ゲーミングPC

【第3世代Ryzen】BTOゲーミングPCをグラボごとにおすすめ紹介

投稿日:2019年7月9日 更新日:

第3世代Ryzen搭載のおすすめゲーミングPCをグラボ別に紹介!

ついに発売された第3世代Ryzen。低価格なのにその高性能ぶりが注目されています。

もしあなたが今まさにBTOゲーミングPCを買おうと考えているなら、Ryzenにもしっかり注目してみてください。

ここでは最新の第3世代Ryzenを積んだBTOゲーミングPCをグラフィックボード別に紹介します。

第3世代Ryzenについて

  • Ryzen 5 3600
  • Ryzen 7 3700X
  • Ryzen 9 3900X

第3世代Ryzenの中でもBTOゲーミングPCでよく見るCPUは上記3種類。

コア/スレッドが同じIntelのCPUと比較すると以下のようになります。

コア/スレッド数IntelRyzen
6コア/12スレッドCore i7-8700Ryzen 5 3600
8コア/16スレッドCore i9-9900KRyzen 7 3700X
12コア/24スレッドCore i9-9920XRyzen 9 3900X

通常のベンチマークではRyzenが圧勝しますが、ゲームのFPSとなるとそうもいきません。ゲームベンチマークを漁りましたが、intelシリーズの方が多くのゲームにおいて+10FPSほど出していました。

やはり特筆すべきはその価格。intelと比べて基本的に割安になっているのがポイント。

どのRyzenを選べば良いのか

Ryzen 5 3600

できるだけ安くしながらも高いゲーム性能が欲しい人むけ

Ryzen 7 3700X

高品質・フレームレートを高く快適にゲームしたい人むけ

Ryzen 9 3900X

ストリーミング、WQHDや4Kで最強の環境を構築したい人むけ

とは言ったものの、グラボによって大体選べるCPUが決まっています。2種類出てきた時は値段とにらめっこして考えましょう。コストパフォーマンス的にはRyzen 7 3700Xが一番かと思います。

グラボ別!第3世代Ryzen搭載のおすすめゲーミングPC

  • ドスパラ
  • パソコン工房
  • FRONTIER

この3社を比較し、最もコスパが良いものをグラフィックボード別に紹介します。

拡張性とエアフローを確保できるミドルタワーに絞っています。

GTX1660 + Ryzen 5 3600

Level Infinityミドルタワー

パソコン工房
LEVEL-R0X5-R53-RIS
CPURyzen 5 3600
グラボGTX1660
チップセットAMD X570
メモリ8GB
SSD240GB
HDDなし
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段129,980円

1660+第3世代Ryzenの構成を販売しているのはパソコン工房のみ。

ちょっとお高めな印象を受けますが、チップセットがX570なのでPCIe4.0に対応しています。今後主流になっていくかもと考えると大きなアドバンテージ。

+8,980円でグラフィックボードをGTX1660Tiにアップグレードできます。

 

GTX1660Ti + Ryzen 7 3700X

GALLERIA XF

ドスパラ
GALLERIA AT
CPURyzen 7 3700X
グラボGTX1660Ti
チップセットAMD B350
メモリ16GB
SSD500GB
HDD2TB
光学ドライブなし
タワーKTミドルタワー
電源500W BRONZE
値段129,980円

赤文字は無料アップグレード中

Ryzen 7 3700XとGTX1660Ti搭載のモデルを販売しているのはドスパラのみ。

コスパの良いゲーミングPCですが、電源はアップグレード推奨。

無料アップグレードされているメモリ・SSDやRyzen 7 3700Xでこの値段は魅力的。

 

RTX2060 + Ryzen 5 3600

FRONTIER GA シリーズ

FRONTIER
FRGAX570/A
CPURyzen 5 3600
グラボRTX2060
チップセットAMD X570
メモリ16GB
SSD512GB M.2
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段139,800円

Ryzen 5 3600+RTX2060の超コスパゲーミングPC。

メモリ・SSD・電源と高性能なパーツを積んでいて、かつチップセットがX570。

ドスパラ・パソコン工房も似たような構成で、Ryzen 7 3700Xを搭載しています。しかし値段が2万~3万程度高くなります。Ryzen 5 3600とRyzen 7 3700Xの値段差は約1万円なので、FRONTIERのBTOが最も性能が良くて安いです。

しかし、これを選ぶ前に次のRTX 2060 SUPERモデルを見てほしい

他社構成の参考
ドスパラGALLERIA AV159,980円
パソコン工房LEVEL-ROX5-R73X-ROR169,980円

 

RTX 2060 SUPER + Ryzen 7 3700X

FRONTIER GA シリーズ

FRONTIER
FRGAX570/V
CPURyzen 5 3600
グラボRTX 2060 SUPER
チップセットAMD X570
メモリ8GB
SSD240GB
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段134,800円

FRONTIERで発売されたRyzen 5 3600+RTX 2060 SUPERモデル。

この前に紹介したRTX2060モデルと比べると値段は-5,000円。その分メモリとSSDの容量が減っています。だがしかし・・RTX2060SUPERはRTX2070に迫る性能を持っているので、今買うなら絶対こっち。

 

RTX2070 + Ryzen 7 3700X

FRONTIER GA シリーズ

FRONTIER
FRGAX470/B
CPURyzen 7 3700X
グラボRTX2070
チップセットAMD B450
メモリ16GB
SSD512GB M.2
HDD2TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段174,800円

Ryzen 7 3700X+RTX2070のゲーミングPC。

パソコン工房ではRTX2060モデルをカスタマイズすればRTX2070にできますが、20万円をこえます。

ドスパラの構成と比べた場合、どっこいかな。値段的にはドスパラの方が安いですが、チップセットと電源の性能が良いのでFRONTIERに軍配が上がります。

他社構成の参考
ドスパラGALLERIA AF169,980円

 

RX 5700 XT + Ryzen 7 3700X

FRONTIER GA シリーズ

FRONTIER
FRGAX570/B
CPURyzen 7 3700X
グラボRX 5700 XT
チップセットAMD X570
メモリ16GB
SSD1TB M.2
HDD2TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段179,800円

RX 5700 XTはRTX2070と2080の中間レベルに位置するグラフィックボード。

AMDに魂を売るセット。RTX2070で紹介したFRONTIERの構成よりも高性能で値段はたったの5,000円しか違わないという意味不明なほど安い構成。X570とSSD1TBは魅力的。

パソコン工房でも同価格で近い構成がありますが、メモリとSSDの容量が下回っているのでFRONTIERが良いです。

 

RTX 2070 SUPER + Ryzen 7 3700X

FRONTIER GA シリーズ

FRONTIER
FRGAX570/V7
CPURyzen 7 3700X
グラボRTX 2070 SUPER
チップセットAMD X570
メモリ16GB
SSD1TB M.2 NVMe
HDD2TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段199,800円

FRONTIERから発売されているRyzen 7 3700X+RTX 2070 SUPERモデル。

RTX 2070 SUPERはRTX2080にわずか届かずという性能です。

次に紹介するRTX2080のドスパラモデルと比較すると、こちらのモデルではチップセット・SSD・電源で性能が上になっています。そして値段変わらず。

RTX2080にこだわらなければ、このRTX 2070 SUPERモデルの方がお買い得です。

 

RTX2080 + Ryzen 7 3700X

GALLERIA XF

ドスパラ
GALLERIA AG
CPURyzen 7 3700X
グラボRTX2080
チップセットAMD B350
メモリ16GB
SSD500GB
HDD2TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源700W GOLD
値段199,800円

赤文字は無料アップグレード中

第3世代Ryzen+RTX2080の構成があるのはドスパラだけ。

FRONTIERでもRTX2070モデルでカスタマイズを行えばRTX2080にできますが、21万円をこえてきます。パソコン工房では選択肢なし。

 

RTX2080Ti

GALLERIA XF

ドスパラ
GALLERIA AZ
CPURyzen 7 3700X
グラボRTX2080 Ti
チップセットAMD B350
メモリ16GB
SSD500GB
HDD2TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源700W GOLD
値段249,980円

赤文字は無料アップグレード中

Ryzen 7 3700X+RTX2080Tiがあるのはドスパラだけ。

無料アップグレードのおかげで性能的に悪くありません。が、ここまできたら突き抜けようぜっていう話。

ということでもう1つ紹介。

Level Infinityミドルタワー

パソコン工房
LEVEL-ROX5-R93X-XYVI
CPURyzen 9 3900X
グラボRTX2080 Ti
チップセットAMD X570
メモリ8GB
SSD250GB NVMe
HDD1TB
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段279,980円

メモリ・ストレージに不安が残るものの、CPUとチップセットも最上位なのでちょっと頑張ってこっちを買うのもありでしょう。

ドスパラにも3900X+2080Ti構成がありますが、SSD・電源・チップセットがガチアップグレードされていて値段が33万円をこえます。

 

まとめ

グラフィックボード別に第3世代Ryzenを搭載した最新ゲーミングPCのおすすめを紹介しました。

少しずつ色んな構成が加わってくると思うので、都度更新したいと思い・・ます。

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.