ゲーミングPC

【2019】ゲーミングPCで25万円以下のおすすめを比較紹介

投稿日:2019年6月25日 更新日:

25万円以下のゲーミングpcを比較紹介

ゲーミングPCを購入するのに25万円ともなる予算があれば、現状トップレベルのCPUやグラフィックボードを備えた超強力なモデルが手に入ります。

RTX2080〜RTX2080Tiを搭載した構成で、最新のゲームを超快適にプレイ可能です。しばらくはグラフィックボードを買い換える心配をしなくて済むでしょう。

ちょっと高いけど、頑張って買って長く使う。とても良い買い物になるはずです。

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、25万円のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

25万円で買えるゲーミングPCのスペック

25万円のゲーミングPCならRTX2080を積んだ超高性能ゲーミングPCが購入できます。RTX2080Tiを搭載したモデルを選ぶにはやや厳しめのライン。

RTX2080を選ぶと

グレードは最上位モデルよりワンランクダウンしますが、それでもトップレベルのグラフィック性能を誇ります。GPU単体でも10万円程度するもの。

多くの場合ミドルタワーになるので、後々のパーツ増設なども楽です。

RTX2080Tiを選ぶと

ケースがミニタワーになってしまいます。ミニタワーは拡張性が低い小さなケースのため、後々の改造・パーツ換装が大変。ですが、コンパクトで置き場所も深く考えないで済むという利点があります。

また、CPUのランクが落ちます。

  • 2080で他のパーツをアップグレード
  • 2080Tiでグラボを最強にする

どちらを選ぶか迷うところ。

私のおすすめは2080で他のパーツをアップグレードすること。電源やCPU、メモリなどパワーアップさせたいパーツは他にも沢山あります。

25万のゲーミングPCで動かせるゲーム

ユーザーベンチマークサイト(GPU UserBenchmark)から、2080のスコアを抜粋して整理してみました。

  • グラフィック設定:最高
  • 解像度:1080p
  • いずれのfpsも推定平均値
  • CPUやメモリなど他のパーツ要素によって変動します
RTX2080
CSGO233 fps
Battlefield 1123 fps
Fortnite176 fps
PUBG121 fps
Apex Legends125 fps
LoL278 fps
GTA V100 fps
Overwatch137 fps
アサクリ オデッセイ71 fps
The Witcher 3121 fps
Shadow of the Tomb Raider92 fps

League of LegendsやCSGOなど、グラフィックは軽めだけど根強い超人気ゲームがやりたいのであれば当然問題なし。240fpsで遊べそうですね。

ApexやFortniteといったバトルロワイヤルゲームも120ごえのfpsが期待できるので、144Hzモニターで快適です。

アサシンクリード:オデッセイやShadow of the Tomb Raiderなどのヘビー級ゲームも70〜90fpsです。最高画質で安定したプレイが望めます。

ゲーミングPCで25万以下のおすすめ

25万円以下のおすすめのゲーミングPCを紹介します。

ここで紹介しているゲーミングPCは通常価格時のおすすめです。これと同等の性能でセールが行われている時がありますので、セール品でさらに安いものがないか公式サイトで探してみることをおすすめします。

パソコン工房

LEVEL-R039-i7KF-VOA

Level Infinityミドルタワー

CPUCore i7-9700KF
グラボGTX2080/8GB
マザボZ390
メモリ8GBx2(DDR4-2666)
SSD250GB
HDD1TB
光学ドライブDVDスーパーマルチ
ケースミドルタワー
電源700W BRONZE
値段214,980円

カスタマイズアップグレードしないで税込み価格234,338円のGTX2080搭載モデル。

アップグレードするなら

  • ラジエーターファン水冷クーラー
  • 電源を700WのBRONZEからGOLDへ

アップグレードを行って合計244,015円です。もう少し資金に余裕があるなら、増設で500GBのSSDを買ったり、メモリを8GBx2さらに増設するなどしましょう。

これよりも少し値段が高い構成でSSDが480GBのものがありますが、自分でSSD増設した方が圧倒的に安上がりです。

 

ドスパラ

GALLERIA ZG

GALLERIA XF

CPUCore i9-9900KF
グラボGTX2080/8GB
マザボZ390
メモリ8GBx2(DDR4-2666)
SSD512GB(M.2)
HDD3TB
光学ドライブなし
ケースミドルタワー
電源700W GOLD
値段219,980円

カスタマイズアップグレードなしで税込み価格237,578円のCore i9-9900KF+GTX2080搭載モデル。ドスパラの人気ゲームPCランキング第3位です。

アップグレードするなら

  • 電源を700WのGOLDからTITANIUMへ
  • サイドパネルをアクリルクリアサイドパネルへ

アップグレードして合計246,974円。しかし特にアップグレードしないでも全く問題ないモデルです。

オプションで変更できるアクリルクリアサイドパネルを選んでおけば、後々パーツを光らせてみたいぞ・・となった時にケースからまるまる買いなおす必要がありません。が、これはお好みで。

パソコン工房のモデルと比べると、CPUが上位版・SSDが高速&容量大・HDDの容量大・最初から電源がGOLD認証などと多くのアドバンテージがあります。

 

FRONTIER

FRGHZ390/MS2

FRONTIER GHシリーズ

CPUCore i7-9700K
グラボGTX2080/8GB
マザボASUS Z390
メモリ8GBx1(DDR4-2666)
SSD512GB(M.2)
SSD2Colorful 320GB
HDDなし
光学ドライブなし
ケースミドルタワー
電源850W GOLD
値段222,600円

あらかじめカスタムされたGTX2080搭載モデルで、税込み価格237,168円

アップグレードするなら

  • CPUクーラーを水冷LIQMAX II 240へ

水冷クーラーに変更アップグレードすると合計249,048円。もしくはここではアップグレードせず、光るARGBファンや水冷キットなどを自分で購入してとりつけるのも良いかも。

ASUS Aura Syncに対応した光るゲーミングPCなのが最大の特徴。縦に2本光るラインが前面パネルに走っています。強化ガラスサイドパネルつきなので、光るゲーミングPCパーツを増設して自分好みに光るPCを作り上げることが可能です。

電源容量が最初から多いのも1つの特徴。GTX2080のような上位グラフィックボードを使用するなら電源は多めの方が安定します。

 

G-Tune

該当なし。他3社と比べて値段が高いのでコスパ的におすすめしません。

 

25万以下のゲーミングPCを比較

パソコン工房ドスパラFRONTIER
型番LEVEL-R039-i7KF-VOAGALLERIA ZGFRGHZ390/MS2
CPUCore i7-9700KFCore i9-9900KFCore i7-9700K
グラボ2080/8GB2080/8GB2080/8GB
マザボZ390Z390Z390
メモリ8GBx28GBx28GBx2
SSD250GB512GB(M.2)512GB(M.2)
SSD 2なしなし320GB
HDD1TB3TBなし
光学ドライブDVDなしなし
ケースミドルタワーミドルタワーミドルタワー + Aura Sync
電源700W BRONZE700W GOLD850W GOLD
値段214,980円219,980円222,600円

このようになりました。

スペック的にはドスパラの「GALLERIA ZG」が1番良さそうです。

しかし、FRONTIERのゲーミングPC「FRGHZ390」はAura Sync対応で光るのでオシャレ。そして強化ガラスサイドパネルなので、後々自分で光るパーツを増設してカスタマイズしていくことができます。

紹介したPCの中で一番の推しはFRONTIER見た目にこだわらない人はドスパラがおすすめです。

まとめ:おすすめはFRONTIER

今回の調べでは25万円以下のゲーミングPCという予算では、FRONTIERのRTX2080搭載光るゲーミングPCが最もおすすめです。

ハイエンドゲーミングPCを手に入れて幸せなゲーム生活を送りましょう!

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.