MENU

GALLERIA XA7C-R38 レビュー。RTX3080搭載のコスパ抜群PC

ドスパラから発売されているデスクトップゲーミングPC「GALLERIA XA7C-R38」。

最高峰グラフィックボード RTX 3090 に次いでハイスペックな RTX 3080 を搭載したコスパ抜群な高性能ゲーミングPC です。フルHDのみならず4Kでゲームをする人にもおすすめのモデルです。

デザインや機能性をチェックしながら、ベンチマークテストで性能についても確認していきます

目次

概要とスペック

Core i7-10700K, RTX3080, 16GBメモリ, 512GB SSD

GALLERIA XA7C-R38」の特徴について紹介します。

特徴
  • Core i7-10700 搭載
  • ハイスペックグラボ RTX 3080 搭載
  • グラボの冷却が良い
  • SSDは高速なNVMe M.2 512GB
  • メモリは16GB
  • 拡張性が高く、光るミドルタワー
  • 値段はリーズナブル
  • CPUの温度が高くなる
  • SSDの容量はもうちょっと欲しい

GALLERIAシリーズでも上位の性能に入る本機なら多くのゲームを快適に遊ぶことができます。

SSDは512GBなのですが、このご時世のゲームは容量が半端ないのでできれば積み増ししておきたいところ。幸い拡張性はあるので、1TBのSSDや数TBのHDDを増設することをおすすめします。

ゲームプレイ時のCPU温度は高いですが、問題が起きるほどではないでしょう。

チップセットH470
CPUCore i7-10700K
グラボRTX 3080
メモリ16GB (DDR4-2666)
SSD512GB
HDDなし
光学ドライブなし
電源750W GOLD
ケースSKケース(ATX)
サイズ220 x 440 x 480 mm
重量約14kg
無線LANなし(カスタマイズ可能)
LANギガビットLANポート
ファン14cm 静音FAN
値段239,980円(税込)

外観とデザイン

XA7C-R38

GALLERIA XA7C-R38」は core i7-10700 と RTX 3080 を搭載した ハイスペックゲーミングPC です。

Skケース

ケースは最近刷新されたミドルタワーにあたるSKケースで、広い内部構造と高い冷却効果があります。サイズは 220 x 440 x 480 mm で、重さは 約14kg

光る正面パネル

電源を入れると光るフロントパネルの縁。ほんのり光って上品です。GALLERIAロゴの上は光学ドライブを搭載したときに使用するスペースと思われます。

フロントインターフェース

フロントパネル上部にあるインターフェース。パネルに傾斜がついており、使い勝手がかなり良いです。

  • 電源
  • リセット
  • USB3.2-A x 4
  • オーディオ入出力

高速なUSB3.2が4ポート用意されています。

光る電源ボタン

パワーがオンになると電源ボタンは青く光ります。

右サイドパネル

正面から見て左サイドのパネルは中が透けて見えるスモーキーなアクリルパネル仕様。フロント側には青いメッシュの通風口。

左サイドパネル

正面から見て右サイドは普通のパネル。

リアパネル

リアパネル。

リアパネル上部

リアパネルの上部。左はマザーボードのインターフェース。右側は140mmのリアファン。

背面インターフェース
  • PS/2
  • USB3.2 Gen2 Type-A
  • USB3.2 Gen2 Type-C
  • USB3.2 Gen1 x 2
  • USB2.0 x 4
  • HDMI(使わない)
  • ディスプレイポート(使わない)
  • LAN
  • 音声

USBはかなり豊富です。フロントパネルにも4つあるので、これだけあればそうそう困ることはないでしょう。Type-Cもあるのが嬉しいですね。欲を言えばフロントパネルにもType-Cがあれば最高。

ちなみに、ディスプレイポートやHDMIは ここに接続してはいけません。せっかく積んでいるグラボが意味無くなります。

グラボのインターフェース
  • DisplayPort x 3
  • HDMI x 2

グラフィックボードからの出力端子。モニターへはここから接続します。ここから繋がないとグラボが全く意味ないので注意です。

ディスプレイポートが3つ、HDMIが2つと端子はかなり豊富なので、トリプルディスプレイやVR接続なんかも視野に入れられます。

電源

リア最下部は電源ユニット。ここに電源ケーブルを接続します。

ゲーミングPCにはここの電源スイッチもあるので、接続してフロントパネルの電源入れたけど 動かない!壊れてる?! と思ったら、ここのスイッチがオンになっているか確認しましょう。

底

底面の四隅にはエアインテークを活用するためのインシュレーター足。画像左のフィルターは着脱可能です。

トップパネル

厚みがあるトップパネル。力を入れて押し込むと歪むので、あまりに重いものを載せるのはやめておいた方が良いでしょう。

内部構造をチェック

ネジ

サイドパネルを止めているネジが片側2つずつあります。基本、ドライバーを使わなくても 指で緩めることができる のでとても便利。

思いっきり締めてあると指では無理なので、一応ドライバーも用意しておきましょう。

内部構造

ケース内部。RTX3080が重いため、サポートステイが追加されています。

CPUFAN

CPUファンは何も明記されていないのでオリジナルのものと思われます。

メモリ

そのすぐ右隣には4つのメモリスロット。DDR4-2666の8GBが2枚ざしで16GB。

グラボ

グラフィックボードは「ASUS TUF Gaming GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X」が搭載されています。トリプルファン仕様です。

サポートステイ

グラボが重すぎるため、サポートステイでがっちり固定されています。

M.2 SSD

SSDはヒートシンクあり。「Phison PS5012-E12」で、爆速な512GBモデル。

右サイド

正面から見て右サイドのパネルを開けて中を見てみます。

SSDベイ

2.5インチのベイにはSSDなどを搭載可能です。

3.5インチベイ

そのすぐ下には2.5/3.5共用シャドウベイが2つ。

引き出したシャドウベイ

引き出したシャドウベイ。

電源

電源は750Wのゴールドです。

温度変化

Borderlands3のベンチマークを行った時の温度変化です。

CPU温度

CPUの温度は最高で81℃をマークしました。けっこう高いですね。

GPU温度

グラフィックボードの温度は最高で67℃。全く問題ありません。トリプルファンの冷却効果がかなり優秀なので温度は常に低く抑えられています。

性能とゲームベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

ゲーミングPCとして最も気になるゲームのベンチマークスコアについて見ていきます。スコアが高ければ高いほどfpsも高くなり、ヌルヌルと動いて快適なゲームプレイが楽しめます。

「GALLERI XA7C-R38」はかなりハイスペックなグラボの「RTX 3080」なので、フルHD~4Kにかけてかなりの強みを発揮します。今回はフルHD・グラフィック最高品質でベンチマークを行いました。

ベンチスコア / 平均fps
CINEBENCH R202605pt
Steam VR11(非常に高い)
VALORANT205fps
Apex Legends208fps
LoL217fps
Overwatch250fps
Fortnite165fps
R6S267fps
CoD:MW189fps
Borderlands 3117fps
Control136fps
SEKIRO60fps
Mortal Shell166fps
Jedi Fallen Order91fps
アサクリオデッセイ91fps
The Division 2133fps
FF XIV19125
FF XV12771

ここでリストにしている数値はいずれも当サイトの実測値です。ベンチマークは環境や計測方法によっても変化があるので参考程度にしてください

多くのゲームで200fps超えの大台に乗っています。グラフィック設定最高でこれですから、少し微調整すれば240Hzでも快適にゲームができます。中には360Hzモニターも視野に入りそうですね。

Apex Legendsではグラフィック設定最高でも208fpsをマークするため、240Hzで滑らかにゲームが可能です。視線の移動や動きが速いゲームでは高fpsはかなりの優位性を得られます。

重めのシングルプレイヤーゲームも余裕で快適ですね。

SSD

SSD

NVMeなので読み込み・書き込みともにかなり高速です。

レビューまとめ

良いところ
  • Core i7-10700 + RTX 3080
  • 爆速なNVMe M.2 SSD 512GB
  • 16GBのメモリ
  • 拡張性が高く光るミドルタワー
  • 冷却性能の高いグラボ
  • かなり豊富なUSBの端子数
  • リーズナブルな値段
イマイチなところ
  • CPUの温度が上がりがち
  • ディスク容量はもうちょっと欲しい
  • カスタマイズはコスパが良くない

税別で20万円を切るRTX3080搭載パソコンとして「GALLERIA XA7C-R38」は優秀です。全体的に高性能なのですが、SSDが512GBとちょっと少ないのだけ微妙かも。ベンチマーク用にゲームインストールしまくったらすぐに残り0GBになってしまいました。

これは自分で増設するのも簡単なのですが、面倒ならカスタマイズすることをおすすめします。最新世代のグラフィックボードRTX30シリーズの中でもハイエンドよりなので、これを買っておけばしばらくは更新せずにゲームできそうですね。

ゲーミングPCはゲームのみならず様々なパソコン作業が高速化・効率化されますので、テレワークにも向いていますよ。

Core i7-10700K, RTX3080, 16GBメモリ, 512GB SSD
目次
閉じる