キーボード

【レビュー】Razer Huntsman Mini - ニーズを満たす待望の60%キーボード

【レビュー】Razer Huntsman Mini - ニーズをとことん満たす待望の60%キーボード

近年のRazerの快進撃には目を見張るものがありますが、待望の小型キーボードが発売されました。

今回は「Razer Huntsman Mini」のレビューをしていきます。購入したのはマーキュリーのクリッキータイプ。

かゆいところにまで手が届く60%キーボード!

YouTube

概要とスペック

Razer Huntsman Mini」は Huntsman シリーズに新たに仲間入りした小型の60%キーボード。ただ小さいだけではなく、細かい部分までしっかりと仕上げてきています。

カラーリングはブラックとマーキュリーの2色展開。選べるスイッチは独自のオプティカルスイッチであるクリッキーとリニアの2軸。

合計4パターンの中から自分の好みにあった組み合わせを選べます。

マット仕上げのアルミケースや着脱式のUSB-Cケーブルなどもポイントで、60%にしては値段がちょっと高いですが かなりレベルの高い製品 となっています。

Huntsman Mini のスペックを見る

カラー黒 / マーキュリー
接続有線
サイズ61キー / 60%
寸法293 x 104 x 40 mm(実測)
重さ416g(実測)
配列US
スイッチRazer オプティカルスイッチ
軸色クリッキー / リニア
ポーリングレート1,000Hz
ロールオーバーNキー
ケーブル着脱USB-C
ライティングRGB
プロファイル5
ソフトウェアあり
マクロあり

 

同梱物

外箱

マーキュリーは白色の箱で、60%なのでサイズは小さめ。

中身

フタを開けるとキーボード。フタ裏には説明書。

USB-Cケーブル

キーボードのすぐ後ろにはUSB-Cケーブルが入っています。

説明書など

説明書の中にはステッカー。

同梱物は以上。

 

外観と性能

Razer Huntsman Mini

購入したのは「Razer Huntsman Mini」のマーキュリー・クリッキーです。クリッキー軸の方が安くて、リニア軸は値段がちょっと高い。

60%フォームファクターのコンパクトサイズで、寸法は実測で 293 x 104 x 40 mm でした。非常に省スペースでマウスをブンブン振り回して全くかすりもしません。

重さは実測で 約460g です。Duckyキーボードシリーズよりも軽いので、持ち運びで考えると大勝利。

サイドフレーム

キーはライティングが綺麗に見えるフロートタイプ。掃除もしやすい。

トッププレートはアルミで出来ており、強く叩いても金属の跳ね返り音はしません。

前面から見たキーボード。こう見ると結構フラットで、奥への傾斜はゆるやかですね。

ロゴ

前面の真ん中にひっそりとロゴが刻印されています。目を凝らさないと分からないミニマルさ。

トップのアルミに対し、ベースはプラスチック製。

ベースには「FOR GAMERS BY GAMERS」がびっしり刻印されています。光の加減で見えたり見えなかったり。ベースなんてあんまり見ませんが、ちょっとしたオシャレポイント。

四隅には四角形のラバーが滑り止めとしてしっかり効いています。

キーボードに角度をつける足。二段階まで調節でき、そこそこ角度がつくのでタイピングしやすくなります。

背面

キーボードの背面にはUSB-Cケーブルの差込口があります。

USB-C差込口

USB-C着脱式なのは非常に嬉しい。

ケーブル先

付属してくるUSB-Cケーブルは脇に溝があって、キーボードにぴったりハマるようにできています。

USB-Cケーブル

ケーブルは比較的硬めですが、キーボードのケーブルだし特に気にならないでしょう。

コイルケーブルと Razer Huntsman Mini

このようなカスタムコイルケーブルを繋げることもできます。

 

キースイッチ

オプティカルキースイッチ

Razer Huntsman Mini」には2種類のキー軸が存在しますが、今回の軸は「クリッキー」。その名の通り、もうひとつのリニアよりもカチッとしたクリック音がします。

両方ともメカニカルスイッチではなく オプティカルスイッチ です。

ステム

従来のメカニカルスイッチは金属接点で動作していましたが、オプティカルスイッチでは光を通すことによって動作します。金属同士が接触しないため摩耗せず、耐久値が向上し、高速アクチュエーションが可能となりました。

まさかの 1億回クリック耐性。その前に指が壊れそう。

軸色リニアクリッキー
クリック感なしあり
アクチュエーションポイント1.0mm1.5mm
押下圧40g45g
耐久値1億回1億回

主なスペックは上記の通り。アクチュエーションポイントがめちゃくちゃ浅いです。

ステムの金属スタビライザー

金属のスタビライザーが全てのキーに設置されています。実はこのスタビライザーのせいで、キーボードを振るとカシャカシャ音が鳴ります。全部のキーにはめる必要あるのかな?という疑問はありますね。

スペースのスタビライザー

スペースのような大きいキーキャップには埋め込み式のスタビライザー。

クリッキーパープル

カチッとした打鍵音はもちろんですが、押下圧である45gを越えた瞬間に打鍵されて跳ね返るので爽快な感じです。

ただし・・やっぱり夜中にこっそりタイピングするにはうるさいですね。

 

キーキャップ

キーキャップ

キーキャップは摩耗耐性のあるPBTダブルショット。

手前のインジケーター

キーの手前側に書いてあるのは Fnキーレイヤー のもの。

60%キーボードはキーが少ない分、Fnキーを押しながら別のキーを同時押しすることによって別の機能を呼び出すことができます。

キータイト

文字部分は透過処理されています。

触り心地は良いです。

キーボード上で指を置くと、若干キーのはまりに遊びがあって動くのが懸念点かな?Duckyとかだとそんなのあんまり感じないのですが、スタビライザーのせいもあるかも。

これらのキーは全て着脱可能ですので、Razer の別売りキーキャップと組み合わせれば自分らしくキー色のカスタマイズも可能です。白との組み合わせならグリーンもピンクも映えますね。

 

ライティング

ライティング

Razer Huntsman Mini」ではソフトウェアの Razer Synapse 経由でライティングの設定をできる他、キーの同時押しでもライティング設定変更が可能です。

ただし Razer Synapse が起動しているとそっちに設定が引っ張られるのでホットキーによるライティング変更はできません

以下は Fn + Ctrl + 数字 で変更できるライティング一覧です。

1消灯ライトオフ
2STATIC単色固定
3BREATHING単色でゆっくり光って消える
4SPECTRUM CYCLING明滅ごとに色が変わる
5WAVE一定方向にRGBでウェーブ
6REACTIVE押したキーが光って消える
7STARLIGHTランダムなキーが明滅する

Razer Synapse

Razer Synapse で Chroma Studio を利用すると、複数のライティングをレイヤーのように重ね合わせて、オリジナル発光パターンを作れます

例えばウェーブ+リップル。虹色に光らせつつ、押したキーから波紋が広がるような効果が作成できます。

控えめな光

最初は案外控えめな光り方かも?と思ったのですが、今ではちょうど良いと感じます。

ステム発光

ちゃんとキー単体で発光しています。

 

ソフトウェア

Razer Synapse

ソフトウェアは Razer Synapse に対応。

マクロ作成やキーバインド変更、ライティング設定などができます。

オンボードプロファイルが5つ用意されていますので、設定が終わったら Razer Synapse はアンインストールしちゃっても大丈夫 です。

 

まとめ

Huntsman Mini の良いところ

  • 大手メーカー初の60%キーボード
  • コンパクトで省スペース
  • 軽くて持ち運びに最高
  • 速い反応速度のオプティカルスイッチ
  • 着脱式USB-Cケーブル
  • ミニマルなロゴ

Huntsman Mini のイマイチなところ

  • 値段はけっこう高め
  • 他にも60%の候補が沢山ある
  • キーのはまりに若干遊びがある

以上「Razer Huntsman Mini」のレビューでした。

最近はリニアや静音軸ばかりだったので久々にクリッキーを使いましたが、うるさいという点をのぞけば非常に気持ち良い音だしフィーリングも良いです。

Razer Huntsman mini クリッキー

大手メーカーが60%キーボードを出してくれるのは非常に嬉しいことです。販売経路が多いので、入荷を待たなくてもサクッと購入できますからね。

ユーザーのニーズをしっかり満たす隙の少ない60%キーボード

作り的には長く人気のDuckyと似たような部分がありますが、値段がRazerの方が高いです。オプティカルスイッチにその価値を見いだせるかどうか が、どちらを選ぶかの決め手となりそうです。

見いだせないなら Ducky Mecha Mini とか、他の候補を見た方が良いでしょう。個人的には Ducky の方がおすすめです。

-キーボード
-

© 2020 GameGeek