マウスバンジー

【レビュー】Endgame Gear MB1 - モノクロームでシンプルな割安マウスバンジー

【レビュー】Endgame Gear MB1 - モノクロームでシンプルな割安マウスバンジー

Endgame Gear から発売されているマウスバンジー「Endgame Gear MB1」のレビューをしていきます。

いくつかあるマウスバンジーの中でも安い部類に入る本製品ですが、果たして安かろう悪かろうなのか、それともしっかり長く使えるクオリティなのかチェックします。

Youtube

Endgame Gear MB1 - スペック

Endgame Gear MB1」はマウスケーブルをオーガナイズするマウスバンジー。マウスバンジーはケーブルの重さでマウスが引っ張られることを防いでくれる補助具的アクセサリー。

有線ゲーミングマウスを使うなら持っておきたいアイテムです

本製品はつかみ持ち最強として話題に上がった「Endgame Gear XM1」を発売したエンドゲームギアの製品。

Xtrfy、Razer、Zowieと名の通ったブランド製品と比べると値段が安いので、知られたブランドが良いけれどなるべく予算を抑えたい! そんな方にはぴったりです。

Endgame Gear XB1 のスペックを見る

カラー黒&白
素材金属 / 樹脂 / シリコンラバー
サイズ72 x 115 x 95 mm
重量約260g

 

Endgame Gear MB1 - 同梱物

mb1 - 外箱

所々傷ついていて、そんなに綺麗とは言えない状態で来ましたが、所詮外箱。

Endgame Gear MB1 同梱物

中身はマウスバンジーのみで、説明書など余分な物は一切入っていません。潔し。

 

Endgame Gear MB1 - デザインと性能

Endgame Gear MB1 - サイズ

Endgame Gear MB1」のサイズはバネ部分を伸ばした状態で 72(横) x 115(高) x 95(奥)mm。収納状態だと高さは 86mm になります。

私が以前まで使用してた「Razer Bungee V1」と比べるとそこそこコンパクトです。

重さは260g

重量は公式で約260g、実測でもほぼ変わりませんでした。ゴムのように机にはりつけるのではなく自重で固定するタイプです。

正面?

そんなに背丈は高くないのと、バネ部分がそこまで高くまで伸びないです。

Endgame Gear ロゴ

Endgame Gear のロゴが彫られています。表面はマット仕上げで手垢などがつきにくいタイプ。スベスベしているかと思いきや案外グリップできる素材。

ケーブルホルダー

ケーブルホルダーは白いシリコンラバーで出来ています。結構柔らかいラバーで、多少太いケーブルでも入ります。汚れやすいのですが、バネから取り外し可能なので水洗いすればOK。

シリコンラバー

バネはしなやかで、指ではじくとバイーンと揺れます。

PVCケーブルだと外れる

ラバーやPVCといった細いケーブルだと、使用しているうちに外れてくるので注意。最悪シリコンラバー部分にテープか何か貼れば止められるかと。

正面から

マウスケーブルを這わせる側。溝の幅は約5mmです。

ケーブル固定ゴム

ケーブルをはめる溝の下部にはゴムの留め具があります。引っ張ってもとれないタイプで、ケーブルを押し込むことで中に固定できます。

ケーブルを固定した図

ケーブルをはめるとこのようになります。ゴムとゴムの隙間はかなり細くて1mmないくらい。はめる時はちょっと力が必要ですが、スライドさせるように押し込むと上手く入ります。

真横

斜面の角度的には約50°。

Endgame Gear MB1 底面

底面、四隅に円状の黒いゴムが貼られており、滑り止めの役目を果たしています。

底面のラバーゴム

ゴムは滑り止めとして優秀です。自重もそこそこあるので、強く引っ張るとマウスバンジーが動くよりも全体が傾きます。

 

Endgame Gear MB1 - 使用感

Razer Viper Mini とマウスバンジー

Razer Viper Mini」をはめてしばらく使用してみました。ケーブルの太さ的にもフィット感はOKで、外れるようなことはありません。

背面のゴム留め具のおかげで、ケーブルの長さ調節も非常に簡単。ケーブルホルダーからどれだけのケーブル長にするかは個人の好みによるところが大きいので、簡単に調節できるのは素晴らしいです。

Model D も使ってみた

こちらは「Glorious Model D」。全く問題なく使用できます。

マウスバンジーの調整方法

私は マウスパッド手前ギリギリでバネが曲がるか曲がらないかまで微調整 して使います。バネが曲がるほど短くすると、バネに引っ張られた時に変な力が加わってしまうので好きではありません。

マウスのケーブル根本部分がマウスパッドに擦れてしまうのは防げませんが、テーブルの端からケーブルの重みで引っ張られることがないので十分だとしています。

 

マウスとの互換性

パラコードをはめてみた

私が持っているゲーミングマウスをはめて互換性をチェックしてみましたところ、基本的に擬似パラコードとされるようなやや太めのケーブルはほとんど問題なし。

問題があったのは「PVCケーブル」などに分類される細いビニールケーブル。細すぎるため、ケーブルホルダーから外れてしまうことがありました。

XM1 ケーブル

これは「Endgame Gear XM1」のPVCケーブル。現在のロットではケーブルが刷新されて疑似パラコードとなっているため問題ありませんが、初期の XM1 のケーブルだとケーブルホルダーから浮いてしまうことも。

ビニールタイプじゃなくても、Razerの昔の細いマウスケーブルなんかも細すぎてちゃんとハマらないかと思われます。

 

まとめ

Endgame Gear MB1 の良いところ

  • モノクロームで落ち着いたデザイン
  • 柔らかいシリコンラバーホルダー
  • しなやかなバネ
  • どっしりした重量と滑り止めゴム
  • 他のブランドと比べて安い

Endgame Gear MB1 のイマイチなところ

  • ややバネアームが短い
  • 細いケーブルは浮いてきてしまう

Endgame Gear MB1」はモノクロなデザインもシンプルかつオシャレですし、価格も安いので割と良い買い物だと思います。

細いビニールケーブルのマウスをメインで使っているなら微妙かもしれませんが、疑似パラコード系や最近のやや太めのケーブルのマウスを使っているならおすすめできるマウスバンジーです。

-マウスバンジー
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.