MENU

RTX 3080 Ti 搭載でおすすめのBTOゲーミングPCを比較紹介

RTX 3080 Ti 搭載でおすすめのBTOゲーミングPCを比較紹介

RTX30シリーズの中ではトップクラスの性能を誇るRTX 3080 の上位モデルが登場。

各BTOサイトでおすすめの RTX 3080 Ti 搭載のハイエンドゲーミングPCを比較紹介していきます。

目次

RTX 3080 Ti の性能

RTX 3080 Ti にはGPUコア「GA102」と第2世代GPUアーキテクチャ「Ampere」が採用されています。

RTX 3080 と RTX 3090 の間に入るモデルとされていますが、スコア的にはかなり3090に肉薄する高性能ぶり。

電力が30W増加しているという微妙な部分もあります。しかし、3090よりも定価は安くなっているのに同じクラスの性能を誇ります。現状最強といっても過言ではないかもしれません。

3080との基本スペックは以下に比較しておきます。

モデルRTX 3080 TiRTX 3080
アーキテクチャAmpereAmpere
レイトレーシングコア第2世代第2世代
Tensorコア第3世代第3世代
CUDAコア102408704
ブーストクロック1.67GHz1.71GHz
ベースクロック1.37GHz1.44GHz
標準メモリ構成12GB GDDR6X10GB GDDR6X
メモリインターフェイス幅384ビット320ビット
最高GPU温度93℃93℃
電力350W320W
推奨電力750W750W

ゲームのベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

フルHDのコントロールでは180fps近く、ボダラン3では160弱といったfpsで、3080よりも10%程度のfps向上。

ゲームによっては最上位グラボである3090と横ばいになる数値を出しています。その分消費電力も同じメガマックス級の350W、値段は3080と3090の中間とはいえかなりの高額となっています。

最高峰レベルのグラボが欲しいなら3090よりも3080Tiの方がコスパ的にはおすすめです。特に4Kレイトレーシングオンでゲームしたい人なら投資する価値はあるでしょう。

フルHDでのゲームがメインなら3080の方がリーズナブルなのでそちらもチェックしてみて下さい。

3080 Ti 搭載のおすすめゲーミングPC

RTX 3080 Ti を搭載したおすすめのBTOゲーミングPCを比較して紹介します。

ドスパラ

ドスパラ
Core i9-11900K, RTX 3080 Ti, 16GBメモリ, 1TB Gen4 SSD
CPUCore i9-11900K
グラボRTX 3080 Ti
チップセットZ590
メモリ16GB
SSD1TB Gen4
HDDなし
クーラーGAMMAXX L240 V2+(水冷)
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W ゴールド
値段399,980円

Core i9-11900K+RTX 3080 Ti 搭載モデル。税込みで40万円弱とお値段はしますが、パーツはそこそこ高性能なものが搭載されています。

Z590チップセットなので、1TB付属SSDが高速な新規格のGen4となっています。さらにメンテいらずな水冷仕様。

前面がLEDで光る洗練されたケースになってよりゲーミングPCらしい見た目。さらに、サイドの透過パネルから中が覗けるようにもなっています。

ドスパラは出荷がとにかく速いので、似たようなスペックのモデルが乱立しているならこの1点だけでもドスパラを選ぶ理由になります。

FRONTIER

FRONTIER
Core i9-11900F, RTX 3080 Ti, 32GBメモリ, 1TB SSD
CPUCore i9-11900F
グラボRTX 3080 Ti
チップセットZ590
メモリ32GB
SSD1TB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源1000W ゴールド
値段439,800円

Core i9-11900F+RTX 3080 Ti 搭載モデル。ドスパラに比べてCPUがダウングレードしていますが、メモリは増えて電源容量も多くなっています。

しかし値段も高くなっているため、どっちを選ぶかといったらドスパラに軍配が上がりそうです。

ヒンジ付の強化ガラスパネルが搭載されており、PC内部が見えるようになったおしゃれなデザインのケース。

TSUKUMO

TSUKUMO
Core i9-11900KF, RTX 3080 Ti, 32GBメモリ, 1TB Gen4 SSD
CPUCore i7-11900KF
グラボRTX 3080 Ti
チップセットZ590
メモリ32GB
SSD1TB Gen4
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W ゴールド
値段499,800円

Core i9-11900KF+RTX 3080 Ti 搭載モデル。ドスパラとやや似たようなスペックですが、メモリは32GB。Bluetooth v5.1と無線LANが標準搭載されています。

ドスパラのモデルよりも値段が10万円ほども高いのでちょっと割に合わない感じ。

ケースはCoolerMasterと共同開発したもので、前面メッシュ構造が特徴的。冷却性能は高く、デザインも良いです。

3080 Ti 搭載のBTOゲーミングPCを比較

スクロールできます
ブランドモデルCPUグラボチップセットメモリSSDHDD光学ドライブクーラーケース電源値段
ドスパラZA9C-R38TCore i9-11900K3080 TiZ59016GB1TB Gen4なしなし水冷ミドルタワー850W ゴールド399,980円
FRONTIERFRGBZ590/38TiCore i9-119003080 TiZ59032GB1TBなしなし空冷ミドルタワー1000W ゴールド439,800円
TSUKUMOGX9J-D212/ZTCore i9-11900KF3080 TiZ59032GB1TB Gen4なしなし空冷ミドルタワー850W ゴールド499,800円

まとめ

ドスパラ
Core i9-11900K, RTX 3080 Ti, 16GBメモリ, 1TB Gen4 SSD

RTX 3080 Ti 搭載型のBTOゲーミングPCを紹介しました。

最上級クラスのグラボを搭載しているだけあって値段もかなり高額となっています。その中でもコスパがぶっちぎりなのがドスパラのモデル。

それと比べてしまうと他のモデルは全部割高に見えてしまいます。

今後3080Ti搭載型は他のBTOからも発売されてくると思いますが、現状はドスパラが唯一の選択肢といっても良さそうです。


選び方解説
お金
予算別
グラフィックボード
グラボ別
むしめがね
目的別
目次
閉じる