興味あるPCゲームの情報を定期的に投稿しています

2017年度ジャンル別おすすめゲーム (PS4/PC)

投稿日:2017年3月24日 更新日:

自分がプレイした2017年発売またはオンライン継続中のPC/PS4のゲームをジャンル別に紹介します。オススメ度は★5つで表現していますが、個人的な意見ですのでご了承ください。超人気ゲームについては2017年発売ではなくても記載していたりします。

括弧書きしているものはそのプラットフォームのみという表記です。PCゲームはSteam/Uplayです。

amazonリンクはほとんどPS4のものです。FF14はWindows。

ホラー

バイオハザード7 ★★★★★

怖い。滅茶苦茶怖い。サイコパスな家族から逃げ惑う恐ろしいゲームです。最初はクロックタワーみたいなノリになったのかな?と思ったけどちゃんとバイオでした。バイオハザード1をかなり意識して作られていて、懐かしい感じのする要素が沢山あります。初周プレイ時間は7時間程度でした。時間にしたら短いですが、長い映画を見た気分になります。

バイオ4~6までがバイオだ!と感じてる人にはあまりオススメしませんが、気持ちを切り替えてプレイしてみてほしいです。

DLCも結構作り込まれていて、シーズンパスの2000円は十分お値打ちものだと思います。サイコパスな家族に翻弄されるシチュエーションが好きだった人には「テキサスチェーンソーマッサカー」って映画もオススメ。

 

7 Days to Die ★★★★☆

素材を集めてブロックや道具を作り、拠点を改築・補強していきゾンビからの襲撃に耐えるクラフト系ゾンビゲーム

いまだアーリーアクセスのアルファバージョンですが着々とアップデートを重ねていて、遊べる要素はかなり豊富です。とにかく拠点作りが面白くて、フレンドとプレイすると病みつきになります。

クラフトゲームは無理して高難易度にせず、一番簡単にしてプレイするとストレスなくプレイできていいです。このゲームは状態異常が非常に豊富ですので慣れるまでは結構苦労するかもしれませんが、逆に考えればそれだけリアルなので、壁を超えるとドハマリしますよ。

注意点: 英語のみです。日本で買えるのもコンソール版は輸入版オンリーです。

日本語wikiも充実してますし、操作などは直感的なので比較的簡単にプレイできるとは思います。私はPC版/steam。

 

Dead by Daylight (PC) ★★★☆☆

キラーと生存者4人に分かれて対戦する非対称型オンラインゲーム。生存者はマップに配置されている発電機を修理し、ゲートを開放してキラーから逃げ切ると勝利です。キラーは生存者を捕まえマップに配置されているフックに吊るして全員昇天させると勝利。

鬼ごっこゲームですが非常に面白いです。一見聞いただけではキラーが有利に聞こえますが、生存者は3人称視点で周りが見やすく、キラーは1人称視点で状況が把握しづらくなっていて、実はバランスがとれています。

キラーが近づいてくると心臓がバックンバックンなるのが緊張感あって好き。敵を欺いて紙一重で逃げおおせた時とか、映画の主人公になった気分です。自分がキラーをしている時は相手をすぐ見失ってしまうのに、敵がキラーだとどこまでも追いかけてくるんですよね…

1980円と激安です。

 

クラフト系

マインクラフト ★★★★☆

説明不要の元祖クラフト系といえばこのゲーム。現在も精力的にアップデートされており色んな要素が追加されています。全てのプラットフォームで同じアップデートをしていく明言しているので、どのプラットフォームで買っても安心です。

自分1人の世界で淡々と家を作り上げるもよし、フレンドとロールプレイしてダイヤを奪い合うもよし、可能性無限大ですね。自由度がとにかく高いです。

PC版の良いところはMODを入れて改造できるところですね。MODは入れるのに一苦労かかりますが、影MOD系は本当にゲームがガラリと変わって半端なく綺麗になるのでオススメです。

 

Astroneer (PC) ★★★★☆

小さな会社が開発したもので、マインクラフトなどのブロック系と違って彫刻のように地面を盛り下げたり上げたりしていきます。形状作成の自由度がすごいので、今後の拡張性としても大きな期待が持てますね。

舞台が宇宙ということもあり別の惑星に飛んでいけるのですが、月っぽいところに行くと重力が弱くなってジャンプが高くなるんです。これがまた気持ちいい。

音楽が不思議なんですが心地よくて個人的には大好きです。プレイしてると優しい気持ちになれます。チュートリアルがちょっと不親切なのがたまにキズです。まだまだ出始めなので要素は少ないですが、今後最も期待したいゲームです。値段も安い。

 

The Wild Eight (PC) ★★★☆☆

雰囲気とは裏腹に意外とハードコアなサバイバルゲーム。油断してるとすぐ死にます。狼に噛まれて死にます。死んだらアイテムオールロストです。クラフト系といっても自由度はあまりないので、自分で家を作ったり色々したい人は他のゲームをオススメします。

これもアーリーアクセスなので、今後に期待していきたいところですね。マルチプレイヤー可能です。

 

TPS

H1Z1: King of the Kill (PC) ★★★☆☆

バトルロワイヤルPVPです。チュートリアルがかなり不親切なので自分で死にながら覚えるしかないです。170人近くいる中でただ1人の生き残りを決めるのですが、マップが毒ガスによってどんどん絞られていくのでまさに映画の「バトル・ロワイヤル」のような状況になっていきます。

負けたらサクサク次の試合に行けるのがよいですね。服などのスキンも結構充実していて、steamでも人気ゲームの1つになっています。まだバグは結構ありますけどね…パラシュートで車の真横に着地できたと思ったらそのまま地下世界へ沈んでいったりとか。切ない。

ちなみに私は3位までしかいったことありませんが、残り人数が一桁になってくるとアドレナリンどばどば出ます。

注意点:英語のみです。

 

Player Unknown’s Battlegrounds ★★★★★

名前が長い!!略してPUBG。H1Z1と同じバトルロワイヤルゲームです。劣化版H1Z1かなと思っていましたが、それよりもよくできてるなぁって印象ですね。

武器のアタッチメントが豊富で、レッドドットサイトやグリップなど自分好みに武器をカスタマイズしていけるのが特徴。武器自体の種類も豊富なので武器選びに迷います。

グラフィックもH1Z1より作り込まれてる印象です。度重なるアップデートによってラグやクラッシュはかなり改善しています。メキメキとプレイヤーを増やし、今ではSteamでもトップに入る今年超売れているゲーム。3300円なら絶対買いです!ゲーム内で無料取得できるクレートを売り続ければゲーム分のお金を取り返せることも・・?

詳しくは以下のレビュー記事まで

【PUBG】プレイヤーアンノウンズバトルグラウンドって名前長過ぎだけどH1Z1より面白いかもしれない

 

For Honor ★★★☆☆

銃のない騎士・ヴァイキング・侍が入り乱れる混沌とした世界で戦争が繰り広げられる。ある種格ゲーと言われる戦闘スタイルで、相手の攻撃をブロックしたりパリーしながら斬り合っていくという一味変わったゲーム。

PVPでの相手との読み合いが面白くてハマります。コンセプト・ゲーム内容ともに非常に面白いのですが、サーバーがp2pのため不安定で評価を落としていますね。私はプレイできないという程ではないですが、たまに試合から落とされたりします。

とりあえず願っているのはランクモードが実装されること、サーバーが安定することです。せっかく面白いんだからサーバー問題で人が減るのは馬鹿馬鹿しい。今後に期待して★3つ。

 

Ghost Recon Wildlands ★★★★☆

ボリビアに君臨する麻薬カルテル「サンタ・ブランカ」を壊滅させるために最高の隠密部隊ゴーストが潜入する。プレイヤーはスクワッドの隊長として他の3人を指揮しながらミッションに挑戦していく。

このゲームはゴーストリコンシリーズの最新作で、ボリビアを舞台としたオープンワールドTPSです。銃やキャラクターのカスタマイズが非常に豊富です。4人までのcoopが可能で、今後の無料アップデートでPVPも実装される予定。

フレンドと一緒にプレイするのがオススメです。車で間違えて轢いちゃったり、アホなAIの変な挙動を見たり、一人だとストレスですがフレと一緒だと笑えます。

【ゴーストリコンワイルドランズ】レビュー

 

ディビジョン ★★★☆☆

ハクスラ系TPS。

coopで仲間と武器集めしたり、ダークゾーンで他のプレイヤーとPVPしたりできます。ダークゾーンでは他のプレイヤーが全て敵に見えて常にピリピリします。怪しい動きで後をついてきてたら要注意・・後ろからいきなり撃たれるかもしれません。このハラハラ感が堪らないですね。

 

Horizon Zero Dawn ★★★★☆

ファークライ+アンチャ+ウィッチャーってイメージ。機械のモンスターを狩るオープンワールドアクションゲーム。グラフィックは次世代機らしくかなり綺麗です。サイドクエストなんかもウィッチャーっぽくてお使い感はありませんが、あそこまでの作り込みはないかも。

機械のモンスターと戦うっていう世界観に惹かれましたね。ゲームは相当良く出来ていて買いだと思います。ただもうちょっと狩りにフォーカスしてほしかった。山賊相手の村開放とかのステルスアクション系がちょっと面倒です。後はアイテム画面などのUIがちょっと見にくい。不満はこれくらいでしょうか。基本的に優れている部分が目立つゲームです。

 

FPS

CS:GO (PC) ★★★★★

世界で最も人口の多いFPSは伊達じゃありません。私はcodやBFから入った人間でしたので、リコイルやストッピングの練習が大変でした。スモークやフラッシュなども投げ方が沢山あり、効果的な投げ方をマスターするために相当練習しましたね。瞬間的な判断力を必要とされるゲームですのでランクマッチで勝った時とかすごい嬉しいです。

プロの試合も見ていて非常に興奮します。大会の規模がめちゃめちゃデカイですし、プロの動きや新しい投げ物が使われているのを見るのも勉強になります。また、大会によっては見ているだけで一攫千金が狙えるボックスも落ちるので夢がありますね。*CSGOのスキンはリアルマネーで取引されており、高額のものでは15万近くするスキンもあります。

 

Overwatch ★★★★★

ブリザード初のFPS。このゲーム、とんでもなく面白いです。最初はSFっぽいスポーティなのはなぁと敬遠していましたがβをやって惚れ込んでしまいました。

6vs6で行われるチーム戦で、20体以上の個性溢れるヒーローを使い戦っていきます。各ヒーローにタンクやヒーラーといったロールが割り当てられており、試合途中でもヒーローピックの変更が可能なのが特徴です。流動的な戦術で相手を撃破していくチームプレイゲームです。

ランクマッチは他のゲームと同じくらいギスってますが、クイックだけでも十分楽しめるマストバイなゲームです。

 

Prey ★★★★☆

Bethesda、そしてDishonoredを制作したArkane Studioの最新作です。英語版は2017年5月5日に発売していますが、日本語版は2017年5月18日に発売予定です。フルローカライズされるのでしょうか。

舞台は宇宙に浮かぶタロスIという巨大な宇宙ステーション。あなたは主人公のモルガン・ユウとなり、施設を襲うエイリアンと対峙していきます。モルガンの記憶は度重なる実験で消去されており、あなたは自分が一体何者なのかをゲームを通して知り、また時には選択していくことになります。殺すも生かすも壊すも直すもあなた次第。

できることが非常に多くて面白い。エイリアンのスキルも種類が豊富ですが、人間的な部分のスキルアップグレードも優秀で強化パーツが全然間に合いません。エイリアンのスキルを上げていくと味方のはずのタレットが自分をエイリアンと認識しだすのが怖い。そしてゲーム内に配置されているほぼ全てのオブジェクトがインタラクティブなのがすごい。

トレイラーなどをまとめた記事もありますので御覧ください。

5月18日発売予定のPreyが面白そうなので動画を色々調べてみる

 

RPG

Final Fantasy 14 ★★★☆☆

FFのオンラインゲーム。MMOというよりはMOですね。基本的にコンテンツファインダーというシステムを使ってサーバーを越えたマッチングを行うので、快適ではあるのですがMMOぽさは薄いです。

エンドコンテンツが常に縄跳びゲーと言われており、誰か一人でもミスして死ぬとボス戦最初からやり直しというドSな調整。でもコンテンツはかなり豊富なので、無理にエンドなんか行かずのほほんとプレイする方が凄い楽しいですよ。ライトユーザーに優しい作りになってますので気軽に始められます。

2つ目の拡張パックが発売され、新ジョブの赤魔道士・侍と共にまだまだ根強い人気を誇っていきそう。

 

ペルソナ5 (PS4) ★★★★☆

©ATLUS ©SEGA

今度は怪盗団?悪党たちの捻れた心の領域に侵入し、心を盗むという面白いコンセプトのRPG。ペルソナは安定した面白さですね。今回も音楽は素晴らしいラインナップだと思います。

ペルソナシリーズはどれもそうですが、結構長く遊べるのがいい。普通にクリアするだけでも100時間とかかかります。当然ダラダラやるわけではなくて結構真面目にプレイしてこの時間です。値段分はペイできますね。

 

ニーア:オートマタ ★★★★★

ダークなアクションRPG。ハイスピードでバトルが展開され、しかもシューティング要素が入ってくるためプレイヤースキルがちょっと求められるゲームです。意外性の連続なので飽きずに全クリまでいけますよ。

ドラッグ・オン・ドラグーンから続くニーアシリーズの良い所はやはり音楽とダークなストーリーですね。今回も考えさせられる展開になっています。出来れば敵を倒したくないと思ってしまうのはニーアシリーズだけな気がする。

スチーム版も発売されていますので是非。

 

ドラゴンクエストXI ★★★★☆

これぞ王道RPG。最近のゲームにしては珍しくキャラクターが喋らない。効果音なども昔のドラクエのままで懐かしい気持ちになる。良い意味だと懐かしいのだが、悪い意味でいうと進化していないとも言えますね。グラフィックはかなり普通なので期待しない方が良いです。ただモンスターの動きなどは細かくて見所があります。

ところどころ何これ?っていうお約束展開もありますが、クリアまでプレイすると面白い物語だったなぁと思い返せます。それまでのご都合主義的なところを許容してしまうくらいには面白かった。結構長い時間遊べますよ。

一応3DS版もはっておきます。

 

Diablo3 ★★★☆☆

個人的最強のハクスラゲーム。斜め上からの俯瞰視点でキャラクターを操作し、モンスターをバタバタとなぎ倒しながらより強い装備品を探してダンジョンを周回します。

発売当初はリアルマネーオークションなど様々な問題で評価を落としていましたが、度重なるアップデートで神ゲーになったと思ってます(個人的には)。

シーズン制を導入しており、数ヶ月に一回のスパンで1からキャラクターを作り直しクエストをこなすことで様々な報酬を得られるようになっています。もちろん作成したキャラクターはオフシーズンキャラとして残ります。

ネクロマンサーが追加されましたね。一回離れてもたまにやりたくなるのがディアブロの凄さでしょうか。

 

 

カードゲーム

ハースストーン ★★★★★

オンラインカードゲームとしてブッチギリの出来です。シャドウバースやってますか?こちらが本家です、こちらをおやりなさい。基本無料です。このカードゲームはとにかくやってもらえば分かります。奥が深い。

このゲームはニュースで知ったのですが、どこかの国の囚人があまりにハースストーンをやりたいがために紙でカードを作ってプレイしてたとか。気持ちわかります。

定期的に拡張パックやストーリーモードが出ています。収集癖のある人はハマりすぎるとヤバイかも。スマホでもできますよ。

Ad

Ad

-Games, Global

気軽にどうぞ

avatar
wpDiscuz
Game Geek