実機レビュー

【実機レビュー】GALLERIA ZZ - 9900K+2080 Tiのハイエンドデスクトップ

【実機レビュー】GALLERIA ZZ - 9900K+2080 Tiのハイエンドデスクトップ

ドスパラから発売されているデスクトップゲーミングPC「GALLERIA ZZ」。

CPUとグラボはハイエンド、Core i9-9900K + RTX 2080 Ti 構成で、値段は結構高いですがその性能は文句のつけようがありません。

GALLERIAシリーズの中でも最も高いモデルの1つですので、とにかく一切妥協しないゲーミングPCが欲しい 方にはもってこいです。

あらゆるゲームがヌルヌル動くので超快適です

デザインや機能性をチェックしながら、ベンチマークテストで性能についても確認していきます。

GALLERIA ZZ - スペック

GALLERIA ZZ

ハイエンドグラボ RTX 2080 Ti を搭載しているデスクトップゲーミングPC「GALLERIA ZZ」の特徴について紹介します。

注目の特徴

本ゲーミングPCの値段は約28万円とかなり高くなっていますが、その分 パーツには妥協をしていないため超高性能PC です。

PCでの作業をストレスフリーにしたいならその価値はあります!

9900Kと2080 Tiは基本的には最上位といっても差し支えないレベルのCPUとグラボですので、ゲームはもちろんパソコンにおける諸々の作業が捗ること間違いなし。

ゲームなどのソフトウェア読み出し・書き出しが高速になる NVMe SSD が1TB搭載されており、スピードは大満足です。容量的にも十分ですが、欲を言えばもう1台くらいSSDを載せておきたいですね。

ちなみに今購入すれば「ストリートファイターVチャンピオンエディション」が無料 でもらえ、さらに ナノダイヤモンドサーマルグリスも無料アップグレード してもらえます。

現在販売されている構成のCPUは Core i9-9900K ですが、当サイトでレビューした機体のCPUは Core i9-9900KF です。KとKFに性能的な違いはほぼありませんが、KFには統合GPUがありません

GALLERIA ZZ のスペックを見る

チップセットZ390
CPUCore i9-9900K
グラボRTX 2080 Ti
メモリ16GB (DDR4-2666)
SSD1TB NVMe SSD
HDDなし
光学ドライブなし
電源SILVERSTONE 750W ゴールド
ケースミドルケース(KT)
サイズ207 x 520.7 x 450.2 mm
重量約13.9kg
無線LANなし(カスタマイズ可能)
LANギガビットLANポート
BluetoothBluetooth 5
カードリーダーSD / Micro SD カードリーダー
値段279,980円

 

同梱されているアクセサリー

アクセサリー

  • PC本体
  • 電源ケーブル
  • グラボの説明書
  • マザボのドライバーCD
  • キーボード
  • マウス

同梱されているアクセサリーなどは以上。貸与品なので新品ではありませんが、たぶんこれに保証書とか付いてくると思われます。

キーボード

GALLERIAのフルサイズキーボードが付いてきました。これは無料ではなく1,980円の追加オプションです。

メンブラン

メカニカルキーボードではなくメンブラン式。基本的には、ないよりマシという感じです。ゲームに打ち込むなら、自分好みのメカニカルキーボードをちゃんと探した方が良いです。

GALLERIA マウス

こちらも1,980円の追加オプション GALLERIAマウス。

サイドボタン

サイドボタンあり。表面はラバーっぽいテクスチャで覆われています。

マウス底面

センサーは不明。マウスに関しては、同値段で購入できる安っぽいものよりは幾分マシでしょう。

ゲーミングマウスもしっかり別で選ぶことをおすすめします。

 

外観とデザイン

GALLERIA ZZ

GALLERIA ZZ」は Core i9-9900K と RTX 2080 Ti を搭載したハイエンドゲーミングPCです。

CPU・GPUともに文句のない性能で、GALLERIAシリーズのゲーミングPCとしては 最上位に位置します

真正面から

ドスパラではおなじみのKTケースで、拡張性のあるミドルタワー です。黒くて無骨な見た目。サイズは 207 x 520.7 x 450.2 mm で、重さは 約13.9kg です。

それなりに大きいし重いですが、エアフローや拡張性を考えるとやはりミドルタワーがおすすめ。

フロントパネルの端子

  • USB3.0-A x 2
  • SD / MicroSDカードリーダー
  • オーディオ入出力
  • リセット
  • 電源

フロントパネルの端子。

USB端子やヘッドホン・マイク端子はフロントにあると結構便利ですね。SDカードリーダーがあるのも良いです。

左サイドパネル

正面から見た左サイドのパネル。グラフィックボードが顔をのぞかせています。

右サイドパネル

向かって右側サイドのパネル。CPU部分に排気口があります。

リアパネル

リアパネル。

リアパネル上部

左側はマザーボードの端子。右には120mmのリアファンが1基搭載されています。

マザボの端子

  • PS/2
  • USB3.1-A x 4
  • USB3.1-C
  • USB2.0-A x 2
  • DVI-D
  • D-Sub
  • HDMI
  • LAN
  • オーディオ

USB端子が結構豊富で嬉しい。

グレーの文字の端子は基本的には使いません。ここのHDMIといった映像端子からモニターへ接続すると、せっかく積んでいるスーパーグラボが意味無しです。

PS/2端子とか今さらいる?って思うかもしれませんが、USBを使用禁止にしている場合(ウイルス対策)はどうしても使わざるをえないのです。

グラボのポート

  • DisplayPort x 3
  • HDMI
  • USB-C

すぐ下にはグラフィックボードからの出力端子。モニターなどへはここから繋ぎます。お間違えなきよう。

デュアルモニター+VR接続 とかできますね。

電源

1番下には電源ケーブル差込口と電源スイッチ。

ゲーミングPCにはここの電源スイッチもあるので、接続してフロントパネルの電源入れたけど 動かない!壊れてる?! と思ったら、ここのスイッチがオンになっているか確認しましょう。

底面

底面の四隅には、エアインテークを有効活用するためのインシュレーター。

インシュレーター

不要な振動を吸収してくれます。ゲーミングPCって実は小刻みに揺れるので大事。

トップパネル

トップパネル。

トップファン

トップにはリア側にファンが1基搭載されています。140mm。

カスタマイズでフロント側にも1基ファンが追加できますが、冷却性能は良いので特に必要性は感じません。

 

内部構造をチェック

ネジ

サイドパネルを止めているネジ。これは片側2つで止めてあります。ドライバーを使わなくても 指で緩めることができる のでとても利便性が良いです。

リアにスライドさせる

ネジを緩めたら後ろ側にスライドさせてパネルを外します。

内部

ケース内部。

各名称

中のパーツはこのようになっています。

CPUFAN

CPUファンはScytheの虎徹MarkIIが搭載されています。しかし、細かい構成内容は時期によって異なりますので、このファンではない可能性もあります。

詳しくはカスタマイズ画面で確認できます。

メモリ

CPUファンのすぐ右には4つのメモリスロット。DDR4-2666の8GBが2枚挿してあり、16GBとなっています。

ここにメモリを挿すことで簡単に増設可能です。面倒であれば最初からカスタマイズアップグレードしましょう。

NVMe M.2 SSD

CPUファンすぐ下にはNVMe M.2 SSD。爆速かつ1TBの大容量です。

マザーボード

マザーボードは ASRock Z390 Phantom Gaming 4 です。

GPU

最強 RTX 2080 Ti グラフィックボード。金色に光って神々しい・・。

Palit

Palitのデュアルファンモデル。Palitは安価で有名ですが、全然問題ない良いグラボです。

電源

電源は SILVERSTONE 750W GOLD です。便利なプラグインタイプ。

使用されているプラグインモジュール

使用されている部分はピンク枠で囲った部分。他はフリーです。

ただしケーブルは付いてこないので別途購入する必要があります。

3.5インチベイ

フロントパネルすぐ後ろにある5つの3.5インチベイ。自分で増設しても良いですし、面倒ならカスタマイズアップグレードしておきましょう。

昨今のゲームはかなり容量を食います。1TBのSSD搭載とはいえあまり安心はできません。かといってHDDを積むと遅くなるので、やっぱり SSD増設が理想的

リアファン

リアファンは120mm。

右側の中身

正面向かって右側のサイドパネルを外しました。

右の中下の方

3.5インチベイの裏側、ここからSATAケーブルをさすなど作業をします。

CPUインテーク

CPU裏あたりにも排気口。冷却にはかなり力が入ったケースです。

 

カスタマイズについて

GALLERIA ZZ」はBTOですので、購入時に任意でパーツのカスタマイズが可能となっています。

おすすめのカスタマイズは以下の通り。

  • メモリは32GBへ
  • Samsung 1TB SSD 増設

というのが理想かと思います。

ただしこれは 自分で増設したほうが間違いなく安上がり になりますので、どうしても自分でやる自信がない人向けです。

ちなみにカスタマイズしても翌日出荷となる爆速納期なので、日数が延びるか心配した人はご安心ください

モニター

モニター

GALLERIA ZZ」ほどのハイスペックPCになるとかなりのfpsが出ます。しかし、ちゃんとリフレッシュレートが高いモニターにしておかないと 宝の持ち腐れ です。

カスタマイズアップグレードでモニターを購入することもできますが、予算が許すならぜひ240Hzのモニターを別途購入することをおすすめします。

BenQ ZOWIE の27インチ型240Hzモニター。残像感がめちゃくちゃ減るので画面をガンガン動かしてもすごいヌルヌルです。

視野角と発色の良いIPSパネルを搭載しながらも応答速度1msを実現している超コスパモニター。

この辺りがおすすめです。

 

その他の周辺機器など

マウスとキーボード

ソフト系や周辺機器はお好みですが、カスタマイズ画面で選べるキーボードやマウスを眺めてみたところ、ちゃんと自分で別途選んだ方が良いと思います。

大きな家電品店に行けばゲームセクションがありますし、Amazonなどでも沢山のゲーミングデバイスが売っています。

当サイトでもレビューを行っていますので、自分の気に入るデバイスを探してみましょう。

 

性能とゲームベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

ゲーミングPCとして最も気になるゲームのベンチマークスコアについて見ていきます。

スコアが高ければ高いほどfpsも高くなり、ヌルヌルと動いて快適なゲームプレイが楽しめます。

GALLERIA ZZ」はハイエンドCPU・GPUを搭載しているのでかなりの高スコアが期待できます。競技系ゲームはもちろん、重めのゲームでも超快適です。

ベンチマーク早見表
ベンチスコア / 平均fps備考
CINEBENCH R204814-
Time Spy12760上位5%
Steam VR11VRレディ
CS:GO234 fps最高品質
PUBG142 fpsウルトラ
Apex Legends178 fps全て高
LoL202 fps-
Overwatch210 fpsエピック
FF XIV19081非常に快適
FF XV12203非常に快適

ここでリストにしている数値はいずれも当サイトの実測値です。ベンチマークは環境や計測方法によっても変化があるので参考程度にしてください

CINEBENCH R20

cinebenchr20

本計測は Core i9-9900KF で行いましたが、現在販売されているモデルは Core i9-9900K です。性能は変わりませんが、Kでは内蔵GPUが使えます

 

Time Spy

Timespy

スコアスコア分布
12760上位5%

Time Spy では上位5%となります。トップクラスの性能。

 

Steam VR Performance Test

SteamVRTEST

平均忠実度結果
11(非常に高い)VR可能

VRも当然可能です。解像度の低下を恐れることなくガンガン遊べます。

 

CS:GO

ベンチマーク - CS:GO

解像度グラフィック最高fps平均fps
1920 x 1080最高品質392234

カジュアルマッチで計測。

競技系FPSの中でも最も軽めのゲーム「CS:GO」。平均で234fpsなので、240Hzモニターでヌルヌルプレイすることが可能です。

 

PUBG

ベンチマーク - PUBG

解像度グラフィック最高fps平均fps
1920 x 1080ウルトラ255142

アーケードのチームデスマッチで計測。

ウルトラ設定でもかなり快適にプレイできます。ウルトラにしておくこともないのでもうちょっと設定を下げてさらにfpsを稼ぐのがおすすめ。

 

Apex Legends

ベンチマーク - Apex Legends

解像度グラフィック最高fps平均fps
1920 x 1080最高品質241178

トリオでプレイして計測。かなり快適です。

少しグラフィックを落とせばさらにヌルヌルでプレイできます。

 

League of Legends

ベンチマーク - LoL

解像度グラフィック最高fps平均fps
1920 x 1080最高品質240202

軽めのゲームに分類されるLoLでも平均fpsは202と全く問題なくヌルヌルしています。

 

Overwatch

ベンチマーク - Overwatch

解像度グラフィック最高fps平均fps
1920 x 1080エピック238210

グラフィックが最高のエピックに設定してもこのfps。

 

FF XIV

FFXIVベンチ

解像度グラフィックスコア評価
1920 x 1080最高品質19081非常に快適

中くらいの軽さのFFXIV、超快適にプレイできます。今後新たなDLCが出ても全く問題ないです。

 

FFXV

FFXVベンチ

解像度グラフィックスコア評価
1920 x 1080高品質12203非常に快適
2560 x 1440高品質9932とても快適
4K高品質6025快適

比較的重めのゲーム、FFXVではフルHDだと「非常に快適」のスコア。

4Kまで上げても「快適」なので、4Kでのゲームも視野に入れてOKです。

 

SSD

SSDベンチ

NVMeなので読み込み・書き込みともにかなり高速です。

 

まとめ

GALLERIA ZZ の良いところ

  • CPUは Core i9-9900K と強力
  • 最高峰の RTX 2080 Ti 搭載
  • 爆速なNVMe M.2 SSD 1TB
  • 拡張性の高いミドルタワー
  • 電源はGOLD認証
  • ゲーム中でもうるさくない
  • カスタマイズの幅は広い
  • ドスパラは納期最速

GALLERIA ZZ のイマイチなところ

  • やっぱり高い
  • カスタマイズはコスパが良くない

GALLERIA ZZ

ドスパラのハイエンドゲーミングPC「GALLERIA ZZ」のレビューでした。

グラフィックが重いゲームでも、この性能ならガンガン行こうぜできる 超高性能PC です。RTX 2080 Ti で捌けないゲームがあるならそれは最早開発側の手落ちです。

ネックとしてはやはり値段ですが、他のBTO会社と比較しても最もコスパが優れています。9900K+2080 Tiで狙うならこのPCでしょう。

カスタマイズはどうしても割高になってしまうので、自分で頑張って増設できるならそっちの方が絶対おすすめです。

このゲーミングPCを頑張って買っておけば 向こう何年もスペックの心配をする必要はないでしょう。妥協して後悔するくらいなら、頑張ってこのPCをゲットして幸せになりましょう。

こんな方におすすめ

-実機レビュー
-

© 2020 GameGeek