マウスパッド

【レビュー】Xtrfy GP3 - 意外とコントロールタイプなハードマウスパッド

Xtrfy GP3

布製のソフトタイプマウスパッドが主流な中で、数は少ないものの確かな存在感を発揮するハードタイプのマウスパッド。スピードを求めるプレイヤーなら一度は試したことがあるのではないでしょうか。

Xtrfy GP3」はそんな中でもちょっとコントロールに寄った面白い感覚のハードパッド。その見た目とパフォーマンスについてレビューしていきます。

本製品は Xtrfy 様よりご提供いただきました

同梱物

Xtrfy GP3」はワンカラー、ワンサイズのハードサーフェースマウスパッドです。以前から発売されていた「GP3 HeatoN」と異なるのは表面のデザインのみで、本作ではコラボ要因が排除されてシンプルなデザインになりました。

GP3 デザイン変更

基本的な素材や使用には変更がないので、前作を持っている人はスルー推奨です

Xtrfy GP3 梱包

ハードタイプなので当然折り曲げられてはおらず、そのままの大きさで梱包されています。一言でいうと、薄いがでかい

Xtrfy GP3 のぞきあな

左下には穴が開いていて、ハードサーフェースのさわり心地を確かめることができます。ちなみに、最初は薄い袋に包まれてくるのでここからパッドが傷つく心配は少ないと思います。

GP3 巻グセ

当然ハードタイプなので巻グセのようなものはありません。あったらマズイです・・すぐにサポートに連絡しましょう。

 

デザインと性能

Xtrfy GP3

Xtrfy GP3」のサイズは 420 x 350 x 2.5 mm の全体的にちょっと小さめなLサイズ。とはいえローセンシでも問題なく使えるサイズです。

素材はハードポリカーボネート。かなりの耐衝撃性をもつプラスチックなので頑丈です。

GP3をデスクで見てみる

デスクにのせてみました。それなりの大きさです。

私のデスクは「サンワダイレクトの120x60cmデスク」。メラニン化粧板なのでラバーとの相性は基本良いのですが、このマウスパッドはちょっとズレやすいです。

GP3 厚み

厚みは 2.5mm ですが、強く押しても凹んだりはせず、クッション性はありません。エッジ部分はそのままって感じなのでちょっと尖ってますね。

パッドもエッジも柔らかくはないので、手首や腕はちょっと注意。気になるならリストバンドやアームカバーをしましょう。

GP3 右上のロゴ

いつものXtrfyロゴが右上に。シンプルです。

GP3 表面

サラサラしているかと思いきや、実はザラつきを感じる表面です。

GP3 表面のクロースアップ

マクロレンズでクロースアップにするとこのように非常に細かい凹凸があります。

水は当然弾くので拭けばOKだし、湿気にも影響されません。

GP3 裏面

こちらは底面。ノンスリップラバーがはられています。

GP3 ノンスリップラバーのタイト

ハニカム模様のラバー。ラバー自体の性能は悪くないのですが、ハードタイプがゆえ机との吸着が弱いです。

マウスパッドにある程度力をこめて動かす分にはズレませんが、逆に軽く押すとズレてしまう可能性が高いです。

 

使用感

GP3 と M4 Street

ハードサーフェースのマウスパッドだと基本的にマウスがかっとぶスピードタイプなことが多いのですが、「Xtrfy GP3」は意外にもややコントロールタイプです。

もちろん通常の布製マウスパッドよりは断然滑りますが、他のハードマウスパッドである「Razer FireFly V2」と比べると摩擦は高く、滑りにくくなっています。

GP3 と M4 Street

ハードタイプは湿気に影響されませんので、布製のように滑りにくくなることを恐れることもありません。掃除も楽だし乾燥も早いです。そして長持ち。

ただしマウスフィートの削りはソフトよりかなり早いでしょう。表面がザラザラなので通常のハードパッドよりも余計に削られると思います。また、マウスを滑らせた時の音はちょっとうるさめ。

GP3とM4

ハードなのにコントロールが効くという面白いマウスパッドではありますが、布製ソフトタイプのほうが利点的には強いかなと思います。例えば滑り止めの強さ、コントロールの良さ、中間フォームのクッション性、静音性などなど。

なので、それらを捨ててでもハードタイプの質感やスピードが気にいるかどうか。これが購入の分かれ目ですね。

 

レビューまとめ

GP3 の良いところ

  • ブラックのシンプルデザイン
  • コントロール寄りのハードタイプ
  • 滑りはソフトよりも速い
  • 衝撃に強いポリカーボネート
  • ほどよい大きさのLサイズ
  • お手入れが簡単

GP3 のイマイチなところ

  • クッション性はない
  • マウスフィートの削れが速そう
  • マウスを滑らせるとややうるさい

Xtrfy GP3」はスピードだけでなく、コントロールもあるというちょっと不思議なマウスパッド。ハードタイプの質感やスピード感、そして湿気への強さなどいくつか強みはありますが、弱みも同じくらいあるのも確かです。

ハードタイプなのにコントロールというマウスパッドはけっこう特殊なので、滑りすぎるという理由でハードを敬遠していた人には朗報かもしれません。

-マウスパッド
-

© 2020 GameGeek