MENU

Windowsでゲーム画面のスクリーンショットをボタン1つでファイル保存する方法

ゲームやってる最中に ココだ! ってスクリーンショットのタイミングありますよね?

そんな時皆さんはどうしていますか?

とりあえずPrt Sc押しておいて、後でペイント開きますか?いやいやフルスクリーンでゲームしてるからそれは面倒!スニッピングツールも同じく面倒!

NO ペイント! NO Snipping Tool!

選択している画面だけフォルダにjpegで瞬間保存してほしくて色々と試しました。

結果、 Windowsとゲーミングキーボードのマクロ機能を使って処理 をすることにしました。

その方法について解説していきます。

目次

スクリーンショットをボタン1つでファイル保存するには

  • Windows10を使用中
  • マクロを記録・登録できるキーボードを持っている

Windows10に標準で搭載されている ゲームバー機能 を使います。

しかし、ゲームバー機能でスクリーンショットを撮るためには 複数のボタンを同時押し しなければなりません。ゲーム中にそんなことは難しいですし、指をいちいち動かすのも大変。

そんなわけで、 ゲーミングキーボードのソフトウェアを利用してマクロを作成します。 これをどこかのキーに割り当てれば、ボタン1つでスクリーンショットのファイル保存が可能になります。

マクロ自体は無料ソフトウェアなどでも作られますが、キーへの割り当てなどを考えるとゲーミングキーボードが1番便利。

ゲームバーの設定

Windowsボタン

デスクトップ左下のWindowsボタンで 右クリック します。

設定を選択

出てきたメニューから「設定」をクリックします。

設定からゲームを選択

Windowsの設定が表示されるので、「ゲーム」をクリックします。

スクリーンショットがオンになっていることを確認

ここで、「ゲームバーを使ってゲームクリップ、スクリーンショットを記録し、ブロードキャストする」オンになっていることを確認します

次に、スクリーンショット画像を保存するファイルを指定します。

スクリーンショットの保存フォルダを選択する

左のメニューから「ゲーム DVR」選択します。

「ゲームスクリーンショットとゲームのクリップを次の場所に保存します」フォルダーを開くをクリック。お好みのフォルダを指定して終わりです。

この状態で Windowsキー + Alt + Prt Sc を押すと、現在選択されている画面のスクリーンショットが自動でフォルダに保存されます。

キーの組み合わせを変更する

キーの組み合わせを変更したい場合のバインド方法です。

スクリーンショットのキーバインド変更

左のメニューで「ゲームバー」をクリックし、「スクリーンショットをとる」の部分で空欄を選択し、任意のキーをバインドします。

Ctrl、Alt、またはShiftキーと1つ以上のキーを使う必要があります。

ゲーミングキーボードでマクロ作成

ここではRazerの Razer Synapse 3 で説明していきます。他のゲーミングキーボードでも応用可能です。

Razer Synapse 3を開きます。

Razer Synapseでのマクロ作成方法

上部のメニューで「マクロ」を選択し、左側に出てくる「マクロリスト」の右側のをクリックします。

これで新しいマクロファイルができました。

マクロ記録開始

記録」ボタンを押すと3秒後に記録開始となります。

以下の順番でキーを押します。全部押すまで全て押しっぱなし。

別のキーにバインドしていたらそれに準じてください

  • Windowsキー
  • Alt
  • Prnt Scrn

今3つのキーが全て押しっぱなしになっていると思います。

以下の順番でキーを離します。

  • Prnt Scrn
  • Alt
  • Windowsキー

要するに、押したのと逆の順番ですね。

離し終わったら 停止」をクリックします。

マクロを記録し終わった後

画像のように記録されているはずです。

キーを押したスピードも記録されているので、高速で入力したかのように時間を変更します。

マクロの入力時間を変更

記録されたボタン入力をクリックします。例えば上の画像では、「Alt」を押したタイミングを選択しています。

右側にプロパティが表示されるので、「遅延」と書いてある下の欄をクリックし、「0.01」と入力します。これで別のところをクリックすれば反映されます。単位の s はつけなくても自動補間されます。

これを全ての入力に反映させます。

マクロをキーにバインドする

作成したマクロを任意のキーにバインドし、ワンタッチでスクリーンショットを撮影できるようにします。

Razer Synapse 3 + Blackwidow Chromaで解説。

キーバインドする

マクロのタブで、先ほど作ったマクロを選択しておきます。

右側に「キーのバインド」があるので、マークをクリックします。

バインドするデバイスを選択

バインドするデバイスをクリックして選択します。

マクロをキーにバインド

任意のキーをクリックして選択し、保存。

今回はマクロボタン1に割り当てました。エキストラボタンがあるキーボードはこういう時に非常に便利ですね。

以上で終わりです。

ブラウザやゲーム画面を選択し、マクロをアサインしたキーを押してみてください。先に指定した画像保存フォルダにスクリーンショットが保存されたら完成です

マクロ管理ができるおすすめゲーミングキーボード

ほとんどの有名どころのゲーミングキーボードにはソフトウェアが付属しています。ソフトウェアを通じてマクロの作成やキーバインドの割り当て変更をします。

安いキーボードの中にはそういったソフトがない可能性もあるので、ブランドがある程度有名なものがおすすめです。

Corsair K95 RGB Platinum

CORSAIR
¥29,800 (2021/09/26 19:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

軽量なアルミフレームとCherry MXキースイッチを採用したCorsairのゲーミングキーボード。

左端に6つのマクロ専用キーがついているので非常に使い勝手が良い。また、マクロを内蔵ストレージに保存して持ち歩けるのも利点。

HyperX Alloy Elite RGB

キングストンテクノロジー
¥18,800 (2021/09/26 19:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

強固なスチールフレームとCherry MXキーを採用したキングストンのゲーミングキーボード。

専用ソフトでマクロ管理などが可能で、内蔵ストレージもついているため設定を持ち運べます。チタンカラーの交換用キーキャップ付き。

Razer Cynosa Chroma

Razer(レイザー)
¥12,640 (2021/09/26 19:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

メンブレンスイッチを採用したRazerのゲーミングキーボード。安め。

ソフトな打鍵感が特徴です。マクロはRazer Synaseソフトウェアで管理可能。

まとめ

これでゲーム中でもボタン1つでスクリーンショットをファイル保存することができるようになりました。

Windows10のゲームバー機能を使ってマクロを組み、キーに割り当てる

ちょっとややこしいですが、設定が終わるとワンタッチで選択画面のスクリーンショットが撮れるので超便利ですよ。

では快適なゲームライフを!

目次
閉じる