ゲーミングPC

1660Ti搭載のBTOゲーミングPCのおすすめを比較紹介

投稿日:2019年3月12日 更新日:

Nvidia GeForceのGTX1660Tiの性能はGTX1060以上GTX1070未満というスペックになっており、GTX1060の後継機にあたるミドルレンジクラスのグラフィックボードです。

新機能である「レイトレーシング」や「DLSS」には対応していないものの、その分コストカットされて安価になっています。これら新機能はまだまだ対応ゲームが少ないため大きな問題とは言えません。ベンチマーク的にもフルHDなら最新ゲームもそこそこのフレームレートを維持できます。

安価だけどそこそこパワフルなゲーミングPCを手に入れたい人にとっては嬉しいグラボです。BTOサイトで販売されているGTX1660Ti搭載のおすすめPCを比較紹介します。

GTX1660Tiを積んだおすすめのBTOゲーミングPC

BTOサイトの中から1つずつ厳選して紹介します。まだ1660tiはラインナップに現れていないBTOサイトも多いので、見かけたら追記します。

ドスパラ

GALLERIA XT

Gallelia XT

CPUCore i7-8700
グラボGTX1660Ti/6GB
マザボH370
メモリ8GBx1(DDR4-2666)
SSD500GB
HDD1TB
光学ドライブなし
ケースミドルタワー
電源650Wブロンズ

こんな人向け

  • コスパ重視型
  • オーバークロックする予定のない人
  • カスタマイズでアクリルパネルつけたい人

税別で13万円のゲーミングPC。安い上にスペックも良い。価格.comアワードの銀賞。

GTX1660Tiの性能を引き出すならCore i7-8700で十分。マザボはH370なのでオーバークロックには対応していません。オーバークロックしない人なら全然問題なし。

SSDが500GBなのが嬉しいですね。後々自分で増設するにしても最初から容量は多いに越したことがありません。メモリは8GBだと心もとないので追加するか自分で増設しましょう。とりあえず16GBで問題ありません。

他にアップグレードするなら、超お手軽に増設とはいかない水冷・電源でしょう。

 

パソコン工房

LEVEL-R039-i7K-RXR

Level Infinity

CPUCore i7-9700K
グラボGTX1660Ti/6GB
マザボZ390
メモリ8GBx1(DDR4-2666)
SSD240GB
HDD1TB
光学ドライブDVDスーパーマルチ
ケースミドルタワー
電源500Wブロンズ

こんな人向け

  • 性能の良いマザボとCPUで先々の改造まで見据えたい人
  • オーバークロックしたい人

追加カスタマイズなしで税別15万ちょっとのパソコン。ドスパラに比べるとマザボとCPUでお値段アップという感じでしょうか。

Core i7-9700Kは超現役なので、1660Tiの性能はフルに引き出せます。それに今後グラボを買い替えることになった時もCPUは据え置きでアップデートできるでしょう。オーバークロックにも対応。

メモリは8GBなので、16GBまで自分で増設するもよし、カスタマイズ見積もりで追加しちゃうもよし。ミドルタワーなので拡張性があり、SSDも後々簡単に増設できます。

 

GTX1660Ti搭載ゲーミングPCの比較

ドスパラパソコン工房
CPUCore i7-8700Core i7-9700K
グラボ1660Ti/6GB1660Ti/6GB
マザボH370Z390
メモリ8GBx18GBx1
SSD500GB240GB
HDD1TB1TB
光学ドライブなしDVD
ケースミドルタワーミドルタワー
電源650Wブロンズ500Wブロンズ
値段(税別)129,980円152,980円

現状このような感じ。

コスパ的に考えるとドスパラのGALLERIA XTが超強い。

 

まとめ

GTX1660Tiを搭載したBTOパソコンのおすすめを紹介しました。

GTX1060-1070の間のスペックで、値段もお求めやすくなっています。予算は抑えたい・・でもそれなりに最新ゲームを快適に動かしたいという人にはもってこいのグラボですね。

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.