MENU
全カテゴリー
ゲームギーク
デバイスレビュアー
ゲーミングデバイスレビューをする「GameGeek」の管理人。トータルで180個くらいはレビューしてきました。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまで

GALLERIA RM5C-R36 レビュー。144fpsで安定するミドルレンジPC

GALLERIA RM5C-R36 レビュー

ドスパラで販売しているサードウェーブのGALLERIAシリーズ、Core i5-12400とRTX 3060を搭載したBTOゲーミングPC「GALLERIA RM5C-R36」の実機レビューをしていきます。

GameGeek

デザインや機能性をチェックしながら、ベンチマークテストで性能についても確認していきます

本製品はレビューのため貸与していただきました

タップできるもくじ

概要とスペック

Core i5-12400, RTX3060, 16GBメモリ, 500GB SSD

GALLERIA RM5C-R36」の特徴について紹介します。

特徴
  • Core i5-12400搭載
  • RTX 3060 グラボ搭載
  • NVMe M.2 500GB
  • メモリは16GBと平均水準
  • コンパクトなミニタワー
  • 出荷が爆速

第12世代Intel CPUと、エントリー寄りのミドルレンジとなるRTX 3060を搭載しているPC。

レイトレーシングやDLSSに対応しています。

有名なFPSでフレームレートを検証したので、まずは以下にざっくりと結果を書いておきます。

ゲームfps
Apex Legends141.6 fps
VALORANT258.9 fps
Fortnite153.6 fps

いずれも最高画質・フルHD・フルスクリーンでプレイ。

VALORANTのような動作が軽いゲームはそれなりのfpsが期待できます。

ApexやFortniteでもそこそこのfpsが見込め、144Hzモニターをフル活用できます。画質を落とせば200fps近くも見えてきます。

メモリは16GBと標準ラインですが、SSDが500GBと心もとない。自分で増設するなりカスタマイズで追加するのがおすすめです。

CPUCore i5-12400
グラボRTX 3060
チップセットB660
メモリ16GB
SSD500GB
HDDなし
クーラー静音空冷ファン
光学ドライブなし
電源650W ブロンズ
ケースSKMケース(MicroATX)
サイズ220 x 440 x 425 mm
重量約14kg
無線LANなし(カスタマイズ可能)
LAN1Gb 対応LANポート
ファン14cm 静音FAN x 2
保証1年
値段174,980円(税込)

外観とデザイン

注意事項

ここに記載されている内部構造やパーツたちは記事投稿時点にドスパラからお借りしたモデルを元にレビューしています。

場合によってはパーツに変更などが起きたり、価格が上下したりする可能性もあります。購入する際はよくご確認下さい。

SKMケースに関する基本的なデザインは別途レビュー記事をご覧ください。

背面マザーボードの端子盤。USB-Aが6口と数はほどほど。USB-C端子なし。

  • PS/2
  • USB2.0 x 4
  • USB3.2 Gen2 Type-A x 2
  • LAN
  • 音声

ここにもHDMIポートなどはありますが、モニターケーブルはグラフィックボードへ接続しないと意味がないので「使用不可」とかなり圧のあるステッカーが貼られてます。

グラフィックボードの入力端子。DPが3つ、HDMIが1つの合計4つ。トリプルディスプレイやVRなどのセットアップにも万全な数。

  • DisplayPort x 3
  • HDMI x 1

フロント側のUSB端子は4つとも全て USB 3.2 Gen1 Type-A です。

左端の四角いボタンが電源。右端にオーディオジャックあり。

斜めになっているのでケーブルがさしやすいです。

内部構造をチェック

ケースの内部パーツについて見ていきます。

正面から向かって左サイドのパネルを取り外しました。

CPUクーラーはDEEP COOLのサイドフロークーラー。

カスタマイズでScythe虎徹Mk2などにアップグレードできます。簡易水冷はオプションないみたい。

そのすぐ右隣に位置するのがDDR4-3200のメモリ。8GBx2枚でトータル16GB、スロット2と4にささっています。

フロントとリアにはTHIRDWAVE製の140mmファンが1基ずつ。

トップファンはありません。

グラフィックボードは「PALIT GeForce RTX 3060 Dual」です。ツインファン型。

側面の文字部分が光ります。

グラフィックボードの真上、クーラーの後ろに隠れているのがM.2 SSDスロット。

「Intel 670p SSDPEKNU512GZ」で、500GBと普通の容量。

3.5インチマウントトレイが2つ。HDDなどをここに2台設置可能です。

逆サイドのパネルを開けました。

SSDなどをマウントできる2.5インチトレイが2つ。

電源ユニットは「SilverStone ET650」。モジュールタイプではありません。

騒音レベルのチェック

閉め切った部屋で静かにしている状態と、3dmark Time Spyでベンチマークを回している状態を、サウンドレベルメーターで比べてみました。

PCの真上付近から直接当たらないように固定して計測しています。

騒音レベルのチェック
PC電源オフ(室内無音状態)
38dBA
PC電源オンでアイドリング
41.7dBA
3dmark TimeSpyでのベンチマーク
50.0dBA

そこそこ静かです。アイドリング時と電源オフ時はほとんど差が分かりません。

負荷をかけると静かにファンが回っている音が分かります。

温度変化

3dmark TimeSpyのベンチマークを行った際の温度変化です。最も高いと思われる数値をチェック。

CPUの温度は最高で68.94度をマーク。グラフィックボードは最高で71.63度になりました。

CPUとGPUの発熱チェック
CPU最高温度
68.94℃
GPU最高温度
71.63℃

高負荷時にはそこそこ発熱しますが問題ない範疇です。

ゲームのベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

ゲーミングPCとして最も気になるゲームのベンチマークスコアを見ていきます。

ベンチスコア / 平均fps
VALORANT258.9 fps
Apex Legends141.6 fps
LoL215.3 fps
Fortnite153.6 fps
PUBG154.8 fps
Overwatch137.4 fps
Escape from Trakov78.7 fps
原神60 fps(上限60)
Cyberpunk 207777.1 fps
モンハンライズ178.3 fps
アサクリヴァルハラ68 fps
FF 14 暁のフィナーレ18210 (129 fps)
FF 158619(フルHD)
3773(4K)

VALORANTやLoLのような軽いゲームなら、240Hzモニターを活かせます。VALO戦士になるつもりなら240Hz狙い。

人気のApex Legendsは140fps、Fortniteは150fps程度です。最高設定で遊ぶなら144Hzモニターが最もコスパが良さそうですね。

上記も悪くない数値ですが、グラフィック設定を落とせばもっとfpsは稼げます。例えばApexは設定をすべて最低まで落とすと約195fpsと50fpsほど上がります。この辺は画質と快適さのトレードオフになるのでお好みで。

FF14は暁のベンチマークソフトで129fps出ていますので、こちらも144Hzモニターで快適に遊ぶことができます。

Cyberpunkのような重めのシングルプレイヤーゲームでも最高画質で77fpsあたりとそこそこの数値。

レイトレーシングのスコア

レイトレーシングをオンにした性能をチェックします。

ベンチ平均fps
Cyberpunk 207748.8 fps

重いゲームのCyberpunkではレイトレーシング+DLSSオンでそれなりのfpsを確保できます。

快適かというと微妙なところですが、ゲームによっては遊べる範囲かと思います。

CINEBENCH R20のスコア

ベンチスコア
CPU4030 pts
CPU (Single Core)572 pts
MP Ratio7.04 x

3DMarkのスコア

定番ベンチマークソフトである「3DMark」で計測したスコア各種です。

ベンチスコア
フルHD
Fire Strike
上位16%
19079
4K
Fire Strike Ultra
上位57%
5077
WQHD
Time Spy
上位45%
8456
WQHD
Port Royal
上位90%
5007

「Fire Strike」はDirectX11用のベンチマークで、フルHDゲームの一般的な性能を測ります。フレームレートは平均105fpsとなりました。

「Fire Strike UItra」は4K UHD解像度のゲーミング性能を測るベンチマーク。平均26.4fpsと厳しめな数値。

「Time Spy」はDirectX12用のベンチマークで、WQHD解像度でレンダリングする重めなゲーム向けの性能を計測します。結果は平均55.8fpsでした。

「Port Royal」はレイトレーシング性能を計測する最も重いベンチマークで、WQHD解像度。フレームレートは平均23.18fpsと厳しい結果に。

VRMarkのスコア

VRゲーム向けのベンチマーク「VRMark」で計測したスコア各種です。

ベンチスコア
Orange Room上位17%
11200
Cyan Room上位30%
8884
Blue Room上位56%
2555

「Orange Room」はHTC ViveやOculus Riftで必要な推奨性能をテストするベンチマーク。平均244fpsをマークしとても快適です。

「Cyan Room」はDirectX 12用のベンチマークで、少し重いVRゲームの性能を評価します。結果は平均194fpsで、こちらもかなりのフレームレートを確保できています。

「Blue Room」は5K解像度の最も重い負荷テストを行います。平均55.71fpsとなり、やや重めな印象です。

PCMark10のスコア

様々なタスクでPCの性能をテストする「PCMark10」でのパフォーマンステスト結果です。

ベンチスコア
Essentials8882
Productivity8213
Digital Content Creation9684
トータルスコア上位23%
6385

日常的な作業はもちろん快適ですし、ビデオ通話やメディア編集なども良好です。

Blenderのベンチマーク

無料の3DCGソフト「Blender」でベンチマークテスト。

シーンCPUGPU
monster76.341155.07
junkshop43.673679.37
classroom33.55594.29
スコア上位75%
153.63
上位22%
2452.90

CPUとGPUでそれぞれのシーンのレンダリング速度をスコア測定しています。

SSD

NVMe M.2で高速なSSD。読み込みは3047MB/s、書き込みは1599MB/sでした。

マザーボード自体はGen4 SSD対応ですが初期に搭載されているものはGen3で、スピードは普通くらいです。

3DMarkでのストレージベンチマークは1419でした。

おすすめのカスタマイズ

購入時に行えるカスタマイズでおすすめなものです。

カスタマイズするなら
  • SSDをGen.4対応のものへ
  • 無線LAN追加

初期でついているSSDはGen.3ですが、本構成はGen.4の高速なSSDに対応しています。

OSがインストールされることもあってクローンすると割と面倒。最初からGen.4にした方が楽。ただし+10,000円強と値段は高め。

無線LAN+Bluetoothはアンテナがちょっと邪魔だけどあると後々便利なのでおすすめ。

レビューまとめ

まとめ
  • レイトレ・DLSS対応
  • 主要FPSで140fps以上確保
  • 多くのゲームで安定したfps
  • 場所をとらないミニタワー
  • 出荷が爆速
  • 4Kにはパワー不足
  • SSDは普通クラス

Core i5-12400とRTX3060を搭載した「GALLERIA RM5C-R36」。

多くのFPSゲームにおいて144Hz相当で快適なプレイが楽しめますし、グラフィックが重いシングルプレイヤー系でも70fps近く出ます。

144Hzモニターは比較的安価なので、240Hzや360Hzを目指すセットよりもコストをだいぶ抑えられます。

4Kまでは期待してないけどフルHD〜WQHDでそこそこのゲーミング性能やクリエイティブ作業をしたいなら良いモデルです。

Core i5-12400, RTX3060, 16GBメモリ, 500GB SSD
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ