興味あるPCゲームの情報を定期的に投稿しています

【Overwatch】アサルトマップにおける勝利条件の変更告知

投稿日:

ライバルマッチのアサルトキャプチャーマップにおいて引き分けを少なくするために導入されたポイントの取得率による勝敗の決定が、いきなり試合終了になるという皆が期待していない状況を引き起こしていました。これらに関するアップデートについてScott氏が投稿しました。

短く解説

  • ポイントキャプチャーでいきなり試合に勝ったり負けたりしていた状況に関してのアップデート告知
  • 単純に1%だけ敵チームよりキャプチャーすれば勝ちではなく、最低でも33%キャプチャーしないと駄目なルールに変更
  • 引き分けは少し増えるが勝利・敗北条件の明確化は重要
  • 今後のパッチにて実装

 

内容

先週のパッチ1.10の中で、ライバルマッチのアサルトとアサルト/エスコートマップの勝敗決定方法を変更しました。我々はこれらのマップにおける引き分け、特に花村に関しては特に納得いかないというフィードバックを沢山受け取っていました。そこで、敵チームより1つポイントを完全にキャプチャーしなければ勝てないというルールを変更することにしました。現在は敵チームよりキャプチャーの取得率が高くなった時点で勝利となるようになっています

新しいルールは引き分けを極めて稀なものにしましたが、試合が微妙な感じで終わってしまうという状況を作り出してしまいました。

Aチームが花村をディフェンドしていてBチームがキャプチャー率0%で終わった時、Aチームがオフェンス時に1%でもポイントをキャプチャーすると試合に勝利します。ということは、Bチームは誰かを必ずキャプチャーポイントに置いて守らせなければ負けるリスクを負うことになります。

両方のチームが新しい勝利条件を理解していても、いきなり勝利になってしまうことが混乱を引き起こしていました。ディフェンス側が誰もキャプチャーポイントにいなかったのか、オフェンスのルシオが機転の効いた吹っ飛ばしでキャプチャーしたのか?なぜ勝利したのかという明確さに欠けることは理想ではなく、今後のパッチで変更することにしました。

敵チームより1%ポイントを長くキャプチャーすれば引き分けにならず勝利するというルールに加え、最低でも33%はキャプチャーしなければならなくなります

例えば:

状況1

花村でAチームが攻撃し、オフェンスラウンド終了時に10%しかポイントAをキャプチャーできなかった。次にBチームが攻撃し、ラウンド終了時に20%しかキャプチャーできなかった。この場合は引き分けになります。どちらのチームも最低水準の33%を満たしていないからです。

状況2

花村でAチームが攻撃し、90%キャプチャーした。次にBチームが攻撃し、40%しかキャプチャーできなかった。この場合はAチームが勝利します。最低水準の33%を満たし、かつBチームよりも多くキャプチャーしているからです。

状況3

花村でAチームが攻撃を行い、3分残して全てのポイントをキャプチャーした。次にBチームが攻撃を行い、0分残して全てのポイントをキャプチャーした。Aチームが再度オフェンスラウンドを迎え、最初のポイントで20%しかキャプチャーできなかった。この場合は引き分けになります。Aチームが33%取得できていないからです。33%以上キャプチャーした時点でAチームの勝利となります。

 

この変更は現在よりも少し引き分けの回数が多くなりますが(とはいえ以前のルールよりも6%は少ない)、勝利の瞬間いったいどのようにして勝ったのか、ディフェンスがどうやってオフェンスに対応すればいいのかを明確化することは必要だと感じます。これらの変更は今後のパッチで適用される予定です。皆様のフィードバックに感謝します。

投稿:公式フォーラム

Ad

Ad

-Overwatch

気軽にどうぞ

avatar
wpDiscuz
Game Geek