予算で選ぶ

【2020】ゲーミングPCで15万円以下のおすすめを比較紹介

15万円以下のゲーミングPC

予算15万円でゲーミングPCを購入しようと考えているなら、かなり性能の高いグラフィックボードを積んだゲーミングPCが買えます。

15万円程度というのは ゲーミングPCでも売れ筋のラインナップ ですので、各BTOも力を入れていて種類が豊富です。選択肢が多くなりますので、迷うことも増えるでしょう。

各BTOショップでおすすめの構成を比較し、15万円以下のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

予算別!おすすめゲーミングPC

15万円で買えるゲーミングPCのスペック

かなり堅実で性能の良いゲーミングPCを購入できます。最新のゲームでもグラフィック品質設定を高く保ったまま遊ぶことができます。

狙い目のグラボは RTX 2060 SUPER ~ RTX 2070 SUPER。予算10万円以下で購入できる GTX 1660 SUPER よりも性能が格段に上で、レイトレーシングやDLSSといった新技術も利用可能です。

とはいえ、買えるならランクが上の「RTX 2070 SUPER」にこしたことはありません。2070Sでも税込みで15万円をきるPCがありますので紹介します。

 

15万のゲーミングPCで動かせるゲーム

あのゲームはプレイできるの?

ユーザーベンチマークサイト(GPU UserBenchmark)から、2060S・2070Sのスコア を抜粋して比較整理してみました。

  • グラフィック設定:最高
  • 解像度:1080p
  • いずれのfpsも推定平均値
  • ユーザーレビューの平均サンプル
  • 構成によって変動するので参考程度に
ゲームRTX2060SRTX2070S
CSGO181 fps233 fps
Battlefield 198.3 fps101 fps
Fortnite147 fps169 fps
PUBG113 fps111 fps
Apex Legends123 fps119 fps
LoL213 fps227 fps
GTA V94.1 fps111 fps
Overwatch105 fps125 fps
Minecraft242 fps269 fps
The Witcher 3101 fps110 fps

全体的にRTX2070Sの方が当然ながら上ですが、いくつかは同等または2060Sの方がややスコアを伸ばしている部分も。これはあくまでユーザーレビューの平均サンプルなので参考程度に留めてください。

グラフィックを最高設定にしてもPUBGやAPEXで110fpsごえですので、ちょっと抑えればかなりヌルヌルゲーになります。144Hzモニターを使って快適にゲームプレイ可能

最新ゲームでも十分なfpsを確保できるグラボ搭載のゲーミングPC がゲットできます。

 

ゲーミングPCで15万円以下のおすすめ

結論から言うとドスパラの RTX 2070 SUPER 搭載モデル「GALLERIA RF5」がコスパ最強。消費税・送料込みで15万円きります。

しかし15万円をちょっとこえても良いのなら、SEVENの「SR-ar5-5460H/S7/GP」も高性能でおすすめです。

ドスパラ - GALLERIA RF5

ドスパラ
GALLERIA RF5
CPURyzen 5 3500
グラボRTX 2070 SUPER
チップセットAMD B450
メモリ8GB
SSD256GB NVMe M.2
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーミニタワー
電源650W ブロンズ
値段134,980円

Ryzen 5 3500 + RTX 2070 SUPER 搭載モデル

税込み・送料込みでも 15万円きります。RTX 2070 SUPER狙いでこの性能なら、もうこれ以上安くはならないんじゃないかというコスパ最強構成。

SSDは256GBのNVMeで、HDD1TBも搭載。SSDのみ、HDDのみのBTOが多い中でストレージが多いのはありがたいですね。

 

SEVEN - SR-ar5-5460H/S7/GP

SEVEN
SR-ar5-5460H/S7/GP
CPURyzen 5 3600
グラボRTX 2070 SUPER
チップセットB450
メモリ16GB
SSD500B NVMe M.2
HDDなし
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源700W ゴールド
値段142,800円

Ryzen 5 3600 + RTX 2070 SUPER 搭載モデル

税込みで15万円をこえてしまいますが、性能的には申し分ないPC。メモリ・SSD・ミドルタワーなどが魅力的。

SEVENではカスタマイズの際、様々な有名ブランド品へアップグレードすることができるので、こだわったPCにできるのが強みです。

 

FRONTIER - FRGAB450F/WS9/NTK

FRONTIER
FRGAB450F/WS9/NTK
CPURyzen 5 3500
グラボRTX 2070 SUPER
チップセットB450
メモリ16GB
SSD512GB NVMe M.2
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W ゴールド
値段145,600円

Core 5 3500 + RTX 2070 SUPER 仕様モデル。元々の構成はGTX1650ですが、グラボと電源をカスタマイズしてこのような構成になります。

こちらもミドルタワーなので拡張性は良いです。メモリやSSDの容量は多めなので、ドスパラとコスパ的には競るかもしれません。ただし値段的に 税込みで15万円をこえてきます

FRONTIERではキャンペーンがよく行われています。台数限定セールで超掘り出し物が購入できます。今回紹介している構成よりもコスパ抜群なものも沢山出ますので、まずは キャンペーンをチェック してみましょう

 

パソコン工房 - R039-i5K-RO

Level Infinityミドルタワー

パソコン工房
LEVEL-R040-i5K-RWS
CPUCore i5-9600K
グラボRTX 2060 SUPER
チップセットIntel Z390
メモリ8GB
SSD240GB
HDDなし
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源700W ブロンズ
値段129,980円

Core i5-9600K + RTX 2060 SUPER 搭載モデル

インテルCPUとミドルタワーの拡張性が魅力で、値段もちょっと安い。内部が広いので、グラフィックボードを乗せ換えたい!と思った時に選択肢の幅が広がるのもポイント。

値段的には安いのですが、ドスパラやFRONTIERと比べると、グラボがワンランクダウンしてしまうので微妙かも。

 

15万以下のゲーミングPCを比較

ドスパラ
SEVEN
FRONTIERパソコン工房
型番GALLERIA RF5SR-ar5-5460H/S7/GPFRGAB450F/WS9/NTKLEVEL-R040-i5K-RWS
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3600 Ryzen 5 3500Core i5-9600K
グラボ2070 SUPER2070 SUPER 2070 SUPER2060 SUPER
マザボB450B450 B450Z390
メモリ8GB 16GB16GB8GB
SSD256GB NVMe M.2500GB NVMe M.2 512GB NVMe M.2240GB
HDD1TBなし 1TBなし
光学ドライブなしDVD なしDVD
ケースミニタワーミドルタワー ミドルタワーミドルタワー
電源650W ブロンズ750W ゴールド 850W ゴールド700W ブロンズ
値段134,980円142,800円 145,600円129,980円

このようになります。

税込みでも15万円をきる ドスパラの「GALLERIA RF5」が コスパ最強 です

ただしややメモリとケースサイズに不安が残るところですね。

少し余裕があるなら税込み15万円を越えてしまいますが、SEVENSR-ar5-5460H/S7/GP」は十分満足のできる構成となっていておすすめでです。

FRONTIERはキャンペーンで凄まじい掘り出し物がよく出てくるので、まずはセールを必ずチェックしましょう。

まとめ:15万円以下はドスパラが強い!

今回の調べでは15万円のゲーミングPCでは、RTX 2070 SUPER搭載のドスパラが最もコスパが良いです。

少し余裕があるならSEVENのPCをおすすめします。SEVENはなんといってもブランド品でカスタマイズできるのが特徴。OEMもいいですが、ブランドにこだわりたい人にはぴったりです。

予算別!おすすめゲーミングPC

-予算で選ぶ
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.