グラボで選ぶ

【2019】RTX 2080 Ti 搭載でおすすめのBTOゲーミングPCを比較紹介

RTX 2080 Ti搭載でおすすめのBTOゲーミングPC

RTXシリーズハイエンドモデルの RTX 2080 Ti

ハイエンドだけあって値段も高くなりますが、その性能は RTX 2080 SUPER でも歯が立ちません。とにかく快適にゲームがしたい人には至高のグラフィックボードです。

各BTOサイトでおすすめの RTX 2080 Ti 搭載ゲーミングPCを比較紹介していきます。

RTX 2080 Ti とは

RTX 2080 Ti は現行のハイエンドモデルグラフィックボード。

1つ下のランクである RTX 2080 SUPER が10万円前後なのに対し、RTX 2080 Ti はいまだ15万円前後と1.5倍の値段になっています。しかしその性能は値段だけあって、最新ゲームをウルトラ設定にしてもバリバリ高fpsで動かせます。

現状、快適にゲームをする上でこれ以上ない選択肢です。

実際にはこの上に RTX TITAN というグラボも存在しますが、市場価格30万前後とちょっと逸脱した価格

RTX 2080 Ti の性能

RTX 2080 Ti / RTX 2080 SUPER / RTX 2080 を比較しました。

RTX 2080 TiRTX 2080 SUPERRTX 2080
CUDAコア435230722944
RTX-OPS76T63 T60T
Giga レイ/秒1088
ブーストクロック1545MHz1815MHz1710MHz
ベースクロック1350MHz1650MHz1515MHz
メモリ速度14Gbps15.5Gbps14Gbps
標準メモリ構成11GB GDDR68GB GDDR68GB GDDR6
メモリインターフェイス幅352ビット256ビット256ビット
メモリ帯域幅616GB/s496GB/s448GB/s
最高GPU温度89℃89℃88℃
電力250W250W215W
推奨電力650W650W650W

クロック数・メモリ速度においては 2080 SUPER に分がありますが、他の全てにおいて 2080 Ti はぶっちぎっています。

ゲームのベンチマーク

1920x1080/最高設定で行われたベンチマーク(GPUCHECKより)。

RTX 2080 TiRTX 2080 SUPERRTX 2070 SUPER
Apex Legends173145125
World War Z190153123
FarCry: New Dawn163137118
Borderlands 3998673
アサクリオデッセイ737063
モンハンワールド12511599

全てのゲームにおいて RTX 2080 Ti のFPSが高いことが分かります。

少ないものでは数フレームですが、平均的に10フレーム以上、差が大きい時は30フレーム以上違うことも。1440、4Kと解像度が高くなるとフレーム差は比較的少なくなっていきます。

値段は 2080 SUPER と比べてもグッと上がりますが、それだけの価値があるグラフィックボードです

性能をマックスに引き出すために

様々なゲームにおいて高フレームレートを叩き出せる RTX 2080 Ti 搭載型ゲーミングPCを購入するなら、モニターも144Hzや240Hzのものを買いましょう。

こちらはプロ・ストリーマーたちが最も使用しているBenQの240Hzモニター。

240Hzは価格がかなり高いため、144Hzで十分と思うなら安上がりなこっち。

プロが使うモニターはこちら
プロゲーマー・有名ストリーマーが使うゲーミングモニターランキング
プロゲーマー・ストリーマーたちが使うゲーミングモニターランキング

1500人のeSportsプロゲーマー・有名なストリーマーたちが好んで使うゲーミングモニターをランキングで紹介。 CS:GO Fortnite PUBG Ove ...

 

RTX 2080 Ti 搭載のおすすめゲーミングPCを紹介

RTX 2080 Ti を搭載したおすすめのBTOゲーミングPCを比較して紹介します。

ドスパラ

GALLERIA XF

ドスパラ
GALLERIA ZZ
CPUCore i9-9900KS
グラボRTX 2080 Ti
チップセットZ390
メモリ16GB
SSD1TB NVMe M.2
HDDなし
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源750W GOLD
値段279,980円

ドスパラ の Core i9-9900KS + RTX 2080 Ti モデル。ガレリアシリーズの人気ランキング第3位。コスパが良いです。

パーツ的に申し分ありません。1TBのNVMe M.2 SSDが嬉しいポイント。

ドスパラは数あるBTOショップの中でも出荷が最速なのが良い。

 

SEVEN

パソコンショップSEVEN

SEVEN
ZEFT R7Z02
CPURyzen 7 3700X
グラボRTX 2080 Ti
チップセットAMD X570
メモリ16GB
SSD500GB NVMe M.2
HDDなし
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源750W GOLD
値段258,800円

SEVEN の Ryzen 7 3700X + RTX 2080 Ti モデル。

ケースはThermaltake、マザーボードはASRock、メモリとSSDはCrucial、電源はCoolerMaster、DVDはASUS製と、各種有名ブランドのパーツを使っているのにこの安さ。

カスタマイズアップグレードの選択肢も非常に豊富で、様々なブランド品から自由に選んでいけます。

Ryzen CPUで良いならドスパラよりも安い。

 

パソコン工房

Level Infinityミドルタワー

パソコン工房
LEVEL-R039-i7KF-XYVI-CR
CPUCore i7-9700KF
グラボRTX 2080 Ti
チップセットZ390 Express
メモリ16GB
SSD500GB NVMe M.2
HDD2TB
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源700W BRONZE
値段264,980円

パソコン工房 の Core i7-9700KF + RTX 2080 Ti モデル。

基本構成としてはCPUと電源パーツがドスパラと比べて少し見劣りしますが、電源は+1,980円でGOLD認証にアップグレードできます。

コスパ的にはそれでもドスパラが上ですが、パソコン工房ではCPUクーラーを水冷にカスタマイズできるのが強み。

 

FRONTIER

FRONTIER GHシリーズ

FRONTIER
FRGHZ390/SG3
CPUCore i9-9900K
グラボRTX 2080 Ti
チップセットZ390
メモリ16GB
SSD512GB NVMe M.2
HDD1TB
光学ドライブなし
タワーミドルタワー
電源850W GOLD
値段305,800円

FRONTIER の Core i9-9900K + RTX 2080 Ti モデル。

これらの基本構成に加えて、CPU水冷クーラー標準装備、ケースはASUS AuraSync対応で光ります。後々内部のPCパーツを光らせたいと思っている方におすすめ。

 

@Sycom

Sycom

@Sycom
G-Master Luminous Z390 RGB
CPUCore i7-9700K
グラボRTX 2080 Ti (カスタマイズ)
チップセットZ390
メモリ16GB
SSD512GB M.2
HDDなし
光学ドライブDVD
タワーミドルタワー
電源750W GOLD
値段401,850円(税込)

@Sycom のゴリゴリに光るRGBモデルを RTX 2080 Ti 搭載にカスタマイズしたモデル。

カスタマイズ見積もり画面でグラボを RTX 2080 Ti に載せ替える必要があります。ちょっとイレギュラーですが、ハイエンドでガッチガチに光るゲーミングPCも紹介しておきたかったので追加。

InWin 303 RGBケースをベースに、G.Skill Trident Zの美しく光るメモリや、CoolerMasterのRGB水冷など高性能パーツが詰め込まれています。

 

RTX 2080 Ti 搭載のゲーミングPCの比較リスト

ドスパラSEVENパソコン工房FRONTIER@Sycom
名称GALLERIA ZZZEFT R7Z02LEVEL-R040-
LCi9K-VWVI
FRGHZ390/SG3G-Master Luminous
Z390 RGB
CPUCore i9-9900KSRyzen 7 3700XCore i7-9700KFCore i9-9900KCore i7-9700K
グラボRTX 2080 Ti 
チップセットZ390
X570 Z390Z390Z390
メモリ16GB
SSD1TB500GB500GB512GB512GB
HDDなしなし2TB1TBなし
光学ドライブ なしDVDDVDなしなし
タワーミドルタワー
電源750W GOLD750W GOLD700W BRONZE850W GOLD750W GOLD
値段279,980円258,800円264,980円305,800円401,850円(税込)

SSDは全て NVMe M.2

左からコストパフォーマンス順になっています。

左3つのBTOはせめぎ合っていますが、コスパで考えるとドスパラの「ガレリアZZ」が1番。Core i7-9700Kへダウングレードすれば26万円弱になります。

FRONTIER@Sycomは値段こそ高めですが、光るゲーミングPCが欲しいなら一度覗いてみることをおすすめします。

まとめ

RTX 2080 Ti 搭載型のBTOゲーミングPCを紹介しました。ハイエンドグラボを積んだゲーミングPCだけあって、各BTOショップでも基本構成が割合多く存在します。

ちょっと高いな・・と思ったら、ミニタワーケースにすればもっと安く手に入れることも可能です。おすすめはミドルタワー型ですが、ここで紹介したゲーミングPCにどうしてもピンと来なかったらミニタワーで調べてみましょう。

最強グラボ・最強ゲーミングPCで超快適なゲームライフを手に入れましょう。

-グラボで選ぶ
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.