MENU

ドスパラのガレリアでおすすめのゲーミングPCランキング

ドスパラガレリアのおすすめゲーミングpcランキング

高性能なのにギリギリの価格で頑張ってくれる国内大手のBTOショップであるドスパラ。

刷新されたケースは無骨だったガレリアのイメージを新たにし、よりゲーミングPCらしい見た目になりました。

出荷も依然として爆速、新しくリリースされるグラフィックボードを搭載したモデルもいち早くリリースされ、ゲーム用のBTOパソコンを買うならまずチェックしておきたいショップです。

目次

ドスパラのゲーミングPCの特徴

ドスパラのゲーミングブランドは「GALLERIA(ガレリア)」といいます。

モデル名は英数字の羅列でやや分かりにくいものが多いのですが、CPUはIntelとRyzenから選べ、グラフィックボードも最新式のものをいち早く発売してくれます。

コラボ製品もあるものの、モデルの数は多すぎることはなく、選びやすい数となっています。あまりにモデルが多いと比較するのも面倒で大変ですからね、ほどほどが1番です。

コスパが良い

価格に対してその性能はかなり高く、コスパの非常に良いラインナップが揃っています。中にはイマイチなモデルもありますが、ほとんどの場合においてトップクラスのコスパです。

本当にこの値段出してスペック的に損してない・・?と不安な方には本ブランドがおすすめです。セールは少ないものの、パーツの無料アップグレードは多めですし、平常時の値段としては最高クラスに安いので必ずチェックしておきましょう。

洗練されたケース

GALLERIA SKケース

以前のガレリアKTケースは使い勝手は良いものの無骨なイメージが強かったのですが、刷新されたSKケースは前面にLEDライトが採用されて光るようになりました。さらにガンメタリックな見た目で部屋のイメージを暗くしすぎない洗練されたケースです。

左サイドパネル

140cmの冷却ファンと考え抜かれた内部冷却設計で、PCパーツを低音に保ち、ファンのノイズも抑えています。サイドパネルの青いメッシュが通気を支えるとともにワンポイントアクセントになっています。

サイドパネルが一部アクリルパネル仕様になっているため、パーツ換装すれば内部を光らせることも可能です。拡張性が高いのは嬉しいポイント。

フロントインターフェース

フロントインターフェースが斜めになっているのが実はとても良いです。奥まった場所に設置してもコネクターがさしやすく、一目で何がささっているか分かります。

クオリティの高い内部パーツ

グラボ

内部のパーツもそれなりに良いものを使っています。例えばゲーミングPCにおいて最も重要なパーツであるグラフィックボード。RTX 3080 搭載の「XA7C-
R38
」では「ASUS TUF Gaming GeForce RTX 3080 10GB GDDR6Xという」3ファンモデルです。

サポートステイ

大きなグラフィックボードですが、リジットサポートステイという独自のサポートもあってたわむことはありません。

SSDベイ

ミドルタワーでいえば、内部のHDDやSSDの拡張性も良いので自分で積み込むのも容易です。

出荷最速

ドスパラの強みの1つは出荷が業界最速なこと。出来上がっているモデルであれば最短で翌日出荷となりますし、カスタマイズしてもスピーディに組み上げてくれます。

BTOショップによっては納期に時間がかかるところもある中、少しでも早く手に入るのは結構嬉しいですね。

ドスパラでおすすめのゲーミングPC

ドスパラのゲーミングPC「ガレリア」シリーズでおすすめの構成を紹介していきます。

1位:GALLERIA XA7C-R37

Core i7-10700K, RTX3070, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i7-10700
グラボRTX 3070
チップセットH470
メモリ16GB
SSD512GB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源650W BRONZE
値段197,978円(税込)

高性能グラフィックボード RTX 3070 を搭載。RTX 20 シリーズの最高峰性能を誇った RTX 2080 Ti と同程度のスペックながらかなり安くなりました。

グラボだけでなく他のパーツも必要十分で、特に何も追加しなくても問題ない性能です。メモリやSSDを必要に応じて追加するくらい。カスタマイズは割高ですので、これは後で自分でやる方が安いのでおすすめですね。

同PCで測定した平均fps値はこの通りになります。MSI Afterburner で実際のゲームプレイのログを記録しました。いずれのゲームも1080のグラフィック設定最高ですが、かなり滑らかに動きます。

ゲーミングPCを買うなら是非このクラスの性能を狙うとストレスなくゲームができます。価格と性能のバランスがとても良く、コスパ抜群で万人におすすめできるミドルレンジモデルです。

2位:GALLERIA RM5C-G60S

Core i5-10400, GTX1660SUPER, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i5-10400
グラボGTX 1660 SUPER
チップセットB460
メモリ16GB
SSD512GB
HDDなし
クーラー空冷
光学ドライブなし
タワーミニタワー
電源550W BRONZE
値段131,978円(税込)

エントリークラスとなる GTX 1660 SUPER を搭載。価格的には最安値に位置し、10万円を切ることからガレリアの中でも最も手が出しやすい人気構成となっています。

1番安いモデルではあるためRTX上位シリーズには敵わないものの、ゲームや画質設定によっては、欲張らなければ問題なく快適なゲームプレイが可能となります。

グラフィックなどの制限はあるものの、ゲーミングPCの中では破格です。予算を抑えたい人、とにかくまずはゲーミングPCに触ってみたいというカジュアルゲーマーの方にはおすすめです。

3位:GALLERIA XA7C-R38

Core i7-10700K, RTX3080, 16GBメモリ, 512GB SSD
CPUCore i7-10700
グラボRTX 3080
チップセットH470
メモリ16GB
SSD512TB NVMe M.2
HDDなし
光学ドライブなし
クーラー空冷
タワーミドルタワー
電源750W ゴールド
値段239,980円(税込)

コスパも考えると実質最強クラスとなるグラフィックボード RTX 3080 を搭載。お値段は少し高くなりますが、かなりハイスペックなのでこの先発売される最新ゲームをゴリゴリ高画質で動かしたいならおすすめです。

グラボはハイエンドクラスで、その他のパーツも十分な性能のものです。グラボに結構お金がかかっているので、余裕があればメモリやSSDは積み増ししたいところ。

同PCで測定した平均fps値です。1080フルHDのグラフィック設定最高で調べました。MSI Afterburner を使って実際のゲームプレイでfpsを記録しました。かなり滑らかに動きます。

ハイエンドに近い構成となっていますので、今後しばらくはパーツを買い替える心配もなくなりそうです。240Hzモニターを活かしたり、4Kでの使用を考えているなら予算を頑張ってこのモデルを買うのが本当は1番おすすめ。

まとめ

Core i7-10700K, RTX3070, 16GBメモリ, 512GB SSD
ドスパラのゲーミングPCの特徴
  • コスパが良い
  • 洗練されたケース
  • 高性能な内部パーツ
  • 出荷最速

定期的にパーツの無料アップグレードがあったり、サポートが充実していたりするのも選ぶ理由となるドスパラのガレリアシリーズ。

中には他の追従を許さないような安さのモデルが結構あって、とてもおすすめなブランドとなっています。

目次
閉じる