ゲーミングPC

【2019】ゲーミングPCで10万円以下のおすすめを比較紹介

投稿日:2019年1月18日 更新日:

ゲーミングPCは予算があればあるほど良いものが買えるのはもちろんなんですが、やっぱり先立つ物がないとその予算で決めるしかありませんね。

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、10万円以下のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

そう、10万円きるということは9万のPCでないと送料+税込で10万に抑えられません。以前は1660Tiで10万円ちょいというモデルがありましたが、現在では1660でないと予算的に厳しくなっています。

それを踏まえてBTOゲーミングPCを比較紹介します!

ゲーミングPCで10万以下ってどうなの?

10万円以下でも十分戦えるゲーミングPCが手に入ります。

現在この予算で狙い目のグラフィックボードはGTX1660が搭載されたモデルです。今は1060よりも上のグラボを安価に購入できるようになりました。

動作の重い最新ゲームでも、1920x1080解像度なら高いグラフィック設定で60fpsに近い数字を出すことができます。

頑張って15万の予算を作ればさらに高いfpsを期待できますが、これら10万のPCでも十分な性能を持っているのでエントリーモデルとしては最高だと思います。

ただし、基本ミニタワーになるのでパーツの増設は大変だったり無理だったりします。その辺を踏まえた上で選びましょう。

 

どんなゲームが動かせるのか

League of LegendsやCSGOなど、グラフィックは軽めだけど根強い超人気ゲームがやりたいのであれば当然問題なし。

FF15やトゥームレイダー、Sekiroといったグラフィックが重めのゲームでも、グラフィック設定を高く保ったまま60fps近くを狙うことができます。

詳しいベンチマークは比較.comをご覧ください。

このfpsを見ると10万円でも現状全く問題ない性能を持ったゲーミングPCを買えることが分かります。

 

ゲーミングPCで10万以下のおすすめ

10万円以下のおすすめのゲーミングPCを紹介します。選択肢はかなり狭いのでそこまで迷う余地はありませんが、BTOサイトによってはお得なPCだったりそうでなかったりします。

いきなり結論から言うと、パソコン工房とドスパラではGTX1660搭載PCが10万ほんのちょっとなので破格だと思います

少し前まではGTX1050-1060で送料・税込み10万円ギリギリでした。現在はGTX1660がラインナップ的に同じ立ち位置にいます。

SSDはHDDと比較して格段にスピードが違うので、できればアップグレードしたいところ・・!SSDアップグレードしても11万ちょっとです。

 

パソコン工房

LEVEL-M0B6-i5F-RIS

10万円以下のパソコン工房PC

CPUCore i5-9400F
グラボGTX1660/6GB
メモリ8GBx1(DDR4-2400)
SSD240GB
HDDなし
光学ドライブDVDスーパーマルチ
ケースミニタワー
電源500Wブロンズ

カスタマイズアップグレードしないで104,738円。10万円からほんの少しだけ足が出ますが、グラボがランクアップするのでおすすめ。1050と1060では性能が2倍弱違いますが、1060と1660でも1.3倍程度の性能差です。

Core i5-9400Fならさらに上のグラボに換装してもボトルネックが発生しないのが魅力。

HDDはついてきませんがSSD240GB搭載。容量に不安があるならアップグレードしましょう。HDDなんかは外付けでOK。

GTX1660+Core i5-9400Fでこの価格なら破格でしょう。

 

ドスパラ

GALLERIA DJ

10万円以下のドスパラPC

CPUCore i5-9400F
グラボGTX1660/6GB
メモリ4GBx2(DDR4-2666)
SSD240GB
HDD1TB
光学ドライブなし
ケースミニタワー
電源500Wブロンズ

ドスパラの製品で10万円をきる構成は1050Tiなのですが、やはり1660と比べると性能はダウンしてしまいます。

1660搭載モデルだと一番安いので税込み104,738円。現状なら1660を選ぶべきだと思うので、このモデルを紹介。

パソコン工房とほぼ同等の性能・同等の値段ですが、HDDがついてくるのでコスパ的には勝ち。

 

FRONTIER

FRGTZ170

FRONTIER FRGTZ170

CPUCore i5-7400
グラボGTX1660/6GB
メモリ4GBx1(DDR4-2400)
SSDなし
HDD1TB
光学ドライブなし
ケースミニタワー
電源600W SFX

元々もうちょっと安いモデルですが、グラボをGTX1660に乗せ換えたカスタマイズモデルとして10万ほんのちょいごえ。

購入時はカスタマイズオプションでグラフィックボードをGTX1660にしてください。

メモリが4GBなこと、SSDが標準搭載されていないのがネック。FRONTIERはセールで掘り出し物が出現するので、そちらを狙った方が良いでしょう。

 

G-Tunes

該当なし。

 

10万以下のゲーミングPCを比較

パソコン工房ドスパラFRONTIER
型番LEVEL-M0B6-i5F-RISGALLERIA DJFRGTZ170
CPUCore i5-9400FCore i5-9400FCore i5-7400
グラボ1660/6GB1660/6GB1660/6GB
メモリ8GBx14GBx24GBx1
SSD240GB240GBなし
HDDなし1TB1TB
光学ドライブDVDなしなし
ケースミニタワーミニタワーミニタワー
電源500Wブロンズ500Wブロンズ600W SFX

とこのようになりました。

ドスパラとパソコン工房のスペックと値段はほぼ同じですが、ドスパラはSSD240GB+HDD1TBなので、ドスパラのPCが頭1つ抜けている感じです

こう見ると10万円以下でもGTX1660でかなり戦えそうなゲーミングPCが買えますね。

まとめ

今回の調べでは10万円以下のゲーミングPCという限られた予算の中では、パソコン工房のGTX1660搭載型を選ぶべきという結論になりました。

お金ないけどゲーミングPC買いたいよ・・という方は是非この10万円以下のゲーミングPCでPCゲーマーの仲間入りしましょう!

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.