MENU

【2022】ゲーミングPCで10万円以下のおすすめを比較紹介

【2021】ゲーミングPCで10万円以下のおすすめを比較紹介

ゲーミングPCは予算があればあるほど良いものが買えるのはもちろんなんですが、やっぱり先立つ物がないとその予算で決めるしかありませんね。

10万円しかないけれど、その中でも一番良いやつが欲しい!

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、10万円以下のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

現在グラボの値段高騰により税込み10万円以下で購入できるゲーミングPCはかなり少ないです

予算別!おすすめのゲーミングPC

10万円のゲーミングPC
10万円以下
15万円のゲーミングPC
15万円以下
20万円のゲーミングPC
20万円以下
25万円のゲーミングPC
25万円以下
目次

ゲーミングPCで10万以下ってどうなの?

 ロケットモニター

現在では、10万円以下でもそこそこ戦えるゲーミングPC が手に入ります。

この予算で狙い目のグラフィックボードは基本的に GTX 1650〜1660 Ti あたりが搭載されたモデル です。動作の重い最新ゲームでも、1920×1080の解像度なら高いグラフィック設定で60fpsに近い数字を出すことができます。

頑張って15万の予算を作ればRTX3060に手が届くため、さらに高いfpsが期待できます。

これら10万のPCでもそこそこな性能を持っているのでエントリーモデルとしては問題ありません。ただし、基本ミニタワーになるのでパーツの増設は大変だったり無理だったりします。

その辺を踏まえた上で選びましょう。

どんなゲームが動かせるのか

あのゲームはプレイできるの?

League of LegendsやCSGOなど、グラフィックは軽めだけど根強い超人気ゲームがやりたいのであれば当然問題なし。144Hzや240Hzモニター と組み合わせても使えます。

FF15のようなグラフィックが重めのゲームでも、グラフィック設定をそれなりに高く保ったまま60fps近くを狙うことができます。

1920 x 1080 / グラフィック設定最高で計測。GTX 1660搭載の「GALLERIA RM5R-G60」でベンチマークを計測しました。

値はベンチマーク機によって変動しますので、あくまで参考程度に。

今回メインで紹介している1650はこれよりも少し低くなると考えてください。

ゲームGTX 1660
Apex Legends94 fps
CS:GO200 fps
VALORANT172 fps
Fortnite66 fps
PUBG96 fps
LoL198 fps
Overwatch140 fps
FF XIV12692 (89 fps)
FF XV5520

現在はグラボの品薄により1660〜1650が主流となっています。

ゲーミングPCで10万以下のおすすめ

10万円付近(最安値)のおすすめのゲーミングPCを紹介します。他の値段帯に比べて選択肢は比較的狭いです。

ドスパラ

Ryzen 5 3500, GTX 1650, 8GBメモリ, 500GB SSD
CPURyzen 5 3500
グラボGTX 1650
チップセットA520
メモリ8GB
SSD500GB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミニタワー
電源450W ブロンズ
値段(税込)89,980円

Ryzen 5 3500 + GTX 1650 モデル。1650搭載で唯一10万円を下回る構成です。

メモリが8GBと少なめですが、16GBに増設しても10万円をこえません。

高速な500GBのNVMe SSDが魅力的です。容量に不安があったらHDDを増設したいところ。

ガレリアのゲーミングPCシリーズではないため、筐体は異なります。

ドスパラは出荷のスピードがめちゃくちゃ速いので、速く欲しい人はその点も加味しましょう。

G-Tune

G-Tune
Core i5-11400, RTX 1650, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i5-11400
グラボGTX 1650
チップセットB560
メモリ16GB
SSD512GB
HDDなし
光学ドライブなし
空冷クーラー
ケースミニタワー
電源500W ブロンズ
値段(税込)120,780円

Core i5-11400+GTX 1650 搭載モデル。Bluetooth 5とWi-Fi6を標準搭載しています。

CPUの性能がかなり良いため、ひとまず1650で後ほどグラボを積み替えるというのも手ですね。

メモリもSSDも十分ですが、容量的に不安があればHDDなどの増設を検討。

コンパクトなケースで取っ手がついている可愛いデザインなのが特徴です。

STORM

STORM
Ryzen 5 3500, GTX 1650, 16GBメモリ, 500GB SSD
CPURyzen 5 3500
グラボGTX 1650
チップセットA520
メモリ16GB
SSD500GB
HDDなし
光学ドライブDVD
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源850W ゴールド
値段(税込)114,800円

Ryzen 5 3500+GTX 1650搭載モデル。メモリもSSDも十分で、DVDも積んでます。

中でもすごいのは電源が850Wのゴールド認証であること。かなりオーバー気味なスペックな気もしますが。

これとTSUKUMOのスペックがかなり似ていますが、電源の分だけこちらの方が上ですね。

TSUKUMO

TSUKUMO
Ryzen 5 3500, RTX3060, 16GBメモリ, 500GB SSD
CPURyzen 5 3500
グラボGTX 1650
チップセットB450
メモリ16GB
SSD500GB
HDDなし
光学ドライブDVD
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源550W ブロンズ
値段(税込)111,800円

Ryzen 5 3500とGTX1650を搭載したモデル。これは元々RTX3060を搭載しているのですが、グラボをダウングレードした構成がTSUKUMOのG-GEARシリーズで最安となります。

グラボのランクが下がってしまうため、少し高くてもドスパラの1660モデルの方がおすすめです。

どのパーツも値段相応ですので、増やしたければカスタマイズすると良いでしょう。購入時にアップグレードするよりも、後で自分で買って増設する方が安上がりです。

10万以下のゲーミングPCを比較

ブランドドスパラG-TuneSTORMTSUKUMO
モデルDospara Lightningシリーズ
Lightning AH5
G-Tune PL-Bケース
PL-B
Storm
PG-TS3
TSUKUMO ミドルタワーケース
GA5A-D210/T
CPURyzen 5 3500Core i5-11400Ryzen 5 3500Ryzen 5 3500
グラボ1650165016501650
チップセットA520B560A520B450
メモリ8GB16GB16GB16GB
SSD500GB512GB500GB500GB
HDDなしなしなしなし
光学ドライブなしなしDVDDVD
クーラー空冷空冷空冷空冷
ケースミニタワーミニタワーミドルタワーミドルタワー
電源450W ブロンズ500W ブロンズ850W ゴールド550W ブロンズ
値段89,800円120,780円114,800円111,800円

このようになりました。

まとめ:10万以下なら・・

Ryzen 5 3500, GTX 1650, 8GBメモリ, 500GB SSD

グラボ値段高騰もあり、10万円以下で買えるBTOPCはなくなってしまいました。今回は各BTOの最安モデルを並べる形になっています。

この中だとドスパラの「Lightning AH5」が唯一10万円をきる形です。予算にもうちょっと余裕がもてるなら、G-Tuneの「PL-B」はCPUが高性能なのでおすすめです。

予算別!おすすめのゲーミングPC

10万円のゲーミングPC
10万円以下
15万円のゲーミングPC
15万円以下
20万円のゲーミングPC
20万円以下
25万円のゲーミングPC
25万円以下
トップへ
目次
閉じる