ゲーミングPC・デバイスのブログ

ゲーミングPC

1660Ti搭載のBTOゲーミングPCのおすすめを比較紹介

2019年3月12日

Nvidia GeForceのGTX1660Tiの性能はGTX1060以上GTX1070未満というスペックになっており、GTX1060の後継機にあたるミドルレンジクラスのグラフィックボードです。

新機能である「レイトレーシング」や「DLSS」には対応していないものの、その分コストカットされて安価になっています。これら新機能はまだまだ対応ゲームが少ないため大きな問題とは言えません。ベンチマーク的にもフルHDなら最新ゲームもそこそこのフレームレートを維持できます。

安価だけどそこそこパワフルなゲーミングPCを手に入れたい人にとっては嬉しいグラボです。BTOサイトで販売されているGTX1660Ti搭載のおすすめPCを比較紹介します。

GTX1660Tiを積んだおすすめのBTOゲーミングPC

BTOサイトの中から1つずつ厳選して紹介します。

ドスパラ

GALLERIA XF

ドスパラ
GALLERIA XT
CPUCore i7-9700F
グラボGTX1660Ti
チップセットB365
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源500W ブロンズ
値段129,980円

赤文字は期間限定無料アップグレード中

税別で13万円のエントリーレベルゲーミングPC。安い上にスペックも良い。価格.comアワードの銀賞。

無料アップグレードのおかげもあり、コスパ最高です

SSDが512GBなのが嬉しいですね。後々自分で増設するにしても最初から容量は多いに越したことがありません。他にアップグレードするなら、自分で超お手軽に増設・・とはいかない水冷・電源でしょう。

 

G-Tune

G-TunePC

G-Tune
NEXTGEAR-MICRO am560SA2
CPURyzen 7 3700X
グラボGTX1660Ti
チップセットB450
メモリ16GB
SSD512GB M.2
HDDなし
光学ドライブなし
タワーマイクロタワー
電源500W ブロンズ
値段124,800円

第3世代RyzenのCPUを搭載した税別13万弱のゲーミングPC。

ドスパラと値段は同等ですが、HDDがついてこない・タワーが小さいのがネック。

IntelよりもRyzen派ならこちらを選びましょう。

 

パソコン工房

10万円以下のパソコン工房PC

パソコン工房
LEVEL-M0B6-i5F-RX
CPUCore i5-9400F
グラボGTX1660Ti
チップセットB360
メモリ16GB
SSDなし
HDD1TB
光学ドライブDVD
タワーミニタワー
電源500W ブロンズ
値段98,980円

赤文字は期間限定無料アップグレード中

追加カスタマイズなしで税別10万円弱の低予算パソコン。

ドスパラのモデルに比べると、CPU・SSD・タワーサイズの点でランクダウンしています。SSDがないのはちょっとネックですが、かなり低価格になっています。

CPUはCore i5ですが、GTX1660Tiを動かすなら十分な性能です。

 

GTX1660Ti搭載ゲーミングPCの比較

ドスパラG-Tuneパソコン工房
型番GALLERIA XTNEXTGEAR-MICRO
am560SA2
LEVEL-M0B6-
i5F-RX
CPUCore i7-9700FRyzen 7 3700XCore i5-9400F
グラボGTX1660Ti
チップセットB365B450B360
メモリ16GB16GB16GB
SSD512GB NVMe512GB M.2なし
HDD1TBなし1TB
光学ドライブなしなしDVD
ケースミドルタワーマイクロタワーミニタワー
電源500W ブロンズ
値段129,980円124,800円98,980円

現状このような感じ。

コスパ的に考えるとドスパラのGALLERIA XTが超強い。

予算をできる限り抑えたいなら、パソコン工房のモデルがグッと安くなってます。

まとめ

GTX1660Tiを搭載したBTOパソコンのおすすめを紹介しました。

GTX1060-1070の間のスペックで、値段もお求めやすくなっています。予算は抑えたい・・でもそれなりに最新ゲームを快適に動かしたいという人にはもってこいのグラボですね。

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.