ゲーミングPC

【2019】ゲーミングPCを光らせる!おすすめフルタワーケース5選

投稿日:2019年5月24日 更新日:

ゲーミングPCを光らせる!おすすめのフルタワーケース5選

光るゲーミングPCを実現するためのフルタワーケースを5つ厳選しました

フルタワーはケースの中で最も大きい部類ですので、置くスペースの確保が必要になります。サイズが大きいがゆえ、もう少しコンパクトなミニタワーやミドルタワーの方が人気。しかし・・

フルタワーの利点

  • 内部レイアウトの自由度
  • メンテナンスのしやすさ
  • サイズの大きいパーツでも問題なし
  • 拡張性はダントツ
  • 排熱効率が高い

このように、サイズは大きいけれどもフルタワーには利点が非常に多いです。ハイエンドゲーミングPCを組むのであれば、ぜひフルタワーを選択しておきたいところ

今回紹介するケースはどれも光らせるのに最適な透明パネルを搭載しています。フルタワーなら内部スペースにかなりの余裕が生まれますので、どうやって光らせるか魅せ方を工夫することができます

ピッカピカに光るカッコ良いハイエンドゲーミングPCを作るための参考にしてください。

フルタワーのゲーミングPCケース

1. Corsair Obsidian 1000D

イチオシ!ガチハイエンドならコレだ!

どんな構成でも組めてしまう巨大なフルタワーケース。でかすぎてCorsairはスーパータワーケースと名付けています。フロントと両サイドパネルがスモーク強化ガラスパネル。iCUEソフトによってLEDコントロールが可能です。

このケース、なんとデュアルシステムの構築ができます。ストリーミング用とゲーミング用のシステムを同時に組み込むといったとんでもPCが作れます。最大で13基のファンと4つのラジエーターを搭載できます。

サイズスーパータワー
カラーブラック
マザーボードMini-ITX, Micro-ATX, ATX, E-ATX, SSI EEB
寸法幅307x高さ697x奥行き693mm
重さ29.5kg
グラボ最大400mm
ラジエータ上: 420/280/140mm x1
前: 480/360/240/120mm x2
背: 240/120mm x1
ファン上: 140mm x3
前: 120mm x8
背: 140/120mm x2
搭載端子USB3.1-C x2
USB3.0 x4
オーディオ&マイク x各1
ドライブベイ2.5インチ x6
3.5インチ x5
拡張スロットメインチャンバー: 8
セカンダリチャンバー: 2

2. Thermaltake VIEW 71 TG RGB

強化ガラスを愛するならこのケース!

フロント・トップ・サイドと4面を5mm厚の強化ガラスパネルで囲われたフルタワーケース。サイドパネルはスイングドアになっているので内部アクセスが容易です。

ドライブケージが取り外し可能になっており、レイアウトが自由に設計できます。グラフィックボードを垂直に配置できるブラケットが付属しているので、魅せ方に凝りたい人にはもってこい。

サイズフルタワー
カラーブラック
マザーボードMini-ITX, Micro-ATX, ATX, E-ATX
寸法幅274x高さ592x奥行き577mm
重さ19.1kg
グラボ最大410mm
ラジエータ上: 420/360mm x1
前: 420/360mm x1
背: 140/120mm x1
右: 420/360mm x1
底: 240mm x1
ファン上: 140/120mm x3
前: 140mm x2 or 120mm x3
背: 140/120mm x1
搭載端子USB3.0 x2
USB2.0 x2
オーディオ&マイク x各1
ドライブベイ2.5/3.5インチ共用 x4
3.5インチ x3 または 2.5インチ x6
拡張スロット8+2

3. Corsair Graphite 780T

冷却オプションが豊富な角なしデザイン

ややゴツメな見た目のコルセアの780T。見た目通り、サイズも大きめに作られています。角がないデザインなので、足をぶつけても痛くない・・たぶん!角ばった長方形のデザインが気に入らない人は惹かれるかも。

ツールなしで取り外せるサイドパネルや5.25インチベイなどが特徴。サイドパネルはアクリルなので、強化ガラスが良い方は別のケースを検討しましょう。

不要なケージの取り外しが可能なので、内部スペースを最大限有効活用することができます。

サイズフルタワー
カラーブラック / ホワイト
マザーボードMini-ITX, Micro-ATX, ATX, E-ATX, XL-ATX
寸法幅288x高さ602x奥行き637mm
重さ11.3kg
グラボ最大355mm
ラジエータ上: 420/360mm x1
前: 420/360mm x1
背: 140/120mm x1
右: 420/360mm x1
底: 240mm x1
ファン上: 140mm x2 or 120mm x3
前: 140mm x2 or 120mm x3
背: 140/120mm x1
水冷H55, H60, H75, H80I, H90, H100I, H105, H110
搭載端子USB3.0 x2
USB2.0 x2
オーディオ&マイク x各1
ドライブベイ5.25インチ x2
2.5/3.5インチ x6
2.5インチ x3
拡張スロット9

4. COUGAR PANZER EVO RGB

ハンドルとヘッドホンホルダー付きの4面強化ガラスケース

4面を強化ガラスで囲った持ち手ハンドルつきのフルタワーケース。角ばっていないデザインかつ強化ガラス多めが好きならコレ。なんとヘッドホンホルダーまで付属しています。

4つのCOUGAR120mmファンが標準搭載されています。加えて、COUGAR Core BoxというRGBコントローラーが付属してきます。これによって様々な発光パターンの設定が可能です。

サイズフルタワー
カラーブラック / ホワイト
マザーボードMini-ITX, Micro-ATX, ATX, E-ATX, CEB
寸法幅266x高さ612x奥行き556mm
重さ13.8kg
グラボ最大390mm
ラジエータ上: 360/280/240/140/120mm x1
前: 360/280/240/140/120mm x1
背: 120mm x1
底: 140/120mm x1
ファン上: 140mm x2 or 120mm x3
前: 140mm x3 or 120mm x3
背: 120mm x1
底: 140/120mm x1
搭載端子USB3.1-C x1
USB3.0 x2
USB2.0 x1
オーディオ&マイク x各1
ドライブベイ2.5/3.5インチ共用 x2
3.5インチ x2
2.5インチ x4
拡張スロット8

5. IN WIN 509

シンプル。フロントロゴにLEDギミック内蔵

フロントとサイドパネルに強化ガラスを使用している509。デザインはすっきりとしたシェイプで洗練されています。フロントのロゴは自由に色が変わるLEDギミック内蔵。全部がガラスじゃないのも509の特徴です。

サイドパネルはハンドスクリュー固定なので取り外しは少し面倒。

サイズフルタワー
カラーブラック / ホワイト
マザーボードMini-ITX, Micro-ATX, ATX, E-ATX
寸法幅235x高さ527x奥行き578mm
重さ14kg
グラボ最大370mm
ラジエータ上: 360/280/240/140/120mm x1
前: 360/280/240/140/120mm x1
背: 140/120mm x1
ファン上: 140mm x2 or 120mm x3
前: 140mm x2 or 120mm x3
背: 140/120mm x1
底: 140/120mm x1
搭載端子USB3.0 x4
オーディオ&マイク x各1
ドライブベイ5.25インチ x1
2.5/3.5インチ x5
2.5インチ x4
拡張スロット8

おすすめの光るフルタワーケースまとめ

ゲーミングPCをオシャレに光らせるためのフルタワーケースを5つ厳選して紹介しました。

ハイエンドPCを作るなら絶対フルタワー!実際のところ、お部屋と机周りのスペースと相談になります。大きいだけあって、それに伴うメリットが多くあるのでおすすめです。

どうしてもフルタワーはキツイという方は、ミドルタワーの購入を検討しましょう。

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.