キーボード

【レビュー】Ducky Mecha Mini - アルミニウムの重厚感がたまらない60%キーボード

人気の60%キーボード、Ducky シリーズに新しい仲間が登場しました。

その名も「Ducky Mecha Mini」。ダッキーメッチャミニ、ではありません。メカミニです。

サイズは「Ducky One 2 Mini」と同じ60%、キー配列が異なるわけではないし、サイズもほとんど同じです。では一体何が違うのか?

それはベースのフレーム。「Ducky One 2 Mini」ではプラスチックだったのに対し、「Ducky Mecha Mini」は重厚感のあるアルミニウムになっています。

それだけ?と思うかもしれませんが、このアルミニウムフレーム最高に滑らかで高級感たっぷりなのに、値段は少し高くなっただけです。良い意味で悩ましい選択肢が増えました。

今のところ日本で買えるのは「Ducky One 2 Mini」ですので、今欲しいならそちらを購入しましょう。「Ducky Mecha Mini」はいずれふもっふのおみせがきっと取り扱ってくれるでしょう。おそらく・・。

YouTube

Ducky Mecha Mini RGB について

Ducky Channel

© Ducky Channel

台湾のメーカー「Ducky Channel」によって製造されているゲーミングキーボード。Duckyは2007年からキーボードの製造を開始し、以来高品質なキーボードを開発し続けている会社です。

そんな Ducky が発売した「Ducky Mecha Mini」は従来の60%キーボードのフレームを重厚なアルミニウムに変更したもの。比較するとかなり重いですが、どっしりとしていて高級感があります。

  • コンパクトサイズで机すっきり
  • アルミフレームでどっしりと重厚
  • Cherry MX軸から選べる
  • ビルドクオリティが高い
  • Fnキーを使ってフルサイズなみのキーに
  • 内蔵プロファイルにマクロ登録可能
  • イラスト付きキーキャップ付属

60%としての魅力はこのようにしっかりと詰まっています。特に、机が狭い人やコンパクトで可愛いキーボードを求めてる人にはおすすめです。世界中で多くのプロに愛されているキーボードでもありますので、品質は折り紙付き。

 

Ducky Mecha Mini RGB - スペック

Ducky Mecha Mini のスペック
サイズ60%
寸法295 x 108 x 40 mm
重量824g(実測)
スイッチCherry MX
キーキャップPBT ダブルショット
ロールオーバーNキー
ケーブルコネクタUSB Type-C
ケーブル長1.4m
ライティングRGB
ソフトウェアなし
マクロハードウェア
プロファイル6つの内蔵プロファイル

60%サイズキーボードですので、テンキーはもちろん矢印キーやF1~F12キーなどごっそり削られています。サイズは 295 x 108 x 40 mm と小さめです。実は「Ducky One 2 Mini」と比べると 7mm ほど幅が小さくなっています。

重量は実測で 824g です。見た目はコンパクトなのに、アルミフレームなので結構重いです。どっしりとしていてちょっとの力じゃ動きません。とても良い。

ただし持ち運びをよくする人にとっては大変なので、プラスチックで軽量タイプの「Ducky One 2 Mini」の方が良いかも。

キー軸は Cherry MX シリーズから選べます。今回選んだのはブラウン軸ですが、他にもスピードタイプの銀軸やサイレントのピンク軸などを選ぶことができます。

ビルドクオリティはかなり高く、ガタつきなどはありません。キーの押し込みがスッと行くので気持ち良いです。

接続は USB-C の着脱式ケーブルなので持ち運びも出来ますし、別途おしゃれなケーブルを装備して楽しんでも良いです。

コイルケーブルのすすめ
Space Cables
【レビュー】超おしゃれにコイルされた Space Cables のキーボードケーブル

 

Ducky Mecha Mini - 同梱物

Ducky Mecha Mini - 外箱

外箱です。

蓋を開けるとプラスチックカバー。長いあいだ家を離れる時などはこれを被せておくとホコリ除けになります。

キーボードの奥には付属品が入っています。

Ducky印のキープラー。キーキャップを外す時に役立ちます。Duckyは別売りのキーキャップも売ってますので交換の際に活躍します。また、定期的にキャップを外して洗浄するのもおすすめ。

付属してくる赤色キーキャップ。好きなように配色しましょう。

2019年はイノシシ年でしたので、イノシシ柄のスペースバーが付属してきます。ちゃんと柄の部分が光るように透過処理されてるのがポイント高い。

2020年のロットからはネズミになるんじゃないかと思います。

接続用の着脱式 USB-C ケーブル。

同梱物はこれで全部です。

 

Ducky Mecha Mini - デザインとシェイプ

60%なのでコンパクトで可愛いサイズです。ベゼルは細く、スッキリした見た目です。

黒がメインカラーですが、アクセントとして赤色のキーキャップが付属しています。全てのキーの文字は透過処理されているので、RGBで美しく光ります。

ベースのフレームは全てアルミニウム。プラスチックよりも高級感・重厚感がかなり増しています。触り心地もかなり滑らか。

左: Mecha Mini | 右: One 2 Mini

左: Mecha Mini | 右: One 2 SF

One 2 Mini」や「One 2 SF」ではベゼルとベースがセパレートしていました。「Mecha Mini」はワンカラーで滑らかな一体型となっています。

かなり頑丈で、端っこのキーを強く押し込んでもベースが曲がるようなことは一切ありません。

Ducky Mecha Mini - 細いベゼル

ベゼルは従来品よりも細く作られています。

手前からの見た目です。

右サイドから。奥に向かって緩やかな傾斜があります。この角度から見ると分かりやすいのですが、キーが浮くフロート設計です。

サイドからの見た目

こちらは「Ducky One 2 Mini」。ベゼルデザインとキーの浮き方が全く違うことが分かります。

後ろからの見た目です。

Ducky ロゴと Mecha Mini のプリント。

逆サイドは USB-C の差込口。 着脱式は持ち運びに便利ですし、ケーブルを変えて楽しむことができるのでイチオシです。案外硬いので外れることはあまりないでしょう。

背面の足を使って角度調整ができます。高さ的には足を立てた状態と立てない状態の2パターン。

足を立てた状態。この足もしっかりアルミニウムで出来ていて頑丈です。

足を立てるとこのような傾斜になります。私は足を立てた方がタイピングしやすいです。

 

PBTダブルショットキーキャップ

Ducky Mecha Mini - PBTダブルショットキーキャップ

Ducky Mecha Mini」のキーキャップは PBTダブルショット

電気耐性・熱耐性に優れたPBT樹脂を使い、2色の層を使ったダブルショット成形。摩耗耐性があるのでタイピングしまくって使い込んでも、印字が薄れたり削れたりすることがありません。

安心してタイピングできます。

Ducky Mecha Mini - RGBライティングで光る付属キャップ

Ducky One 2 SF」が出るまでは、付属のカラーキーキャップは文字部分が光りませんでした。今はしっかりバックライトが反映される透過文字になっています。

 

Cherry MX のブラウン軸

今回の軸は、タクタイルタイプの ブラウン軸 にしました。

軸色ブラウン
クリック感あり
アクチュエーションポイント2.0mm
押下圧55cN
キーストローク4.0mm

クリック感があるけれど青軸のようにカチッとした音のしない、ソフトな感触のブラウン軸。赤・ブラウン・青と比べると、最もバランスのとれた軸で、スタンダードという位置づけです。

  • 青軸だと音がうるさすぎる、クリッキーすぎる
  • 赤軸だとクリック感がなさすぎる

このように感じていたらブラウン軸が最適かもしれません。「Ducky Mecha Mini」が採用しているのは Cherry MX なので、シルバー軸やピンク軸も選ぶことができます。自分の好きなものを選びましょう。

 

Fnキーを駆使すれば他のキーも使える

60%キーボードには、DELキーや矢印キー、F1~F12といったキーがありません。

じゃあ使えないの?というとそんなことは全くなく、Fnキーと同時押しすることで、Fnレイヤーに記録されたキーを入力可能 です。

キーキャップの手前にプリントされているのがFnレイヤーキーです。例えば「Fn」を押しながら「L」を押すことで右矢印キーになります。

Fn+Ctrlのレイヤーもあり、マクロを登録しておくこともできます。

 

RGBライティング

Ducky Mecha Mini」はRGBで光ります。

Ducky Mecha Mini - RGBライティング

プリセットで用意されたエフェクトが9種類。どれも美しいです。

1ウェーブ左から右へ波打つ
2カラーサイクル1色ずつフェードで変わる
3レインドロップ雨のようにランダムで光る
4リップル押したキーから波が発生
5ランダムリアクティブ押したキーが光る
6リアクティブ押したキーと周りが単色で光る
7呼吸単色でゆっくり光って消える
8フルバックライト全灯
9レーダーHを基準に光が回転する
10ライトオフ消灯

全ライティングは上記の通り。これらは「Fn+Alt+T」の同時押しでサイクルしていけます。

Ducky Mecha Mini - RGBライティングのタイト

最もベーシックな「ウェーブ」は色が滑らかに移り変わっていって綺麗です。ちなみに私の一番のおすすめは「リップル」で、押したキーから光が波紋をうつように流れていきます。

 

Ducky Mecha Mini - 操作方法

背面にあるディップスイッチとハードウェアマクロについて説明します。

背面ディップスイッチについて

背面のディップスイッチを切り替えて、キーの位置を入れ替えることができます。他にも「Caps Lock」を「Fn」キー扱いにしたり、Nキーロールオーバーか6キーロールオーバーか選ぶことも可能。

DIP1DIP2DIP3DIP4結果
OFFOFFAlt / Win / Fn/ Ctrl
ONOFFFn / Alt / Win/ Ctrl
OFFONAlt / Fn / Win / Ctrl
ONONAlt / Win / Ctrl / Fn
OFFCaps Lock = Caps Lock
ONCaps Lock → Fn
OFFNキーロールオーバー
ON6キーロールオーバー

 

マクロについて

ソフトウェアでマクロ制御するブランドも多いですが、Duckyはハードウェアマクロオンリーです。とっつきにくくて挫折してしまう方もいるかもしれませんが、コツさえ掴めば簡単にサクサク登録できます。

ハードウェアマクロの使い方は、説明すると長くなってしまうので別記事にまとめてあります。「Ducky One 2 Mini」のものですが、マクロの仕様は全く変わらないので参考になるはずです。

マクロを学ぼう
Ducky One 2 Mini RGB 60% マクロ登録解説!
難解な Ducky One 2 Mini RGB のマクロ設定について解説

 

まとめ

コンパクトな60%キーボードだけど、ベース部分がアルミニウムになって高級感・重厚感ともに増した大人気キーボード「Ducky Mecha Mini」をレビューしました。

Duckyのコンパクトキーボードシリーズは種類も豊富です。それぞれ長所がありますので、そこを見極めた上で購入すると良いでしょう。

Ducky Mecha Mini がおすすめな方

逆に上記以外であれば「Ducky One 2 Mini」がおすすめ。プラスチックですが決して安っぽくはなく、軽くて持ち運びに適しています。ホワイトバージョンもあって、RGBライティングとの相性が良いので非常に映えます。

ホワイトはこちら
Ducky One 2 Mini RGB 60% ホワイトのレビュー
【レビュー】Ducky One 2 Mini RGB 60% ホワイトが美しいし使いやすいし至高

60%キーボードは当然キーが少ないのですが、「Fn」キーと組み合わせることで使えるキーの数は増やすことが出来ます。慣れたらより素早く・違和感なくタイピングできるようになるでしょう。

しかし、動画編集やプログラミングなどゲーム以外での使用用途があるのであれば、作業効率が落ちてしまうことは否めないかも。そういった場合は矢印キーなどがついている「Ducky One 2 SF 65%」の方がおすすめかもしれません。

65%キーボードはこちら
Ducky One 2 SF 真上
【レビュー】Ducky One 2 SFは普段使いにも最高な65%キーボード

もしフルサイズを使っているのであれば、是非この60%キーボードは試してみてもらいたいです。小さいので机のスペースも広くなりますし、キーボードにマウスがぶつかるかどうかという悩みも減ることでしょう。見た目もオシャレで可愛いのです。

-キーボード
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.