予算で選ぶ

【2020】BTOで最高値の超高性能モンスターゲーミングPCをまとめてみた

モンスターゲーミングPC

BTOショップで購入できる最も高い超ハイエンドゲーミングPCの性能と値段を調べてみました。

各BTO比較一覧リストも作ってあります。最強のBTOを求めているあなたにぴったりのウルトラモンスターPCが見つかるはず!

BTOで最高値のモンスターゲーミングPCまとめ

suitcase-money-icon

お金には糸目をつけない!とにかく1番良いのをくれ!ということで、BTOで手に入る最高のゲーミングPCにはどのようなものがあるのでしょうか。

やっぱりゲームの快適さを決める1番の要因はグラフィックカードです。

グラボ SLI

このクラスになるとハイエンドグラボの RTX TITAN や、RTX 2080 Ti SLI接続(2枚挿し)を搭載したモンスターPCが出てきます。

この域になると4Kで快適にゲームができるようになってきます。

4Kモニター

4Kで滑らか・快適なゲームプレイが楽しめるゲーミングPCになります。ゲームによっては4K+グラフィック設定最高で100fps超えも。

 

TITAN と 2080 SLI はどっちが良いの?

1920x1080解像度で良いなら RTX TITAN がゲームによっては高いFPS値を記録します。平均的に言うとグラボ1枚の方がパフォーマンスは良いです。1080で満足なら1枚構成の RTX TITAN 狙いが良いでしょう。

4Kゲームとなると基本的にSLI構成が圧倒的なパフォーマンスを叩き出します。4Kで超快適に動くゲーミングPCを求めるならSLI構成がおすすめです。

 

各BTOの最高値のモンスターゲーミングPCを紹介

BTOがゲーマー向け・ゲーミングPCと位置付けている構成を選びました。

ドスパラ

ドスパラ - フルタワー
ドスパラ
GALLERIA ZZ-SLI
CPUCore i9-9900KF
グラボRTX 2080 Ti(SLI接続)
チップセットZ390
メモリ32GB
SSD1TB NVMe M.2
HDD3TB
光学ドライブBlu-ray
タワーフルタワー
電源1000W ゴールド
値段499,980円

ドスパラで最も高価なゲーミングPCは「GALLERIA ZZ-SLI」です。超強力なグラボ、RTX 2080 Ti を2枚挿ししているモンスターPC。

ケースはミドルタワーからガラッと変わり、重厚感のあるフルタワー。CPUも高性能です。

4Kで快適にゲームをしたい、ガレリアで最強のやつをくれ!ってなったらこいつです。

惜しむらくはSSDの容量が少ないので、付属しているHDDをひっぺがしてSSD1TBなどにアップグレードしましょう。

ちなみに、ガレリアシリーズではないので省きましたが、最上位グラボである Quadro 8000 を搭載した税込100万超えのPCもあります。

 

TSUKUMO

TSUKUMO G-GEAR neo
TSUKUMO
G-GEAR neo GX7J-D190/ZT
CPUCore i7-9700K
グラボRTX TITAN
チップセットIntel Z390
メモリ16GB
SSD500GB
HDD2TB
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源750W GOLD
値段499,980円

バケモングラボである RTX TITAN を搭載した「G-GEAR neo GX7J-D190/ZT」。

ビデオメモリは24GBと、1枚でとてつもない性能を持っています。多くのゲームでSLIよりも1920x1080解像度で高いFPSが期待できます。4Kじゃなくて良いという方はむしろこちらがおすすめ。

グラフィックカード1枚のモンスターPCが欲しいならコレ。

CPUは i9-9900K、メモリは32GBにするなどアップグレードしてより高みを目指したいところ。

G-GEARシリーズではないので省きましたが、160万円を超えるQuadro 8000モデルがあります。

 

@Sycom

G-Master Hydro TRX40 Extreme
@Sycom
G-Master Hydro TRX40 Extreme
CPURyzen Threadripper 3970X
グラボRTX 2070 SUPER
チップセットAMD TRX40
メモリ32GB
SSD512GB M.2
HDDなし
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段575,790円(税込)

32コアのハイスペックCPUを使い、CPUとグラボの両方を水冷化したダブル水冷の「G-Master Hydro TRX40 Extreme」です。

グラボが RTX 2070 SUPER とあまりにも弱いので、11万円ほど上乗せすることになりますが、RTX 2080 Ti へのアップグレードがおすすめ。

 

SEVEN

BTO SEVEN ケース
SEVEN
ZEFT R399Z1
CPURyzen Threadripper 3990X
グラボRTX 2080 Ti
チップセットAMD TRX40
メモリ64GB
SSD1TB NVMe M.2
HDD4TB
光学ドライブDVD
タワーフルタワー
電源1050W PLATINUM
値段979,800円

64コアの化け物CPUと 2080 Ti を搭載した「ZEFT R399Z1」。

CPUに極振りしているように見えますが、Cooler Master製のフルタワーケースやASUS製の水冷クーラーなどが搭載されています。

そして31.5インチの4Kモニターが付属してきます。モニターもまとめて買っておきたい人には良いですね。ちなみに、モニターなしで909,800円になっている構成もあります

SEVENは様々なパーツを有名ブランドのハイエンド製品にアップグレードすることができるので、カスタマイズに力が入ります。

 

パソコン工房

パソコン工房 - iiyamaミドルタワー
パソコン工房
LEVEL-FCTZ-LCRT3W-VWVI
CPURyzen Threadripper 3990X
グラボRTX 2080 SUPER
チップセットAMD TRX40
メモリ64GB
SSD500GB NVMe M.2
HDD2TB
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段889,980円

Ryzen Threadripper 3990X という64コアの化け物CPUとニアハイエンドのグラボ RTX 2080 SUPER を搭載した「LEVEL-FCTZ-LCRT3W-XYVI」です。

無慈悲なまでに強力なCPUですが、CPUのみに極振りしたゲーミングPCとも言えます。2080 SUPER よりも RTX TITAN のTSUKUMOの構成がおすすめ。

 

各BTOの最高値モンスターゲーミングPCを比較

ドスパラTSUKUMO@SycomSEVENパソコン工房
名称GALLERIA ZZ-SLIG-GEAR neo
GX7J-D190/ZT
G-Master Hydro
TRX40 Extreme
ZEFT R399Z1LEVEL-F039-
LCRT2W-VWVI
CPUi9-9900KFi7-9700KThreadripper 3970XThreadripper 3990XThreadripper 3990X
グラボ 2080 Ti SLITITAN2070 SUPER2080 Ti 2080 SUPER
チップセットZ390
Z390TRX40TRX40TRX40
メモリ 32GB16GB 32GB64GB64GB
SSD1TB500GB512GB1TB500GB
HDD3TB2TBなし4TB2TB
光学ドライブBlu-ray DVDなしDVDDVD
タワーフルタワー ミドルタワーミドルタワー フルタワー ミドルタワー
電源1000W GOLD750W GOLD 850W GOLD1050W PLATINUM850W GOLD
値段499,980円499,980円575,790円(税込) 909,800円899,980円

各BTOゲーミングPCの 平均的な最高値は50万円以上 となっています。カスタマイズを行えば余裕で70万・80万とすごい値段になりますし、ショップによってはすでに100万近いものも。

値段を決定付ける要因としてCPUがかなり絡んできています。CPUが良ければグラボのボトルネックも減り、動画編集といった作業も快適になります。

また、各パーツも自社製ではなく、有名なブランド品のハイエンドパーツを使うようになっています。

グラボで言うと、ドスパラの 2080 Ti SLI構成が最強。TSUKUMOの RTX TITAN がシングルグラボとしてはトップ。

 

まとめ

  • 4Kでゲームをしたいなら
    ドスパラの「GALLERIA ZZ-SLI
  • 1080でゲームをしたいなら
    TSUKUMOの「G-GEAR neo GX7J-D190/ZT
  • CPUとグラボの両方を超高性能にしたいなら
    @Sycomの「G-Master Hydro TRX40 Extreme
  • ブランドパーツで硬めたモンスターPCが欲しいなら
    SEVENの「ZEFT R399Z1
  • ロマンを求めるなら
    パソコン工房の「LEVEL-FCTZ-LCRT3W-XYVI

BTO5社の最高値ゲーミングPCをまとめてみました。

あくまでゲーマー向け・ゲーミングPCとBTOショップが謳っている構成を選びましたので、中には税込みで税込100万超えしているようなすごいやつ(ドスパラ)もあります。

  • SLI構成なら4Kゲームが快適に
  • 2080 Ti や TITAN グラボなら1080でのゲームが快適に
  • CPUが良ければ動画などの編集作業が快適に

こういった目的を全て満たせるようなモンスターPCが揃っていますので、中から自分にあったPCを探してみてください。

-予算で選ぶ
-

Copyright© GameGeek , 2020 All Rights Reserved.