マウス

【レビュー】ROCCAT Kone Pure Ultra(KPU)は神フィットの軽量エルゴマウス

ROCCAT Kone Pure Ultra - 真上から

評価:4

ROCCATはドイツのハンブルクで作られているゲーミングマウスブランドで、定番となっているKone Pureシリーズは持ちやすさに定評のある人気商品。

今回レビューするエルゴデザインの軽量ゲーミングマウス「ROCCAT Kone Pure Ultra(通称 KPU)」は、そんなKone Pureシリーズを約66gまで、25%も軽量化したモデル。

今回のKPUで初めてROCCATシリーズを持ってみたのですが、とにかく本当に持ちやすい。

かなりフィット感があって感動的!

概要とスペック

ROCCATから発売された右手用軽量ゲーミングマウスの「Kone Pure Ultra(KPU)」。軽量化するために、インナーフレームがハニカム構造になっています。サイズとしては小型の部類ですが、エルゴデザインなのでフィット感は素晴らしいです。

ROCCAT Kone Pure Ultra つまみ持ち

つまみ持ちに適したマウスと言われています。マウスは軽ければ軽い方が腕が疲れなくて良いです。個人的にはかぶせ持ちでもかなり持ちやすいので、持ち方を問わず使えるマウス。

ROCCAT Kone Pure Ultra のスペック
カラーブラック / ホワイト
センサーROCCAT Owl-Eye
寸法115 x 39 x 70 mm
重さ66 - 66.5g
ボタン数7
アクセラレーション50G
最大DPI16,000 dpi
ポーリングレート125 / 250 / 500 / 1000 Hz
コネクターUSB2.0
ケーブル長1.8m
LEDカラーロゴ
ソフトウェアSWARM

 

箱と同梱物

ROCCAT Kone Pure Ultra - 外箱

まずは外箱と同梱物からチェックしていきます。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 外箱が薄い!

他のマウスケースに比べて比較的薄い外箱。

ROCCAT Kone Pure Ultra - MADE TO WIN

蓋を開けると「MADE TO WIN」の文字が。勝つために作られたんです、勝ちましょう。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 同梱物

同梱物は超シンプル。マウス本体と取説だけ。マウスのケーブルが地味に箱の形になってくるのが珍しい・・。

取説は読む必要がないほど中身スカスカなので、何も考えずにマウスをUSBにさせばOK!

 

外観と性能

ROCCAT Kone Pure Ultra - 真上から

66gという軽さを実現しながらもシェルはハニカム構造になっていません。ハニカムの見た目が嫌な人にとっては朗報ですね。中の見えないレイヤー部分が穴抜きされています。

寸法は 115 x 39 x 70mm で割と小型サイズ。小型ですが、高さは比較的あるため持ちにくいことはありません。

ROCCAT Kone Pure Ultra - エルゴタイプ

シェイプは左右非対称、右手用エルゴデザインです。かなり独特な見た目 をしています。

ある人にとっては神マウス、ある人にとっては大嫌いと、好き嫌いの別れるデザインだと思います。

個人的にフィット感はかなりよくて持ちやすいです

このマウスに関しては購入前に一度持ってみて、自分にフィットするか確認した方が良いかもしれません。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 親指のくぼみ

サイドボタン下のくぼみの部分に親指がめちゃくちゃフィットします。かぶせ持ちでもつまみ持ちでもフィットするのが不思議。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 左サイド

サイドボタンの位置はかなり高め。これは賛否両論かもしれません。

基本親指はくぼみにハマるため、サイドボタンは押そうと思ったときに指を持っていくことになるはず。サイドボタンに親指を添えた状態だとマウスがやや振りにくいですしね。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 右サイド

右サイドもくぼんでいて、薬指と小指が置きやすくなっています。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 正面から

エルゴなので右クリックボタンが左クリックに比べてかなり傾いています。こうやってまじまじと見るとものすごい角度に見えますが、手を置くと違和感は全くありません。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 背面

ROCCATのロゴ。RGBライティングで光ります。このマウスで光るのはこのロゴ部分のみです。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 光るロゴ

かなり高輝度で発光しているので眩しい。存在感がスゴイ。

ROCCAT Kone Pure Ultra - 底面

マウスフィートはちょっと独特な形をしていて、大きなサイズのものが前と後ろに1枚ずつ貼られています。テフロンで滑りは普通。他のマウスに比べてそんなにスムーズでもないです。

HyperglideとかCorepadsのマウスフィートが出たら貼り替え推奨。

ROCCAT アップ

色はブラックとホワイトの2色展開。私が購入したのはホワイト。マット仕上げで持った触り心地がとても良いです。

 

マウスボタン

ROCCAT Kone Pure Ultra」の各ボタン・スイッチについて見ていきます。

ROCCAT Kone Pure Ultra - クリックボタン

メインクリックボタンはそこそこクリスピーな感覚。UL2Model O- と比べると少しだけニブメかも。クリックは軽めで押しやすいです。

ROCCAT Kone Pure Ultra - サイドボタン

サイドボタンにはちょっとしたL字が刻印されています。理由はよくわかりません。押し心地はカチカチッといい音を出します。

ROCCAT Kone Pure Ultra - サイドボタンのいちが高い

サイドボタンはかなり高めの配置となっています。誤クリックはほぼないと言ってもいいでしょう。

ROCCAT Kone Pure Ultra - ホイール

マウスホイールは正直かなり良いです。軽い力でスムーズに動くのに、どこまで回転させているか分かりやすいコリコリッとした感触。また、ホイールクリックも軽め。

その上の+とーのボタンはデフォルトではDPI変更スイッチですが、ソフトウェアで別のキーバインドへ変更することができます。クリック感はサイドボタンよりも強め。

 

ケーブル

ROCCAT Kone Pure Ultra - マウスケーブル

実は「ROCCAT Kone Pure Ultra」で ガッカリしたのがこのケーブル。ラバーケーブルになっていて硬いので、マウスを振っていると若干邪魔です。仕方なくマウスバンジーを引っ張り出しました。

ROCCAT Kone Pure Ultra - ケーブルアップ

パラコード・疑似パラコードで超フレキシブルなケーブルが台頭している今、このケーブルチョイスはちょっとないです。

できれば パラコードに改造することをオススメ します。

参考
パラコードケーブル
ゲーミングマウスのケーブルをパラコードに改造する方法を優しく紹介

 

ソフトウェア「SWARM」

ROCCATのゲーミングマウスは「SWARM」というソフトウェアをダウンロードして使用します。

ROCCAT SWARM

DPIやスクロール速度などを変更できます。DPIのプロファイルは5つまで登録可能。DPIを完全固定するならチェックボックスをオフにすればDPIボタンを押して事故ることもなくなります。

ROCCAT SWARM

キーバインドの変更が可能です。KPUはDPIボタンが2つ搭載されているので、他のキーとして使えば押せるボタンが多くなりますね。

ROCCAT SWARM

ロゴのイルミネーション設定。デフォルトだとめちゃくちゃ眩しいので明るさは半分くらいまで下げるのがオススメ。

インテリジェントライティングシステムは、動きに対して有機的に反応してくれるようですが、どういうことだろうと未だに謎です。

ROCCAT SWARM

その他、ポーリングレートやLODなどの調整ができます。

マクロももちろん作成可能。そしてこれらの設定はオンボードメモリに保存して持ち歩くことが可能となっています。

 

持ち方とそれぞれの使用感

ROCCAT Kone Pure Ultra

個人的にはかなりの神フィットだと思いましたが、その独特なシェイプとフィット感からすると 賛否両論分かれそうなマウス です。好きな人はめちゃくちゃ好きだし、嫌いな人はとことん嫌いみたいな。

エルゴデザインの66gとして超優秀なゲーミングマウス です。

つまみ持ち
つかみ持ち
かぶせ持ち

あくまで私の印象です

かぶせ持ち大正義?

かぶせ持ち

かぶせ持ちのフィット感が半端ないです。高さがほどほどあるので手の腹が机に擦れることも少ないですし、かなりしっくりきました。

つかみ持ち

つかみ持ちはかぶせ持ちほどのフィット感はありませんが、それでも十分持ちやすい。

ROCCAT Kone Pure Ultra つまみ持ち

つまみ持ちは抜群の相性です。軽いため繊細なエイムもできるし疲れにくくなります。

基本的にどの持ち方でもいけます。

 

レビューまとめ:神フィットするけど万人向けじゃない?

KPUの良い点

  • ハニカム構造でないのに66gという軽さ
  • 最新型の高性能センサー搭載
  • 神フィット感のエルゴデザイン
  • 触り心地の良いマット仕上げ
  • 素晴らしいクオリティのマウスホイール
  • DPIスイッチが1つ多い
  • リーズナブルな値段設定

KPUのイマイチな点

  • ケーブルがラバータイプで硬い
  • 嫌いな人は嫌いなシェイプ

最初は不思議な形しているなぁと思っていましたが、使ってみたらフィット感がとってもよくて驚きました。かぶせ持ちにも最適なシェイプです。

神フィット感とまで言えるのですが、ケーブルがかなり残念なラバータイプ。長く使っていくならパラコード化も視野に入れておきましょう。

内部をハニカム構造化しているのはとても素晴らしいデザインだと思うので、今後もこうやって軽量化したマウスをどんどん出してほしいですね。

-マウス
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.