マウス

【レビュー】Glorious Model D-(Minus)絶妙なサイズのちょい小型エルゴ

Gloriousからエルゴシェイプのハニカムゲーミングマウスとして発売されていた「Model D」のミニ版である「Model D-(Minus)」が発売されました。

小さすぎないその絶妙なサイズゆえ、かぶせ持ちやつかみ持ちにも適しています。

その外観と性能について見ていきます。

概要とスペック

右手用の形状をしている「Model D」から一回り小さくなった「Model D-」。

フィット感はかなり良くて、手が小さくなくても持ちやすいと感じる絶妙なサイズ。個人的にはかなり好印象です。トップから見た時のライティングもおしゃれで、ハニカムが苦手じゃなければデザイン的にもかなり優良なマウス。

Model D- のスペックを見る

カラーマット / ブラック・ホワイト
センサーPMW-3360
DPI12,000
寸法120 x 58 x 40 mm
重さ61g
ボタン数6
ケーブル長2m / Ascendid
LEDカラーRGB
ソフトウェアあり

 

箱と同梱物

Model D- 外箱

サイドのオレンジ色がアクセントになっている外箱。

Model D- 箱を開けると・・

箱を開けるとマウスがお目見え。ケーブルはゆったり収納です。

Model D- その他付属品

ステッカーなどの付属品。おっさんの圧がすごい。

Model D- 大型マウスフィート

大型マウスフィート。ブルーは保護フィルムなので、はがしたら白いマウスフィートになります。

  • マウス本体
  • 大型マウスフィート
  • 取説とか
  • ステッカー

これで内容物は全部です。

 

外観と性能

Model D- ななめ

Model D-」は右手用エルゴシェイプのゲーミングマウス。右側がふくらんでおり、右手で持った時に無理のない体勢でマウスをホールドできる形状です。

Model D-のサイズ

サイズは実測だとこの通り。「Model D」と比べると長さが8mm、高さが2mmほど低くなっています。ただしマウスボタンの先端の高さは若干高くなっているため、持った感覚は異なります。ちなみに、持った時のグリップ幅は58mmとなっています。

Model D- 重さ

公称値では 61g でしたが、実測だと 約63g でした。かなり軽い部類で扱いやすいです。

各サイドからの見た目はこの通り。左サイドのでかいおっさんロゴは健在。このおっさんのせいで敬遠する人もいそうだから、小さくするかもっと目立たなくしてもよいのでは・・。

Model D- 底面

底面もハニカム構造となっています。若干もろい作りで、力を入れて押すと歪みます。あまり強く押さないほうが良いですが、普段使いで底面をそんなに押すことはないと思うので心配はいらないでしょう。

Model D- センサー

センサーは Pixart PMW-3360 です。センターに位置しています。

マウスのセンサーテストを行ったところ、挙動は良好でした。どれも波形は綺麗な方です。

Model D- おっさんの顔とDPI

おっさんの顔の横にあるのが、LEDで光るDPIインジケーター。LEDの色で現在のDPIを瞬時に判断することができ便利です。

  • 黄色:400dpi
  • 青色:800dpi
  • 赤色:1,600dpi
  • 緑色:3,200dpi

デフォルトではこの通りになっています。

Model D- マウスフィート

マウスフィートは滑りの良い「G-Skates Premium Mouse Feet」。厚さ0.81mmです。4スミのものは全て微妙に異なります。

最初は水色の保護フィルムがはられてくるので、はがしてから使います。製造工程や輸送でマウスフィートを傷つけない心遣いは嬉しいですね。

Model D- 大型マウスフィート

付属してきた大型マウスフィートを貼った様子。面積的にはほぼ半分くらいが埋まりました。滑りをさらに良くしたい方は貼ってみると良いかもしれません。

Model D- 押し込み

強く押し込むと底側は簡単に歪みますし、サイドボタンのリア側が稀にガタつくなど、そこまで頑丈とは言えないクオリティです。個体差があるかもしれませんが。「Model D」よりも向上しているので、少しずつ良くなっているとは思います。

激しく振ってもラトル音はありません。

 

LODの長さ

Model D-」のLOD(リフト・オフ・ディスタンス)の長さをチェックします。

LOD(リフトオフディスタンス)

LODチェックセット

使用するのは1mm厚と0.1mm厚の金属板で、0.1mm単位で計測します

マウスパッドに使用したのは「Artisan NINJA FX ヒエン SOFT L」です。LODはマウスパッドによっても結果が変わることがあります。

Model D- LODの長さ

LODは 1mm で優秀な短さです。

Model D- LOD

ソフトウェアでLODの長さを変更することができますが、デフォルトで最短に設定されているのでこれ以上いじることはないでしょう。

 

マウスボタン

Model D- マウスボタン

Model D-」のメインボタンは2,000万回の耐久値があるオムロンメカニカルスイッチで、そこそこカチッとしたクリスピーな押し心地。跳ね返りは強めで、プリトラベルとポストトラベルが驚くほど少ないです。

Model D- サイドボタン

サイドボタンは平たく・大きく作られています。軽い感覚で押しやすいですが、音はそこまでカチッとしていません。フロント側は問題ないのですが、リア側がたまにガタつくことがあります

Model D- スクロールホイール

スクロールホイールは軽めなタッチで回り、タクタイル感はしっかりあります。どちらに回しても非常に静かです。押し込みボタンはやや重めな印象。

Model D- DPIボタン

マウスホイールの下にあるのがDPI変更ボタン。本マウスではスクロールホイールとの距離が近くなっているので押しやすくなりました。つまり、誤クリックの可能性も僅かながらあります。

現在DPIは底にあるDPIインジケーターの色で確認することができます。

 

ケーブル

アセンディドケーブル

Ascended Cord(アセンディドコード)」という布巻きタイプで、細くて柔らかい良ケーブルです。

Modl D- ブッシュ

ブッシュは地面と並行で、ちょっと高めに位置しています。ケーブルがマウスパッドに擦れる心配はあまりなく、マウスバンジーと併用すればかなり使いやすいでしょう。

Model D- コネクタ

コネクタ部分はオレンジ色。

このケーブルにステッカーが巻いてあるのほんと嫌いなんですけど、なんでここに巻くんですかね・・。はがしたくなるけど、シリアルナンバーが載ってるから捨てるわけにもいかないという悲しみ。

 

ライティング

Model D- 光るサイド

Gloriousの Model シリーズではサイドのラインが美しく光りますが、本マウスでも健在です。ハニカム部分に内側から当たる光がかなりいかしてます。

Model D- ライティング2

マウスホイールも光ります。これらのライティングはソフトウェアを通じて光り方を変更することができます。

 

ソフトウェア

専用ソフトウェアをインストールしなくても問題なく使えまる本マウスですが、マクロやキーバインドなど細かい設定をしたい場合はGlorious公式サイトより「Model D Software」をダウンロードしてインストールします。

これは「Model D」のソフトウェアと併用することになりますので、すでにインストールしている人はそのまま使えばOK。

Model D - ソフトウェア

キーバインドやライティングの設定が可能です。そこまで作り込まれたソフトウェアでもないので、設定できることは多くありません。

 

Model D と比較

通常サイズの「Model D」と小型版の「Model D-」を比較してみました。

Model D- と Model D を比較

形は全く一緒ですが、「Model D-」の方が長さがかなり短くなっています。また、スクロールホイールとDPIボタンの距離も異なることが分かります。

後方シェルの長さは似ていますが、マウスボタンはかなり短くなっています。

比較前面から Model D-

前方から見ると分かるのですが、右側の「Model D-」の方がマウスボタンが高いです。このおかげでかぶせ持ちした時のフィット感が向上しています。

また、マウスボタンの厚みに注目してほしいのですが、マイナスではかなり薄くなりました。

Model D- 比較 横から

中央の高さはあまり変わっていないように見えますが、約2mmほど低くなっています。その他大きく変わっている点はありません。

 

持ち方とそれぞれの使用感

Model D- 持ち方

かぶせ持ちがフィットするマウス。やや小さめですがそこまで小さい感じはしなく、絶妙なサイズ感となっています。

かぶせ持ちつかみ持ちつまみ持ち
◎ 

あくまで私の印象です

かぶせ持ちは最高にフィットする

かぶせ持ち
  • Model D- かぶせもち横
  • Model D- かぶせ持ち上

トップの急すぎないなだらかな傾斜が手の形にフィットし、絶妙に持ちやすいです。

つかみ持ち
  • Model D- つかみ持ち横
  • Model D- つかみ持ち上

マウスボタンはやや高めですが、つかみ持ちはまずまず。

つまみ持ち
  • Model D- つまみ持ち横
  • Model D- つまみ持ち上

つまみ持ちは問題なく使いやすい。60g前半とかなり軽い方なので操作もしやすいです。サイドボタンも大きいので簡単に押せます。

 

分解してみる

分解すると保証が効かなくなることが多いので自己責任でやりましょう

Model D- マウスフィートの裏のネジ

後方マウスフィートをはがすと下にネジがあるので、精密ドライバーを使って外します。

Model D- トップとベースを繋ぐストリップ

ベースとトップシェルを分離。LEDストリップが2本と4ピンケーブルが接続されているため、完全に外すためには丁寧にこれらのコネクタを引き抜く必要があります。

Model D- 分離

これでトップとベースが分離しました。

Model D- ベース部分

ベース部分。後方はスカスカになっています。

Model D- スイッチ

メインはオムロンのメカニカルスイッチ「D2FC-F-7N(20M)」です。

Model D- トップシェル側の内部

トップシェル側。

Model D- サイドボタンスイッチ

サイドボタンとDPIのスイッチには「HUANO グリーンポイント」です。

 

レビューまとめ

Model D- の良いところ

  • 小さすぎない絶妙サイズ
  • 60g前半とかなり軽量
  • ライティングが美しい
  • 大型マウスフィート付属
  • かぶせ持ちに最適
  • 低価格

Model D- のイマイチなところ

  • ややビルドクオリティに難あり
  • おっさんロゴがうっとうしい

Model D-」はミニ版といえどそこまで小さいわけではなく、程よいサイズとなっていてウケが良さそうです。

個人的には最高に使いやすいマウスなんですけど、毎度ビルドクオリティちょっと微妙なことがありますね。個体差はあるのかなと思いますが、「Model D」のときよりも向上していると思いましたので、さらに品質向上してほしいです。

-マウス
-

© 2020 GameGeek