ゲーミングチェア

DXRacerとAKRacingの違いって何?どっちを選べばいいの?

DXRacer VS AKRacing 違いを解説!

ゲーミングチェアで有名な「DXRacer」と「AKRacing」。

どちらも見た目は似ているし、名前も似ています。

どっちがいいの?何が違うの?

そんな疑問を解消すべく、ここでそれぞれのメーカーの共通点や違いについて解説していきます。

DXRacerとAKRacingの共通点

DXRacer」と「AKRacing」はゲーミングチェアとして最も有名な2大メーカーです。

まずはお互いの違いを見ていく前に、どんな共通点があるのか見ておきましょう。

  • 人間工学に基づいた設計
  • レーシングシートのようなデザイン
  • 位置調整が可能なアームレスト
  • 座面の高さ調整が可能な昇降機能
  • リクライニング機能
  • 座面ロッキング機能
  • ヘッドレストとランバーサポートが付属
  • 静かで地面を傷つけないキャスター
  • 頑丈なビルドクオリティ

DXRacer・AKRacingともに様々なシリーズを展開していますが、上記のような共通点があります。

 

DXRacerとAKRacingの違いを比較

値段の比較 - どちらが安い?

お互いに数多くのシリーズが存在し、それぞれ素材・性能・デザインなどが異なります。

プライスレンジは実は似通っており、そこまで大きく変わるわけではありません。しかし、DXRacerのエントリーモデルは値段が格段に安い

DXRacerのエントリーモデル

AKRacingのエントリーモデル

定価で1万円違うのはかなり大きい。

AKRacingはファブリックのみでなくレザーも使用しているなどの違いはあります。

しかし、最も人気商品ともいえる エントリーレベルとしてこの値段まで抑えているDXRacerはコスパ最高 でしょう。

WINNER: DXRacer

 

サイズの種類 - どちらが豊富?

DXRacerとAKRacing、どちらもかなり多くのシリーズを発売しています。

DXRacerフォーミュラ
ドリフティング
レーシング
ヴァルキリー
キング
クラシック
クイーン
AKRacingWOLF
NITRO
OVERTURE
ONE PIECE
PRO-X
PREMIUM
極坐 V2

モデルの種類数は同じなのですが、AKRacingにはコラボモデルがあるためコンセプトの数としてはDXRacerの方が多いです。

そのため、DXRacerの方が自分の体に合ったゲーミングチェアが比較的探しやすい というメリットがあります。

大柄な人向けのキングサイズチェア。大柄・小柄といったターゲットモデルはDXRacerが発売しています。

AKRacingには座椅子タイプがあるので、僅差といえば僅差です。

WINNER: DXRacer

 

品質の違い - どっちがより頑丈?

これに関しては どちらもかなり頑丈で上等な品質

体をしっかりとホールドしてくれる堅牢なフレームを採用しています。個体差はあるにしろ、お互いに大きな差はないでしょう。

保証期間に関してはやや異なり、DXRacerでは1年間ですがAKRacingは3年間となっています。保証期間だけでいうとAKRacingの圧勝 となります。

ただし、ビルドクオリティという観点では引き分け。

DRAW

 

アクセサリ・部分修理の違い

AKRacingでは各パーツごとにバラ売り されており、保証期間外になってしまったとしても気軽にAmazonなどで注文することができます。

予備パーツをストックしておくことも可能ですし、座面の高さを変えたいなら尺の異なるシリンダーを買ってみるのも良いでしょう。

DXRacerではそのようなパーツバラ売りはしておらず、故障した時のパーツ取り寄せ修理くらいしかできません。かかる費用も書いていないため不明です。

いずれにせよ修理はできるのですが、オーダーのしやすさ、予備パーツとしてのストックのしやすさといった点で考えるとAKRacingに軍配があがります。

WINNER: AKRacing

 

リクライニング - より深く倒れるのは?

リクライニング機能は以下のようになっています。

DXRacer
  • 角度135°
  • ロッキング15°
AKRacing
  • 角度180°
  • ロッキング12°

このように、リクライニングの角度ではAKRacingが優勢。

実際に180°まで倒すか?と問われたら、そんなに倒すことはなかなかないです。

しかし、135°〜180°までの絶妙な角度なら、ちょっと休むときに良いかも。リクライニングの幅に制限が欲しくないならAKRacingになります。

WINNER: AKRacing

 

結論:それで結局どちらが良いの?

DXRacer がおすすめ

AKRacing がおすすめ

ここまでDXRacerとAKRacingの共通点や違いについて説明してきましたが、実際のところどちらを選んでも良いです。

メーカーというよりも、欲しいと思うデザイン・サイズ・値段のゲーミングチェアがモデルとしてあるかどうかを重要視しましょう。

 

メーカーごとのおすすめはこちら

DXRacerとAKRacing、それぞれシリーズの特徴を全て解説した記事も書いています。

それぞれどんなシリーズがあるのか気になったらご覧ください。

DXRacerはこちら
DXRacerのおすすめはどのシリーズ?特徴や違いを徹底解説!
DXRacerのおすすめはどのシリーズ?それぞれの違いや特徴をまとめて解説!

ゲーミングチェアで有名な「DXRacer」。 そのシリーズの種類はとても多く、どれを買えばベストなのか迷うかもしれません。 そこで、シリーズそれぞれの特徴とおす ...

AKRacingはこちら
AKRacingのおすすめはどのモデル?それぞれの特徴と選び方を徹底解説
AKRacingのおすすめはどのモデル?それぞれの特徴と選び方を徹底解説

ゲーミングチェアを販売している超有名メーカー「AKRacing」。 そのシリーズの種類はかなり豊富で、パッとシリーズ名を聞いただけでは何を買えばいいのかよく分か ...

 

欲しい性能から逆算して決める

DXRacerとAKRacingを合わせて、ご要望からどれが最適かおすすめします!

とにかく安いのが欲しい

全モデル中、最も安いスタンダードモデルであるDXRacerの「DXR」。カラーはレッドとブラックの2種類です。ゲーミングチェア入門には最高の一品。

最安値でいうと、DXRacerの「DXJ」になります。ただし、これはアームレストがついておらず、ヘッドレスト・ランバーサポートもついていないコンパクトスタイル。値段だけで選ぶのは注意。

 

カラフルな色から選びたい

なんと全10種類のカラーバリエーションから選べるのがDXRacerの「DX-11」。高撥水のハイグレードファブリックとPUレザーが組み合わさったモデルで、3Dアームレストもつく高機能モデルです。

 

座面が1番厚いのが欲しい

座面が最も厚いのは、DXRacerの中でも全てにおいて大きく作られているキングシリーズの「DXK-06」です。座面の厚み、なんと14cm。大柄な方向けのモデルです。

大柄じゃないけど座面の厚みが欲しい、という方は13cmの厚みを持ったAKRacingの「PRO-X」がおすすめ。4Dアームレストもついたハイエンドモデルです。

 

背もたれが1番高いのが欲しい

背もたれが最も高いハイバックモデルはDXRacerの「RV-131」です。背が高い方はこちらを検討しましょう。4Dアームレスト付き、背もたれのデザインが素敵。

 

大柄なのでビッグサイズが欲しい

一番ビッグサイズなのはDXRacerのキングシリーズ「DXK-06」です。背もたれは高く、座面は広く、そして厚みのある作りとなっています。

 

小柄なのでコンパクトなサイズが欲しい

最も小さいゲーミングチェアはDXRacerのクイーンシリーズ「DXJ」です。値段も安いですが、アームレスト・ヘッドレスト・ランバーサポートのない超コンパクトモデルです。

普通のゲーミングチェアが良いならDXRacerの「DXR」かAKRacingの「WOLF」です。

 

コラボモデルが欲しい

AKRacingではワンピースコラボ、DXRacerではゲーミングチームとのコラボモデルが多く発売されています。ワンピースコラボはファン好きにはたまりませんね。

 

1番高いやつはどれ?

定価で最も高いゲーミングチェアはAKRacingの「PREMIUM」です。プレミアムの名の通り、パーツにこだわった最上位モデル。ただしオフィスシーンでの使用を想定しているので、ゲームならこれじゃなくても良い。

ルームワークス(Roomworks)

同じく定価で最も高いDXRacerの「CA-120FT」。これもオフィス向けに作られていて、一体型のヘッドレストや、座面下に格納可能なフットレストが特徴。

 

座椅子タイプは?

これ一択。座椅子スタイルはAKRacingにしかありません。

 

以上になります。

皆様が自分に最適なゲーミングチェアを見つけられますように!

-ゲーミングチェア
-,

© 2020 GameGeek