マウスバンジー

【レビュー】COUGAR BUNKER - 吸着パッドの固定力が半端ないマウスバンジー

COUGAR BUNKER

COUGAR から発売されているマウスバンジー「COUGAR BUNKER」のレビューをしていきます。

ゲーミング!って感じのメカっぽい見た目が独特で、吸着パッドを使ってテーブルに固定するタイプのマウスバンジーです。

なんかサソリのメカっぽい

使い心地は果たしてどうなのかチェックしていきます。

COUGAR BUNKER - スペック

COUGAR BUNKER」はマウスケーブルを整理するためのマウスバンジー。マウスバンジーはケーブルの重さでマウスが引っ張られることを防いでくれるサポートアクセサリーのこと。

有線ゲーミングマウスを使うなら1つは必ず持っておきたいアイテムです

2008年発祥のドイツブランドのCOUGARは「ゲーミング!」っていうデザインを前面に押し出しているので、見た目で好き嫌いがかなり分かれる と思います。

性能的には結構良い部分もあって中々侮れない存在感を放っているのですが、ケーブルホルダー部分が全てゴムというのがネック で、人によっては使いにくいと感じるかもしれません。

COUGAR BUNKER のスペックを見る

カラー黒 / RGBバージョン
サイズ68 x 68 x 117 mm
固定方法吸着パッド
重量85g

 

同梱物

COUGAR BUNKER - 外箱

外箱。

中身

マウスバンジーが入っているだけで、他には何も付属しません。

 

デザインと性能

COUGAR BUNKER - サイズ

COUGAR BUNKER」のサイズは実測値で 68(ベース直径)x 117(高)mm です。

奥行き

ゴムのケーブルホルダー部分が実は奥行き的に1番大きくなっていて、ケーブルをはめていない状態で 90mm くらい。

重量

重量は実測値で 約83.9g です。マウスバンジーの中でもかなり軽い方ですね。この軽さだと自重ではガッチリ固定できないため、必然的にテーブルにくっつけるタイプになります。

正面

正面からの見た目。表面は細かい凹凸のあるプラスチックな感じで ちょっと安っぽい ですね。

表面の質感

汚れはつきにくいのでそういった面では優秀です。

後ろから

後ろからの見た目。「MADE IN CHINA」。これはステッカーなので綺麗にはがせます。

ケーブルホルダー部分

ケーブルホルダーにはバネが存在せず、全てゴムで出来ています

強く弾いてもバネのようにうるさい金属音は全くしません。静かです。

ゴムの背面

背面側もしっかりケーブルをはめることができます。

ケーブルをはめた様子

ラバーケーブルをはめた様子。太めの編組ケーブルでもちゃんとはまりました。

ゴムなので、溝部分の両脇に力を入れて開くとすんなり入ります。

吸着パッド

底面は「COUGAR BUNKER」の特徴である真空吸着パッド。

吸着パッドタイト

くっつく粘着質の素材なのですが、粘着力が半端じゃないです。真空吸着パッドの仕組みがなくても強く押し付けたら全く動かなくなります。

その代わりめちゃくちゃゴミが付きます。

真空吸着パッドオフ

これは真空吸着パッドで吸着させるためのレバー。これがオフの状態です。

ロゴ部分

パチンと下に押し込むと吸着します。レバーの上にはロゴが描かれています。

  • 吸着パッドオフ吸着パッドオフ
  • 吸着パッドオン吸着パッドオン

この吸着パッドをオンにすると 超絶固定 されます。

思い切り引っ張っても微動だにしないので、テスト続けたらケーブルの方が先に断線しそうです。

外す時にもかなり力が必要ですが、安定感という意味では最強レベル。ちなみに、はがした跡も綺麗でした。

 

 

使用感・注意点

REALFORCE MOUSE

REALFORCE MOUSE」は若干細めのラバーケーブルです。問題なくフィット。

編組ケーブルもはまる

Razer Viper Mini」の編組ケーブルもはめてみたところ、問題ありませんでした。ホールド感は結構あるので強めに引っ張っても外れません。

なんといっても真空吸着パッドの固定具合が鬼なので、ものすごい安定感があります

  • 曲がる前
  • 曲げた後

ケーブルをホールドするゴムは押し込むとかなり曲がります。写真よりも曲げることが出来ます。

ところが、ここが ちょっと微妙な部分でもあります

縦にはかなり柔軟に曲がるのですが、手前に引っ張った時に他のバネタイプのバンジーに比べると 硬くてテンションが強くかかります。遊びが少ないって感じ。

ケーブルがつっぱった様子

ケーブル長をギリギリにして少しバンジーが曲がるようなスタイルでゲームする人は 反動が強めなのでやめておいた方が吉 です。

逆にケーブルを長めにする人には全く問題ないです。

テーブル上のCOUGAR BUNKER

本マウスバンジーはバネが斜めに飛び出るタイプではありません。そのため奥側の高さが比較的あります。

モニターを低く配置している人などは影響があるかも しれません。

私は普段、モニターのすぐ下あたりからバンジーが飛び出すように設置しています。本来このマウスバンジーがある位置にはスピーカーがあるのですが、どかしている状態です。

ここまで書いて思ったけど、この吸着力ならスピーカーの上に乗せられるのでは・・?

スピーカーの上にあるCOUGAR BUNKER

というわけで試した結果がコレ。

スピーカーの上にあるCOUGAR BUNKERタイト

普通にイケてます。やはりこの吸着力恐ろしい・・。スピーカー自体そこそこ重いので、ちょっとテンションかかったところで全然動きません。

しかも、やや高めの位置にあるのでゴムの部分も若干しなやかになります。一石二鳥。

このように半端ない吸着力を応用すれば、机のスペースが少なめでもなんとかなるかも。自分の机周りを見て知恵を絞ってみてください。

 

まとめ

COUGAR BUNKER の良いところ

  • ゲーミング感の強い独特な見た目
  • 真空吸着パッドの固定が凄い
  • ケーブルはラバーでも編組でもOK
  • ケーブルを長くして使う人におすすめ
  • 値段は若干だけ安め

COUGAR BUNKER のイマイチなところ

  • ケーブルを短くする人には向かない
  • 奥の高さがあるのでスペース確保必須
  • 粘着する底面がイヤならやめよう

COUGAR BUNKER」はメカっぽい独特な見た目をしており、ゴムバンジーと超固定する真空吸着パッドが特徴です。テーブルへの吸着力がとにかくものすごいので、マウスバンジーが動くのがイヤな人にはぴったりかもしれません。

実は使い手を選ぶマウスバンジーでもあります。ちゃんと置き場所が確保できるか、ケーブルを長くして使うかどうか考えておきましょう。

ゴムバンジーは横方向の柔軟性が少ないため、ケーブルをギリギリまで短くして使う人には強い反動がかかってしまいます。

これらの問題をクリアできれば結構良いマウスバンジーです。

RGBに光るタイプもあります。ちょっと重くなっていますが、USBハブとしての機能も持ち合わせている優れものです。

-マウスバンジー
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.