MENU
全カテゴリー
ゲームギーク
デバイスレビュアー
ゲーミングデバイスレビューをする「GameGeek」の管理人。トータルで180個くらいはレビューしてきました。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまで

RTX 4070 Tiの性能をCore i7-11700Kでレビュー

Core i7-11700K + RTX4070Ti

2080 Superを愛用していた私ですが、遂に4070Tiに乗り換えることにしました。

Core i7-11700Kと組み合わせてどれくらいのパフォーマンスが期待できるのか、2080Superともベンチマーク結果を比較しながら検証してみます。

11700Kだと思ってた以上にボトルネックが激しいっぽいので、4070Tiの実力を確かめるというよりも組み合わせ検証記事としてご覧ください

タップできるもくじ

RTX 4070 Tiについて

40シリーズのミドルレンジ帯として発売された4070 Ti

いや4070飛ばしていきなりTiなの?という謎もありますが、本製品は元々4080のメモリが少ない廉価版として売り出される予定だったモデルをリネームして販売したものです

使用されているGPUダイも異なり、いやいやこれは4080ではないよね?という批判が続出してそういった対応になったようです。

そのような経緯もあり、海外のグラボをレビューしているPC界隈からは酷評が続きます。

私もそれを見てちょっと悩みましたが、2080 Superからすると確実にアップグレードになりますし、4080は値段が高いしワット数もすごいしで候補に入りませんでした。

結果から言うとちゃんと満足してますから、サイクル的に買い替えのタイミングだったら別に迷わないで良いと思います。

40シリーズの特徴とは

40シリーズには前世代と比較して以下のような特徴があります。

  • 第3世代RTコア搭載
  • DLSS3.0でゲーム性能アップ
  • 消費電力の効率化
  • 値段が高くなった

超ざっくりですが。

RTコア刷新によりレイトレーシングのスコアが向上しています。また、AIのディープラーニングを利用するDLSS3.0ではAIによるフレーム生成が追加され、フレームレートがより高くなることが見込まれます。

消費電力自体は増えているものの、4070Tiにおいては285Wとなっており4080や4090のとんでもないW数に比べると抑えられていますし、性能が上がった割には前世代である30シリーズと比べても省電力と言えるのではないかと思います。

値段は高いなと感じますが、販売するブランドによってマチマチな印象もあります。私が購入したのは比較的安いモデルでしたのでそこまで割高感はありませんが、まぁグラボに15万はなかなかですね。4090なんてもっととんでもないわけですが。

MSI RTX 4070 Ti Ventus 3X

今回購入したのは「MSI RTX 4070 Ti Ventus 3X」ですが、これを選んだ理由はたった1つで、値段が良心的だったことです。

MSRP799ドルの中、乱立する1000ドルクラスの4070 Tiたち…1000ドル超えると高いなと思ってしまいますが、そんな中でも本製品は860ドル程度と比較的安価でした。

MSI
¥148,283 (2023/01/27 01:27時点 | Amazon調べ)

今回海外から買ったのでドル表記で話していますが、日本のAmazonだと上記の値段となっております。アスク税はいつものこと。

ZOTAC
¥141,111 (2023/01/27 01:27時点 | Amazon調べ)

もう1つはZOTACのグラボが同程度に安いです。どっち買ってもいいような気がしますが、ZOTACの方は写真見た限り光るみたい。

海外から買うと安い?

たまたまドルを持ってたのでアメリカのAmazonから買ってみましたが、870ドルに消費税や輸入関税などを含めるとトータルでほぼ1,000ドルになりました。

購入当時は130円レートくらいだったので、日本円に換算すると13万円程度となります。

日本だと約15万円くらいなので、一応2万円は安いことになります。

海外から送られてくる輸送リスクや到着までの時間の長さ、そして壊れた時の保証の面倒臭さを考えると正直日本で買ってもほとんど変わらないなとは思いました。

スペックを確認

公式サイトにも載ってますがここでスペックを確認しておきます。

グラフィックボードMSI 4070 Ti Ventus 3X 12G OC
コア数7,680ユニット
コアクロック(MHz)2655MHz
メモリタイプ12GB GDDR6X
メモリバス幅192-bit
消費電力285W
補助電源コネクタ16pin x 1
寸法308 x 123 x 52mm
重さ1150g
最大同時出力画面数4
映像出力端子DisplayPort 1.4a x 3
HDMI 2.1a x 1

デザインをチェック

3連ファンを搭載していてライティングは一切なし。シンプルで直球な姿形をしています。

サイズは308 x 123 x 52mm(LxWxH)です

前のRTX2080SがMSIのGaming X Trioというやつだったのですが、4070Tiよりもでかかったのでびびりました。

電源は12VHPWRですが、8ピンコネクタx2の変換ケーブルが付属しますのでそちらを使えば今まで通りに使用可能です。

ラッチのロックをちゃんと行わないとコネクタ部分が融解することがあるようです。コワっ。

端子は全て横並びで、HDMI 2.1aが1つ、DisplayPort 1.4aが3つです。

4070Tiのベンチマーク

4070TiをベンチマークするPCのスペックは以下の通り。

種類製品名
マザーボードMSI MPG Z590 GAMING CARBON WIFI
CPUIntel Core i7-11700K
GPUMSI GeForce RTX 4070 Ti Ventus 3X 12G OC
メモリG.Skill TridentZ Neo 3600Mhz 16GB x 2
ケースNZXT H7 FLOW
電源Thermaltake Toughpower iRGB 850W PLATINUM
水冷クーラーNZXT Kraken X62
SSD 1Seagate Firecuda 530 1TB
SSD 2Seagate Firecuda 520 1TB
OSWindows 10 Home 64bit

事前に全く同条件のPCに2080 Superを積んでチェックしたスコアを比較用に記載しています。

11700Kだとボトルネック激しめで性能をしっかり引き出せてないようです。CPUのソケット互換が毎回変わってるんでマザーボードまで買い直すの億劫なんですよね…。

3DMark

定番中の定番であるベンチマークソフトで計測。

ベンチ4070 Ti2080 S
フルHD
Fire Strike
上位2%
33832
上位9%
23712
4K
Fire Strike Ultra
上位6%
13142
上位35%
6820
WQHD
Time Spy
上位4%
19024
上位34%
11342
WQHD
Port Royal
上位18%
13560
上位75%
6877

Fire Strike HD

「Fire Strike」はDirectX11用のベンチマークで、フルHDゲームの一般的な性能を測ります。

4070 Ti
2080 S
フルHD・DirectX11
4070 Ti
33832
2080 Super
23712

Fire Strike 4K

「Fire Strike UItra」はDirectX11+4K UHD解像度のゲーミング性能を測るベンチマーク。

4070 Ti
2080 S
4K・DirectX11
4070 Ti
13142
2080 Super
6820

Time Spy WQHD

「Time Spy」はDirectX12用のベンチマークで、WQHD解像度でレンダリングする重めなゲーム向けの性能を計測します。

4070 Ti
2080 S
WQHD・DirectX11
4070 Ti
19024
2080 Super
11342

Port Royal Raytracing

「Port Royal」はレイトレーシング性能を計測する最も重いベンチマークで、WQHD解像度。

4070 Ti
2080 S
WQHD・レイトレーシング
4070 Ti
13560
2080 Super
6877

各人気ゲームでのベンチマーク

全てのグラフは基準として360fpsをMAXと想定したものとなっています。

Apex Legends

フルHD・高画質
4070 Ti
227 fps
2080 Super
125 fps

設定はほぼ全て最高にしましたが、スポットシャドウディテールのみ極にすると極端に重くなるため1つ下の高にしています。FOVは96。

射撃訓練場にてテルミットグレネードを連続で投げまくって画面が火花でいっぱいになっている状態でフレーム数を計測します。

かなり負荷をかけている状態なので実際のゲーム中はもう少し安定して高いfpsが見込まれます。

Fortnite

フルHD・DX11・最高画質
4070 Ti
179 fps
2080 Super
111 fps

Fortniteはでは画質設定をDirectX11の最高プリセットにして計測。

クリエイティブのベンチマーク部屋「Tilted Tower Benchmark」に入って計測を行いました。

Overwatch 2

フルHD・エピック画質
4070 Ti
352 fps
2080 Super
174 fps

こちらも競技系ゲームでは軽めな部類に入りますが、画質設定は最高であるエピックで確認。

トレーニングルームでジャンクラットを使いひたすら攻撃しながらフレームを計測しています。

実際の試合では激しい戦闘時にキャラの数やエフェクトの数が違いますのでやや重くなると思われます。

Cyberpunk 2077

フルHD・ウルトラ画質
4070 Ti
131 fps
2080 Super
91 fps

ゲーム本体にベンチマーク機能が備わっているので、設定を変えながらテストを行いました。このベンチマークはたまに数値がおかしくなるので信憑性に欠ける時があるのが難点です。

まずはレイトレーシングをオンにしない状態でのウルトラ画質設定です。

フルHD・ウルトラ画質(レイトレオン)
4070 Ti
76 fps
2080 Super
49 fps

レイトレーシングをオンにした状態での最高設定(一部手動で最高のサイコに引き上げ)、DLSSは自動でベンチマークを行った結果となります。

4K・最高画質(レイトレオン)
4070 Ti
56 fps
2080 Super
17 fps

こちらは4Kのレイトレーシングオン最高画質設定でのベンチマーク結果です。2080Sではほぼプレイ不可能ですね。

FF14

フルHD・最高画質
4070 Ti
24316 / 178 fps
2080 Super
19407 / 140 fps

定番のベンチマークソフトがあるのでFF14でのパフォーマンスをチェック。

設定はプリセットの最高画質にしてあります。

4K・最高画質
4070 Ti
14909 / 102 fps
2080 Super
8384 / 57 fps

4Kでの計測結果はこのようになりました。

Escape From Tarkov

フルHD・最高画質
4070 Ti
123 fps
2080 Super
124 fps

画質設定は最高、視野角は最大の75度、DLSSはバランスでテストしています。

FactoryマップにSCAVで出撃してマップを走りながら探索しています。基本的にタルコフは接敵しても他のゲームと違って煌びやかなエフェクトはなく大人しめなので変動は軽微です。

βテスト中のfps上限は144fpsとなっているためfpsは伸びませんでした。カンスト的な感じなのかな。

4K・最高画質
4070 Ti
125 fps
2080 Super
85 fps

4Kでの計測結果はこのようになりました。

発熱チェック

3DMark Time Spy 4Kのベンチマーク中で最も温度が高かった時を確認してみます。

温度変化
アイドル時
44℃
高負荷時
73.45℃

GPUに最も負荷がかかった時で73.45度となりました。3連ファンだけあって冷えていますし、音もうるさくはないです。ファン回ってるな〜って印象はありますけど。

4070 Ti 搭載のBTOパソコン

BTOパソコンで4070Tiを搭載しているおすすめモデルを紹介。

ドスパラ

ブランドGALLERIA
モデルDospara Galleria SK-S ミドルタワー
XA7C-R47T
CPUCore i7-13700F
グラボRTX 4070 Ti
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源750W ゴールド
値段309,980円
購入する

ドスパラは最新グラボが出てから新モデルとして割とすぐ販売してくれるので選択肢に入りやすいです。また出荷がかなり早いのも強み。

無線LANついてないのでカスタマイズするのがおすすめ。

4070 Tiのレビューまとめ

RTX 4070 Ti」のレビューでした。

一時は海外レビュアーの酷評を見て買うのを躊躇いましたが、50シリーズまで待つのも先が長い話だしそれが絶賛されるかも分かりません。

自分が替え時だなと思ったら替え時なんですよね。2080Superからするとかなりのレベルアップで、あんまり使い物になっていなかったレイトレーシングが実用レベルにまでなってきました。

DLSS3.0によるフレームのブーストも凄まじく、対応しているゲームであればかなりハイエンドな設定でもそれなりのfpsを叩き出します。

ワットパフォーマンスも4080とか4090見てビビってましたがかなりまともになっている印象があります。

4070Ti、全然良いと思いますよ。もうちょっと安くなってくれたら最高ですけど。

Core i7-11700K + RTX4070Ti

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ