MENU

【2022】ゲーミングPCで30万円以下のおすすめを比較紹介

30万円以下のBTOゲーミングPCのおすすめ

まだまだ高騰が続くBTOゲーミングPC。ハイエンドともいえるBTOゲーミングPCを購入するには少し前に比べてまとまった予算が必要となります。

各BTOショップでおすすめの構成+おすすめのアップグレードを比較し、30万円のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します。

予算別!おすすめのゲーミングPC

10万円のゲーミングPC
10万円以下
15万円のゲーミングPC
15万円以下
20万円のゲーミングPC
20万円以下
25万円のゲーミングPC
25万円以下
目次

30万円で買えるゲーミングPCのスペック

トップクラスのグラボにはRTX 3080、RTX 3080 Ti、RTX 3090などが名を連ねます。

今回の予算だと3080 Tiは厳しく、遠く届かない3090はそもそもコスパ的には微妙。そして、3070〜3070Tiなら25万円以下に抑えて買うことができるため、3080に的を絞って探していくことになります。

フルHDで240Hzや360Hzモニターを駆使したい方や、4K60fpsレイトレーシングで美麗なグラフィックを堪能したいという方はぜひ3080以上を狙っていきましょう。

30万円のゲーミングPCで動かせるゲーム

あのゲームはプレイできるの?

RTX 3080 搭載の「GALLERIA XA7C-R38」でベンチマークを行いました。

  • グラフィック設定:最高
  • 解像度:1080p
  • いずれのfpsも推定平均値
ベンチRTX 3080
VALORANT205 fps
Apex Legends208 fps
LoL217 fps
Fortnite165 fps
R6S267 fps
Overwatch250 fps
アサクリオデッセイ91 fps
Borderlands 3117 fps
FF XIV 漆黒のヴィランズ19125
FF XV12771

Apexでは最高設定でも200fpsオーバーをキープ。ValorantやLoLのように軽いゲームは220fpsオーバー、R6SやOverwatchに至っては250fpsオーバーです。

設定さえ調整すれば、240Hzどころか360Hzモニターでも活かせますね。

ヘビー級なゲームであるアサシンクリードやボダラン3でも安定した高fpsを維持しています。これらは4Kでプレイするという選択肢もあります。

ゲーミングPCで30万以下のおすすめ

30万円以下のおすすめのゲーミングPCを紹介します。

TSUKUMO

TSUKUMO
Core i7-11700, RTX 3070 Ti, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-11700K
グラボRTX 3080
チップセットH570
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブDVD
ケースミドルタワー
電源850W ゴールド
値段(税込)286,000円
はアップグレード

元々はCore i7-11700+RTX3070Ti搭載モデルなのですが、アップグレードでRTX3080にしています。 さらにCPUを11700から11700Kへ。

TSUKUMOではRTX3080を搭載した基本構成モデルが存在しないため、カスタマイズの段階でアップグレードしていく形になります。

さらにメモリを32GBにするか、クーラーを上位にアップグレードするか、電源ユニットの容量を増やすかしてちょうど30万くらいになります。

このようにある程度予算に余裕がある構成からアップグレードするスタイルだと、自分に必要な機能を取捨選択できるので、BTOゲーミングPCのポテンシャルが引き出せますね。

性能的にはかなりに良い形のまま予算内に収まります。

アベレージFPS目安
  • VALORANT:345fps
  • Apex Legends:245fps
  • Fortnite:230fps
  • Overwatch:310fps
  • PUBG:190fps
  • CPUとグラボでベンチマーク計算
  • 1080p、最高画質

FRONTIER

FRONTIER
Core i7-10700F, RTX3080Ti, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i7-10700F
グラボRTX 3080 Ti
チップセットH570
メモリ16GBx1
SSD1TB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源1200W PLATINUM
値段(税込)299,800円

Core i9-10700F+RTX 3080 Ti 搭載モデル。セール品で、限定台数販売。なのでグラボのランクが他の構成に比べて高いのに超激安。

メモリ、SSD、電源あたりは標準的な性能です。なぜ16GBx1なのかは不明ですが…。

側面がガラスパネルになったケースを採用しています。

もしまだ売っていたらノールックでコレでOKじゃないかなと。

アベレージFPS目安
  • VALORANT:350fps
  • Apex Legends:270fps
  • Fortnite:200fps
  • Overwatch:360fps
  • CPUとグラボでベンチマーク計算
  • 1080p、最高画質

ドスパラ

ドスパラ
Core i9-10850K, RTX 3080, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i9-10850K
グラボRTX 3080
チップセットZ590
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
ケースミドルタワー
電源750W ゴールド
値段(税込)289,980円

Core i9-10850K+RTX 3080 搭載モデル。TimeSpyは15694、PC Mark 10は7648スコア。

30万円まで余裕があるのであれば、クーラーを水冷に(+7,700円)すると掃除がやや楽に。また、SSDはNVMeですが転送速度は遅いタイプなので速いものにするか、自分で後ほど増設すると良いかも。

ガレリアのSKケースはフロントパネルがLEDで光るのでゲーミングらしさがあります。冷却性能にも優れ、サイドに小窓アクリルパネルも装備。

ドスパラは出荷が業界最速なので、すぐに欲しいなら迷わずここから選びましょう。

アベレージFPS目安
  • VALORANT:345fps
  • Apex Legends:245fps
  • Fortnite:230fps
  • Overwatch:310fps
  • PUBG:190fps
  • CPUとグラボでベンチマーク計算
  • 1080p、最高画質

STORM

STORM
Ryzen 7 5800X, RTX3080, 16GBメモリ, 1TB SSD
CPURyzen 7 5800X
グラボRTX 3080
チップセットB550
メモリ16GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー水冷
光学ドライブなし
ケースMETALLICGEAR NEO V2 MG-NE510
電源1200W PLATINUM
値段(税込)304,800円

Ryzen 7 5800X+RTX 3080 搭載モデル。11700Kや10850Kと比べて、ゲームによってはスコアが高いくらい。

とてもシンプルだけど高級感のあるアルミ仕様で、サイドが4mm厚の強化ガラスパネルになっています。カラーはブラックとホワイトの2色から選べます。

クーラーが水冷式なのと、電源が最初から1200WのPLATINUMなのが嬉しい部分。メモリとSSDは標準的。

初期構成の値段で30万を少しオーバーするため、アップグレードはなし。

アベレージFPS目安
  • VALORANT:350fps
  • Apex Legends:250fps
  • Fortnite:230fps
  • PUBG:170fps
  • CPUとグラボでベンチマーク計算
  • 1080p、最高画質

G-Tune

G-Tune
Core i7-11700K, RTX3080, 16GBメモリ, 512GB SSD, 2TB HDD
CPUCore i7-11700K
グラボRTX 3080
チップセットZ590
メモリ16GB
SSD512GB
HDD2TB
クーラー水冷120mmラジエーター
光学ドライブなし
ケースミドルタワー
電源800W TITANIUM
値段(税込)307,780円

Core i7-11700K+RTX 3080 搭載モデル。値段は30万を少し超えます。

HDDが2TB、クーラーが水冷、電源はTITANIUM、さらにWiFiとBluetoothが最初から付属してくるなど、周辺機器が優秀です。

ケースはシンプルでバルキーな感じ。強化ガラス(+8,580円)へとカスタマイズで変更できるので、中を光らせたい人はアップグレードしておきましょう。

セールしていると30万切ります。

アベレージFPS目安
  • VALORANT:345fps
  • Apex Legends:245fps
  • Fortnite:230fps
  • Overwatch:310fps
  • PUBG:190fps
  • CPUとグラボでベンチマーク計算
  • 1080p、最高画質

@Sycom

@Sycom
Core i7-11700K, RTX 3060, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i7-11700K
グラボRTX 3070
チップセットASUS TUF Z590-PLUS WIFI
メモリ16GB
SSDWD Black SN850 512GB Gen.4
HDDなし
クーラーNoctua NH-U12S redux
光学ドライブDVD
ケースCoolerMaster CM694
電源750W ゴールド
値段(税込)298,750円
はアップグレード

Core i7-11700K+RTX3070(アップグレード)搭載モデル。@Sycomだと個人的にはガンガンに光るコンセプトモデルのG-Master Luminousを思い浮かべるのですが、こちらは割とベーシックなゲーミングPC。

各パーツはブランドにこだわっています。マザーボードはPCIe4.0対応で、標準でWiFiが搭載。

標準搭載のSSDはBTOブランドでよく使われる低速タイプではなく、そこそこ速いシーケンシャルリード最大3,500MB/sのIntel SSD 670pが採用されています。しかし折角Gen.4に対応しているので、WD Black SN850(+9,670円)にアップグレードがおすすめです。公称の性能的には2倍になります。

グラボだけでじゃなくて周りのパーツも高性能にしたい方向け。

アベレージFPS目安
  • VALORANT:340fps
  • Apex Legends:200fps
  • Fortnite:160fps
  • CPUとグラボでベンチマーク計算
  • 1080p、最高画質

30万以下のゲーミングPCを比較

ブランドTSUKUMOFRONTIERドスパラSTORMG-Tune@Sycom
モデルTSUKUMO ミドルタワーケース
GA5J-D211/T
FRONTIER FRGBZケース
FRGH570/WS382
Dospara Galleria SK-S ミドルタワー
ZA9C-R38

PG-MT
G-Tune ミドルタワーケース
EN-A-6600XT

G-Master Spear Z590
CPUCore i7-11700KCore i7-10700FCore i9-10850KRyzen 7 5800XCore i7-11700KCore i7-11700K
グラボ30803080 Ti3080308030803070
チップセットH570H570Z590B550Z590Z590
メモリ16GB16GB16GB16GB16GB16GB
SSD1TB1TB1TB1TB512GB512GB
HDDなしなしなしなしなしなし
光学ドライブDVDなしなしなしなしDVD
クーラー空冷空冷空冷水冷水冷Noctua NH-U12S
ケースミドルタワーミドルタワーミドルタワーミドルタワーミドルタワーミドルタワー
電源850W ゴールド1000W ゴールド750W ゴールド1200W PLATINUM800W TITANIUM750W ゴールド
値段286,000円274,800円289,980円304,800円307,780円298,750円

まとめ

TSUKUMO
Core i7-11700, RTX 3070 Ti, 16GBメモリ, 1TB SSD

今回の調べでは30万円以下のゲーミングPCという予算ではハイエンドクラスである3080搭載型がおすすめという結論になりました。

ゲームをする上でどれだけ高性能なグラフィックボードにできるかはかなり重要なので、RTX 3080が最もおすすめなのですが、見た目や各パーツのブランドを拘りたい場合はその限りではないので3070搭載のPCも紹介しています。

爆速ゲーミングPCを手に入れて最高画質・4K・レイトレーシングにも対応したゲーム生活を送りましょう!

予算別!おすすめのゲーミングPC

10万円のゲーミングPC
10万円以下
15万円のゲーミングPC
15万円以下
20万円のゲーミングPC
20万円以下
25万円のゲーミングPC
25万円以下
トップへ
目次
閉じる