マウス

【レビュー】60gの中華製「G-wolves Hati HT-M 3360」は侮れない強マウス

G-Wolves Hati レビュー

G-wolvesは中国のゲーミングデバイスブランド。以前に発売した軽量ゲーミングマウス「Skoll Sk-l」がヒットし、今ではよく聞く名前になりました。

そんなG-wolvesから発売されている「Hati HT-M 3360」。Skoll Sk-lはエルゴタイプ(右手用)だったのに対し、今回のHatiは左右対称タイプです。

軽いけど大きさもほどほどあり、例えるならRGBライティングが排除された有線・軽量化「Logicool G PRO」。持ちやすいし軽いしで、どストライクな方は多いと思います。

軽量マウス「G-wolves Hati」について早速レビューしていきます。読み方はたぶん・・「ハティ」。

G-wolves Hati ゲーミングマウスのスペック

G-wolvesから発売された左右対称型の軽量ゲーミングマウス「Hati」。センサーが3360と3389の2種類が発売されているようですが、3389は売り切れのため手に入れたのは3360。

3360と3389の性能差はそんなにないので、無理に3389に固執する必要はないでしょう。

G-Wolves Hati の重さ

ハニカム構造で軽量化されていて、その重さは約60g±2g

サイズは極端にコンパクト化されておらず、RGB制御がない分軽くなっていると考えて良いかも。

G-wolves Hati HT-M 3360 のスペック
センサーPixart PMW-3360
スイッチタイプTTC Golden スイッチ
寸法124 x 39.6 x 64.1 mm
重さ60 ± 2g
ボタン数6
最大トラッキング速度250 +IPS
アクセラレーション50G
最大DPI200 - 12,000
ポーリングレート125 / 250 / 500 / 1000 Hz
ケーブルタイプパラコード
コネクターUSB2.0
ケーブル長2m / 6.5ft
LEDカラーなし
ソフトウェアオプション

リフトオフディスタンスやマクロなどはソフトウェアで設定出来るようになっています。

お値段は大体65ドルくらい(日本円にして約7,000円)なので安めの設定。マウスだけじゃなく付属品も豪華です。

 

他の軽量ゲーミングマウスと重さ比較

その他の軽量ゲーミングマウスの重さをリストにしました。

ブランドマウス重さ
FinalmouseUltralight 2 - Cape Town47g
Cooler MasterMM71052g / 57g (RGB)
FinalmouseAir5858g
GloriousPCModel O-58g / 59g (Glossy)
G-wolvesHati HT-M 336060g±2g
G-wolvesSköll Sk-L65g
XtrfyPROJECT 465g
FinalmouseUltralight67g
GloriousPCModel O68g / 69g (Glossy)
RazerViper69g

Model O-に匹敵する軽さ。このあたりのマウスは、軽いには軽いけど小さすぎるという問題があります。FinalmouseのUL2とかめちゃくちゃ小さいですからね。手に合わないで倉庫送りした人も結構いると思います。

G-wolves Hati は絶妙な軽さながら程よい大きさをキープしており、かぶせ持ちや手が大きめの方でも使えるようになっています。

 

G-wolves Hati の同梱物

G-wolves Hati はケースや付属品がとても充実しているので最初に紹介しておきます。

G-Wolves Hati 箱

これは外箱。他のマウスに比べて一回り大きいサイズでした。また、かなり重い。

G-Wolves Hati カンカン

外箱から取り出すとアルミのカンカン。写真だともっとカラフルで南国っぽいデザインだったので、期待していたのですが売り切れちゃったのかな?なんだかシンプルなデザインに。

G-Wolves Hati マウスフィートなど

G-wolves Hati 本体の他に付属してくるものがこちら。

  • 替えのパラコードケーブル(1式)
  • 替えのマウスフィート(2式)
  • 替えのマウススイッチ(2つ)
  • マウスグリップ

マウスフィートはラウンド型のものを使います。

G-wolves Hati マウスフィート

この左側の大きいやつは、つけようと思えば後方につけられます。

G-wolves Hati グリップ

また、グリップも2種類用意されています。左のはサイドに貼るものですが、右側のものは多分メインボタン。

これだけの付属品が最初から付いてくるのはとてもありがたい。特にパラコード化するためには予備のマウスフィートが必要なので嬉しい。

G-Wolves Hati カンカンに収納

使わない付属品はこのようにカンカンに入れて保存しておけます。使わなくなったら、マウスもここに戻せます。

G-wolves Hati のデザインとシェイプ

G-Wolves Hati 真上から

ハニカム構造で、シェイプは左右対称です。

寸法は 124 x 39.6 x 64.1 mm。Model O-UL2 のように最近は小さいマウスが多いですが、このHatiくらいのサイズが本当は丁度良いんじゃないかと思ったり。

G-Wolves Hati 左サイドから

持った感じ、中央部分への盛り上がり方が他のマウスと異なりました。しっかりと丸みがあって、手へのフィット感があります。

シェイプでいうと「Logicool G PRO ワイヤレス」の形によく似ているかも。

G-Wolves Hati 右サイドから

ブラックですが、トップシェルでも色が分かれています。このちょっとしたグラデーションの違いが良い。

シンプルですがしっかりとした作り。肉抜きされていないので、サイドを強く押してもボタンが押されたり凹んだりすることはありません。

G-Wolves Hati 正面から

フロントから。G-Wolvesのロゴがしれっと刻印されています。

G-Wolves Hati 背面から

後ろからの見た目。少しベース部分が盛り上がっています。また、上のラインが丸みを帯びていることが分かりますね。

G-Wolves Hati 底面

底面は穴抜きされていません。四方に黒色・ラウンド型のマウスフィートが貼られています。滑りは悪くないのでそのまま使って良いと思いますが、薄いのでCorepadやHyperglideで代用できるならそっちの方が良いかも。

DPIの感度を教えてくれるライトがあったら嬉しかったのですが、このマウスにはLED系は全くついていません。

 

各ボタン・スイッチ

マウスホイールクリックが甘い

メインボタンは軽すぎず硬すぎず、程々のクリック感。カチッとクリスピーな押し心地ではありますが、Model OViper の間って印象かな?

DPIボタンはスクロールホイールのすぐ下にありますが、ロープロファイルですし誤クリックの可能性は少ないと思います。

G-Wolves Hati サイドボタン

サイドボタンのクリック感は良い感じ。かなりG Pro ワイヤレス感のあるボタン。地味に大きめ・丸みがあって、クリックしやすい形状。

位置が高いので、押そうと思わないと押せません。

 

マウスホイール

G-Wolves Hati マウスホイール

マウスホイールは黒いラバーカバーに4連ドット。ホイール本体もブラックです。使い心地はそこそこ軽く、カタカタと動いた感もある。クリックしやすくて、文句はありません。

しかし、実はこのマウスホイールが曲者。スクロールホイールを右に押すとホイールがクリックされてしまいます。あれ、ホイール右でスイッチあったっけ?と勘違いしてしまいました。個体差だと良いのですが・・。

 

マウスケーブル

G-Wolves Hati ケーブル

黒色の疑似パラコードケーブル。内部のシールド線が残っているのでほんのちょっと芯のあるケーブルです。やっぱりガチのパラコードに比べるとやや重いし硬い。

しかし、このケーブルは初期ケーブルとしては最高クラスの性能だと思います。かなりパラコードに近くて、付け替える必要性はあまり感じません。

パラコード化するなら
パラコードケーブル
ゲーミングマウスのケーブルをパラコードに改造する方法を優しく紹介

Logicoolの「G PRO ワイヤレスゲーミングマウス」が猛威を奮っていますが、まだまだ有線が多いゲーミングマウス。 今回はそんな有線ゲーミングマウスをめち ...

パラコード換装すればケーブルの色をオシャレにできるので、特別感を出したいならおすすめ。

 

カラーの種類

G-wolves Hati カラーリング

© G-wolves

G-wolves Hati には様々なカラーリングが存在します。私が知っているのは以下の4種類。

  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド
  • ブルー

レッドとブルーは限定色なので、数が限られているようです。ブラック注文した直後にこれらがストアに並んだからキャンセルしようとしたけど間に合わず・・無念すぎる!

もしまだ買えそうなら限定色狙いもいいですね。通常のホワイトとブラックもマット仕上げで良いです。

 

センサーテスト

Mouse Testerを使ってセンサーのテストをしてみました。

  • G-wolves Hati マウステスト
  • G-wolves Hati マウステスト
  • G-wolves Hati マウステスト

400 / 800 / 1600 でテスト。素早くマウスを振っていますが、そこそこ優秀だと思います。

 

ソフトウェアの使い方

G-wolves ソフトウェア

G-wolves Hati HT-M 3360」にはDPIやマクロなどの細かな設定ができるソフトウェアがあります。公式サイトのダウンロードページからソフトウェアをダウンロードして使用しましょう。

このソフトウェアでは

  • プロファイル切り替え
  • DPI設定
  • ポーリングレート
  • LOD
  • マクロ

などの調整ができます。

プロファイルは複数作成して保存しておけますが、ゲームごとに切り替えるシステムはありません。

DPIステージ

DPIステージの数を制限できるので、使わない感度があったら減らすことで無駄にDPIボタンをクリックする回数が減ります。

 

G-wolves Hati を他のマウスと比較

G-Wolves Hati 比較

絶妙に分かりにくいですが・・。左が「Model O-」、中が「Hati HT-M 3360」、右が「Model O」です。サイズ・重さの順番に左から並んでいます

G-Wolves Hati 比較

Model O-はかなりロープロファイルですが、HatiとModel Oは高さがそこそこあります。また、なんとなく見えるとは思うのですが、Model Oはペタッとしているのに対し、Hatiは丸みを帯びたシェイプとなっています。

G-Wolves Hati 比較

こう見ると、G-wolves Hati のサイドボタンが比較的高い位置にあることが分かります。これくらい高い方が実は良いのかも。

この3つを選ぶ基準としては以下のような感じです。

  1. Model O:RGB・大きめサイズ
  2. Hati:光らない・軽くて大きめサイズ
  3. Model O-:RGB・軽くて小さめサイズ

 

G-wolves Hati を使用した感想

G-Wolves Hati レビュー

有線・軽量化された G Pro ワイヤレス って印象。

丸みのあるトップシェルのシェイプがフィットするので、かぶせ持ちやつかみ持ちでグリップ感があります。

60gという軽さですが寸法は大きめに作られているので、制限なく快適に使えるでしょう。そのうえ値段も安いときたもんですから強すぎるぞ「G-wolves Hati」。

つまみ持ち
つかみ持ち
かぶせ持ち

あくまで私の印象です

かぶせ持ち・つかみ持ちがかなりイケる

標準的なサイズの手なら、かぶせ持ちしても問題なくいけるはず。高さが結構あるため、手のひらが机にベタっとついてしまうようなことは少ないと思います。

かぶせ持ちが適応する軽量ゲーミングマウスって割とレアなので、G-wolves Hati は良い選択肢です。つかみ持ちも良い感じ。

つまみ持ちは基本的にどんなマウスでもいけるので、もちろん問題なし。

 

G-wolves Hati HT-M 3360 のレビューまとめ

Hatiの良い点

  • 60gという軽さ
  • 持ちやすい左右対称シェイプ
  • 大きめで押しやすいサイドボタン
  • 超高性能な擬似パラコードケーブル
  • 高さがあってかぶせ持ちもOK
  • 付属品が盛り沢山
  • 低価格

Hatiのイマイチな点

  • ホイール周りのクオリティがもうひとつ
  • クリックがもう少しクリスピーだとよかった
  • RGBなし

こんなところです。

予想以上にクオリティが高くてビックリです。G-wolvesなめてた。付属品が盛り沢山についてくるのもG-wolvesくらいです。

予備のパラコードケーブル1式ついてくるってそんなことある?!マウスフィートも2式予備がきますからね。末長く使えるマウスですよという意志の表れなのか、耐久値はあんまり保証してないよって話なのか・・。

いずれにせよ、価格的にはかなり優しいですし、レビュー段階でのクオリティはかなり高いものです。ただしホイール周りのビルドクオリティはいまひとつ。

G PRO 有線・軽量バージョンが欲しいならポチろう!

-マウス
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.