ゲーミングPC・デバイスのブログ

モニター

CS:GOのプロが最も使っているFPS向け240Hzゲーミングモニター

2019年2月10日

ここではCS:GOのプロ達が使用しているゲーミングモニターを紹介します。まずはどのようにモニターを選ぶ上で知っておきたいことについて解説し、その後プロが選んでいるモニターについて説明します。

ゲーミングモニターの選び方

ゲーミングモニターって色々売ってるけど、どうやって選ぶのがいいの?という悩みに答えるべく、ゲーミングモニターを選定するときの基準について簡単に説明していきます。

1. リフレッシュレート

最も重要な要素の1つが画面のリフレッシュレート。1秒間に何枚の映像を画面に表示するかというものです。60Hzと144Hzと240Hzでは、それぞれ画面の残像感が全く違います。

CS:GOのように一瞬の画面変化で様々な判断を求められる時にはこのリフレッシュレートは144Hz以上欲しい。

最近ではプロの中で240Hzモニターがよく使われています。144Hzと240Hzではそれなりに違いが見受けられるようで、予算が許すなら240Hzにしたいところ。しかしマシンパワーも少なからず必要になるのでスペックと相談しながら決めよう。

 

2. 解像度

プロが使っている解像度は1080が最大です。つまり1920×1080以上の解像度は実質必要ありません。

1440など解像度が高くなるとその分ピクセル数が増え、1つ1つの物の細部がより細かく表現されます。つまり余計な情報量が増えるから判断が鈍るということ。

また、1440対応モニターなどは27インチなど、実際の大きさも問題になります。個人的には大きい画面が好きですが、画面の端から端までの距離が離れると目を動かさなきゃいけない範囲が広くなるので状況判断が遅れます。

よってシューティング系をプレイするならプロも選んでいる1920×1080でOK

 

3. 応答速度

応答速度とは、画面上の色が他の色に変わるまでにかかる時間のこと。これが高速であればあるほど残像が減り、綺麗に画面描写をしてくれます。

通常のモニターは10msが一般的ですが、これは例えば黒→白→黒となるまでに10msかかるということです。

ゲーミングモニターでの推奨は1ms。なるべくこの値が小さいモニターが良いです。

 

CS:GOプロが一番使っているゲーミングモニター

今まではBenqのXL2411Zがプロに長らく愛用されたモニターでしたが、現在CS:GOのプロが最も使っているモニターはBenqのXL25〇〇シリーズです。

XL2411Zはプロに使われているモニター3位に残っているものの、大半のCS:GOプロプレイヤーは既にXL25〇〇シリーズに移行しています。

参考

CS:GOプロプレイヤーセッティング

ページを開いてMonitor項目をズラーっと見ていくと圧倒的にBenqのXL25〇〇シリーズが多いことが分かります。

PUBG・Overwatch・Fortniteなどはまだ他のモニターが多いですね。しかしそういった他のゲームのプロ達もそのうち移行していくものと思われます。

 

1位 Benq XL2546 (240Hz)

最もプロが使っているXL2546。

  • 240Hzの滑らかなリフレッシュレート
  • DyAc技術による明瞭さのアップ
  • 左右のフード搭載
  • 黒を見やすくするBlack eQualizer

などの特徴があり、より滑らかに、より美しい映像表現でゲームを楽しめます。240Hzじゃなくて144Hz対応のXL2536という製品もあるので間違えないように。

しかし値段は高めな上、それなりのPCスペックが要求されます。推奨ビデオカード要件がGeForce GTX980ですので、せめてGTX1060/6GB程度はないと厳しいということですね。

ちょっと予算的にもスペック的にも厳しいな~という場合は古き良きXL2411Zでも全く問題ないと思います。

 

240Hzってどうなの?

人間の目には144Hzも240Hzも分かんないよっていう話もありますが、ON-WINNING.comの調査によると体感できるレベルで違うということです。マウスポインターがめっちゃスムーズで虜になっちゃうらしい。

画面の残像がどれだけ残るかの比較で、60Hzと144Hzで大きな違いがあり、また144Hzと200Hz・240Hzでも大きな違いがあります(詳しくはON-WINNING.comの記事を少しスクロールすれば写真があります)。

欲しいけどまだモニター買い替え時期じゃないので私は体感できず・・。予算に余裕があるなら買う価値ありってことですね!

 

2位 Benq XL2540 (240Hz)

XL2546よりちょっと古い型番。内容的にはほぼXL2546と変わりませんが、こっちのモニターはDyAc技術が搭載されていません。

DyAcとはDynamic Accuracyの略称で、残像感を減らして明瞭な画面表示をするというBenq独自の技術です。ある・なしでは残像の具合が大分違うようなので、今モニター購入を考えているならこのXL2540より最新のXL2546でしょう。

なんか型番ばっかり書いてたら頭が混乱してきた・・

 

3位 Benq XL2411P (144Hz)

古き良き相棒XL2411Z(現行品はマイナーアップデートされたXL2411P)。FPS・TPSのプロプレイヤーに長く愛用されていた素晴らしいモニター。今でもまだ相当数使われています。ちなみにうちのサブモニターはこれ。

リフレッシュレートは144Hzまでですが、240Hzは高いしスペック的にキツイ・・という方はこのモニターで決まりでしょう。値段も安いのでおすすめです。

2411Zと2411Pの違いですが、2411PではミニD-usbがなくなってDisplayPortが搭載されました。そしてColor Vibrance技術(色の鮮やかさの調整)も追加されています。

今買うならXL2411PでOK。

 

まとめ:CS:GOプロが最も使っているのはXL2546

CS:GOのプロプレイヤーが使っているモニターを1位~3位まで紹介しました。

ちょっとお値段は張るけど1位のXL2546がおすすめで、240Hz+DyAc技術でゲームプレイをブーストしてくれるでしょう。でも3位のXL2411Pもまだまだ現役だよ。

-モニター
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.