ゲーミングPC・デバイスのブログ

お役立ちコラム

手持ちスイッチでBluetoothイヤホン(Airpods)を使う方法

最近スイッチでインディーゲームをプレイしまくるのにハマってまして、外に行く時もスイッチをお供に連れて行ってます。

そこで思ったのが、手持ちでプレイする時にAirpodsを使いたい!

せっかくイヤホンがワイヤレスの波に乗っているので活用したいな〜と思ってました。

スイッチには直接Bluetoothイヤホンをペアリングする機能はありません。

そこでUSB-CタイプのBluetoothレシーバーを使うことで無線にしました。その方法について解説していきます。

USB-CタイプのBluetoothレシーバー、GuliKitのROUTE+を使う

USB-CタイプのBluetoothレシーバーを使ってBluetoothイヤホンをペアリングします。

Bluetoothレシーバー

上記リンクで購入したらGuliKitのROUTE+という商品が届きました。

Gulikit route+

 

想像していたよりも小さいし、かなり軽い。

route+のサイズ

iPhoneと比較したサイズがこれ。スイッチに装着してても重くなるとか全然ないです。

 

ペアリングボタンがある方がこっち。

bluetoothレシーバーのペアリングボタン

その他の付属品としてCタイプ→通常のUSB変換ケーブルもついてきました。ドックへの接続も問題なし。

 

Bluetoothレシーバーをスイッチに接続

Bluettoothレシーバーをスイッチの充電口にさします。

Bluetoothレシーバーをスイッチにさす

USB-Cには表・裏の概念がないのでどっち向きにさしても大丈夫です。LEDランプが光ると邪魔そうなので、ペアリングボタンのある方を裏としてさしました。

この製品はプラグアンドプレイ(さすだけ)なので、これでレシーバーの装着は終わり。

 

ちなみにレシーバーをつけたままの充電も可能。

レシーバーは充電しながら使用可能

ちゃんと充電されます。

 

Airpodsをペアリングする

Airpods

Airpodsをペアリングします。

 

Bluetoothレシーバーをさした状態でスイッチの電源を入れます。

するとレシーバーで青と赤のLEDランプがチカチカ早く点灯します。

LEDランプが赤と青に光る

 

Airpods充電器裏のペアリングボタンを長押し。

Airpodsをペアリング

 

そうすると、チカチカしていたLEDランプが青のゆっくりした点滅に変わります。そしたらペアリングOK。

 

Airpodsをつけて、スイッチの音が聞こえるか試しましょう。初回は電源が入るまで10秒くらいかかるかも。

一度ペアリングすれば、別の機器にペアリングしない限り持続するのでレシーバーを外したりAirpodsを充電器に戻したりしてもまた自動的に接続します。

 

注意点

コネクタ部分はもろいので落としたら恐らく壊れます。また、変な置き方をしてもポキッと折れる可能性があるので注意しましょう。

使わない時は外しておくのが一番。

 

GuliKit ROUTE+のBluetoothレシーバーを使用した感想

遅延について

Bluetoothイヤホンなので当然遅延はあります。GuliKitのROUTE+は遅延の少ないと言われるaptX Low Latencyに対応しています。

しかしAirpods側が対応していないので、通常通りの遅延となります。

なんとなくですが、体感で0.3秒くらいかなぁ。遅れてるのは確実に分かりますが、ゲームやってるとそこまで気にならなくなります。

遅延をできるだけ少なくしたい人はaptXに対応したBluetoothイヤホンの購入を考えましょう。

aptX対応のAnkerワイヤレスイヤホン

この商品に関してはペアリングテストしていません

 

重さについて

最初はレシーバーをつけてさらに重くならないか?と不安でした。スイッチ本体だけでもしばらく手持ちでプレイしていると手が疲れますからね。

冒頭のレシーバー紹介の部分でも書きましたが、思っていたよりも小さいしかなり軽い。重さに関しては全く問題ありません

 

U字型のUSB-Cアダプタとかあれば最高

海外のセット(米アマ)にはU字型のアダプタがついているGuliKit ROUTE+のPROバージョンが売ってました。

これを使えばスイッチの後ろにレシーバーをさせるので、邪魔にならないし壊れにくくなると思います。

アマゾンでU字型のアダプター探しまくったんですが見つからなかった・・無念。使用用途がニッチすぎますね。

 

スイッチでBluetoothイヤホンを使う方法のまとめ

スイッチでBluetoothイヤホンを使うには、USB-CタイプのBluetoothレシーバーを購入しましょう。

Airpodsだと遅延は確かに感じますが、個人的にはゲームやってれば徐々に慣れました。それでも無理~と思う人はいるかも。aptX対応のイヤホンを持っている人なら遅延は少ないようなので試してみる価値ありですね。

-お役立ちコラム
-,

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.