ゲームレビュー

大量のゾンビから生き残るシューター「World War Z」のレビュー

world war z

日本では2019年9月26日に発売予定のゾンビTPSゲーム「World War Z」のレビューです。

EPICストアでPC版を購入してプレイしました。5時間くらいしかプレイしてないのでほんと触りだけとりあえず。またプレイ時間が積まれて考えが変わったら加筆修正しますが、面白いには面白いけど、ややビミョーな部分もあるという感想おすすめか?と問われたら、おすすめしきれない。でもL4D2ファンなら絶対楽しめる。

私は期待値が高かっただけにそんな感想ですが、それなりに面白いとは思います。まだ5時間くらいしかプレイしてないですけどね。最初の2時間はクソゲー掴まされたと思いましたが、だんだん悪くないと思うようになってきた。

L4D2のような大量のゾンビから逃げきって脱出するようなゲームをプレイしたことのない人にとっては良い入門ゲームになります。フレンドとCOOPしたら確実に楽しいでしょうね。

World War Zとは

2013年にブラッドピッド主演で映画化した「ワールド・ウォーZ」と同じ原作を元にゲーム化した4人協力型サードパーソンシューター。謎のウイルスによって爆発的に加速し続ける感染者たち(ゾンビ)から生き残りをかけて戦います。

高速で移動する大量のゾンビの群れを相手に、複数あるクラスから1つを選び、スキルやトラップを駆使して戦いながら脱出ポイントを目指します。マップは全部で4つで、東京が舞台のマップも用意されており、日本人もキャラとしてプレイ可能。

ゲームモードについて

2種類のゲームタイプが用意されています。

1. COOPキャンペーンモード

COOPキャラクター選択画面

4人の生存者で力を合わせ、マップから脱出する協力ゲームモード。難易度は5段階設定可能です。キャンペーンとはいっても好きなマップを選んでプレイできるので、縛りがなくていい。好きなマップを延々とプレイすることもできます。

マップによって使用できるキャラクターはある程度固定されますが、クラスは6つある中から好きなものを任意で選べます。クラスはそれぞれ持っている初期銃や投擲武器が異なり、覚えていくスキルも異なります。最初の方はあまり違いがないけど、レベルが上がっていくにつれて専門性が高まっていきます。

クラスと武器は使えば使うほどレベルが上がっていきます。ステージをクリアするともらえるポイントを消費して、スキルや新武器をアンロックしていきます。COOPだけだとあんまりポイントが美味しくなくて、マルチの方が稼げます。COOPもマルチもポイントは共通。

4つのエピソードが存在し、全部で11のステージ。なぜか東京エピソードだけ2マップ。

東京の街中でゾンビ

東京の街中を徘徊するゾンビたち

1つのステージあたり15分~20分くらい。このゲーム、完全に雰囲気で買ったので、事前情報とかほぼ仕入れていませんでしたが、タワーディフェンス系だと思っていたらそうでもなかった。少しずつマップを進みながらタスクをこなし、時折押し寄せてくるゾンビの群れを撃退し、また進んで最終的な脱出地点を目指します。要はL4D2ということ。

2. マルチプレイ

マルチプレイ

マルチプレイは5つのゲームモードが用意されています。基本的には4vs4と人数は少なめで、マップも狭い。敵を倒したり、ポイントをキャプチャーしたりするのがメインのタスクとなりますが、そこにゾンビが多少絡んできます。

マルチプレイにゾンビが乱入

ゾンビが出現すると、キャプチャーどころではなくなる。しばらくするといなくなるので、ゾンビ要素以外は基本的に普通のマルチプレイ対戦。あまり目新しいことはないかな。L4D2やDead By Daylight的な非対称型の方が面白かったんじゃないかと思いました。

クラスはCOOPキャンペーンモードとは違うものが10種類用意されています。それぞれレベルありで、所持武器など固定。自分でカスタムしたクラスを作れないのはちょっと残念な気がする。

面白いなぁと思ったのは、自分がゾンビにやられた後、リスポンしたすぐ目の前にゾンビ化した自分がいて颯爽と走っていったこと。味方や敵のゾンビもよく混じっています。

大量のゾンビは圧巻

大量のゾンビ

ものすごい数のゾンビが押し寄せてくるのは圧巻です。まさに映画WWZの如く、ゾンビがセルフタワーを作ってフェンスをよじ登ってきます。高速道路から飛び降りてくるのとか恐ろしい。これが本ゲーム1番の肝かなぁ。グレネードでまとめて吹っ飛ばした時は気持ち良い。敵が多すぎて中々絶望感ある。

ジャンプしてマウントとってくる異種ゾンビとか、タンクっぽく突っ込んでくるデカイゾンビとか、その辺はものすごく既視感があって、まぁまぁL4D2だなと。

ゾンビにマウント取られるの図

ゾンビにマウント取られるの図

1人で行動しているとこういうことになります。団体行動大事・・。

モーションがしょぼい

グラフィック自体はそんなに悪くないと思うんです。でもゾンビのモーションが結構しょぼい。古いゲーム感出ちゃってる。出現する数が超大量なので、その辺は仕方ないのかもしれないけど。

加えて、ゾンビに銃撃っても当たった感じがあんまりしないんですよね。いきなり四肢が吹っ飛んだりして、あれ・・倒した?って不安になります。大量のゾンビをグレネードで吹っ飛ばすのは爽快感がありますが、銃で撃ってても倒せているのかよく分からない。死体も消えるし。なんだろう、そこが結構スカスカしてて臨場感が減ってる。

マルチプレイでも同じで、敵に弾当たってるのかよく分からない。HPゲージが表示されるので、そのHPが減っていくのを眺めている感じ。

ちょっとしたことかもしれないけど私としてはウーンとなってしまった部分。

まとめ

ゾンビとフェンス

そんなこんなで、密かに結構期待していたけど、そんなにハマらないだろうなという結果。もうちょっと敵に弾当たってる感あればなぁ。

冒頭でも述べましたが、ゾンビ脱出ゲームをやったことない人には良い入門になると思うし、フレンド4人でやろうゼ!ってなっているなら楽しいでしょう。

-ゲームレビュー
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.