PC機器

【レビュー】MSI RTX 2080 Super Gaming X Trioの3連ファンは超冷却性能

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

RTX 2080 SUPER」は、無印よりも性能がアップしたハイエンドグラフィックボード 。値段は据え置きですので、今から 2080 を狙う人は SUPER 一択です。

今回はMSIの3連オリジナルファン搭載の「MSI GeForce RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」を簡単にレビューしていきます。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO をレビュー

MSI GeForce RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」は通常よりも冷却能力が向上したオリジナルファンモデルです。見て下さいこの3つのファンを。完全に勝ちに来てます。

GTX 2080 SUPER GAMING X TRIO

ゲームで高負荷をかけても 70℃ でおさまっています

以前使用していたBTOの GTX 980 Ti はシングルファンだったので、負荷をかけたらすぐ90℃近くと高熱になって困ったものでした。

それから考えるとやはり MSIの3連ファンモデルの冷却能力は素晴らしい です。

光る GAMING X TRIO

冷却効果だけでなく、見た目にもガッチリ気を配るのがMSI流。高性能・高冷却、この2つに加えてRGBライティングが美しい。

 

RTX 2080 SUPER の性能と比較

RTX 2080 や RTX 2080 Ti と比較すると以下のようになります。

RTX 2080 Ti RTX 2080 SUPER RTX 2080
CUDAコア 4352 3072 2944
RTX-OPS 76T 63 T 60T
Giga レイ/秒 10 8 8
ブーストクロック 1545MHz 1815MHz 1710MHz
ベースクロック 1350MHz 1650MHz 1515MHz
メモリ速度 14Gbps 15.5Gbps 14Gbps
標準メモリ構成 11GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 352ビット 256ビット 256ビット
メモリ帯域幅 616GB/s 496GB/s 448GB/s
最高GPU温度 89℃ 89℃ 88℃
電力 250W 250W 215W
推奨電力 650W 650W 650W

数値だけ見ると当然 RTX 2080 よりもパワーアップしていることになります。値段もほぼ据え置き。

ゲームのベンチマークスコアとフレームレートについては後ほど紹介していきます。

 

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO の外観

GTX 2080 SUPER GAMING X TRIO

さすがにデカイ。328 x 140 x 56.5 mm で、グラボの中では最大級のサイズです。占有スロットは 3スロット

ケースのクリアランスをちゃんと考えておかないと、「ケースに入らんが・・」と悲しい思いをすることになるかもしれません。

MSI 2080 SUPER GAMING X TRIO ファン

「トルクスファン3.0」が採用されています。従来型ファンブレードにより大型ヒートシンクへのエアフロー安定。分散型ファンブレードによって空気の流れを加速させます。この2つのファンによって静かで高性能な冷却効果が生み出されています。

ダブルボールベアリングによって回転している間も静かさを保つことができます。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

アルミ製のバックプレート。高級感が半端じゃないです。エッジはラウンド加工がしてあるので手が傷つかないように工夫されています。

サーマルパッドと各所に空いた穴によってエアフローの確保、冷却効果の向上が成されています。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

電源コネクタがあるサイド。MSIのロゴプレートが主張してます。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

逆サイドの見た目。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

ポート面。

  • USB Type-C
  • Display Port 1.4 x 3
  • HDMI 2.0 x 1

この5つのポートが搭載。

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

8+8ピンコネクター。

 

GPUホルダーが付属してくる

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO レビュー

知らないで別に買ってしまったのですが、このグラボには GPUホルダーが付属してきます

このグラボは 1531g と重量が非常にあって重いため、このGPUホルダーは必須になります。また、下から支えるサポートステイを追加で装着しておくとより安心です。

 

実際にPCに組み込んだ様子

ゲーミングPCに組み込んだ時の様子。

GPUはめる

付属のGPUサポートを使ってみたのですが、下から支えるNovonestの製品があれば他は必要なさそう。

GPUサポートステイを使用しているところ

いい感じにホールドしてくれます。「NZXT H700i」だとちょうどケーブルマネジメントバーに乗せられるのでピッタリ。

Novonest モジュラーケーブル

電源は 白の延長ケーブル を使用しました。

光る GAMING X TRIO

こんな感じで光ります。かなりの存在感。

 

温度は最大でも70℃

GPUの温度

GAMING X TRIO」は60℃以上にならないとファンが回り始めません。LoLのような軽めのゲームだともはやファンが回ることはありません。

ゲームプレイ中の高負荷時では70℃におさまっており、ローディング画面などに入ると一気に50℃後半くらいまで冷えることも。71℃になったのはまだ見たことないです。

高負荷時にケース横のガラスパネルを開けてみても温度はあまり変わらないので、ケースのエアフローはOK。これより温度を低くするならもう水冷しかないんじゃないでしょうか。

 

MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO のベンチマーク

定番のベンチマークソフトである「3DMark」や、ゲームベンチマークソフトを使ってチェックしていきます。

ベンチマークに使用するのは自作ゲーミングPC。

自作ゲーミングPC
マザーボード MSI MPG Z390 GAMING PRO CARBON
CPU Intel Core i7-9700K
GPU MSI RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO
メモリ G.Skill TridentZ Neo 3600Mhz 16GB x 2
ケース NZXT H700i(レビュー)
電源 Thermaltake Toughpower iRGB 850W PLATINUM
水冷クーラー NZXT Kraken X62
SSD Samsung 1TB 860 EVO
OS Windows 10 Home 64bit

これくらいのスペックならボトルネックはほとんどないんじゃないかなと思っています。

3DMark Fire Strike

3DMark - FireStrike RTX 2080 SUPER

Direct11向けの「Fire Strike」では 22462 のスコアを記録しました。他のベンチマーク結果と比べても上位5%以内に入っているのでかなりのスコア。

 

3DMark Time Spy

3DMark - Timespy RTX 2080 SUPER

負荷の高いDirect12の「Time Spy」では 10459 のスコアを記録。こちらは上位10%内なので、上には上がいますね。

 

FINAL FANTASY XV

次にグラフィックが重めな「FFXV」をチェックしてみます。2560x1440、高品質設定。

RTX 2080 SUPER FF15ベンチマークテスト

2560x1440 / 高品質で 8692 快適 の評価。画面を眺めていたら、一部カクつくところはあるものの概ねスムーズでした。

 

FINAL FANTASY XIV

オンラインの「FFXIV:漆黒のヴィランズ」でベンチマーク。2560x1440、最高品質設定。

FFXIV - ベンチマーク RTX 2080 SUPER

スコアは 16644 非常に快適 となりました。FF14は楽勝で快適にプレイできます。

 

SteamVR Performance Test

VRのパフォーマンステストでベンチマーク。

SteamVR ベンチマーク

VRをプレイするのも十分なスペックです。

 

ゲームでの実測ベンチマーク

ゲームをプレイしながら「FRAPS」でフレームレートをログに記録しました。対戦ゲームではほぼ1試合まるまるベンチマーク。シングルプレイヤーゲームは10分ほどプレイして測りました。

モニターは1440なので、全て 2560x1440 での実測値 となります。また、グラフィック設定は最高品質 で行いました。

RTX 2080 SUPER のフレームレート一覧
ゲーム 平均FPS
League of Legends 229
CS:GO 258
PUBG 138
Fortnite 127
Apex Legends 135
Overwatch 138
FF15 100
Rocket League 249
Star Wars Jedi: Fallen Order 109
Borderlands 3 106
A Plague Tale: Innocence 146
Control 79

このような結果になりました。

ほとんどのゲームにおいて100ごえの高フレームレートとなっています。240まで到達するのはそれなりに軽いゲームじゃないと難しいですね。1920x1080の解像度だったらもうちょっとFPSは高くなります。

 

まとめ

ハイエンドグラフィックボード「MSI GeForce RTX 2080 SUPER GAMING X TRIO」のレビューとベンチマークの紹介でした。

GOODなところ

  • RTX 2080 以上の性能
  • 温度は最高でも70℃
  • 冷却中も静かなファン
  • RGBライティングがキレイ

BADなところ

  • サイズが大きいためケースを選ぶ

サイズが大きく重いというデメリットはありますが、それを凌駕する性能を持っており、買って損なしのオリファンモデルです!

-PC機器
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.