マウスバンジー

【レビュー】Razer Mouse Bungee V2 - スタイリッシュで使いやすいマウスバンジー

【レビュー】Razer Mouse Bungee V2 - スタイリッシュで使いやすいマウスバンジー

Razer から発売されているマウスバンジー「Razer Mouse Bungee V2」のレビューをしていきます。

ゴツい見た目をしておらず細身でスタイリッシュな形をしている本マウスバンジーですが、ホールド感はどれほどあるのでしょうか。

使い心地をチェックしていきます!

Razer Mouse Bungee V2 - スペック

Razer Mouse Bungee V2」はマウスケーブルを整理するためのマウスバンジー。マウスバンジーはケーブルの重さでマウスが引っ張られることを防いでくれるサポートアクセサリーのこと。

有線ゲーミングマウスを使うなら1つは必ず持っておきたいアイテムです

ゲーミングデバイスのブランドとしては超老舗であるRazerから発売されている本製品、以前発売されていた 初期バージョンから正当な進化を遂げたバージョン2 となります。

Razer MB V2 のスペックを見る

カラー
サイズ75.5 x 120 x 110 mm
対応ケーブル幅3.2mmまで
重量約219g

 

同梱物

Razer Mouse Bungee V2 - 外箱

ちょっと縦長の外箱。

Razer Mouse Bungee V2 - 不思議な梱包

コンパクトに梱包されています。

Razer Mouse Bungee V2 - 内容物

  • マウスバンジー
  • ステッカー
  • 保証書

中身は以上。

 

デザインと性能

Razer Mouse Bungee V2 - サイズ

Razer Mouse Bungee V2」のサイズは実測値で 75.5(横)x 120(高)x 110(奥)mm です。手前側の横幅は 43mm でした。

Razer Mouse Bungee V2 - 重量

重量は実測値で 約219g です。細身なだけあってちょっと軽めですが、自重で支えられるくらいはあります。

Razer Mouse Bungee V2 - 正面から

正面からの見た目。仕上がりはマットブラックで、手垢などはつきにくく全体的にサラサラしています。

Razer Mouse Bungee V2 - 前のロゴ

前面にはRazerのロゴが刻印されています。角度によっては全然見えなくなるので、あまり主張しすぎず良いです。

Razer Mouse Bungee V2 - サイドから

サイドから見たシェイプ。バネ部分が土台よりも少し前に飛び出しています。バネは長め。

Razer Mouse Bungee V2 - 後ろから

後ろから見るとちょっとダース・ベイダー感あるような。マウスバンジーを普通に使ってたらこちら側を見ることはあまりないのが残念。

どうしてもと言うなら Benjyfishyスタイル でいきましょう。

Razer Mouse Bungee V2 - 背面のホルダー全体

ベース部分の構造詳細。バネの間の溝あたりにケーブルがきます。

Razer Mouse Bungee V2 - 後ろの根本ホルダー

ココにケーブルを押し込んではめます。返しがついているので簡単には外れません。

Razer Mouse Bungee V2 - ラバーケーブル装着

ラバーケーブルをはめた状態。

シリコンゴムにケーブルをはめる

バネの先のケーブルホルダーは黒いシリコンラバー。割と硬めですが、ケーブルが細すぎなければ基本フィットします。

Viper Mini をはめてみる

Razer Viper Mini」などは編組ケーブル。同じブランドですので当然フィットします。

Razer Mouse Bungee V2 - 底面

底面は滑り止めのゴムで全体が覆われています。面積も広めで、固定具合は優秀。

 

V1からの変更点

初期の「Razer Mouse Bungee」との違いを比較してみました。

旧型バンジーとの比較

左が旧型のマウスバンジー。右が「Razer Mouse Bungee V2」です。

Razer Mouse BungeeRazer Mouse Bungee V2
80(横)x 125(高)x 115(奥)mm75.5(横)x 120(高)x 110(奥)mm

ざっくり実測値でのサイズ比較。旧型よりも一回り小さくなっています。

シェイプの違い

横から見ると形がかなり変わっていることが分かります。旧型は土台部分などちょっと尖っているのがあまりよろしくないです。

旧型の重量

旧型は 107g ですが、V2は実測値で 約219g です。軽さでいったら旧型の圧勝なのですが、重くなっているのには理由があります。

旧型の底面ゴムタイト

旧型の裏面は滑り止めだけではなく 粘着するタイプのゴム になっていました。

底面の違い

テーブルに押し付けてくっつけて使うタイプ。テーブルによっては粘着が弱かったり、すぐにゴミがついてしまったりと一長一短な部分でもありました。

右のV2は粘着タイプではなくただの滑り止めとなっていて、自重で支えるタイプ へと変更されています。

根本のケーブルホルダーがない

右の新型には根本にケーブルホルダーがあるのに対し、旧型はありません。この違いはかなり大きい。旧型だとケーブルが浮いてしまうので、非常に外れやすいです。

先端部分の違い

ケーブルホルダー部分も旧型は硬いプラスチックのような材質ですが、V2ではシリコンラバーになっています。旧型だと伸縮しないため、太いケーブルがはまりません

昔のゲーミングマウスは細いケーブルが主流でしたので問題なかったのですが、今は太めだけど柔らかい編組やパラコードといったケーブルが流行っています。

V2の進化は正当で使いやすいものとなっています

旧型には結構不満があったのですが、この新型はかなり良いです

 

使用感

ZOWIE S1とRazer MBV2

ZOWIE S1」をはめて使用してみています。ケーブルはきっちりはまって外れることはありません

バネ先端のシリコンラバー部分は締め付けがジャスト。ですので、ケーブル長の調整に手間取ることがネック です。

Razer Mouse Bungee V2 - 時間経過で浮くケーブル

背面の溝にケーブルがフィットするようになっていますが、ここの部分は使用していると 必ず外れて浮いてきます

これは編組ケーブルですがラバーケーブルでも一緒でした。ここが浮くのはもはや仕様と考えて良いでしょう。

浮いたケーブルMS

しかし、根本に返しがついたホルダーが付いているので 快適さには影響ありません

M4とRazer MBV2

バネは長くてしなやかです。自重はやや軽いため思い切り引っ張ったら動いてしまいそうですが、本体を引っ張ってしまうなんていうことは滅多にないかと思います。

見た目がゴツくないのも良いですね。

 

マウスとの互換性

Razer Mouse bungee V2

手元にあるマウスのいくつかでケーブルがちゃんとはまるかどうか試してみました。

マウス名ケーブルタイプフィット
Finalmouse UL2パラコード化済み
Glorious Model DAscended
Razer DeathAdder V2Speedflex
Razer Viper MiniSpeedflex
REALFORCE MOUSEラバー
ROCCAT KAIN 100ラバー
Xtrfy M4EZ code
ZOWIE S1 / S2ラバー

割とどんなケーブルでもOKそうです

AscendedとかSpeedflexとか、メーカーごとに固有のケーブル名をつけていますが 基本的には編組ケーブル です。

ParaCableMods でパラコード化したUL2も使ってみましたが、問題ありませんでした。

もしかすると、昔のRazerマウスにあったような細すぎるケーブルはさすがに外れてしまうかもしれません。試せていませんが・・。

 

まとめ

Razer Mouse Bungee V2 の良いところ

  • スタイリッシュな見た目
  • どんなケーブルでも基本はまる
  • バネは長くてしなやか
  • 旧型と比べるとかなり改善された

Razer Mouse Bungee V2 のイマイチなところ

  • ケーブル長の調整が若干手間
  • 値段は普通
  • コンパクトにはならない

Razer Mouse Bungee V2」は旧型から正当な進化を遂げた、非常に使いやすいマウスバンジーです。

マットブラックで細身な見た目はデスクの上で静かに映えます。さりげない Razer ロゴもいいです。

REALFORCE MOUSE」なんか結構細めのラバーケーブルなのですが、ちゃんとハマりました。幅広いケーブルの種類をカバーしてくれる絶妙な設計です。

かなりおすすめです

-マウスバンジー
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.