ゲーミングPC

【2020】1660 SUPER 搭載のおすすめBTOゲーミングPCを比較紹介

GTX 1660 SUPER を搭載したおすすめのBTOゲーミングPCを比較紹介

無印の GTX 1660 から 最大20%のパワーアップ がされた GTX 1660 SUPER

エントリークラスの安価な値段なのにとてもパワフル。最新ゲームでも高いグラフィック設定で快適にプレイできます。

そんな新しいグラフィックボードを積んだBTOゲーミングPCが各ショップで発売中。

各BTOショップでおすすめの構成を比較し、GTX 1660 SUPER 搭載のゲーミングPCならどれが買いか比較紹介します

GTX 1660 SUPER とは

GTX 1660 SUPER」では、従来版の GTX 1660 のメモリがGDDR5であったのに対し、新しくGDDR6が搭載されていて高速化しています。

このアップグレードによって性能は 最大20%程度アップ するとされています。

GTX 1660 Ti にはCUDAコア数など及ばず、FPSなどのスコア的で見ると下回っているもののその コスパは抜群

エントリーモデルとしてかなりおすすめのグラボ です。

 

GTX 1660 SUPER の性能を比較

GTX 1660 SUPER は 無印よりもメモリが高速化されてパワーアップされています。

1660 SUPER を前後クラスのグラフィックボードと比較しました。

1660 1660 SUPER 1660 Ti
CUDAコア 1408 1408 1536
ブーストクロック 1785MHz 1785MHz 1770MHz
ベースクロック 1530MHz 1530MHz 1500MHz
メモリ速度 8Gbps 14Gbps 12Gbps
標準メモリ構成 6GB GDDR5 6GB GDDR6 6GB GDDR6
メモリインターフェイス幅 192ビット 192ビット 192ビット
メモリ帯域幅 192 336 288
最高GPU温度 95℃ 93℃ 95℃
電力 120W 125W 120W
推奨電力 450W 450W 450W

どんなゲームが動かせるのかベンチマーク

あのゲームはプレイできるの?

League of LegendsやCSGOなど、グラフィックは軽めだけど根強い超人気ゲームがやりたいのであれば当然問題なし。

トゥームレイダーやファークライといったグラフィックがやや重めのゲームでも、グラフィック設定最高でアベレージ70fps近くまで到達します。

1920 x 1080 / グラフィック設定最高TECHSPOTより

1660 1660 SUPER 1660 Ti
Witcher 3 57 71 74
モンハンワールド 56 67 72
Far Cry New Dawn 87 90 101
Battlefield V 76 86 90
The Division 2 68 74 81
Shadow of the Tomb Raider 76 79 87

無印の1660よりもグッとFPSが良くなっていることが分かります。

ゲームにもよりけりですが、数フレーム~最大10フレーム強違うことも

1660 Ti には及びませんが、かなり近づいてきました。

 

GTX 1660 SUPER 搭載のおすすめBTOゲーミングPCを比較紹介

GTX 1660 SUPERを搭載したおすすめのBTOゲーミングPCを比較して紹介します。

まだ 1660 SUPER 搭載モデルを発売しているBTOは多くないため、とりあえず現状で発売しているところだけまとめました。後日追記していく形になります。

BTOではほぼ常時セールが行われているので、セールからチェックすると 素敵な出会いがあるかもしれません 

FRONTIER

FRONTIER MX ケース

FRONTIER
FRMXH370/V60
CPU Core i5-9400F
グラボ GTX 1660 SUPER
チップセット H370
メモリ 8GB
SSD 512GB NVMe M.2
HDD 1TB
光学ドライブ なし
タワー マイクロタワー
電源 600W ブロンズ
値段 94,800円

FRONTIERの GTX 1660 SUPER 搭載モデル。

512GBの高速なNVMe M.2 SSDが標準で搭載されています。マイクロタワーなので拡張するのは厳しめですが、コンパクトという利点があります。

メモリがちょっと心もとないのですが、16GBにアップグレードしても5・6,000円なので ぴったり税別10万円くらい になります。

エントリークラスのゲーミングPCを買おうと思っているならおすすめ

 

パソコン工房

10万円以下のパソコン工房PC

パソコン工房
LEVEL-M0B4-R53-RJS
CPU Ryzen 5 3600
グラボ GTX 1660 SUPER
チップセット B450
メモリ 8GB
SSD 240GB
HDD なし
光学ドライブ DVD
タワー ミニタワー
電源 500W ブロンズ
値段 98,980円

パソコン工房にもFROTNIERと同じような値段のIntel構成がありますが、FRONTIERの方がコスパが良いです。

ですのでちょっとだけ値段は高くなるけど、より高性能な Ryzen 5 3600 CPU を搭載したモデル を紹介します。値段は税別でギリギリ10万円。

どうしても Ryzen が良いって人や、ゲームだけじゃなくて配信や動画編集なんかもしたいよ って方はこっちかもしれません。

 

10万以下のゲーミングPCを比較

FRONTIER パソコン工房
型番 FRMXH370/V60 LEVEL-M0B4-R53-RJS
CPU Core i5-9400F Ryzen 5 3600
グラボ GTX 1660 SUPER
チップセット H370 B450
メモリ 8GB 8GB
SSD 512GB NVMe M.2 240GB
HDD 1TB なし
光学ドライブ なし DVD
ケース マイクロタワー ミニタワー
電源 600W ブロンズ 500W ブロンズ
値段 94800円 98,980円

FRONTIERパソコン工房、どちらを買ってもいいなってところです。

FRONTIERの「FRMXH370/V60」でメモリをアップグレードすればパーツ的に充実しますし、税別10万円に収まります。また、512GBのNVMe M.2 SSDがくっついてくるのはかなり嬉しい。

一方、パソコン工房の「LEVEL-M0B4-R53-RJS」では Ryzen 5 3600 が搭載されています。

本来 Ryzen 5 3600 と Core i5-9400F には 6・7,000円の差がある のと、CPUの性能が高いため配信や動画編集といった作業にも活きそうです。そう考えるとこちらの構成も捨てがたく思えてきますね。

どちらを選んでも後悔しないゲーミングPCです。

 

まとめ:GTX 1660 SUPERはエントリークラスとしてGOOD

FRONTIERとパソコン工房が他社に先駆けてGTX 1660 SUPER 搭載のゲーミングPCを発売しています。

どちらのモデルもコスパが良く、10万円以内におさまるという低予算ゲーミングPC となっています。

エントリークラスのグラボとして、無印から最大20%のパワーアップを経た GTX 1660 SUPER。狙い目です。

その他のグラボを見る

1660 SUPER 1660 Ti 2060 SUPER
2070 SUPER 2080 SUPER 2080 Ti

-ゲーミングPC
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.