マウスパッド

【Fortnite】プロが使うゲーミングマウスパッドランキング

2019年8月22日

Fortnite プロ・ストリーマーが使うゲーミングマウスパッドランキング10

300人強におよぶ「Fortnite」のプロプレイヤー・有名ストリーマーたちは一体どんなゲーミングマウスパッドを使っているのでしょうか?

気になる使用率トップ10をランキングで紹介します。

【Fortnite】プロが使うゲーミングマウスパッドランキング

Fortnite マウスパッド 早見表
1位おすすめ Glorious 3XL
2位SteelSeries QcK+
3位HyperX FURY S Pro
4位SteelSeries QcK XXL
5位Logicool G640
6位Zowie G-SR-SE Divina Pink
7位Zowie G-SR
8位Glorious XXL
9位SteelSeries QcK Heavy
10位HyperX FURY S Pro XL

表のリンクはストアに遷移します

ForniteのトップマウスパッドはGlorious 3XLと巨大なものですが、他を見るとそこまで大きくないパッドもかなり使われています。

1位~3位はどれも僅差

バラエティ豊かですが、1つ言えるのは大サイズ(横450mmなど)以上なのは確かということ。

 

1位 Glorious 3XL

スーパービッグサイズで、もはや机を覆ってしまうレベル。キーボードやモニターもパッドの上に置くことになります。

キーボードとマウスの間に高低差が生まれなくなるため、非常にしっくりきます。マウスパッドからマウスが外れる心配もなくなります。

デスクのサイズをちゃんと測ってから買いましょう。

1219mm
奥行き610mm
厚さ3mm
重量重い
表面素材クロス
底面素材ラバー

 

2位 SteelSeries QcK+

マウスパッドの大御所。安くて手が出しやすい。

QcK+はローセンシ向け大型マウスパッド。マイクロウーブンクロスの表面の触り心地が良く、2mmという薄さも良い。

水で手洗い可能です。マウスパッドはすぐ汚れるし、特に黒は汚れが目立つのでありがたいですね。

450mm
奥行き400mm
厚さ2mm
重量-
表面素材マイクロウーブンクロス
底面素材ラバー

 

3位 HyperX FURY S Pro

Twitchで大人気プレイヤーのNinjaやShroudも使用しているHyperX FURYシリーズ。

滑りは上々、ストップコントロールも適度に効きます。

右下のちょっとした赤いロゴがワンポイントで良い感じ。

Lサイズの場合
450mm
奥行き400mm
厚さ3mm
重量500g
表面素材クロス
底面素材ラバー

 

4位 SteelSeries QcK XXL

分類的にはQcKヘビーになります。通常のQcKに比べて厚みがあります。

机全部は覆いたくない、でもキーボードとマウスをパッドの上に置きたいという悩みを解決するジャストサイズ

900mm
奥行き400mm
厚さ4mm
重量280g
表面素材マイクロウーブンクロス
底面素材ラバー

 

5位 Logitech G640

ロジクールのG640は中程度の表面摩擦の大きめマウスパッド。

ローセンシでのプレイ中に適度な摩擦でほどよい抵抗感があります。

底面はラバー素材になっているので机の上で滑ってしまうことがなく、パッドの端も柔らかいクロスのおかげで不快感がありません。

460mm
奥行き400mm
厚さ3mm
重量352g
表面素材ソフトファブリック
底面素材ラバー

 

6位 Zowie G-SR-SE DIVINA Pink

Zowie G-SR-SEのDIVINAエディション。DIVINAは女性ゲーマー向けブランドになっています。

鮮やかなピンクとブルーが発売されています。マウスパッド表面のロゴは彫られているわけではなく、あくまで印刷なのでフルフラット

基本的にはG-SR-SEと同じ仕様で、元祖G-SRとは異なるスピード感です。

480mm
奥行き400mm
厚さ3.5mm
重量280g
表面素材
底面素材ラバー

 

7位 Zowie G-SR

CS:GO・Overwatch・R6Sなどで非常に多くのプレイヤー達が使用しています。

しっかりした作りで滑りも良く、止めやすさも上々。サイズは似たようなサイズのG640やQcK+と比べてやや大きく、そして厚みがあります。

端はしっかりスティッチされていてほつれないようにできています。

480mm
奥行き400mm
厚さ3.5mm
重量280g
表面素材化織布
底面素材ラバー

 

8位 Glorious XXL

1位の3XLに比べて一段階小さいサイズであるXXL。

机をフルに覆うほどのサイズではありませんが、キーボードとマウスがしっかり乗っても広いスペースがあまるサイズ。

机全部はちょっと・・でもキーボードまで乗せてみたいと思ったら丁度良いサイズ。

910mm
奥行き460mm
厚さ3mm
重量重い
表面素材クロス
底面素材ラバー

 

9位 SteelSeries QcK Heavy

様々なゲームでプロが使用していますが、特に多いのはCS:GOです。

サイズは450x400とQCK+と同じ。何が違うのかというと、その厚さです。なんと6mmもあり、かなりのヘビー級

ずっしりとしていて腕や手首が快適、しっかり滑ってきっちり止まります。

480mm
奥行き400mm
厚さ6mm
重量280g
表面素材マイクロウーブンクロス
底面素材ラバー

 

10位 HyperX FURY S Pro XL

Twitchで大人気プレイヤーのNinjaやShroudも使用しているHyperX FURYシリーズ。

滑りは上々、ストップコントロールも適度に効きます。

XLはキーボードまでのっけるレベルのでかさなので、机のスペースに余裕があるなら検討してみましょう。

900mm
奥行き420mm
厚さ4mm
重量890g
表面素材クロス
底面素材ラバー

 

まとめ

Fortniteのプロ・有名ストリーマーが使用しているゲーミングマウスパッドのランキングを紹介しました。

大きいサイズのマウスパッドが上位にランクインしていますが、割とバラエティに富んだラインナップとなっています。

3XLにしろXXLにしろ、巨大マウスパッドでも奥行きや厚みが微妙に異なるので、机のサイズやモニター位置にぴったりはまるようなサイズを選ぶと良いでしょう。

次のゲーミングマウスパッド選びの参考にしてください。

-マウスパッド
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.