MENU

【2021】ゲーミングPCで30万円以下のおすすめを比較紹介

まだまだ高騰が続くBTOゲーミングPC。ハイエンドともいえるBTOゲーミングPCを購入するには少し前に比べてまとまった予算が必要となります。

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、30万円のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します。

予算別!おすすめのゲーミングPC

10万円のゲーミングPC
10万円以下
15万円のゲーミングPC
15万円以下
20万円のゲーミングPC
20万円以下
25万円のゲーミングPC
25万円以下
目次

30万円で買えるゲーミングPCのスペック

トップクラスのグラボにはRTX 3080、RTX 3080 Ti、RTX 3090などが名を連ねますが、中でも3080は最もコストが抑えられるハイエンドグラボです。

今回の予算だと3080 Tiは厳しく、遠く届かない3090はそもそもコスパ的には微妙。そして、3070〜3070Tiなら25万円以下に抑えて買うことができるため、3080に的を絞って探していくことになります。

フルHDで240Hzや360Hzモニターを駆使したい方や、4K60fpsレイトレーシングで美麗なグラフィックを堪能したいという方はぜひ3080以上を狙っていきましょう。

30万円のゲーミングPCで動かせるゲーム

あのゲームはプレイできるの?

RTX 3080 搭載の「GALLERIA XA7C-R38」でベンチマークを行いました。

  • グラフィック設定:最高
  • 解像度:1080p
  • いずれのfpsも推定平均値
ベンチRTX 3080
VALORANT205 fps
Apex Legends208 fps
LoL217 fps
Fortnite165 fps
R6S267 fps
Overwatch250 fps
アサクリオデッセイ91 fps
Borderlands 3117 fps
FF XIV 漆黒のヴィランズ19125
FF XV12771

Apexでは最高設定でも200fpsオーバーをキープ。ValorantやLoLのように軽いゲームは220fpsオーバー、R6SやOverwatchに至っては250fpsオーバーです。

設定さえ調整すれば、240Hzどころか360Hzモニターでも活かせますね。

ヘビー級なゲームであるアサシンクリードやボダラン3でも安定した高fpsを維持しています。これらは4Kでプレイするという選択肢もあります。

ゲーミングPCで30万以下のおすすめ

30万円以下のおすすめのゲーミングPCを紹介します。

ドスパラ

ドスパラ
Core i9-10850K, RTX 3080, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i9-10850K
グラボRTX 3080
チップセットZ590
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラーScythe 虎徹 MarkII
ケースミドルタワー
電源850W ゴールド
値段(税込)279,800円

Core i9-10850K+RTX 3080 搭載モデル。TimeSpyは15694、PC Mark 10は7648スコア。

30万円まで余裕があるのであれば、クーラーを水冷に(+7,700円)、または電源を1000W(+17,710円)などにアップグレードするのもよさげ。また、SSDはNVMeですが転送速度は遅いタイプなので速いものにするか、自分で後ほど増設すると良いかも。

ガレリアのSKケースはフロントパネルがLEDで光るのでゲーミングらしさがあります。冷却性能にも優れ、サイドに小窓アクリルパネルも装備。

ドスパラは出荷が業界最速なので、すぐに欲しいなら迷わずここから選びましょう。

TSUKUMO

TSUKUMO
Core i7-11700, RTX 3070 Ti, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-11700K
グラボRTX 3080
チップセットH570
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブDVD
ケースミドルタワー
電源850W ゴールド
値段(税込)283,800円
はアップグレード

元々はCore i7-11700+RTX3070Ti搭載モデルなのですが、アップグレードでCore i7-11700K+RTX3080にしています。 それでも税込みの値段は予算以下で、さらにメモリを32GBにしてピッタリ30万くらい。

TSUKUMOではRTX3080を搭載した基本構成モデルが存在しないため、カスタマイズの段階でアップグレードしていく形になります。

このようにある程度予算に余裕がある構成からアップグレードするスタイルだと、自分に必要な機能を取捨選択できるので、BTOゲーミングPCのポテンシャルが引き出せますね。例えばCPUが11700のままで良いなら、代わりに電源やSSDをアップグレードすることもできます。

性能的にはかなりに良い形のまま予算内に収まりました。

STORM

STORM
Core i7-11700, RTX 3080, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-11700
グラボRTX 3080
チップセットZ590
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブなし
ケースMSI GUNGNIR 110R
電源1200W PLATINUM
値段(税込)281,800円

Core i7-10700+RTX 3080 搭載モデル。4つのLEDファンをのせており、前面半分と左側面に搭載された強化ガラス仕様のケース。BTOショップデザインのものよりもオリジナリティが欲しいなら魅力的です。電源も最初から1200WのPLATINUMなのも嬉しい部分。

SSDはNVMeですがそんなに速くないタイプです。さらに言うとZ590はGen.4のSSDに対応しているため、デフォルトのものより3倍以上速いSSDを装着することが可能です。カスタマイズで容量を増やすよりも後々自分で増設する方が圧倒的におすすめ。

アップグレードするならクーラーを水冷(+9,000円)するか、もしWiFiが欲しいならマザーボードをTOMAHAWK WIFI(+8,000円)にするとよさげ。

STORMはアップグレードの値段も良心的だしケースが色々選べるので良いです。

G-Tune

G-Tune
Core i7-10700K, RTX3080, 16GBメモリ, 512GB SSD, 2TB HDD
CPUCore i7-10700K
グラボRTX 3080
チップセットZ590
メモリ16GB
SSD512GB
HDD2TB
クーラー水冷120mmラジエーター
光学ドライブなし
ケースミドルタワー
電源800W TITANIUM
値段(税込)285,780円

Core i7-10700K+RTX 3080 搭載モデル。ドスパラの10850Kに比べるとCPUの性能は低くなっており、さらにSSDの容量は少ないです。

しかし、その代わりHDDが2TB、クーラーが水冷、電源はTITANIUM、さらにWiFiとBluetoothが最初から付属してくるなど、周辺機器が優秀です。

カスタマイズするなら電源を1200W(+13,090円)あたりかなと思います。

ケースはシンプルでバルキーな感じ。強化ガラス(+8,580円)へとカスタマイズで変更できるので、中を光らせたい人はアップグレードしておきましょう。

@Sycom

@Sycom
Core i7-11700K, RTX 3060, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i7-11700K
グラボRTX 3070
チップセットASUS TUF Z590-PLUS WIFI
メモリ16GB
SSDWD Black SN850 512GB Gen.4
HDDなし
クーラーNoctua NH-U12S redux
光学ドライブDVD
ケースCoolerMaster CM694
電源750W ゴールド
値段(税込)296,980円
はアップグレード

Core i7-11700K+RTX3070(アップグレード)搭載モデル。@Sycomだと個人的にはガンガンに光るコンセプトモデルのG-Master Luminousを思い浮かべるのですが、こちらは割とベーシックなゲーミングPC。

各パーツはブランドにこだわっています。マザーボードはPCIe4.0対応で、標準でWiFiが搭載。

標準搭載のSSDはBTOブランドでよく使われる低速タイプではなく、そこそこ速いシーケンシャルリード最大3,500MB/sのIntel SSD 670pが採用されています。しかし折角Gen.4に対応しているので、WD Black SN850(+9,670円)にアップグレードがおすすめです。公称の性能的には2倍になります。

グラボだけでじゃなくて周りのパーツも高性能にしたい方向け。

30万以下のゲーミングPCを比較

ブランドドスパラTSUKUMOSTORMG-Tune@Sycom
モデルZA9C-R38GA7J-G212/TPG-DSXN-Z-CMG-Master Spear Z590
CPUCore i9-10850KCore i7-11700K Core i7-11700Core i7-10700KCore i7-11700K
グラボRTX 3080RTX 3080 RTX 3080RTX 3080RTX 3070
チップセットZ590H570Z590Z590Z590
メモリ16GB16GB16GB16GB16GB
SSD1TB1TB1TB512GB512GB Gen.4
HDDなしなしなし2TBなし
光学ドライブなしDVDなしなしDVD
クーラーScythe 虎徹 MarkII空冷空冷水冷120mmNoctua NH-U12S redux
ケースミドルタワーミドルタワーMSI GUNGNIR 110RミドルタワーCoolerMaster CM694
電源850W ゴールド850W ゴールド1200W PLATINUM800W TITANIUM750W ゴールド
値段279,800円283,800円281,800円285,780円296,980円

まとめ

ドスパラ
Core i9-10850K, RTX 3080, 16GBメモリ, 1TB SSD

今回の調べでは30万円以下のゲーミングPCという予算ではハイエンドクラスである3080搭載型がおすすめという結論になりました。

ゲームをする上でどれだけ高性能なグラフィックボードにできるかはかなり重要なので、RTX 3080が最もおすすめなのですが、見た目や各パーツのブランドを拘りたい場合はその限りではないので3070搭載のPCも紹介しています。

爆速ゲーミングPCを手に入れて最高画質・4K・レイトレーシングにも対応したゲーム生活を送りましょう!

予算別!おすすめのゲーミングPC

10万円のゲーミングPC
10万円以下
15万円のゲーミングPC
15万円以下
20万円のゲーミングPC
20万円以下
25万円のゲーミングPC
25万円以下
目次
閉じる