが70%で安定しました

これはケーブル長によって前後するものと思われます。また、USB HUBを使っていると電圧が足りなくなるので同じくダメです。

Wooting 60HEのレビューまとめ

以上「Wooting 60HE」のレビューでした。

Wooting 60HE
総合評価
( 5 )
メリット
  • 0.1mmの最速アクチュエーションポイント
  • ラピッドトリガーによる高速キーリリース
  • 矢印キーなどを表に出せるMod Tap機能
  • ウェブでも簡単にカスタマイズ可能
  • アナログスイッチならではのRGB
デメリット
  • 見た目はちょい安っぽい
  • チルトスタンドなし
  • 手に入りにくい

0.1mmと2.0mmを比べてみると明らかに反応速度が違います

0.1mmは普段使いするには感度が高すぎますが、ゲームだと特に問題ありません。

ラピッドトリガーによる高速リリースのおかげでストッピングも高速化され、これマジでVALORANT最強のキーボードじゃないかと私の中で話題です。

といってもこのキーボードになったからっていきなりレディアントクラスになるわけがないですが。

60%のネックであった矢印キーなどもMod Tap機能を使えば簡単に表に出せるのが強みですね。

難点は日本で売っているわけでもなく、ほとんど事前予約販売なので手に入れにくいってところでしょうか。

実際性能的には値段の高いApexシリーズよりも上だと思いますので、今買うならこっち

Wooting 60HE

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ