ゲーミングPC・デバイスのブログ

お役立ちコラム

Battleyeでリシェードがブロックされた時に素早くアンインストールする方法

2017年9月30日

PUBGにReshadeを入れていると時たまブロックされ、ログインできない状態になることがしばしば。

そんな時は一度Reshadeをアンインストールしてまた大丈夫になるまで待ちましょう。大体小さなアップデートがきたら大丈夫になるけど、またアップデートがくるとダメになることが多い。

PUBGでは公式でReshade導入OKとなっていますので、違反だとか心配する必要はありません。

すぐにアンインストールできるようにショートカットを作りました。その簡単な手順を紹介します。

リシェードをアンインストールする簡単な手順

PUBGのリシェードが保存されている場所を見つけます。

場所:あなたのインストールドライブ > SteamLibrary > steamapps > common > PUBG > TslGame > Binaries > Win64

ALTを押しながらWin64のフォルダをデスクトップにドラッグ&ドロップしてショートカットを作ります。名前を分かりやすくPUBGフォルダとかにしておきます。

 

すぐその横にPUBG-reshadeなどの適当な名前のフォルダを新規作成します。

そのフォルダに以下のファイルをコピーしておきます。

  • reshade-shadersフォルダ
  • dxgi.dll
  • dxgi
  • dxgi

 

リシェードがブロックされたらデスクトップのPUBGフォルダを開いて上記ファイルを削除。しばらくしたらバックアップしたファイルを戻します。

ブロックされることがないようにしてほしいものです。

-お役立ちコラム
-,

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.