MENU

Razer Strider レビュー。スピード寄りのハイブリッドマウスパッド

Razerから発売されているゲーミングマウスパッド「Razer Strider」をレビューしていきます。

目次

概要

Razer(レイザー)
¥3,980 (2021/10/27 20:19時点 | Amazon調べ)

Razer Strider」はソフトとハードの中間をとったゲーミングマウスパッド。ポリエステル製で飛燕と同じ梨地織りタイプ。

バランス型といってもどちらかというとスピード寄り。滑走は速いですが、止める性能はちゃんと残っている・・ハイブリッドとしてはよく謳われる文句ですが、それをちゃんと実現しているマウスパッドという印象です。

同梱物

今回紹介していくのはLARGEサイズですが、想像していたよりもかなり大きめの箱で到着。どうやらXXLサイズも同じ箱でくるみたいです。

ここからマウスパッドの表面を触って確かめられるようになっています。実店舗まで行って触ってみたい方向け。

かなりゆるく巻かれていて、巻グセはほぼ皆無です。

XXLサイズはもっと巻きが多いみたいですが、Rがきつくないためそこまで巻きグセがつかないみたいですね。

フラットな梱包だと送料が高いし、小さく丸めると巻グセがつく・・意外とこの大きめに緩く巻くっていうのがマウスパッド梱包の最適解かもしれません。

これは出した直後の状態です。ほぼ巻グセはなくフラットな状態で、すぐに使えます。ゴム臭さも少ないです。

マウスパッドにしては珍しくステッカーがついてきました。

デザイン

右上のRAZERロゴ以外は真っ黒なシンプルマウスパッド。本製品は色は黒のみ、サイズは2パターン展開となっています。

サイズ寸法
L450 x 400 x 3 mm
XXL940 x 410 x 3 mm

Lサイズの450x400mmっていうのはFPSプレイヤー向けの大きめなサイズで、ブランドによってはXLに分類されることがあります。XXLは横に大きくキーボードまで乗せることを考えられたデスクマットサイズです。

厚みは3mmなのですが、マウスとキーボードにこの3mmの高低差があるのが嫌な人っていうのは一定数いると思っていて、そういった人にとっては嬉しいXXLサイズです。

GameGeek

私はXXLサイズ好きです!

好きなんですけど、レビュー用にマウスパッド積んでくとXXLサイズってかさばりすぎて厳しいので・・。最近は、気に入ったデザインのもの以外はLサイズ買うようにしてます。

表面を撫でるとザラザラ感がかなり強いです。ヒエンと同じ梨地織りですが、目が粗い感じはしますね。

右上のRAZERロゴは表面にプリントされているわけではありません。布が縫い付けてあるだけなので、この隅までしっかり使う方は縫われている糸を切ってしまえば外せると思います。

スタンダードな3mm厚ですが、中間フォームはかなり硬いです。丸めようとすると分かるんですが、全然ペラペラしてないです。

強く指で押してもあまり沈み込まないので、力を込めても滑りが一定のスピードになります。その分クッション性が弱く、力を込めてマウスの滑り具合を可変させるようなマイクロコントロールは難しいです。

エッジはスティッチ処理されているのですが、段差がほとんどないのが素晴らしいです。非常に細い糸で縫われています。毛羽立ちやほつれなどは一切ありません。

スティッチ処理って耐久値は上がりますが、段差ができてしまって微妙に気になることがあります。

GameGeek

このマウスパッドだとその心配はいりません

裏面は滑りどめのゴム。

ハニカム模様になっています。

木材の机で試したところ、防滑性はほどほどです。強く端をゆすると少し動くことがありました。手首をマウスパッドに強く擦る人だと微妙に動く可能性があります。

使用感

表面は遠めから見てもザラついていることが分かります。触ると非常に目が粗く、同じアムンゼン生地でも「ヒエン」や「Equate Plus」などに比べてもザラついています。

滑走がかなり速めなスピードタイプです。なのに初動や止めは普通くらいで、スピードだけでなく止め性能も備えたハイブリッドマウスパッドという冠がしっくりくるフィーリングです。

ハイブリッドって結構コントロール系が多い印象ですが、このマウスパッドも同じ感覚で試すと滑るので困惑するかもしれません。

マクロレンズで人間の目では見えないレベルまで拡大してみました。 縦と横の織り目の長さが不均一な梨地織りです。

この織り方は「ヒエン」や「Odin Gaming Infinity」や「Equate Plus」などが代表的なマウスパッドですが、Razerも遂に参入したって感じですね。

当サイトの計測では横方向の方が縦よりもやや滑りました。

湿気には強いタイプで、撥水性もあります。湿気大国の日本では活躍できるマウスパッドです。

静摩擦と動摩擦をチェック

静摩擦」は静止した状態からマウスが動き出すのに必要な力を計測します。最初の滑り出しもそうですが、この値は低い方が微細なコントロールはしやすいです。

動摩擦」はマウスの滑走を維持するために必要な力となります。この値は低い方がマウスが素早く滑ります。

静摩擦

結果は 57.1g でした。

ソフトタイプの中ではやや軽い方に位置し、バランスの中でも軽め寄りというスタンスになります。同じアムンゼン生地である「Oding Infinity」とほぼ同じくらいとなりました。

初動の滑り出しは軽めで、ストッピングもやや効くという印象です。

動摩擦

結果、1.62秒となりました。

ソフトパッド最速に並ぶ「MPC CORDURA」や「紫電改」ほどのスピードはないものの、かなりのスピードタイプであることが伺えます。

トラックはしやすいし、マウスを動かす時に必要な力が少ないので腕も疲れにくい。スピード系ですが、静摩擦はあるので止めが効かないというわけでもありません。

バランス型だけどスピード寄り、こんなマウスパッドを探しているのであればコレ買った方がいいです。

レビューまとめ

良いところ
  • 巻グセがほぼない丸め梱包
  • シンプルな見た目
  • 使いやすい大きめサイズ
  • バランス型でスピード寄り
  • 滑走が速いけどストッピングもある
  • 中間層が硬くスピード感は維持しやすい
  • 湿気には強い
  • スティッチエッジだけど段差が全くない
  • 価格はリーズナブル
イマイチなところ
  • サイズバリエーションは少なめ
  • 目が粗い触り心地
  • マイクロコントロールは苦手
  • 防滑性はほどほど

以上「Razer Strider」のレビューでした。

ハイブリッドマウスパッドの中でも滑走スピードがかなり速いのが特徴で、バランス型でスピード寄りという枠組みのマウスパッドを探しているならとりあえず買いでOK。

個人的にはもうちょっと触り心地がスムーズだったら嬉しかったけど、目を粗くすることでこのスピード感を出しているのであれば仕方なし。

このマウスパッドをおすすめする方
  • バランス型だけどスピード寄りが欲しい
  • 湿気に影響されない素材が良い
  • 中間フォームは硬いのが好き
Razer(レイザー)
¥3,980 (2021/10/27 20:19時点 | Amazon調べ)
目次
閉じる