MENU
全カテゴリー
ゲームギーク
デバイスレビュアー
ゲーミングデバイスレビューをする「GameGeek」の管理人。トータルで180個くらいはレビューしてきました。レビューなどの依頼はお問い合わせかツイッターまで

BenQ ZOWIE G-SR-SE Rouge レビュー。人気品薄マウスパッドの後継品

BenQ ZOWIE G-SR-SE Rouge レビュー

BenQ ZOWIEから発売されているマウスパッド「G-SR-SE Rouge」をレビューしていきます。

タップできるもくじ

動画で見てみる

チャンネル登録 よろしくお願いします。

概要

G-SR-SE Rouge」は人気商品である「G-SR-SE DEEP BLUE」の後継品。

常に品薄で転売ヤーの格好の餌食となってしまっている「G-SR-SE」ですが、後継品が出たことによって供給が増えると嬉しいですね。

GameGeek

たぶん変わらず品薄になりそうだけど

カラーが青から赤へと変わったことの他、中間層の硬さや表面特性など変更点がいくつかあります。

値段は24.99ドルから34.99ドルへと10ドル値上がりしました。

日本での発売時期は2022年8月下旬ごろと発表されています。

同梱物

外箱。特にRougeとは書いてはありませんが中身が部分的に透けて見えるので赤いことが分かります。

そういえば古いG-SR-SEにも赤色ありましたよね。間違えないように注意してください。

丸まって梱包されています。

開封直後はちょっと巻きグセありましたが、机に広げてならしてあげるとすぐにフラットに。

デザイン

真っ赤なZOWIEのロゴが全面にプリントされています。

画像だと鮮明な赤に見えますが、肉眼で実物を見るともう少しくすんだというか暗めで落ち着いた赤色をしています。

DEEP BLUEでは幾何学的な模様もちりばめられていたのですが、Rougeはもっとシンプルにロゴだけになっています。

デザインだけで言うとプレッピーな印象もあるDEEP BLUEの方が好きかな。

サイズ寸法
L470 x 390 x 3.5 mm

G-SR-SEのサイズはDEEP BLUEから変わらずLサイズのみ。

デスクに載せるとこんな具合。FPSプレイヤーにとって嬉しい大きめ寸法。

最近では500×500なんて大きいのもよく見かけるようになってきましたが、横長の一般的な形状です。

厚みは3.5mm。

一般的なマウスパッドは3mmがおおいので、ほんのすこし厚みがあります。

中間層はDEEP BLUEに比べると少し柔らかくなっています。

ロゴは左上と右下にそれぞれプリントされています。

これらは他の模様と同じようにプリントされているため、マウスが上を通過しても滑走に影響を与えることはありません。

表面はスムーズでかなり良い触り心地です。

DEEP BLUEよりもザラ感が減ってシルキーな滑らかさになりました。

マクロレンズで拡大接写しました。DEEP BLUEに比べるとはっきりとした縫い目になっています。

DEEP BLUEの縫い目はちょっと潰れがち。

エッジはスティッチ加工などされておらず、切りっぱなしです。

スティッチによる段差の違いやザリザリ感などはありませんが、ほつれやすく耐久値が弱めという部分がデメリット。

底面のラバーには模様など入っていませんが、防滑性は良いです。

ゲームプレイ中にズレるようなことはありませんでしたし、机上で手でゆすっても動きませんでした。

使用感

当サイトで計測した滑走速度や静摩擦によるとバランス型に分類されます。

滑走速度は14/42位となりました。数値的にはけっこう上位のスピードとなっていますが、実際に使用している感覚的にはスピードパッドって感じではないです。

初動の軽さは27/42位で、中央値からするとやや重めとなりますがバランス型といって差し支えないでしょう。

この測定値から判断するに「滑って止まる」って確かにけっこうしっくりくる表現だなと。

DEEP BLUEとくらべてどうかというと

  • 滑走速度はやや速め
  • 初動の軽さはほぼ一緒かちょい速い

スピード的に大きな違いを感じるかと言われると、そういうわけでもないです。

Rougeは中間層が柔らかくなっているぶん、沈み込みによる制御が若干しやすくなりました。

マウスを滑らせた感じでも硬さが緩和されている印象があります。

そのぶんマウスフィートはエッジの処理が甘いと引っかかりを感じやすいかもしれません。

初動の軽さはどちらかというとやや重めという計測結果になりましたが、DEEP BLUEとほぼ変わりません。ほんのちょい速いかな。

ストッピングがしやすく止め性能に長けていると言えます。

VAXEE PA Mousepadと比べると、滑走速度は速めで初動も軽めとなりました。

PAの方がややコントロールって感じです。

耐水性と湿気の影響

水をマウスパッドにたらし、どれくらいで吸収されるかチェック。

水を垂らした直後から染み込みはじめ、5秒くらいでほぼ水らしきものは見えなくなりました。

その後30秒かけてゆっくりと浸透していきました。布パッドらしく耐水性はほぼありません。

湿気の多い部屋で手首を乗せているとちょっとしっとりします。

使用していてそんなに強い鈍化を感じることはありませんでした。

レビューまとめ

以上「BenQ ZOWIE G-SR-SE Rouge」のレビューでした。

まとめ
  • 滑って止まるバランスの良いパッド
  • 初動はやや重め
  • 滑走速度はちょい速
  • 表面がスムーズになった
  • 中間層は少し柔らかくなった

素直にいいマウスパッドだと思います。

使っていて操作感や滑りに文句ありません。

今回日本にくるのが待てなくて輸入したんですが、転送料金だけでマウスパッドの2倍くらいかかってるんで結構な出費でした。

結局DEEP BLUEとどっち買うんだい?っていう質問に答えると、もし両方とも定価で買えるなら新しいRougeじゃない?って感じです。10ドル高いですけどね。

これまでの供給状況を考えるとDEEP BLUEとRougeが常に手に入る製品になるとは考えにくいです。そのときに買える方を買うのが良いかと。

2倍するようなプレ値で買う価値があるかというと、VAXEE PAの存在があるから微妙ですね。まぁVAXEEも売り切れてるタイミング多いんですが、G-SR-SEよりは手に入れやすい。

Rouge、日本で安定して定価で購入できるようなら買い。

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ