MENU

GALLERIA RM5R-G60 レビュー。1660搭載のエントリーBTOゲーミングPC

ドスパラから発売されているGTX1660を搭載したエントリー向けBTOゲーミングPC「GALLERIA RM5R-G60」の実機レビューをしていきます。

現在ではガレリアシリーズの中でも最安値に位置するモデルとなっています。

GameGeek

デザインや機能性をチェックしながら、ベンチマークテストで性能についても確認していきます

目次

概要とスペック

ドスパラ
Ryzen 5 3500, GTX 1660, 16GBメモリ, 512GB SSD

GALLERIA RM5R-G60」の特徴について紹介します。

特徴
  • Ryzen 5 3500搭載
  • GTX 1660 グラフィックボード搭載
  • NVMe M.2 512GB
  • メモリは16GBと平均水準
  • コンパクトなミニタワー
  • 価格はガレリアシリーズ最安値
  • 出荷が爆速
  • SSD容量をもうちょっと増やしたい
  • どのゲームも超快適とは言い難い

グラフィックボードとしてはかなりエントリー向けとなる予算重視型モデル。記事投稿現在、ガレリアシリーズで買える最も安い構成。

CPUもグラボも最低限っていうレベルではありますが、グラフィック設定最高でもフルHDならApexは94fps近く、Valorantは171fpsほど出ることを確認しました。グラ設定を落とせばさらに快適に遊べるので、144Hzモニターと組み合わせて競技向けランクゲームも十分楽しめる性能です。

近年の重めのシングルプレイヤーゲームではグラ設定を上げると荷が重く、4Kはさすがに無理でしょって感じです。

メモリは16GB、SSDは512GBのNVMeと最近の標準をしっかりクリアする組み合わせなので安心して買うことができます。

CPURyzen 5 3500
グラボGTX 1660
チップセットA520
メモリ16GB
SSD512GB
HDDなし
光学ドライブなし
電源550W ブロンズ
ケースSKMケース(MicroATX)
サイズ220 x 440 x 425 mm
重量約14kg
無線LANなし(カスタマイズ可能)
LANギガビットLANポート
ファン14cm 静音FAN
保証1年
値段124,980円(税込)

外観とデザイン

ここに記載されている内部構造やパーツたちは記事投稿時点にドスパラからお借りしたモデルを元にレビューしています。場合によってはパーツに変更などが起きる可能性もあるため、購入する際はスペックをよくご確認下さい。

SKMケースに関する基本的なデザインは別途レビュー記事をご覧ください。

背面マザーボードの端子盤。USBは6口とほどほど多め。PS/2やここのグラフィック端子は使うことはないでしょう。

  • PS/2
  • USB2.0 x 4
  • USB3.2 Gen1 x 2
  • HDMI(使わない)
  • Display Port 1.4(使わない)
  • VGA(使わない)
  • LAN
  • 音声

グラフィックボードの入力端子。端子は少なめですが、デュアルモニターや、PC+PS5といった組み合わせが可能です。

  • DisplayPort x 1
  • HDMI x 1
  • DVI x 1

内部構造をチェック

ケースの内部パーツについて見ていきます。

CPUファンはAMD純正の空冷クーラー。

そのすぐ右隣に位置するのがDDR4-2666の16GBメモリ。スロットが2つしかないため、メモリの増設を考えるなら16GBx2の32GBから。

グラフィックボードは「Palit GTX1660 STORMX」です。シングルファンで非常にコンパクトな薄型サイズ。

NVMe M.2 SSDは「Phison PS5012-E12S」。容量は512GBとほどほどですが、ゲームをインストールしているとあっという間になくなってしまいます。個人的には1TB~がおすすめ。

3.5インチマウントトレイが2つ。SSDやHDDはここに2台設置可能です。

逆サイドのパネルを開けました。配線は結構余裕があります。

電源ユニット。モジュールタイプではありません。

SSDをのせられる2.5インチマウントトレイが2つ設置されています。

騒音レベルのチェック

閉め切った部屋で静かにしている状態と、3dmark TimeSpyでベンチマークを回している状態を、サウンドレベルメーターで比べてみました。

PCの真上付近から直接当たらないように固定して計測しています。

部屋中を無音に近づけた時の騒音レベルは約40.2dBAでした。私の部屋は窓の隙間風がうるさくて無音状態にはなりません。

ベンチマーク中の騒音レベルは約45.2dBA。5dBAほど上がっていますが、ほとんど音の差異はわかりません。めちゃくちゃ静かです。

でもたまにパキッていう尖った音が鳴るんですよね。なんだろう。

温度変化

3dmark TimeSpyのベンチマークを行った際の温度変化です。最も高いと思われる数値をチェック。

CPUの温度は最高で79.13度をマーク。

グラフィックボードは最高で72.44度になりました。

ゲームのベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

ゲーミングPCとして最も気になるゲームのベンチマークスコアについて見ていきます。

下記スコアはMSI Afterburnerを使って、実際にプレイしたゲームのfpsをログに記録し、その平均値を書き出したものです。

いずれもフルHD・グラフィック最高品質でプレイ。ベンチマークがあるもの以外は、トレーニングモードではなく実際に1試合ゲームをして計測しました。

ベンチスコア / 平均fps
CINEBENCH R202596 pt
3dmark Timespy5130
VALORANT171.8 fps
Apex Legends94.4 fps
LoL198 fps
Fortnite66.5 fps
PUBG96.4 fps
Overwatch139.6 fps
Cyberpunk 207739 fps
Borderlands 345.63 fps
FF 1412692 (88.72 fps)
FF 155520

ここでリストにしている数値はいずれも当サイトの実測値です。ベンチマークは環境や計測方法によっても変化があるので参考程度にしてください

Fortniteがなぜか66.5fpsと低めに出ましたが、Apex LegendsやPUBGはグラフィック設定最高でも100fps弱をマークしています。ValorantやLoLみたいな軽いゲームは200fps弱安定です。

FF14は90fps弱出ますので割と快適に遊べます。ただし、CyberpunkやBorderlands3といったグラフィックが重めのゲームは厳しめですね。グラフィックを落とせばもうちょっと快適に遊べるでしょう。

SSD

NVMe M.2で高速なSSD。読み込みは3427MB/s、書き込みは534MB/sでした。書き込みだけなぜか遅いのですが、読み込みは高速。

おすすめのカスタマイズ

本構成でおすすめのカスタマイズです。しなくても特に問題ありません。

  • 必要なら無線LAN+Bluetooth

SSDやメモリは自分で取り付けるのがおすすめ。

低予算だからこの構成を選んでいるわけなので、無理にカスタマイズはしないで良いです。

レビューまとめ

良いところ
  • ガレリアシリーズ最安値
  • GTX 1660 はほどほどの性能
  • 16GBのメモリ
  • SSDは高速で512GB
  • コンパクトなミニタワー
  • 出荷が爆速
イマイチなところ
  • カスタマイズは割高
  • 重いゲームや4Kは厳しい

Ryzen 5 3500とGTX 1660 を搭載した「GALLERIA RM5R-G60」。最も低予算なだけあってグラフィックボードの性能が最新のものに及ばないのは当然ですが、現状ガレリアで最安値といったらコレになります。

実際にランクゲームを何回かプレイしてみましたが、Apexとかも全然問題なく動きますね。グラフィック設定を調整すれば100fpsとかもいけるでしょう。

BenQ ZOWIE XL2411K」みたいな144Hzモニターも合わせて買うのがおすすめですね。

ドスパラ
Ryzen 5 3500, GTX 1660, 16GBメモリ, 512GB SSD
目次
閉じる