マウス

【レビュー】SteelSeries Rival 3 - 圧倒的低価格のコスパ抜群エントリークラス

【レビュー】SteelSeries Rival 3 - 圧倒的な低価格のコスパ抜群エントリークラス

評価:4

かなり安価なゲーミングマウスである「SteelSeries Rival 3」。

非常に手頃で手の出しやすい価格帯ですが、77gという軽さと、SteelSeriesがPixArtと共同開発した新センサー「TrueMove Core」を搭載した大真面目なマウス。

安いのにそのクオリティは中々のもの。その辺のよく分からないブランドの低価格マウス買うなら絶対こっち買ったほうが良いです。

概要とスペック

左右対称シェイプの「SteelSeries Rival 3」は「Rival110」と同じデザインです。「Rival 3」ではマウスボタンが本体と一体型ではなく分離されています。マット仕上げで非常に滑らかな質感。安っぽさは全くありません。

案外小さくて、サイズ的には「Model O-」や「MM710」などと似ています。

  • 左右対称シェイプ
  • ぐるっとマウスを囲む美しいRGB
  • 77gとほどほど軽量
  • 超低価格

何よりも低価格のがウリです。性能が良ければ「安いのにすごい」、性能が微妙な部分は「でも安いし・・」で済まされそうな破壊力を持っています。

ただ安いだけではなく、新センサー搭載や軽量化もしっかり行っているので、エントリークラスのゲーミングマウスとしては最高です。オンボードメモリも備わっているのでちょっとしたお出かけマウスにもOK。安いので過酷な環境でも気兼ねなく使えます。

SteelSeries Rival 3 のスペック
カラー
センサーTrueMove Core
寸法120.6 x 58.3 x 21.5 mm
重さ77g / 81.5g(実測)
ボタン数6
アクセラレーション35G
最大DPI8,500 dpi
ポーリングレート1000 Hz
コネクターUSB2.0
ケーブルゴムケーブル
ケーブル長1.8 m
LEDカラーRGB
オンボードメモリ5プロファイルまで
ソフトウェアあり

 

箱と同梱物

Rival 3 - 外箱

外箱はかなり小さめでコンパクトです。他に付属品も入っているわけでもないですし、これくらいのサイズが丁度良い。

Rival 3 - 箱から中身を出す

ちょっと不思議な梱包ですが、中のダンボールを引き出すとマウス本体と説明書が出てきます。

Rival 3 - マウス本体

これが「SteelSeries Rival 3」。説明書は無視してOK。

 

外観と性能

Rival 3 - 真上から

SteelSeries Rival 3」は左右対称型ゲーミングマウス。サイドボタンは左側なので、右手向けとなります。

思ったより小さい印象です。寸法は 120.6 x 58.3 x 21.5 mm

Rival 3 - 実測重量

公式では77gということでしたが、実測で 83g ありました。測り間違えたかと思ってもう一度測ってみたところ 81.5g でした。いずれにせよまぁまぁな誤差。

ハニカムなしですが、どちらかというと軽量の部類ですね。50〜60台のマウスに慣れてるとちょっと重め。それでも 値段を考えると大勝利

Rival 3 - 正面

正面。マウスボタンは低めに設計されています。感覚で言うと「Endgame Gear XM1」に似てるかも。

Rival 3 - 左サイド

左サイド。後にも触れますがサイドボタンがかなり細いです。

Rival 3 - 右サイド

右サイド。サイドボタンがないだけで、左とは対称な作りになっています。

Rival 3 - 後ろから

後ろから。1番後ろ部分は少し嵩上げされています。SteelSeriesのロゴは光る。

Rival 3 - 底面

底面のセンサー位置とマウスフィート。センサーはやや後ろ寄りです。SteelSeriesがPixArtと共同開発した新センサー「TrueMove Core」が搭載されています。

Rival 3 - マウスフィート

マウスフィートはテフロンで悪くない滑り。形はかなり独特ですね。なぜか窪みがついており、外しやすいよう考慮されています。

 

マウスボタン

Rival 3 - マウスボタン

Rival 3」のメインボタンは中央部分に段差があるデザイン。あまりクリスピーなクリック感ではなく普通。

Rival 3 - マウスホイール

マウスホイールは独特なラバーデザインです。ホイールの回転はかなり静かで軽い。また、ホイール自体もロープロファイル気味です。

Rival 3 - DPIボタン

DPIスイッチ。マウスホイールからはやや離れているので誤クリックの心配はあまりないかと。サイドボタンと同じく細いスイッチです。

Rival 3 - サイドボタンは細め

サイドボタンはかなり細めです。実はちょっと押しにくいというか、細いし出っ張りが少ないので感覚を掴みにくいです。

 

ケーブル

Rival 3 - ゴムケーブル

ゴムケーブル。このケーブルの何が嫌かって、最初に梱包されてくるときの巻き癖がもはやとれないところですよね。

ただし!実は抵抗は割と少なくて、ケーブルを持って伸び縮みさせてもマウスはあまり動きません。優秀な面もちゃんとあります。それでもマウスバンジーを使って上手くケーブルを空中に吊るした方が良いでしょう。

Rival 3 - コードブッシュ

ブッシュが地面と平行になっているのはポイント高いです。できればパラコード系が良かったなぁ・・とはさすがに望みすぎかもしれません。何せ$29.99なのです。

Rival 3 - USBコネクタ

コネクタ部分は至って普通です。

 

ライティング

Rival 3 - RGB

マウス後方のロゴと、サイドから後ろにかけたエッジ部分がRGBで光るようになっています。エッジ部分のライティングは、マウスをぐるっと囲むようにシームレスなので綺麗ですね。

色の移り変わりも自然だし、発色は綺麗だしかなり優秀です。

Rival 3 - RGB3

ソフトウェアで多少のコントロールが可能です。ゾーンが3つに分けられており、それぞれ別のカラーと光り方を設定できます。色の継ぎ目が馴染んでてすごい綺麗なんですよね。

 

ソフトウェアについて

Rival 3 - ソフトウェア

必須ではありませんが、ソフトウェアをインストールすれば細かい設定が可能です。「SteelSeries Engine」をダウンロードして使います。

Razer Synapse なんかと比べるとシンプルなのであまり抵抗はないでしょう。直感的で分かりやすく、よく出来ています。

Rival 3 - イルミネーション変更

こちらはイルミネーション設定。ゾーンが3つに分かれていて、それぞれに異なる設定ができます。

 

持ち方とそれぞれの使用感

シェイプ・サイズから言ってつまみ持ちが最も適しています。しかし、つかみ持ちも疲れますがそこまで悪くないです。

残念ながらかぶせ持ちは向いていません。公式サイトの製品ページでも 推奨グリップはクローまたはフィンガーティップ となっています。

つまみ持ち
つかみ持ち
かぶせ持ち

あくまで私の印象です

つまみ持ちが最も適している

Rival 3 - つまみ持ち

しばらく使ってみましたが、このマウスはつまみ持ちが一番合っています。

Rival 3 - つかみ持ち

手が小さめな人ならつかみ持ちでもしっくりくるかもしれません。個人的には多少疲れるけど大丈夫。

Rival 3 - かぶせもち

かぶせ持ちはあんまりフィット感がよくありませんでした。これは前方のマウスボタンがやや低めに設計されているのも原因かと。

 

レビューまとめ

Rival 3 の良いところ

  • とにかくガチ安い
  • 80g前後と比較的軽め
  • つまみ持ちに最適
  • RGBライティングがシームレスで綺麗
  • コスパを考えると全て平均点以上

Rival 3 のイマイチなところ

  • ゴムケーブルの巻き癖がとれない
  • サイドボタンが細め
  • かぶせ持ちは向かない
  • LODがちょっと長い

国内販売はまだ未定ですが、米アマから買っても安いので、気になる方は購入してみるのがおすすめ。

ゲーミングマウスが欲しい、でもお金はないからとにかく安いのが良い!って思ってる方、Amazonに転がってる無名ブランド選ぶくらいならこれ使っておいた方が絶対良いですよ。

-マウス
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.