マウスパッド

【レビュー】Odin Gaming Zero Gravity - ふわっふわなマウスパッド

【レビュー】Odin Gaming Zero Gravity - 滑りと止めのフワフワマウスパッド

Odin Gaming Zero Gravity」マウスパッドのレビューをしていきます。

日本で展開しているサイズは大きめの「XL」「2XL」「3XL」の3種類。小さいサイズの選択肢はありませんが、色のセレクションが豊富で机が鮮やかになります。

無重量という名の通り、滑りまくるのか滑りすぎるのか・・?!

その性能や使い心地についてチェックしていきます。

※ 本製品はふもっふ様よりレビューサンプルを提供していただきました

概要とスペック

Zero Gravity」は Oding Gaming から発売されている大型マウスパッド。

今回レビューするのは 2XLサイズの白+白ステッチ。机を覆うとまではいかないでもキーボードを載せてもゆったりできるくらいのスペースを確保できます。

何よりカラーリングが豊富なのが本製品の特徴で、ステッチだけ色違いなど他のマウスパッドにはないバリエーションがあります。

  • 黒+黒ステッチ
  • 黒+白ステッチ
  • 白+白ステッチ
  • 白+ピンクステッチ
  • ピンク
  • ブルー

特にブルーやピンクなんかは人気なので、入荷したら速攻でカートに入れないとバトルになるかも。

Zero Gravity のスペックを見る

カラー6種類(上記参照)
サイズXL : 60.96 x 35.56 cm
2XL : 91.44 x 45.72 cm
3XL : 121.92 x 60.96 cm
表面
底面ラバー

 

同梱物

外箱

外箱。他の同じサイズのマウスパッドに比べて一回りくらい大きいサイズ。

まるまり

少しゆったりめに巻かれて入っています。そのおかげか巻グセはほとんどありません。

うねり

このように端が波打ってましたが数日で綺麗になりました。お約束のゴム臭さは多少あります。

 

デザイン

ゼロ・グラビティ

Zero Gravity」はカラーリングが非常に豊富です。

写真は 白+白ステッチ ですが、白+ピンクステッチやブルーカラーなど鮮やかそうで気になりますね。他であまり見かけないカラーは特に人気ですので、ふもっふのおみせのTwitterをフォローして入荷情報をチェックしましょう。

2XLはでかい

サイズ展開は3種類で、どれも大きめサイズ。

サイズ奥行き厚み
XL60.96 cm35.56 cm4 mm
2XL91.44 cm45.72 cm4 mm
3XL121.92 cm60.96 cm4 mm

XLはキーボードを置くには小さすぎる絶妙なサイズですね。本当に大きなマウス用パッドってイメージ。

約4mm

厚みに関しては公式で発表されていなかったので実測になります。雑に図りましたが、約4mm。結構厚めです。

俯瞰で

2XLをデスクにのせてみました。このようにキーボードも上において使うことになります。それでも十分なマウス用のスペースを確保可能。

私のデスクは「サンワダイレクトの120x60cmデスク」です。

モニターのっちゃった

実は奥行き45cmって思ってたよりも大きくて、モニタースタンドの上にかぶっちゃいました。机の奥行き60cmの方は注意です。モニターアーム使ってる人は問題ないでしょう。

ちなみに3XLの奥行きは60.96cmなので、机全部覆うにしてもほんのちょっとはみ出すっぽい。

Odin Gaming ロゴ

白マウスパッドってあまり見かけないですけど、けっこう綺麗です。真っ白というよりは オフホワイトって感じ。スノーホワイトっぽいステッチと見比べると分かりやすいです。

やっぱり黒いホコリなんかは目立ちます。普通に使用していたら、どれくらい汚れていくのか気になるところ。

表面

表面をチェックしてみます。ほんとにいわゆる布マウスパッドのソフトな触り心地。

マクロで

マクロレンズでグッと近寄って見ると、編み込みはこのようになっています。そこまでガチガチに編み込んでない感じですね、少しゆるやかっぽい。

端っこのスティッチ

端っこはステッチ処理されており、表面がほつれていかない設計です。ステッチ幅は普通くらい、しっかり縫ってあります。

マウスパッド表面とステッチ部分でちょっとした段差ができますね。

弾力

4mmと比較的厚みがあり、かなり弾力があります。結構柔らかくて、軽めに押しても沈み込みます。押し心地良いです。

この弾力はかなり高評価してます。たまに無性に押したくなるくらいふわっふわ。手首を置いても痛くなったり疲れたりすることが少なくなります。

底面ラバーベース

底面はラバーベース。かなりしっかりしたノンスリップラバーで、激しくFPSをプレイしても微動だにしません。

ラバーの模様

ラバーはジグザグ模様。めちゃくちゃ優秀な滑り止めです。

 

使用感

UL2とゼロ・グラビティ

滑りは良いです。ただし無重力というほど滑りすぎることもなく、適度な滑り具合。スピードとコントロールが絶妙にミックスされてます。

マウスに力をかけないとかなり軽やかに動くので、初動操作で言えばかなり速い。

おでんげーみんぐ

軽い力で押しても沈み込むので、少し力をこめてマウスに圧をかけると抵抗が生まれます。そういった意味では、マウスへの力をコントロールできる人は普通に使いやすい。逆に力を入れすぎちゃう人は扱いにくいかもしれません。

基本的には滑りやすく、コントロールの余地も残っているバランスのとれたマウスパッド。

 

レビューまとめ

Zero Gravity の良いところ

  • 豊富なカラーリング
  • 大きめゆったりサイズ
  • 滑って止まる
  • ふわっふわな押し心地
  • 微動だにしない裏面ラバー

Zero Gravity のイマイチなところ

  • 小さいサイズがない
  • 奥行きがやや大きい

値段は割とリーズナブルですね、海外での定価を考えるとめちゃくちゃ頑張ってる値段設定だと思います。

滑りやすさと止めやすさを両方兼ね備えているマウスパッドで、豊富なカラーリングもおしゃれですし結構おすすめ。

ただし小さいサイズがないので、デスクがある程度大きい人にしか使えません。

いい機会です。デスク、買い直しましょう

大きめデスクでも奥行きのサイズ感が絶妙なので、ちょっとはみ出しちゃうなんてこともあるかも。

人気で売り切れ続出なので入荷を狙ってゲットしましょう。

-マウスパッド
-

© 2020 GameGeek