ゲーミングPC

【2019】1660 SUPER 搭載のおすすめBTOゲーミングPCを比較紹介

GTX 1660 SUPER を搭載したおすすめのBTOゲーミングPCを比較紹介

無印の GTX 1660 から 最大20%のパワーアップ がされた GTX 1660 SUPER

エントリークラスの安価な値段なのにとてもパワフル。最新ゲームでも高いグラフィック設定で快適にプレイできます。

そんな新しいグラフィックボードを積んだBTOゲーミングPCが各ショップで発売中。

各BTOショップでおすすめの構成を比較し、GTX 1660 SUPER 搭載のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

GTX 1660 SUPER とは

GTX 1660 SUPER」では、従来版の GTX 1660 のメモリがGDDR5であったのに対し、新しくGDDR6が搭載されていて高速化しています。

このアップグレードによって性能は 最大20%程度アップ するとされています。

GTX 1660 Ti にはCUDAコア数など及ばず、FPSなどのスコア的で見ると下回っているもののその コスパは抜群

エントリーモデルとしてかなりおすすめのグラボ です。

 

GTX 1660 SUPER の性能を比較

GTX 1660 SUPER は 無印よりもメモリが高速化されてパワーアップされています。

1660 SUPER を前後クラスのグラフィックボードと比較しました。

16601660 SUPER1660 Ti
CUDAコア140814081536
ブーストクロック1785MHz1785MHz1770MHz
ベースクロック1530MHz1530MHz1500MHz
メモリ速度8Gbps14Gbps12Gbps
標準メモリ構成6GB GDDR56GB GDDR66GB GDDR6
メモリインターフェイス幅192ビット192ビット192ビット
メモリ帯域幅192336288
最高GPU温度95℃93℃95℃
電力120W125W120W
推奨電力450W450W450W

どんなゲームが動かせるのかベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

League of LegendsやCSGOなど、グラフィックは軽めだけど根強い超人気ゲームがやりたいのであれば当然問題なし。

トゥームレイダーやファークライといったグラフィックがやや重めのゲームでも、グラフィック設定最高でアベレージ70fps近くまで到達します。

1920 x 1080 / グラフィック設定最高TECHSPOTより

16601660 SUPER1660 Ti
Witcher 3577174
モンハンワールド566772
Far Cry New Dawn8790101
Battlefield V768690
The Division 2687481
Shadow of the Tomb Raider767987

無印の1660よりもグッとFPSが良くなっていることが分かります。

ゲームにもよりけりですが、数フレーム~最大10フレーム強違うことも

1660 Ti には及びませんが、かなり近づいてきました。

 

GTX 1660 SUPER 搭載のおすすめBTOゲーミングPCを比較紹介

GTX 1660 SUPERを搭載したおすすめのBTOゲーミングPCを比較して紹介します。

まだ 1660 SUPER 搭載モデルを発売しているBTOは多くないため、とりあえず現状で発売しているところだけまとめました。後日追記していく形になります。

BTOではほぼ常時セールが行われているので、セールからチェックすると 素敵な出会いがあるかもしれません 

FRONTIER

FRONTIER MX ケース

FRONTIER
FRMXH370/V60
CPUCore i5-9400F
グラボGTX 1660 SUPER
チップセットH370
メモリ8GB
SSD512GB NVMe M.2
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーマイクロタワー
電源600W ブロンズ
値段94,800円

FRONTIERの GTX 1660 SUPER 搭載モデル。

512GBの高速なNVMe M.2 SSDが標準で搭載されています。マイクロタワーなので拡張するのは厳しめですが、コンパクトという利点があります。

メモリがちょっと心もとないのですが、16GBにアップグレードしても5・6,000円なので ぴったり税別10万円くらい になります。

エントリークラスのゲーミングPCを買おうと思っているならおすすめ

 

パソコン工房

10万円以下のパソコン工房PC

パソコン工房
LEVEL-M0B4-R53-RJS
CPURyzen 5 3600
グラボGTX 1660 SUPER
チップセットB450
メモリ8GB
SSD240GB
HDDなし
光学ドライブDVD
タワーミニタワー
電源500W ブロンズ
値段98,980円

パソコン工房にもFROTNIERと同じような値段のIntel構成がありますが、FRONTIERの方がコスパが良いです。

ですのでちょっとだけ値段は高くなるけど、より高性能な Ryzen 5 3600 CPU を搭載したモデル を紹介します。値段は税別でギリギリ10万円。

どうしても Ryzen が良いって人や、ゲームだけじゃなくて配信や動画編集なんかもしたいよ って方はこっちかもしれません。

 

10万以下のゲーミングPCを比較

FRONTIERパソコン工房
型番FRMXH370/V60LEVEL-M0B4-R53-RJS
CPUCore i5-9400FRyzen 5 3600
グラボGTX 1660 SUPER
チップセットH370B450
メモリ8GB8GB
SSD512GB NVMe M.2240GB
HDD1TBなし
光学ドライブなしDVD
ケースマイクロタワーミニタワー
電源600W ブロンズ500W ブロンズ
値段94800円98,980円

FRONTIERパソコン工房、どちらを買ってもいいなってところです。

FRONTIERの「FRMXH370/V60」でメモリをアップグレードすればパーツ的に充実しますし、税別10万円に収まります。また、512GBのNVMe M.2 SSDがくっついてくるのはかなり嬉しい。

一方、パソコン工房の「LEVEL-M0B4-R53-RJS」では Ryzen 5 3600 が搭載されています。

本来 Ryzen 5 3600 と Core i5-9400F には 6・7,000円の差がある のと、CPUの性能が高いため配信や動画編集といった作業にも活きそうです。そう考えるとこちらの構成も捨てがたく思えてきますね。

どちらを選んでも後悔しないゲーミングPCです。

 

まとめ:GTX 1660 SUPERはエントリークラスとしてGOOD

FRONTIERとパソコン工房が他社に先駆けてGTX 1660 SUPER 搭載のゲーミングPCを発売しています。

どちらのモデルもコスパが良く、10万円以内におさまるという低予算ゲーミングPC となっています。

エントリークラスのグラボとして、無印から最大20%のパワーアップを経た GTX 1660 SUPER。狙い目です。

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.