モニター

【レビュー】BenQ EW3280U - 仕事にゲームに万能な4Kモニター

BenQ EW3280U

BenQから発売されている32インチ・4K・IPSモニターの「EW3280U」をレビューしていきます。

  • 没入感の高い32インチ画面
  • 美しい高精細4K解像度
  • 発色が鮮やかなIPSパネル

それらに加えて、BenQ独自の調整が加えられたハイダイナミックレンジであるHDRi機能や、サブウーファーまでついた2.1chスピーカーのtreVoloなど、豪華な機能が満載。

その外観や性能についてみていきます。

※ 本製品は BenQ 様よりレビューサンプルをご提供いただきました

動画で見てみる

概要とスペック

注目の性能・特徴

EW3280U」はビデオエンジョイメントモニターと題されている4Kモニター。

60Hzリフレッシュレートということもあり、画面の移動がスピーディなFPSでは遅れをとりますが、カジュアルにゲームする分には高解像度で没入感のすごい体験ができます。

さらにパソコン作業や映像鑑賞でそのパワーを存分に活かすことができるため、オールラウンダーな万能モニターとして活躍します。

EW3280U のスペックを見る

ディスプレイサイズ32インチ
解像度3840 x 2160
パネルIPS
リフレッシュレート60Hz
輝度350cd/m㎡
応答速度5ms (GtG)
コントラスト比1000 : 1
同期FreeSync
端子DP 1.4 x 1, HDMI 2.0 x 2, USB-C
VESAマウント100 x 100 mm
サイズ726.9 x 523.1 x 204.7 mm
重量 w/stand8.1 kg
スピーカー2.1ch
HDRHDR10
フリッカーフリーあり
ブルーライト軽減あり

 

同梱物

EW3280U 外箱

32インチのモニターだけあって巨大な外箱。やっと机に乗るというサイズでした。

同梱物は以下の通り。

  • モニタースタンドの柱
  • モニタースタンドのベース
  • リモコン
  • リモコン置き
  • 説明書と保証書
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • USB-Cケーブル

EW3280U モニタースタンドの柱

モニタースタンドの柱部分。

EW3280U モニタースタンドの土台

モニタースタンドのベース。メタリックなブラウン色でスリムデザイン。

EW3280U リモコン

最高に便利な小型リモコン。

EW3280U リモコン用の土台

ゴム系の素材でできたリモコン置き。

EW3280U 説明書など

説明書や保証書。

EW3280U 電源ケーブル

1.5mの電源ケーブル。

EW3280U HDMIケーブル

1.5mのHDMIケーブル。

EW3280U USB-C

USB-Cケーブルは1mとちょっと短めなので、使用する可能性が高ければ長めのものを別途購入するのがおすすめです。

 

モニターアームを取り付ける

EW3280U VESA

モニターアーム接続は100×100のVESA規格。本モニターはかなり重いので、おおよそ8kg以上に対応するモニターアームを購入した方が安心です。

EW3280U エルゴトロンLX

おすすめなのは11kgまで対応している「エルゴトロンLX」で、実際に使用していますが垂れることもなく快適に使えています。

このモニターアームでもかなりキツめにネジを締めているので、安物だとちゃんとホールドしてくれないかも。

 

デザインと特徴

EW3280U

EW3280U」はかなり大きめサイズな 32インチ。その大画面に相応しい4K解像度(3840 x 2160)となっています。

本当に大きいので、机に置けるかどうか、自分とモニターの距離をある程度とれるかなどは購入前に考えたほうが良いでしょう。

EW3280U ベゼル

スリムでスタイリッシュなベゼルレスデザインで、ベゼル部分は実測約2mmとほぼないようなものです。映像表示領域はさらに約6.5mmほど内側。

EW3280U ディスプレイ下部

全体的なカラーリングはメタリックグレーですが、ディスプレイ下部はブラウンになっており、シックで落ち着いた見た目です。ここにはスピーカーが埋め込まれています。

EW3280U 背面

緩やかに曲線を描いている背面。中央下部にはインターフェース。

EW3280U インターフェース

スタンドを挟んで左側のインターフェース。

  • DisplayPort 1.4 x 1
  • HDMI 2.0 x 2
  • USB-C x 1

このようになっています。DisplayPortもHDMIも4K60Hzに対応していますのでどちらを使っても問題ありません。ただし本モニターにはHDMIケーブルしか付属してこないので、DPを使うなら別途買い足す必要があります。

この中でも特徴的なのはUSB-Cで、給電もしてくれるタイプなので非常に便利です。

EW3280U 右側インターフェース

スタンドを挟んで右側には電源ケーブルの差込口。

 

モニタースタンドとアングル

EW3280U」のモニタースタンドはミニマルな設計で、若干物足りないと思うのが正直なところ。

モニタースタンド

細身でスタイリッシュなのでおしゃれさは漂いますが、可動アングルはかなり制限されてしまいます。

可動するのは前後の傾きのみ。高さも左右も動きません。机の大きさやスペースによってはモニターアームを使う必要があるかも。

EW3280U フタの中

しかし、このスタンドには良いところもあって、背面のフタを外すとケーブルを収納できるようになっています。

EW3280U ケーブル収納最大本数

最大で4本まで収納可能で、DP・HDMI・USB-C・電源を入れてますが問題ありません。

EW3280U モニタースタンド背面

見た目はかなりスッキリします。

 

最高に便利なリモコン

EW3280U OSDボタン

モニターのメニューを開くOSDボタンは画面裏に設置されています。スティックタイプなのでかなり便利ですが、いちいち後ろ側に手を伸ばすのは大変。

32インチだとモニターと自分の距離が離れがちなのでなおさらです。

EW3280U リモコン登場

そんな悩みを一気に吹き飛ばすのがこのリモコン。

リモコン解説

写真の通り数々のショートカットが用意されていて、全てのメニューにアクセスすることもできます。

このリモコンがあるだけでかなりストレスから解放されます。

EW3280U リモコン置きにリモコンを置く

リモコン置きがついてきていて、これがスタンドの台座内にすっぽりはまるようになってます。リモコン自体結構コンパクトですし、ここに置いておけばアクセスしやすいです。

 

高品質なtreVoloスピーカー

EW3280U 前面スピーカー

モニターに高品質なスピーカーを搭載するのは、その薄さやスペースの少なさからいっても難しい技術です。それを可能にしたのが2.1chスピーカーのtreVolo。

EW3280U 背面ウーファー

前面の茶色い帯部分にスピーカーが仕込まれていて、背面にはサブウーファーもあります。

モニター付属のスピーカーってまともだった試しがないんですけど、treVoloスピーカーに関しては普通に聴けます。めちゃいいってわけではありませんが、声が潰れて聞こえないとか、そんなことは全然ないです。

EW3280U とPS4

今はPS4でのゲームは全てこのtreVoloスピーカーのみで遊んでいますが快適です。何が良いかって、PCとPS4を入力切り替えした時も音声が自動で切り替わってくれるところ。

PCではスピーカーが使えるけど、PS4はヘッドホンしか使えない・・みたいな制限がかかっている人には特におすすめで、モニタービルトインスピーカーの便利さを知ってもらいたいです。

EW3280U アナログボリューム

アナログボリュームコントロールで音量の上げ下げができます。けっこうゴリゴリ回さなきゃいけないので、リモコンで操作した方が楽です。

EW3280U 音声シナリオ選択

5つのサウンドプリセットも用意してありますので、気軽に切り替えて色んな音を楽しめます。

 

USB-C接続が使える

EW3280U USB-C接続

USB-C端子はMacBookとか持ってる人には大活躍で、これを接続するだけで手元のノートPCが大画面に4K表示されます。

EW3280UとMacBookAir

MacbookAirとか画面小さくて作業しにくいんですけど、このモニターに繋ぐだけで完全に化けます。もし動画編集とかしてるなら、これだけで世界変わるレベルです。

その分スペックが必要になるので、MBAだとちょっと役不足感は否めないですけどね・・。

EW3280U 充電中

充電も可能なので、これ1本させば余分なポートを使う必要もありません。

 

機能と性能

ここからは「EW3280U」の機能と性能についてチェックしていきます。

美しい4K解像度

EW3280U 美しい4K解像度

本モニターはフルHDの4倍ものピクセルを誇る高精細4K解像度。32インチの大画面ですが、これだけ高解像度だとパキッとしていて美しいです。

4K解像度

フルHDと比較した時のサイズがこれ。これだけ解像度が高くなるので、要求されるパソコンスペックもそれなりのものになります。

EW3280U フロストパンク

こちらは極寒の世界をサバイバルしながら街を発展させていくシミューレーションゲームの「Frostpunk(フロストパンク)」。グラフィックは割と綺麗なのですが、ご覧の通り描写がかなり細かい。

EW3280U 等倍ズーム

32インチ4Kなら、近づいて見ればこれだけ細かい部分まで確認できます。いちいちズームインしなくても何が起きているのかなんとなく分かるレベルになります。

EW3280U ゲームのUI

ユーザーインターフェースなんかは特にパキッとしたクリアな画質で惚れ惚れしますね。

EW3280U ブログフルHD

ブログ1つにしても作業スペースが全く異なります。こちらはフルHDで見た当ブログのトップページ。

EW3280U ブログ4K

4Kにしたのがこちら。表示がとても小さくなりました。その分ブラウザを小さくまとめておくことができ、他の作業スペースへとあてられます。これだけスペースを広々使えると 圧倒的に作業がしやすくなって仕事がかなり捗ります

 

発色の鮮やかなIPSパネル

EW3280U カラフルパネル

本モニターのパネルは視野角の広さや発色の美しさが特徴のIPSパネル。

EW3280U 視野角

視野角が広いというのは、斜めから画面を見ても綺麗に見えるってこと。色んな体勢になっても画面が見えにくくならないのが強み。

EW3280U 色の再現性

色の再現性に優れています。発色はTNパネルと比べても鮮やかで綺麗。

EW3280U カラーキャリブレーション

X-rite i1Display Studio」でカラーキャリブレーションをプロファイル「ゲーマー1」で行いました。

EW3280U ガンマカーブ

初期出荷状態でガンマカーブはこのように真っ直ぐでした。

EW3280U 適用後

カラープロファイルを適用しても全く変わりません。Black eQualizer は搭載されていないため、大きくカーブがねじ曲がることはないでしょう。

EW3280U 色域カバー率

色域カバー率はかなり広範囲で、sRGBでは99.9%。より厳しいと言われる AdobeRGBでも86.9% という数値でした。 色域はかなり広いです

動画や写真の編集作業をする人でも問題ない数値です。

 

リフレッシュレートは60Hz

60hzリフレッシュレート

リフレッシュレートとは、1秒間に何枚の映像を画面に表示するか というものです。「EW3280U」は60Hzモニターで、1秒間に60回映像を更新します。

今は240Hzが主流で、中には360Hzなんてものも出てきている中、60Hzはちょっと少なく感じますね。ただし4Kで144fpsを出そうとするとかなり高スペックなPCが必要となりますので、60Hzは割と普通です。

VALORANT

もし競技ランクゲームなどで240fpsや360fpsを求めるのであれば、まず間違いなく4KではなくフルHDを選ぶべきです。

EW3280U」ではVALORANTやAPEX LEGENDSといった画面の動きが速いゲームでは遅れをとってしまう可能性が高いので、そのようなFPSを本気でプレイするならまだまだフルHD・240fpsがおすすめ。

XL2546」などが鉄板モニターですね。

 

応答速度は5ms

本モニターの応答速度はGtG5msと、ゲーミングとして推奨されているような1msに比べると遅いです。

応答速度と残像感

GtGとはGray to Grayの略で、中間色から別の中間色へと変化する際に必要な秒数のこと。これが遅いと画面切り替えの際に前の色が残ってしまい、これが残像につながります。

60Hzでも応答速度は速いほど良いのですが、5msと1msの違いをどこまで体感できるかといったらかなりシビアな部分になってきます

FPSでランクをプレイするならリフレッシュレートと応答速度は大事にした方が良いですが、カジュアルゲーマーなら それらをある程度犠牲にして4Kモニターにするというのは全然アリな選択肢

 

BenQ独自調整のHDRi機能

HDRとはハイダイナミックレンジの略称で、従来よりも明るさの幅を広く表現できる技術のことです。ただし従来のHDRでは空が明るくなりすぎて、真っ白になってしまうようなことも多いのが事実。

EW3280U HDROSD

そこで登場するのがHDRの後にiが付く「HDRi」技術。これはBenQ独自技術で、HDRでも露出オーバーを抑えたり、ディテールや色の効果を強化したりと様々な工夫がされています。

EW3280U」のHDRには3つのモードが存在しますので、それぞれどんな特徴があるのか見てみます。

EW3280U ゲームHDRi

ゲームHDRiモードでは、明るい部分の輝度が抑えられて全体の階調がよく見えるようになります。黒つぶれや白飛びを抑えるような設定ですね。

EW3280U シネマHDRi

シネマHDRiモードは明るい部分と暗い部分のコントラストがはっきりとして強まる印象。ゲームの種類によってはこれもいいかも。

EW3280U ディスプレイHDR

DisplayHDRは通常のHDRで、BenQの独自調整はオフになります。実際に切り替えてみると違いはすぐ分かるのですが、細かい違いなので写真だと分かりにくいかも。

ちなみに、HDRiモードは輝度と色温度が自動で調整されます。色温度が大体青色に転ぶので、それが嫌な人はDisplayHDRですね。

HDRモードは、PCだけではなくPS4でももちろん使えますから、どちらでゲームするにせよHDRを気軽に楽しめるようになります。

 

ブライトネスインテリジェンス+

EW3280U センサー

ブライトネスインテリジェンス+(B.I.+)はディスプレイ下部に取り付けられたセンサーが周囲の明るさを検知し、輝度と色温度を自動で調整してくれるシステム。

周囲が暗ければ画面の輝度を落として暗く、周囲が明るければ輝度を上げて明るくして見やすくしてくれます。暗いところで明るい画面のままだと眩しいですから、要するに目に多少優しい設計 ということですね。

EW3280U めだま

B.I.+が作動するとこの目玉マークが表示されます。下のゲージは輝度。目玉マークは邪魔だと感じたらオフ・オンすることも可能です。

 

ブルーライト軽減機能

BenQは眼精疲労を軽減させるアイケア技術にも力を入れています。フリッカーフリーやカラーユニバーサルモードなど色々ありますが、目の疲れと不快感を軽減してくれるブルーライト軽減機能もあります。

EW3280U ブルーライト選択画面

選べるプリセットは全部で5種類。中にはB.I.+と連動しているものもあります。この辺りの組み合わせは使いながら理解していくと良いでしょう。

EW3280U epaperモード

一風変わっているのがePaperモード。モノクロ調になるので、パソコンで読み物をする人には嬉しい機能かもしれません。

 

レビューまとめ

大画面32インチで楽しむ高精細4K解像度。ゲームを迫力満点でプレイできるだけでなく、日常的な使用でもその力を存分に発揮してくれるまさに万能モニターと言えます

ビルトインスピーカーとしてはかなり優秀なtreVoloも素晴らしいですし、白飛びを抑えてくれる独自技術のHDRiも魅力的。映画やHDRゲームに没頭して存分にこの映像美を堪能してもらいたいです。

60HzなのでFPSなどでは遅れをとってしまいますが、ランク戦ではなくカジュアルにゲームをプレイするなら全く問題ありません。きたるPS5に備えて4Kモニターを買っておくのおすすめです。

-モニター
-

© 2020 GameGeek