用途で選ぶ

【2019】ゲーミングノートPCならBTOがコスパ最高でおすすめ!

ゲーミングノートPCはBTOがおすすめ!

PCでゲームをしたいけれども、持ち運びできるようなノートPCじゃないとダメって時もありますよね。

ゲーミングノートPCはコスパが悪い・・なんて話は昔のことで、今やデスクトップと比較しても遜色ない性能のPCが出てきています。

  • 好きな場所でゲームをプレイしたい
  • 持ち歩きできる機動性が必要

デスクトップとは違うノートPCの利点、そしておすすめのゲーミングノートPCを紹介していきます。

ゲーミングノートPCとは

ゲーミングノートPCとは

ゲームをするために高性能になったノートPCのこと。海外ではゲーミングラップトップといいます。

普通のノートPCとの大きな違いはグラフィックボードの有無です。ゲームの画面描画処理を担当するこのパーツがないと、パワー不足でゲーム画面がガクガクしたり、最悪の場合起動しないなんてことも。

デスクトップと違う点として、モニター・キーボードもセットになっています。これらも含めて性能の検討をしていかなければなりません。

普通のノートPCとの違い

大まかに言うとこんな感じで違うよ、というところ。

ゲーミングノートPC普通のノートPC
パフォーマンス強力普通
冷却性能高い普通
グラフィックボードありなし(オンボード)
ディスプレイ中には144Hz対応もノーマルディスプレイ
RGBライティングキーボードなどなし
値段高い安い〜普通
バッテリー短い長時間もつ

ゲーミングノートを買えば、ワードやエクセル、ネットサーフィンといった通常のデスクワークもサクサクこなせます。

しかし、グラフィックボードが載ってパフォーマンス性能が高くなる分、値段は高くなります。また、電力を食うのでバッテリーの減りも早いというデメリットもあります。

用途に合わせた選択をする

  • 仕事で持ち出す
  • 学校へ持っていく必要がある
  • デスクトップを置くスペースがない

上記のように必要に迫られてノート型を選択するなら、ゲームとの両立を考えて多少のデメリットには目を瞑りましょう。

しかし、なんとなくノートにしようかな?と迷っているのであれば、間違いなくデスクトップ型がおすすめです。

デスクトップゲーミングPCならこちら
おすすめのゲーミングPC
【2019】おすすめのゲーミングPCを紹介!パーツの選び方も解説します

今や10万円も出せば、かなり性能の高いゲーミングPCを購入することができるようになりました。 ですが、用途によって必要なパーツのパワーが異なります。 どんなゲー ...

 

なぜBTOのゲーミングノートPCがおすすめ?

BTOゲーミングノートPC

BTOとは受注生産のことで、パーツを予算に合わせて細かくカスタマイズできます。国内だとドスパラなどが大手として挙げられますね。

ASUSやMSIといった超大手メーカーも様々なゲーミングノートPCを発売しています。そんな中、なぜBTOのゲーミングノートPCがおすすめなのでしょうか。

既製品よりもかなり安価に高性能なPCが買える

これが最大のポイント。似たようなスペックでも、既製品とBTOでは値段に大きな差があります。

ブランド品は見た目がカッコ良かったり、機能的に尖っていたりと洗練されているものが多いですが、値段もかなり高くつきます。

既製品とBTOの値段の違い

Razer Blade 15

© Razer

例えばRazer Bladeとドスパラの同スペック帯を比較してみましょう。

ドスパラRazer Blade
型番GCR2070RGFRazer Blade 15
CPUCore i7-9750HCore i7-8750H
グラボRTX 2070
チップセットHM370
メモリ16GB
SSD512GB NVMe256GB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 144Hz, 1920x1080
キーボードLEDバックライティングありRazer Chroma対応
サイズ(幅x奥行きx高さ)383 x 260 x 29.5 mm355 x 235 x 17.8
重量約2.36kg2.10kg
値段189,980円269,800円

Razerシリーズは超オシャレで私も激推しのノートPCなのですが、値段も一級品なのです。

ご覧の通り、BTOのゲーミングノートPCがいかに爆安であるかが分かります。

 

BTOだけどカスタマイズ範囲は少ない

爆安なゲーミングノートPCですが、BTOならではのカスタマイズ要素としては多くありません。

基本構成からカスタマイズ変更できるのはせいぜいメモリやストレージです。もっとパーツをカスタマイズできると良いんですけどね。

それでも安価に高性能なノートPCが手に入ることは間違いありません。

コスパ最高!ショップごとに紹介おすすめのBTOゲーミングノートPC

各BTOショップから性能+値段ごとに区分けしました。

  • エントリーモデル
  • ミドルレンジ
  • ハイエンド

ハイエンドになればなるほど性能は高くなりますが、値段も高くなっていきます。

BTOショップは大体何かしらのセールを行っています。セール対象品は通常の値段からかなり値引きされますので、気になるPCがあったらセールになっていないかまずチェックしましょう。

セール情報まとめはこちら
BTOゲーミングPCのセール・キャンペーン情報まとめ
【2019年11月】格安BTOゲーミングPCのセール・キャンペーン情報まとめ

BTOゲーミングPCのセール・キャンペーン情報 をまとめています。 ゲーミングPCは高価な買い物なので、できる限り安く買いたいと思うのは当然のこと。セール時は通 ...

ドスパラ

  • セールだと非常に安く、コスパ最強
  • ユーザーレビューが多く、口コミが助かる
  • 出荷速度が業界最速

ドスパラのゲーミングノートPCは高性能なのに低価格で、コスパが超優秀です。

120Hz・144Hzの高リフレッシュレートディスプレイ搭載のモデルがあり、FPSやTPSといった高速で画面が動くゲームをプレイするなら狙いたい機能です。

他のBTOに比べるとややコンパクトで軽いのも特徴。持ち運びする以上、重さというスペックも指標の1つとして重要です。

また、出荷速度も非常に速くて有名です。欲しいと思って買ったのに、手元に届くまで2週間もかかるとか嫌ですよね。その点ドスパラは安心です。

エントリーモデル

ドスパラ - GALLERIA GCRシリーズ

GALLERIA GCR1650GF
CPUCore i5-9300
グラボGTX 1650
チップセットIntel HM370
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15インチ 非光沢ワイド 60Hz, 1920x1080
キーボードRGB LED
サイズ(幅x奥行きx高さ)360 x 245 x 26.4 mm
重量約2.03kg
値段99,980円

GTX 10650と非光沢ワイド15型のゲーミングノートPC。

エントリーモデルとは書きましたが、最新ゲームでもグラフィック設定を落とせばプレイできてしまうクラスの性能を持っています。

この低価格でそこそこの性能をもったノートが手に入るので、サブ機としても非常におすすめ

 

ミドルレンジ

ドスパラ - GALLERIA GCRシリーズ

GALLERIA GCR2060RGF-E
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 2060
チップセットIntel HM370
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢ワイド 144Hz, 1920x1080
キーボードLEDバックライティングあり
サイズ(幅x奥行きx高さ)360 x 245 x 27 mm
重量約2.01kg
値段189,980円

RTX2060と144Hzディスプレイ搭載の15.6型モデル。

重いゲームでは最高グラフィック設定でも60fps付近をマーク、中〜軽めのゲームならサクサクです。ディスプレイのベゼルは狭く、見やすさも優秀。

これだけの性能を詰め込んでいるのにコンパクトで軽め、そして値段も格安となっています

 

ハイエンド

ドスパラ - GALLERIA RNFシリーズ

GALLERIA GCR2070RNF
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 2070
チップセットIntel HM370
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ17.3インチ 非光沢ワイド 120Hz, 1920x1080
キーボードSteelSeries RGB LED
サイズ(幅x奥行きx高さ)419.2 x 287.1 x 31.9 mm
重量約2.96kg
値段229,980円

RTX2070と120Hzディスプレイ搭載の17.3型モデル。大きめな画面でしっかりゲームを楽しみたいならコレ。

重い部類の最新ゲームでもサクサク動かせます。ディスプレイのベゼルは狭く、見やすさも優秀。RGBで光るキーボードもゲーミングPCらしさを出しています。

重量は3kgと15.6インチ型と比べて1kg程度重くなりますが、これだけのスペックを詰め込んだゲーミングPCとは思えない値段でおすすめの一品。

 

FRONTIER

  • 品質が高く、価格が安い
  • 超激安セールが定期的に開催
  • 光るゲーミングPCも買える

FRONTIERはセールで尋常じゃなく値引きされるので、ここで紹介しているノートPCもさらに安くなっている可能性が高い。まずはセールを確認しましょう。

直感的なタッチパッドを採用し、2本指でスライドさせたり、ピンチでズームしたりできます。意外と嬉しい機能です。

エントリーモデル

FRONTIER LNシリーズ

FRLN710/D
CPUCore i7-9750H
グラボGTX 1650
チップセットIntel HM370
メモリ8GB
SSD240GB
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢ワイド, 1920x1080
キーボードLED バックライト
サイズ(幅x奥行きx高さ)361 x 258 x 27.9 mm
重量約2.1kg
値段114,800円

FRONTIERのエントリーモデルは、GTX1650搭載の15.6型ゲーミングノートPC。

エントリーモデルとはいえ、重いゲームでもグラフィック設定を軽めにしておけば十分プレイできます。

キーボードはLEDバックライトで明るさを5段階まで調節できます。マルチカラーで15色まで変更可能。

1650搭載でこの値段ならおすすめ。サブ機としても優秀です。

 

ミドルレンジ

FRONTIER XNRシリーズ

FRXN711/B
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 2060
チップセットIntel HM370
メモリ16GB
SSD1TB M.2
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢 IPS, 1920x1080
キーボードLED バックライト
サイズ(幅x奥行きx高さ)361 x 258 x 27.9 mm
重量約2.2kg
値段149,800円

RTX2060搭載の15.6型ゲーミングノートPC。2060なら中~軽めのゲームはサクサク動きます。

1TBのSSDを搭載しています。NVMe SSDを2つまで搭載できるので、自分で後から増設が可能です。

非光沢パネルで映り込みを軽減し、屋外でも見やすくなっています。外部ディスプレイへ4K出力するポートもついていて、環境があれば大画面でのゲームプレイができます。

キーボードはLEDバックライトで明るさを5段階まで調節できます。マルチカラーで15色まで変更可能。

 

ハイエンド

FRONTIER ZNシリーズ

FRZN910/B
CPUCore i9-8950HK
グラボRTX 2070
チップセットIntel HM370
メモリ16GB
SSD1TB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢, 1920x1080
キーボードRGBイルミネーション
サイズ(幅x奥行きx高さ)359 x 258 x 29.9 mm
重量約2.5kg
値段235,800円

Core i9シリーズとRTX 2070を搭載した15.6型ゲーミングノートPC。スーパースペックで、2070なら重いゲームでも快適に動かせます。

なんといっても1TBのSSDが魅力的。NVMe SSDは2つ搭載可能なので、後から自分で増設することができます。

G-Sync対応の非光沢パネルで映り込みを軽減し、屋外でも見やすくなっています。

 

TSUKUMO

  • ゲームPCアワード常勝
  • 価格は安めな設定
  • サポートが丁寧と評判

TSUKUMOのゲーミングノートPCの目玉は、RTX 2070と144Hzディスプレイ搭載の15.6型。ドスパラでは120Hzなので144Hzを求めるならTSUKUMOが良いかも。

性能が少し抑えめで、価格が安いというモデルが多いので、予算キツめに考えている場合はここで探すと良いでしょう。

エントリーモデル

TSUKUMO N1545Kシリーズ

N1546K-700/T
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 1650
メモリ8GB
SSD256GB M.2
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢, 1920x1080
キーボードフルカラー LED
サイズ(幅x奥行きx高さ)378 x 267 x 27 mm
重量約2.3kg
値段109,800円

GTX 1650搭載の15.6型ゲーミングノートPC。低予算で可能な限り安いノートPCを探しているならコレ。

ちょっとドスパラのエントリーレベルと比べるとやや高い印象。

 

ミドルレンジ

TSUKUMO N1587Jシリーズ

N1573K-700/T
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 2060
メモリ16GB
SSD256GB M.2 NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢IPS, 1920x1080
キーボードフルカラー LED
サイズ(幅x奥行きx高さ)361 x 258 x 27.9 mm
重量約2.2kg
値段149,800円

RTX 2060搭載の15.6型ゲーミングノートPCで、かなり安い部類です。

重めのゲームでもグラフィック設定を少し低くすれば快適に遊べます。

非光沢なので映り込みは少なく、ベゼルも狭いため没入感が高まります。

CPUやSSDの性能を抑えて価格を落とすならこのモデルがおすすめ

 

ハイエンド

TSUKUMO N1587Jシリーズ

N1588J-720/T
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 2070
メモリ16GB
SSD512GB M.2 NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ 非光沢IPS 144Hz, 1920x1080
キーボードフルカラー LED
サイズ(幅x奥行きx高さ)359 x 257 x 29.9 mm
重量約2.5kg
値段249,800円

RTX 2070と144Hz非光沢ディスプレイを搭載した15.6型ゲーミングノートPC。

ドスパラのRTX 2070 x 15.6型モデルと良い勝負ですが、144HzディスプレイなのはTSUKUMO。

ほとんどの重いゲームを快適に動かすことができます。

2070搭載モデルとしては一番おすすめ

 

RTX2080以上を求めるなら

BTOではRTX2080以上を積んだゲーミングノートPCを販売していません。どうしてもというなら、既製品を購入することになります。

おすすめはRazer Bladeシリーズ。その中でも超ハイエンドを紹介します。

Razer Blade 15

Razer Blade 15
CPUCore i7-9750H
グラボRTX 2080 Max-Q
メモリ16GB
SSD512GB NVMe
HDDなし
光学ドライブなし
ディスプレイ15.6インチ マット 240Hz, 1920x1080
キーボードRazer Chroma対応
サイズ(幅x奥行きx高さ)355 x 235 x 17.8 mm
重量約2.15kg
値段357,800円

超高い。超高いのですが、性能もスゴイ。RTX 2080 Max-Qに、240Hzリフレッシュレートのディスプレイを搭載しています。

そして何よりサイズが非常にコンパクトで、ものすごく薄い。重さはあまり変わらないのですが、小さいので持ち運びが非常に楽。

見た目もオシャレなので、MacBookに全く引けをとりません。予算があるなら絶対買いなノートPC

 

まとめ

ゲーミングノートPCとはなんぞや、そしておすすめのモデルについて紹介しました。

BTOサイトのモデルが最も安価に高性能なものを入手できますので、とてもおすすめです。

エントリーモデル、ミドルレンジ、ハイエンドでそれぞれおすすめのBTOを1つ挙げます。

エントリーモデルドスパラGCR1650GF
ミドルレンジドスパラGCR2060RGF-E
ハイエンドTSUKUMON1588J-720/T

ただし、予算が許すならRazer Blade 15をおすすめします

機動性のあるノートPCならではの強みを生かして、どこでも最新ゲームを快適に楽しみましょう。

-用途で選ぶ
-

Copyright© GameGeek , 2019 All Rights Reserved.