MENU

BTOで買えるぶっちぎりに高い100万円近くの超ハイスペックPCまとめ

各BTOで最高値のパソコンを検索すると、どこも 100万円クラス のものが出てきます。

ゲーミングPCとは銘打っておらず、ほとんどが法人向けのワークステーションです。

  • 果たしてその超ハイエンド性能はどれほどのものなのか?
  • ゲーム目的でもこれを買っておけばいいの?

そんな疑問に答えるため、各BTOで最高値の超スペックPCをまとめてみました!

目次

各BTOで100万円近くする超ハイスペックPC

100万円前後するハイスペックPCはほとんどの場合法人向けで、Quadroシリーズのグラフィックボード を搭載していることが多いです。

3DCGモデリングーアイコン

Quadroシリーズはゲーム用に作られておらず、ワークステーション向けにデザインされたグラフィックボードです。CADや3DCGモデリングといった繊細な業務に適しています。

もちろんゲームを快適にプレイすることはできるので、もしそういった 業務を兼ねたゲームもできるPCを探しているならピッタリかもしれません

グラボ

逆にゲームしかプレイしないのであれば、Quadroシリーズよりも GeForceシリーズの方がコスパが良い です。お金をかける方向性が異なりますのでゲーム用として最も高いモンスターPCを見てみましょう。

TSUKUMO

TSUKUMO ワークステーション
モデル QA9J-J190/XT
CPU Core i9-9960X
グラボ Quadro RTX 6000
チップセット X299
メモリ 32GB
SSD 500GB NVMe M.2
HDD 2TB
光学ドライブ なし
タワー ATXタワー
電源 Thermaltake 1200W PLATINUM
値段 899,800円

TSUKUMOで最も高いBTOPCは、Quadro RTX 6000 24GB を搭載した 税込100万近いQA9J-J190/XT」です。

最高レベルまでいかなくても良い人向け。CPUとグラボを最高のものにカスタマイズしてもドスパラよりコスパが良いので、いずれにせよおすすめなモデル。

加えてCorsair製の水冷クーラーがついているのでCPU熱対策も安心。

ドスパラ

ドスパラ - フルタワー
モデル THIRDWAVE Pro FQ9810
CPU Core i9-9980XE
グラボ Quadro RTX 8000
チップセット X299
メモリ 32GB
SSD 512GB NVMe
SDD2 1TB
光学ドライブ なし
タワー GR one フルタワー
電源 Enhance 800W TITANIUM
値段 1,196,000円

ドスパラで最も高いBTOPCは、最上位グラボである Quadro RTX 8000 48GB を搭載した 税込130万近いTHIRDWAVE Pro FQ9810」です。

グラボのメモリ48GB って笑っちゃいますよね。CPUもグラボも大将軍レベルのとんでもないバケモン。

SEVEN

COSMOS C700M
モデル SR-ii9-9996Y/S9/GZ/W10P/D6
CPU Core i9-9980XE
グラボ RTX 2080 Ti
チップセット X299
メモリ 128GB
SSD 1TB NVMe M.2
HDD 8TB
光学ドライブ Blu-ray
タワー フルタワー
電源 1000W GOLD
値段 679,800円

18コアのCore i9-9980XEと RTX 2080 Ti を積んだ「SR-ii9-9996Y/S9/GZ/W10P/D6」。名前が長いっ!SEVENではQuadroシリーズを搭載したBTOを販売していないため、RTX 2080 Ti 搭載のれっきとしたゲーミングPCが最高値をマーク しています。

CPUとメモリに極振りしているように見えますが、Corsair製のフルタワーケースやSilverstone製の水冷クーラーが搭載されています。

そして31.5インチの4Kモニターが付属してきます。モニターもまとめて買っておきたい人には良いですね。ちなみに、モニターなしで612,800円になっている構成もあります

SEVENは様々なパーツを有名ブランドのハイエンド製品にアップグレードすることができるので、カスタマイズに力が入ります。

FRONTIER

FRONTIER GB ケース
モデル FRGBZ390/SLI1
CPU Core i9-9900KF
グラボ RTX 2080 Ti(SLI)
チップセット Z390
メモリ 32GB
SSD 500GB NVMe M.2
HDD 3TB
光学ドライブ なし
タワー ミドルタワー
電源 1500W
値段 579,800円

パソコン工房で最高値のBTOPCは、RTX 2080 Ti(SLI)を搭載した 税込60万ごえのFRGBZ390/SLI1」です。

今回紹介しているPCの中では 最安値のゲーミングPC です。最安値とはいえこの値段・・。RTX 2080 Ti 2枚ざしなので、4Kゲーミングでそのパワーを発揮します。

ゲームのみをプレイしたい人はこれくらいのPCで良いと思われます。

ENERMAXのCPU水冷クーラー搭載。

パソコン工房

パソコン工房 - SENSE
モデル SENSE-R42A-LCi9XE-QGKI
CPU Core i9-9980XE
グラボ Quadro P6000
チップセット X299
メモリ 64GB
SSD 480GB NVMe
HDD 4TB
光学ドライブ なし
タワー ミドルタワー
電源 850W GOLD
値段 1,299,980円

パソコン工房で最高級のゲーミングPCは、Quadro P6000 24GB を搭載した 税込140万ごえのSENSE-R42A-LCi9XE-QGKI」です。

CPUクーラーは水冷になっています。スペックとコスパ的にはTSUKUMOドスパラの方が買い。

まとめ:100万円のPCはゲームに適しているか?

Quadroシリーズグラボを積んだ100万円のBTOPCでゲームをプレイできるか?

と問われたらそれは当然「YES」です。

ただし、ゲーム目的のみで100万円のPCを買うべきか?

と聞かれたらそれは「コスパが悪い」です。

ゲームのみが目的なら、今回紹介した中だと RTX 2080 Ti を2枚搭載したFRONTIERの「FRGBZ390/SLI1」が最も適しています。これは他のPCに比べて下手したら 半額程度安い ものです。

他の候補を見たい場合は、以下のゲーミングPCで最高値のBTOをまとめた記事をご覧ください。

もしCAD・3DCGモデリング・4K編集といった業務を抱えていて、それもこなせるPCを探しているなら今回紹介した100万オーバーのスーパースペックPCを購入すれば幸せになれるでしょう。

目次
閉じる