マウスパッド

ゲーミングマウスパッドの滑り具合を数値化して比較してみた。どれがよく滑る?

ゲーミングマウスパッドの滑り具合を数値化して比較してみた。どれがよく滑る?

ここではマウスパッドの上をマウスが滑るのに必要な力を計測し、相対的な表にしていきます。

マウスパッドの滑り計測方法

Minerva 上をマウスが滑る

マウスパッドの滑り具合って結構主観的な部分が多くて、数値化したいと思ってたんです。

そんな時、このフォースゲージという「押す力」や「引く力」を測定する機器を使って数値化している動画を海外で見かけたので、「コレは・・」ということでアイデアをお借りすることにしました。

計測に使用するマウスは「Logicool G PRO Wireless GHOST」で固定。マウスフィートは最初から付属している通常のもので、交換などはしていません。ある程度摩耗はしていますが、この記事以降ほぼマウスパッド計測用にしようと思っているので大きな差はないはず。

フォースゲージで押す

測定手順

  1. X軸とY軸それぞれでマウスをフォースゲージで押し、ピーク値をホールドしてそれを押すのに必要な力として記録
  2. 7回ずつ繰り返して最大値と最小値を廃棄し、5回分で平均値を算出
  3. 単位はニュートンになっているのでこれをグラムに変換
  4. 最終的にXとYの数値から斜めにかかる力を出して滑り具合の数値とする

マウスに載せた100gの重り

ちなみに実際にマウスを使う際は、手をのせた時に上からかかる重力なども加味しないといけないので、マウスには100gの重りを載せてみました。

フォースゲージを押す腕の力によっても数値が変動してしまうので、一定の力で押してかつ移動速度まで測定しないときっちりと正確な値とは言えないですね。ポイントAからポイントBまできっちり2秒で同じ距離を押してくれる機械みたいのないかな・・。

ガバってるといえばガバってるんですけど、そこまで繊細なテストにしようとすると機材もお金も足りないし、はっきり言って手に余るので 雰囲気でやります。なるべく一定の力にするように・・。

実際そんな程度のテストだと思って見てください

ヒエンと比較

私が実際に現時点で所有しているマウスパッドしか行っていませんが、今後手に入れるマウスパッドは全て同様の計測を行なってリストを更新していく予定です。

マウスパッドの滑り比較表

新しいマウスパッドを手に入れて計測したら更新します。

滑り具合は数値が低ければ低いほど速いです
マウスパッドX軸Y軸滑り具合ランクタイプ詳細
Razer Firefly V226.328.638.81ハードレビュー
Xtrfy GP333.434.347.92ハード-
Logicool G640r4037.955.13ソフト-
Artisan NINJA FX ヒエン SOFT40.838.556.14ソフトレビュー
Xtrfy GP140.239.456.25ソフトレビュー
Varmilo Sea Melody41.440.6586ソフト-
X-Raypad Minerva40.84258.67ソフトレビュー
Xtrfy GP443.241.6608ソフトレビュー
Steelseries QcK+4242.8608ソフト-
X-Raypad Equate Plus42.643.460.910ソフトレビュー
Odin Gaming Zero Gravity40.845.5.61.111ソフトレビュー
Razer Gigantus V244.545.763.712ソフトレビュー
Xtrfy GP247.147.566.913ソフトレビュー

マウスパッドの滑りぐあい

マウスパッドが滑り落ちるスピード

こちらの表ではフォースゲージは使わず、マウスがパッドの上を滑り落ちるスピードを計測しました。

  1. 机の角度を約12°に固定
  2. スタート地点からマウスを手放す
  3. 10cmから30cmまでの20cmを移動するのにかかる時間を計測

時間はストップウォッチで手動で測っていますが、7回計測して最大値と最小値を廃棄し、5回で平均値を出しています。

マウスパッド速度(秒)ランク
Razer Firefly V20.361
Xtrfy GP30.411
Xtrfy GP10.903
Logicool G640r0.954
Varmilo Sea Melody1.014
X-Raypad Equate Plus1.066
Xtrfy GP41.116
Artisan NINJA FX ヒエン SOFT1.168
Odin Gaming Zero Gravity1.178
Steelseries QcK+1.208
X-Raypad Minerva1.238
Razer Gigantus V21.3112
Xtrfy GP22.0213

机から滑り落ちる速度

 

それぞれのマウスパッドについて

50音順にリファレンスとして置いておきます。

Artisan NINJA FX ヒエン SOFT

日本が誇るArtisanマウスパッド。ヒエンは梨地織タイプで表面のザラつきがかなりあります。SOFTは中間フォームの種類のことで、スピードとコントロールのバランスがとれたもの。ヒエン自体スピードがけっこうでます。

高品質で滑りも良いですが、ザリザリしてるので腕や手首が弱い人にはおすすめできません。

Logicool G640r

多くのプロやストリーマーに愛されるロジの大判マウスパッド。スピード的にはミディアムなバランスタイプに分類されますが、当サイトの計測ではよく滑るという結果になりました。値段が安めなのも強み。

Oding Gaming Zero Gravity

フォームの沈み込みが大きく、かなりのクッション性を有するマウスパッド。カラーリングが豊富で、ステッチのみ色違いだったり、ピンクやブルーだったりと好みに合わせて色々選べます。

無重力とは言っていますが、マウスがかっとぶわけではなくどちらかといえばコントロール寄り。

Razer FireFly V2

USB接続でフチがRGBに光るタイプのハードパッド。ハードなだけあって滑りは最高速。スピードにステ極振りなのでコントロールが難しいです。後はサイズが小さいのでハイセンシ向です。

Razer Gigantus V2

豊富なサイズが特徴かつ値段が非常にリーズナブル。真っ黒でミニマルなデザインですが、フォームはRazerらしい緑色とアクセントは光ります。割と滑るけどコントロール寄り。

Steelseries QcK+

超ロングセラー商品。厚みのあるマウスパッドが主流な中、厚さ2mmはかなりペラペラに感じます。薄いのが好きな人はいいかも。操作感はコントロール寄り。

Varmilo Sea Melody

淡い色で描かれたクジラと海のイラストが目を惹くマウスパッド。実は思いの外よく滑るタイプです。デスクを華やかにしたいならおすすめ。

X-Raypad Equate Plus

波がうねったような不思議な柄がクセになるマウスパッド。ヒエンと同じ梨地織で表面はサラサラしていますが、ザリザリとまではいかないので腕は安心。コントロールタイプ。

X-Raypad Minerva

とてもスムーズで触り心地の良い表面が特徴。無性に触りたくなるくらい。滑る止まるのバランスタイプで使いやすい。大きめのサイズはカラーが限られます。

Xtrfy GP1

Xtrfyの中では滑るスピードタイプでそれなりに速め。当サイトのテストでは結構速い方です。サイズはやや限られます。

Xtrfy GP2

GP1とはうってかわってコントロールタイプ。触ると表面がかなりザラザラしていて抵抗感がありますが、実際マウスも滑らないです。コントロールを極端に重視するなら良いかも。

Xtrfy GP3

ハードなのにコントロール寄りという不思議なハードパッド。それでも布製よりは断然滑ります。ハードが良いけど滑りすぎないほうが良いという方にはドンピシャかも。

Xtrfy GP4

スウェーデンの現代芸術家によって描かれた抽象画がおしゃれ。絵画を机に飾るようで雰囲気がガラッと変わります。操作はバランスダイプのコントロール寄り。

 

まとめ

ここまて、私が持っているマウスパッドの滑り具合を比較しました。

メソッド的にもっと固めたいなと思ってるので、そのうち全部刷新するかもしれません。むしろもっと科学的に計測する方法があったら教えて下さい・・!

新しいマウスパッドを手に入れたら随時更新していきます。もし測って欲しいというマウスパッドがあれば Twitter までお願いします。

-マウスパッド
-

© 2020 GameGeek